食器洗浄機を買い替えたい! 寿命のサインや食器洗浄機の処分方法も


「食器洗浄機はどのタイミングで買い替えたほうがいいのか」「寿命を迎えるとどんな症状が起きるのか」など、食器洗浄機の買い替えで悩んでいる方は多いでしょう。適切なタイミングで買い替えることができれば、処分費用も最小限に抑えられます。効率的に買い替えるポイントがあるので、しっかりと把握しておきましょう。

本記事では、食器洗浄機の買い替えで押さえておきたいポイントなどを解説します。

  1. 食器洗浄機の寿命が近づくと起こる不具合
  2. 食器洗浄機を買い替える目安は?
  3. 不要になった食器洗浄機を処分する方法
  4. 新しい食器洗浄機を選ぶポイント
  5. 食器洗浄機の買い替えに関してよくある質問

この記事を読むことで、不要になった食器洗浄機を処分する方法や新しい食器洗浄機を選ぶポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.食器洗浄機の寿命が近づくと起こる不具合

まずは、食器洗浄機の寿命が近づくと起こる不具合をチェックしておきましょう。

1-1.汚れがキレイに落ちない

食器洗浄機を使っても食器やグラスに付いている汚れがキレイに落ちていない場合、洗浄能力が低下している恐れがあります。洗い残しが多くなればなるほど、洗浄能力が落ちているので新しい食器洗浄機に買い替えたほうがいいでしょう。ただし、購入したばかりの新製品で問題が起きた際は部品不良の可能性があるため、メーカーに問い合わせて確認してください。

1-2.使用中に異音がする

食器洗浄機を使っている最中に、今まで聞いたことのないような異音がするなら寿命の可能性があります。異音が目立ち始めているということは、何らかの部品に問題が起きている証拠です。経年劣化で部品に問題が生じている恐れがあるため、念のために使わないほうがいいでしょう。特に、夜中に食器洗浄機を使用する際は、異音が近所迷惑になる可能性もあります。騒音トラブルを防ぐためにも、早めに買い替えたほうがいいでしょう。

1-3.頻繁に水漏れする

食器洗浄機を使うたびに水漏れが起きる場合、経年劣化で部品が損傷している恐れがあります。水漏れが起きるたびに掃除しなければならないため、早めに食器洗浄機を買い替えるべきです。特に、発売年月から7~10年以上使っている場合は、水漏れが起きやすくなっています。できれば、水漏れが起きる前に買い替えておきたいところです。

1-4.エラーランプが点灯する

食器洗浄機のエラーランプが頻繁に点灯する場合、寿命が近づいているサインです。エラーランプが点灯しているということは、何らかのトラブルが起きている証拠となります。取扱説明書を読んだり、メーカーのサポートセンターに問い合わせたりして解消できればいいのですが、それでも解消されない場合は買い替えを検討したほうがいいでしょう。

2.食器洗浄機を買い替える目安は?

ここでは、食器洗浄機を買い替える目安をいくつか紹介します。

2-1.食器洗浄機の平均寿命は約7~10年

メーカーや使い方などで異なりますが、食器洗浄機の平均寿命は約7~10年といわれています。使い始めてから7~10年が経過すると不具合が起きたり、壊れやすくなったりするので買い替えの目安と判断していいでしょう。不具合が起きれば起きるほど使いづらくなり、日常生活に支障が出てしまいます。また、毎日食器洗浄機を使っている方にとっては、急に故障すると不便になってしまうでしょう。快適な生活を維持するためにも、食器洗浄機が壊れる前に買い替えるのがベストです。

2-2.メーカー部品保有期間も目安の1つ

除湿機の平均寿命だけでなく、メーカーの部品保有期間も買い替えのタイミングを考える目安です。メーカー保証期間は製造業者が製品自体の品質を保証する期間のことで、多くのメーカーが1~2年を設定しています。一方、部品保有期間とは販売後に部品を保有する期間のことで、メーカーによって年数が異なるでしょう。ほとんどのメーカーは6年と設定していますが、念のため確認しておいてください。なお、メーカー部品保有期間が過ぎている場合、修理を依頼したくても必要な部品がそろわず修理できない可能性があります。

