亀岡市で生前整理をお考えの方へ! 簡単に片付ける方法とコツを解説!


「生前整理に興味があるけど、亀岡市ではどんな方法で進められるのだろう?」「亀岡市で生前整理を行うコツを詳しく知りたい」とお考えではないでしょうか? 最近は、心身が元気なうちに生前整理を行う人が増えています。しかし、実際にどんなメリットがあるのか、どんな方法で進めるべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、亀岡市での生前整理について詳しく解説します。

  1. 生前整理をするメリットは?
  2. 生前整理の進め方
  3. 生前整理で出た不用品を亀岡市で処分する方法は?
  4. 亀岡市で生前整理を業者に依頼するポイント
  5. 亀岡市での生前整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、亀岡市で生前整理をするポイントがよく分かります。亀岡市での生前整理をお考えの人は、記事を読んでみてください。

1.生前整理をするメリットは?

最初に、生前整理をするとどんなメリットがあるか見ていきましょう。

1-1.老後の暮らしが快適になる

生前整理をすると、老後の暮らしが快適になります。主なポイントは、以下のとおりです。

  • 不用品が減って生活動線が改善する
  • ものにつまずいたりぶつかったりしてケガをしにくくなる
  • 風とおしがよくなって部屋やものが傷みにくい
  • ものをなくしにくく、必要なものが見つかりやすい
  • 掃除が短時間・簡単にできる

1-2.自分の持ちものを自分で片付けられる

自分の持ちものを自分で片付けられるのも、生前整理をするメリットです。たとえば、趣味のコレクションや思い出の品物などの中には、家族にも触れられたくない、知られたくないといったものもあるでしょう。自分が亡くなった後では、家族が遺品整理を行うことになります。しかし、生前整理では、自分で整理・処分できるので安心です。

1-3.遺品整理の負担を減らせる

生前整理をすると、遺品整理の負担を減らせるのもメリットです。遺品整理は、多くの労力や時間が必要になります。大切な人を失った後の作業は、想像以上に大変です。特に、長年暮らし続けた家には、あらゆるものがたくさんあり、仕分けするだけでも一苦労でしょう。家族の負担を減らすためにも、生前整理を早めに行っておくことがおすすめです。

1-4.相続争いを予防できる

相続争いを予防できるのも、生前整理をするメリットといえます。財産や相続人が多いほど、親族での相続争いが加熱しやすいものです。自分が亡くなった後でトラブルにならないよう、生前整理で財産を見直してみましょう。この機会に、生前贈与を考えてみるのもよい方法です。また、不要な財産を現金化し、分配しやすくするのもよいでしょう。

1-5.気持ちがスッキリして前向きになる

生前整理をすると、気持ちがスッキリして前向きになります。不用品を処分してスッキリ片付いた部屋を見ると、心が晴れやかになることを実感できることでしょう。視界から余分なものが消えると、集中力が高まり前向きに考えることができるようになります。充実した老後を過ごすためにも、生前整理は大きな意味があるといえるのです。

2.生前整理の進め方

生前整理の進め方について、主な手順に沿って詳しくご紹介します。

2-1.全体を見渡して物量を把握しやるべきことをリストアップする

最初に、全体を見渡して物量を把握し、やるべきことをリストアップしてください。最初に全体を把握して何をすべきか理解することで、作業効率がグンとアップします。家の中をきちんとチェックすると、想像より物量ややるべきことが多いことに気付くはずです。このとき、自分だけで片付けられないと感じたら、親族や知人などに手伝ってもらったり専門業者に依頼したりすることも検討してみてください。

2-2.生前整理の計画を立てる

次に、生前整理の計画を立てましょう。すぐに作業したい気持ちも分かりますが、しっかり計画を立てることは、挫折を防ぐことにもつながります。実際の計画は、以下のポイントを押さえて考えてみるとよいでしょう。

  • 場所ごとの作業時間
  • ものを片付ける場所の順番
  • ものの片付け方や掃除の仕方
  • 不用品の処分方法とタイミング
  • ものの片付け以外にやるべきことの方法や手順

なお、可能であれば作業日数や1日の作業時間数は余裕を見ておきましょう。最初はやる気があってこなすことができても、だんだん疲労が重なってつらくなり、挫折してしまうことがあります。また、効率よく作業するためにも適宜休憩時間を取り入れ、作業遅れを取り戻すための予備日を設定しておくとよいでしょう。

2-3.生前整理に必要な道具類を準備する

生前整理の計画を立てることができたら、必要な道具類を準備しましょう。具体的には、以下のようなものがあると重宝します。

掃除道具

  • 掃除機
  • フロアーワイパー
  • 使い捨てタイプの掃除用シート(ドライタイプ・ウェットタイプの両方)
  • コロコロタイプのクリーナー
  • ほうき
  • ちり取り
  • はたき
  • バケツ
  • 雑巾
  • 消毒用エタノール

