【必読】テレビのリサイクル料金はいくら?お得な処分方法を伝授!


テレビは、毎日の暮らしに必要不可欠な家電のひとつです。最新のニュースやスポーツ中継・バラエティー番組やアニメなど、さまざまな情報や娯楽を届けてくれます。しかし、「テレビを買い替えたい」と思っても、どんな方法で古いものを処分したらいいのか、料金はいくら必要なのかよく分からない人もいることでしょう。そこで、今回は、テレビの処分方法をご紹介するとともに、リサイクル料金がいくらかかるのかなどについて詳しく解説します。

  1. 家電リサイクルを学ぼう
  2. テレビのリサイクル料金について
  3. テレビのリサイクル方法について
  4. テレビはリユースがおすすめ
  5. テレビのリサイクル料金や処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、テレビの処分やリサイクルに関する知識が身に付き、適切な方法を選ぶことができます。また、お得に処分できるコツが分かるので、まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.家電リサイクルを学ぼう

最初に、家電リサイクル法について詳しく学びましょう。目的や必要性、対象商品などを解説します。

1-1.家電リサイクルとは?

家電リサイクルとは、買い替えや故障などで不要になった家電をリサイクルすることです。まだ使用できるものは中古品として、また、故障したものは分解して資源としてリサイクルできます。適切なリサイクルは、環境を保全し資源の枯渇を防ぐことになるのです。また、ものを大切にするという考えからも積極的に行うべきでしょう。

1-2.家電リサイクルの目的や必要性

家電リサイクルの主な目的は、以下のとおりです。

  • 中古品としての再活用
  • 資源リサイクル
  • ゴミの減量

資源を大切にしリサイクルして活用することは、重要なことです。家電リサイクルを正しく理解し、実行することは必要性が高いといえます。

1-3.家電リサイクル法について

家電リサイクルの考えを広め、義務付けた法律が「家電リサイクル法」です。家電リサイクル法は、家電に使われている資源の活用・ゴミの減量・鉛やフロンなどの有害物質の適切な処分などを目的に施行されました。家電メーカーは、自社の対象品目にかんして回収・リサイクルの義務を負います。また、消費者も適切な処分を行うことを規定しているのです。

1-4.家電リサイクル法の対象品目とは

家電リサイクル法では、以下の4品目の指定があります。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

なお、対処品目に指定があるものは、自治体にゴミとして出すことはできないので注意しましょう。

2.テレビのリサイクル料金について

テレビのリサイクル料金について詳しく解説します。実際にいくらかかるのか学びましょう。

2-1.テレビのリサイクル料金について       

テレビのリサイクル料金にかんして、対象になるもの・ならないものの区別および金額を解説します。

2-1-1.家電リサイクルの対象となるもの

以下の種類は、家電リサイクルの対象となります。

  • ブラウン管式テレビ
  • ブラウン管式VTR内蔵テレビ
  • ラジカセ一体型内蔵テレビ
  • 液晶式テレビ
  • プラズマ式テレビ
  • 液晶式HDD・DVDなど内蔵テレビ
  • プラズマHDD・DVDなど内蔵テレビ
  • チューナー分離型テレビ

なお、ディスプレイモニター(チューナー内蔵なし)やプロジェクションテレビ・ポータブルテレビ・車載用液晶式テレビは対象外です。

2-1-2.リサイクル料金の金額

テレビのリサイクル料金は、画面の大きさや種類で異なります。詳しくは、以下をご覧ください。

  • ブラウン管テレビ小(15型以下):1,296~3,094円
  • ブラウン管式テレビ大(16型以上):2,376~3,634円
  • 液晶・プラズマ式テレビ小(15型以下):1,836~3,148円
  • 液晶・プラズマ式テレビ大(16型以上):2,916~3,988円

なお、より詳しい内容は、家電リサイクルセンターのリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表を参考にしてください。

2-2.テレビの付属品について

テレビの付属品で以下のものは、本体と同時にリサイクル依頼することで処分が可能です。

  • ワイヤレスリモコン(電池は除く)
  • 着脱式付属専用スピーカー

なお、リサイクル対象外の付属品は、自治体のルールに従って処分してください。

2-3. リサイクルに必要な書類について

テレビをリサイクルするときには、家電リサイクル券が必要です。家電リサイクル券は、リサイクル料金を支払うことで入手できます。郵便局もしくは家電販売店で所定の手続きをすすめましょう。なお、家電リサイクル券にはメーカー名・品番などの情報を記載する必要があります。実際に家電を回収するときに、業者が照合しているのです。なお、家電リサイクル券は回収が終わるまで紛失しないように気を付けましょう。