2-3.費用を比較する

修理と買い替えか、選択で悩んでいる方は費用を比較するといいでしょう。購入してから1~2年の場合、保証が適用できるので無償で修理してくれる可能性があります。ただし、故障内容や不具合によっては、修理費用が高額になってしまうケースもあるのです。まだ購入したばかりだったり、使っていなかったりしていても故障する可能性はあるので、修理費用がいくらかチェックした上で、買い替えたときの費用と比較してみてください。できるだけ、費用を抑えたい方は安く済むほうを選ぶといいでしょう。

3.不要になった食器洗浄機を処分する方法

ここでは、不要になった食器洗浄機を処分する方法について詳しく説明します。

3-1.自治体のゴミとして処分する

食器洗浄機は、自治体のゴミとして捨てることができます。自治体によってゴミの分類は異なりますが、ほとんどは粗大ゴミに分類されるでしょう。一辺が30cm以上になる食器洗浄機は粗大ゴミ、それ以外は燃えないゴミになる可能性があります。場合によっては、小型家電リサイクル法の対象品目になる可能性もあるため、自治体のホームページで確認してください。なお、粗大ゴミとして処分する場合は、数百円の費用がかかります。そのほか、自分で指定場所まで運んだり、事前申し込みが必要になったりするので要注意です。

3-2.家電量販店に引き取りを依頼する

新しい食器洗浄機に買い替える場合、購入先の家電量販店に古い食器洗浄機を引き取ってもらう方法もあります。購入と処分が同時に利用できることもあり、スピーディーに食器洗浄機を手放すことができるでしょう。ただし、回収してもらうためには処分費用がかかる可能性もあります。また、下取りサービスを利用する選択肢もありますが、下取りできる条件が販売店によって決まっているので事前の確認が必要です。

3-3.買取業者に買い取ってもらう

不具合が起きていない・壊れていない食器洗浄機の場合、買取専門業者やリサイクルショップで買い取ってもらう方法も選択肢の1つです。買い取ってもらうことができれば、処分費用はかかりません。特に、発売されたばかりの食器洗浄機や人気メーカーのモデルは、高価買取が期待できるでしょう。主な買取先として、買取専門業者やリサイクルショップがありますが、自分で売りたい場合はネットオークションやフリマアプリを利用する方法もあります。

3-4.不用品回収業者に依頼する

すぐに処分したい・手間と時間をかけたくないと思っている方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者では幅広い品目を扱っているため、食器洗浄機以外にも処分したいものがあればまとめて回収してもらうことができます。不用品を一気に処分できるほか、出張回収を利用すれば自分で運搬する必要もありません。ただし、不用品の量が増えるほど処分費用が高くなります。不用品回収業者へ依頼する際は、見積書を確認しておきましょう。
なお、リサイクル買取サービスでは不用品の回収と買取を行っています。食器洗浄機の処分を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

4.新しい食器洗浄機を選ぶポイント

ここでは、新しい食器洗浄機を選ぶポイントについて詳しく説明します。

4-1.設置タイプ

食器洗浄機には、主に、ビルトイン型と据え置き・卓上型の2種類があります。
ビルトイン型はシステムキッチンに取り付けるタイプですので、据え置き・卓上型よりもキッチンがスッキリするでしょう。けれども、取り付けるための工事が必要になりますし、収納スペースが狭くなるデメリットもあります。さらに、マンションの場合はビルトイン型が選択できないケースもあるので注意が必要です。
そして、据え置き・卓上型は取り付けが簡単で、手軽に購入できるメリットがあります。設置工事は不要ですが、食器洗浄機に給水するための工事が必要です。水栓を取り付けるだけなので、自分でも簡単に工事できるでしょう。

4-2.本体サイズと設置スペースは要確認

食器洗浄機を選ぶ際は、本体サイズと設置スペースを必ずチェックしておかなければなりません。デザインが好みだとしても、設置スペースに本体が設置できない恐れがあります。購入に失敗しないためにも、設置スペースに適したサイズの食器洗浄機を選んでください。ただ、サイズを測るだけでなく、食器洗浄機をスムーズに開け閉めできるか、開けた扉が蛇口などに当たらないかを確認することも大切です。できれば、設置スペースに余裕のある食器洗浄機を選んでください。