片付け道具

  • 油性マジック
  • ビニールテープ
  • はさみ・カッター
  • ゴミ袋
  • ダンボール箱

服装

  • マスク
  • 使い捨てタイプのゴム手袋
  • 軍手
  • 三角巾
  • 汚れてもよい服装(長袖・長ズボンで動きやすいものがベスト)
  • 室内用シューズ

なお、ゴミ袋とダンボール箱は、作業途中に不足することがないよう、多めに用意しておくとよいでしょう。

2-4.不用品を仕分けて処分する

場所ごとに不用品を仕分けて、処分しましょう。不用品を仕分ける基準は、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障などで正常に使えない
  • サイズアウトした
  • 趣味が合わない
  • 今後使う予定がない
  • 特に思い入れがない
  • 同じようなものがたくさんあり過ぎる

なお、思い出の品・アルバム類・大切な人の形見などは、無理に処分する必要はありません。ただし、物量が多過ぎて収納に収まらないなどの場合は、スマホなどで撮影してデジタル保存した後、現物を処分してもよいでしょう。不用品を処分する方法については、この記事の「3.生前整理で出た不用品を亀岡市で処分する方法は?」を参考にしてください。

2-5.必要なものだけを使いやすく収納する

不用品を処分して必要なものだけが残ったら、定位置を決めて使いやすくなるよう収納していきましょう。このとき、収納場所に余裕があっても、無理やりものを詰め込まないようにしてください。また、見やすさや取り出しやすさを確保しつつ、簡単な方法で収納するようにしましょう。きっちりし過ぎると、使いづらい収納になってしまいます。すべてのものを収納したら、仕上げに掃除をして完了です。

3.生前整理で出た不用品を亀岡市で処分する方法は?

生前整理で出た不用品を亀岡市で処分する方法について、詳しくご紹介します。

3-1.亀岡市の自治体回収にゴミとして出す

生前整理で出た不用品は、素材などにより分別して亀岡市の自治体回収にゴミとして出すことができます。亀岡市におけるゴミの分類については、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:布・木・革・紙などの素材でできているもの
  • 不燃ゴミ(埋め立てゴミ):ガラス・金属・プラスチック製品・陶磁器など
  • プラスチック製容器包装ゴミ:プラマークが付いているプラスチック製包装・容器など
  • 資源ゴミ:ペットボトル・空き缶・空き瓶など
  • そのほかのゴミ:電池・スプレー缶・ライターなど
  • 粗大ゴミ:家具・家電・スポーツ用品・楽器・布団など大きさや重さがあるもの

なお、ピアノ・耐火金庫・塗料・廃油・薬品類・建築廃材・農機具などは、処理困難品に指定されているため、亀岡市の自治体回収にゴミとして出すことができません。また、後述する「3-2.関連法律に沿って処分する」に記載されたものも同様です。それぞれのゴミを出す方法など、より詳しい内容については、亀岡市のホームページをご覧ください。

3-2.関連法律に沿って処分する

生前整理で出た不用品の中には、関連法律に沿って処分できるものがあります。

3-2-1.家電リサイクル法の対象家電

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の4家電は、家電リサイクル法の対象家電として処分することができます。家電リサイクル法とは、対象4家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。家電リサイクル法では、以下の2つから都合のよい方法を選んで処分できます。それぞれの特徴を併せてチェックしてみてください。

料金販売店回収方式

  • 販売店の店頭で対象家電の家電リサイクルを申し込む
  • 対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  • 指定日時と場所で販売店から委託された運搬業者が対象家電を回収する

料金郵便局振込方式

  • 郵便局の窓口で対象家電の家電リサイクルを申し込む
  • 対象家電の家電リサイクル料金を支払う
  • 自分の車などで対象家電を亀岡市の指定引取場所に運搬する

なお、亀岡市近辺の指定引取場所は、以下のとおりです。

嶋崎運送株式会社

  • 住所:京都市伏見区横大路六反田57-4
  • 電話:075-604-6055

日本通運株式会社 京都支店洛南物流センター

  • 住所:京都市南区上鳥羽城ヶ前町57-63
  • 電話:075-681-9571

美山運輸株式会社

  • 住所:京都市南区吉祥院石原堂ノ後町43
  • 電話:075-693-7757

日本通運株式会社 福知山支店営業課

  • 住所:福知山市末広町6-13
  • 電話:0773-22-2914

株式会社ファーストライン

  • 住所:福知山市字土師236-40
  • 電話:0773-20-2530

なお、対象家電の家電リサイクル料金は1台に付き数千円程度ですが、種類やメーカーなどにより異なります。対象家電の運搬費用は、1台に付き2,000円程度~が目安です。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページを参考にしてください。

3-2-2.パソコンリサイクル法の対象品目

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法に沿って処分できます。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。パソコンリサイクル法に沿ってパソコンやパソコン用モニターを処分する流れは、以下をご覧ください。