3.テレビのリサイクル方法について

テレビのリサイクル方法について、テレビの種類別に解説します。リサイクルの流れや追跡方法についても理解しておきましょう。

3-1.主なリサイクル方法を学ぼう

テレビのリサイクル方法で主なものを学びましょう。種類別に解説します。

3-1-1.ブラウン管式テレビの場合

現在、日本の中古市場ではブラウン管式テレビの需要はほぼありません。そのため、業者でも買い取りが不可能な場合が多くあります。しかし、海外では日本のブラウン管式テレビは品質の良さに定評があり、人気が高いものです。ですから、海外にブラウン管式テレビを輸出している業者に依頼すると再活用できます。お金にならなくても、海外の人に役に立つのですから有益な方法と言えるでしょう。

3-1-2.液晶式テレビの場合

日本では、多くの家庭で液晶テレビを所有しています。液晶テレビは、中古品としての需要も高いため、まだ使える状態のものは積極的に買い取り依頼を出しましょう。再販可能との判断が下った場合は、中古品として必要な人の手に渡ります。ただし、割れやヒビなど、液晶に不具合があるものは買い取りしない業者もあるので注意してください。

3-1-3.プラズマ式テレビの場合

プラズマ式テレビは、液晶式テレビと比べてより再現性が高いことが魅力です。動きの激しいスポーツ中継などでも、高いリアリティーを表現できます。テレビに高性能を求める人に特に人気が高いため、条件が良ければ高額査定も期待できるでしょう。できるだけ高額買い取りをしてくる業者に依頼してください。

3-1-4.そのほかのテレビの場合

ポータブルテレビや車載用液晶式は、リサイクルショップや不用品回収業者で買い取り可能な場合があります。ポータブルテレビは、キッチン用・アウトドア用・子ども用としての需要が高いものです。また、車載用液晶式テレビも、車好きな人にとっては魅力的と言えます。一般的なテレビと違って小型であるため、業者に宅配便で送付するか、ほかの不用品と同時回収を依頼するといいでしょう。

3-2.テレビをリサイクルする流れ

テレビをリサイクルする流れについて、依頼先ごとに確認しておきましょう。

3-2-1.自治体に依頼する場合

自治体にリサイクル依頼をするときは、自治体のリサイクル受付窓口に連絡して指示を仰ぎましょう。郵便局で家電リサイクル料を支払い家電リサイクル券を入手し、指定回収場所に持ち込んでください。家電リサイクル券を提示して、回収してもらいましょう。なお、自治体への事前連絡と家電リサイクル券の提示が絶対条件です。

3-2-2.メーカーに依頼する場合

不要になったテレビは、メーカーに回収依頼できます。メーカーの家電リサイクル受付窓口に連絡し、郵便局などで家電リサイクル料金を支払い、家電リサイクル券を入手してください。メーカーから指示を受けた(もしくは依頼者が希望した)日時に、指定業者がテレビを回収しにきます。テレビと家電リサイクル券を提示して、回収してもらいましょう。

3-2-3.回収業者に依頼する場合

回収業者にテレビの回収を依頼すると楽に処分できます。まずは、業者に連絡して回収費用の見積もりをもらいましょう。業者からの見積もりに納得できた場合は、正式に依頼してください。希望の日時・場所において、テレビを回収してくれます。買い取り価値のあるものは、買い取り代金を入手できるので有益です。買い取り不可でも、そのまま処分を依頼できるため、無駄がありません。

3-3.リサイクルの追跡方法について

家電リサイクル券を利用してリサイクルした場合は、現在の状況を追跡できます。家電リサイクル券に記載がある「お問い合わせ管理票番号」で調べてみましょう。確認は、家電リサイクル券センターのホームページから行うことができます。

4.テレビはリユースがおすすめ

まだ十分に使用できるテレビは、リユースがおすすめです。業者に買い取りしてもらう方法や相場など、詳しく解説します。

4-1.テレビの買い取りについて

十分に使用できるテレビでも、全部が買い取ってもらえるわけではありません。買い取り可能なものの特徴は、以下を参考にしてください。

  • 年式が新しい
  • 人気のメーカー・ブランドのもの
  • テレビとしての機能に不具合がない
  • 液晶・モニター画面に異常がない(ヒビ・割れを含む)
  • 付属品がそろっている
  • ​汚れ・傷・においなどで気になる点がない

なお、新品であっても盗品の疑いがあるものや海外製の無名メーカーのものなどは買い取りできない場合があります。

4-2.テレビの買い取り査定について

テレビの買い取りを希望するときは、業者に買い取り査定を依頼しましょう。業者では、テレビの状態と中古市場での再販可能価格などを参考に査定を進めます。タイミングが合えば高額査定対象品になることもあるでしょう。まずは、業者に相談してみてください。査定金額に納得できた場合は、正式に買い取り依頼をしましょう。

4-3.テレビを買い取りしてくれるところとは?