4-3.ドアの開き方

食器洗浄機には、さまざまなドアの開き方があります。設置スペースや設置場所はもちろんのこと、自分や家族にとって使いやすい開き方を選ぶことが大切です。主な開き方と特徴は、以下のとおりとなります。

  • 前開き式:扉を手前に倒すタイプ。ビルトイン型・据え置き型の両方で採用されている
  • 前開き式(上下2枚):上下の扉をそれぞれ手前に引くタイプ。食器をセットしたり取り出したりする作業が楽になる
  • 引き出し式:引き出しをスライドさせるタイプ。慣れるのにやや時間がかかりがち
  • スライド式:扉が上下に稼働し、上部の扉がスライドになっている。大きめの食器が出し入れしやすい

4-4.家族の人数に合わせて選ぶ

家族の人数に合った食器洗浄機を選ぶのも大切なポイントです。特に、家族の人数が多ければ多いほど食器も増えるので、大容量の食器洗浄機を選んだほうがいいでしょう。食器洗浄機の容量が大きくなると広い設置スペースが必要になるため、狭いキッチンでは置けなくなる可能性があります。設置スペースを踏まえた上で、家族の人数に合わせた食器洗浄機を選んでください。

5.食器洗浄機の買い替えに関してよくある質問

食器洗浄機の買い替えに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不具合を放置しても大丈夫か?
A.不具合を放置したまま使い続けるのは非常に危険です。特に、水漏れを起こしている場合、ろう電の可能性があります。火災の原因にもなる恐れがあるため、水漏れが起きている場合は早めい買い替えたほうがいいでしょう。また、不具合が起き始めた際は、止水栓を閉めてください。そしてコンセントを抜くか、ブレーカーを落としましょう。

Q.ビルトイン型と据え置き型のどちらが早く寿命を迎えるのか?
A.ビルトイン型は約10年、据え置き型は約5~7年が平均寿命となっています。据え置き型は給水ホースを使うため、ゴムパッキンの劣化や水漏れが起こりやすいのです。ビルトイン型は据え置き型よりも元値が高く、長く使い続けられる傾向があります。けれども、使用状況によっては早く寿命を迎えることもあるようです。

Q.長く使い続けるためのポイントは?
A.食器洗浄機を長く使い続けるためには、使い方に注意が必要です。たとえば、ホース類は亀裂が入りやすかったり負担がかかったりしがちなので、慎重に取り扱わなければなりません。また、パッキンを定期的に掃除することも大切なポイントです。パッキンはカビが繁殖しやすく、そこから水漏れが起きます。頑固な汚れが付いている場合は、薄めた漂白剤で掃除してください。

Q.夜間や集合住宅で食器洗浄機を使用する際の注意点は?
A.騒音に注意が必要です。食器洗浄機の中には、音がうるさいタイプもあります。深夜や集合住宅で使用する場合、食器洗浄機の音が騒音トラブルにつながる恐れがあるので注意が必要です。新しい食器洗浄機を選ぶ際は、できるだけ運転音が小さな機種にするといいでしょう。

Q.食器洗浄機を高く売るコツは?
A.ホコリや汚れなどをキレイに掃除することです。食器洗浄機の内部だけでなく、外側にも汚れが付いている場合、減額の対象になる恐れがあります。できる限り、キレイに掃除することと、取扱説明書やホースなど購入時に付いてきた付属品をすべてそろえてください。また、複数の買取業者に無料見積を依頼するのも高く売るコツの1つです。

まとめ

食器洗浄機の平均寿命は、約7〜10年だといわれています。また、メーカー部品保有期間は6年となっているため、購入してから6年以上が経過している食器洗浄機は買い替えのタイミングといえるでしょう。たとえ、購入してから数年しか経過していなくとも、水漏れなど不具合が起きた際は買い替えを検討すべきです。なお、古い食器洗浄機の処分方法でお悩みの方は、ぜひリサイクル買取サービスへご依頼ください。不用品の回収と買取が同時に利用できるため、お得に処分できます。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休