テレビの買い取り先には、主に以下のようなところがあります。

  • リサイクルショップ
  • 中古家電買い取り専門店
  • 不用品回収業者

4-4.信頼できる業者の選び方

テレビのリユースは、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • テレビのリユースを積極的に行っている
  • できるだけ高額査定を行っている
  • 買い取りができないものでも回収・資源リサイクルしている
  • 査定だけなら無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 希望の日時・場所を指定して回収してもらえる
  • スタッフの対応が丁寧で感じがよく顧客からの評判もいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当リサイクル買い取りサービスでも、テレビの買い取りを積極的にしています。できるだけ高額査定を出すようにしているのでぜひご検討ください。

4-5.テレビの買い取り相場について

テレビの買い取り相場は、需要と供給のバランスによって日々変化しています。人気メーカー・品番のものでも、中古市場に大量にものがあふれていれば相場は低下するのです。高額買い取りを希望するなら相場の動きを見て買い取りに出したほうが有利になるでしょう。しかし、タイミングを計っているうちに、次々に新製品が出てくると相場は低値で安定してしまいます。相場を気にし過ぎないで、売りたいときに素早く売ってしまうほうが結果的にお得になると言えるでしょう。

4-6.業者による買い取り方法

たとえば、不用品業者に買い取り依頼をした場合、依頼者の希望日時・場所に軽トラックなどでやってきて回収してくれます。テレビは大きさや重量があるため、自分で運ぶのが大変です。業者に直接回収してもらえるのは、とても助かります。回収したテレビは業者で再チェックを受け、問題がなければ買い取り代金が依頼者に支払われて終了です。

4-7.テレビをリユースするときの注意点

テレビをリユースするときには、業者選びですべてが決まると考えてください。信頼できる業者に買い取り依頼をすることで、適正な金額で買い取ってもらえるのです。たとえば、電話勧誘・訪問営業で不用品回収をしている業者の中には、不当に安い金額で回収していく(押し買い)ところもあります。特に、高齢者の単身世帯が狙われやすいので注意しましょう。

5.テレビのリサイクル料金や処分に関するよくある質問

最後に、テレビのリサイクル料金や処分に関するよくある質問に回答します。不安や疑問を残さないためにも、それぞれ確認しておきましょう。

5-1.長期間物置に入れっぱなしだったテレビでも買い取ってもらえますか?

テレビの状態によります。物置に入れっぱなしということは、ホコリや湿気のケアをしていなかったということになるでしょう。テレビはホコリや湿気が大敵です。見た目ではわからなくても、内部の劣化が進んでいることがあります。買い取り可能との査定が出た場合でも、高額は期待できないでしょう。

5-2.テレビのリサイクル料金を新規購入時に支払うことはできますか?

現時点では、リサイクル料金は処分するときに支払う方法だけになります。新規購入時にあらかじめ支払うことはできないので注意しましょう。まずは、法律に従って処分をすすめてください。今後、法律改正があれば事前支払いが可能になることはあります。パソコンのように、新規購入時にリサイクル費用が上乗せになっていれば、より楽に処分できるようになるでしょう。

5-3.家電リサイクルを依頼する場合1回に複数のテレビを処分できますか?

家電リサイクル法に従って手続きをする場合は、1台ごとに手続きをする必要があります。面倒でも、1台ごとに別々の手続き・リサイクル料金の支払いをしてください。なお、回収業者に買い取りを依頼する場合は、面倒な手続きが必要なく、1回で複数台のテレビを依頼することができます。積極的に検討してみてください。

5-4.リモコンを紛失してしまった場合、買い取りは不可能でしょうか?

テレビにとって、リモコンはとても重要な付属品といえます。本体操作だけでも使用可能ですがリモコンがないと不便です。そのため、買い取り査定に大きく響くのは否定できません。しかし、リモコンを紛失していても業者で買い取り可能な場合があります。高額査定は難しくなりますが相談してみましょう。

5-5.故障したテレビの回収費用が安く済むコツは?

故障したテレビは、業者でも買い取り不可となることが多いものです。しかし、資源リサイクルのために回収だけしてもらうことはできます。回収費用を安くするためには、ほかに買い取りしてもらえるものがないか探してみてください。使わなくなったブランド品・貴金属・上質な着物など、探すと意外と中古品としての価値があるものが多いはずです。いい機会と考え、同時に処分依頼をしましょう。テレビの回収費用が安く済むだけでなく、家の中から不用品がなくなってスッキリしますよ。

まとめ

今回は、テレビのリサイクル料金や処分について詳しく解説しました。テレビは家電リサイクル法の指定品目であるため、自治体にゴミとして出すことはできません。家電リサイクル法で指定している手順に沿って、きちんと手続きをして処分しましょう。なお、まだ十分に使うことができるものは、リユースを考えてください。業者で買い取り可能なものは、リサイクル料金の支払いや手続きが不要になるだけでなく、代金を手にすることもできます。ぜひ、考えてみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休