  • メーカーのリサイクル受付窓口にパソコンやパソコン用モニターの回収を依頼する
  • メーカーから専用の配送伝票が届く
  • メーカーの指示に沿ってこん包し、発送して完了

なお、PCリサイクルマークが付いているものをパソコンリサイクル法に沿って処分する場合、パソコンリサイクル料金や配送費用は無料になります。古い機種などでPCリサイクルマークが付いていない場合は、別途パソコンリサイクル料金と配送費用の合計で1台に付き数千円の負担が必要です。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを参考にしてください。

3-2-3.小型家電リサイクル法の対象品目

スマホやシェーバーなどの小型家電は、小型家電リサイクル法に沿って処分できます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。亀岡市では、小型家電専門回収ボックスの投入口(40×15cm)に入る小型家電を幅広く回収し、無料で処分しています。より詳しい内容は、亀岡市のホームページで確認してください。

3-3.知人や福祉施設などに譲る

生前整理で出た不用品でも、まだキレイで十分に使えるものは知人や福祉施設に譲ることもできます。まだ使えるものを捨てずに済み、有効活用してもらえる方法です。まずは、譲り受けてもらえそうな知人や福祉施設などに連絡してみるとよいでしょう。譲り受けてもらえる場合は、先方と配送方法や配送手段について打ち合わせてください。なお、福祉施設に譲る場合は寄付という形になるため、譲る側が配送手段を手配したり配送費用を負担したりするのが基本です。

3-4.販売店の回収サービスを利用する

不用品の種類によっては、販売店の回収サービスを利用して処分できることがあります。たとえば、以下のようなものです。

  • 家電
  • 家具
  • ピアノ・オルガン
  • 仏壇
  • ミシン
  • オートバイ
  • 自転車

なお、販売店の回収サービスは有料となることが多くなります。特に、ピアノやオルガン・仏壇などの大きさや重量があるものは、1回数万円程度かかることがあるので、販売店に確認してみてください。

3-5.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼し、不用品を処分してもらうのもおすすめです。不用品回収業者に不用品の処分を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 作業時間や労力を大幅に節約できる
  • 自分で作業するよりはるかに効率がよい
  • 回収後の不用品を再資源化や再販などでリサイクルしてもらえる
  • 大量の不用品を1回にまとめて処分してもらえる
  • 都合のよい日時と場所で依頼できる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある
  • 業者によって仕分けや掃除なども依頼できることがある

どんな業者に依頼すべきかについては、この記事の「4-1.信頼できる業者に依頼する」を参考にしてください。なお、不用品回収業者に依頼する場合、不用品の物量・種類・状態・回収場所の条件などにより料金が異なります。詳しくは、業者に見積もりを依頼して確認してください。

3-6.買取に出す

生前整理で出た不用品でも、不具合や故障がなく、まだキレイで十分に中古品として使えるものは、買取に出すことを考えてみましょう。買取してもらうことができれば、買取代金が高額になれば老後資金に充てることができます。

3-6-1.どんなものが買取してもらえる?

以下のようなものは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 年式が新しい家電類
  • 上質な素材の家具類
  • 趣味のコレクション
  • スポーツ用品類
  • 着物類
  • 有名ブランド品のバッグ類など
  • 貴金属類
  • 楽器類
  • 未使用の贈答品セット

なお、実際にどんなものが買取してもらえるかは、業者によっても異なります。自己判断せず、まずは、業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。

3-6-2.不用品を買取してもらう方法は?

生前整理で出た不用品は、以下のような方法で買取に出すことができます。

  • 不用品の種類ごとに買取専門業者へ売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

なお、不用品回収業者に買取してもらう方法なら、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、買取不可の場合でもそのまま引取処分を依頼できるなど、何かと便利です。当リサイクル買取サービスでも、生前整理で出た不用品を積極的に買取していますので、お気軽にお申し付けください。

4.亀岡市で生前整理を業者に依頼するポイント

亀岡市で生前整理を業者に依頼するポイントを、具体的に見ていきましょう。

4-1.信頼できる業者に依頼する

生前整理は、信頼できる業者に依頼することが大切です。適当な業者に依頼してしまうと、スタッフの対応が悪い、依頼していないものまで回収されたなど何かとトラブルの原因になるので注意してください。具体的には、以下のポイントに当てはまる業者を選べば間違いありません。

  • 生前整理で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 丁寧な作業で定評がある
  • 都合のよい日時と場所で作業してもらえる
  • スタッフの教育が行き届いていて顧客からの評判もよい
  • 回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている
  • 可能なものは買取もしている
  • 業務に必要な許可を取得済み

また、亀岡市が業者の営業エリア内にあることも併せて確認しておきましょう。なお、当リサイクル買取サービスでも、亀岡市での生前整理をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.やってほしいこととやらなくてよいことを明確に伝える

やってほしいこととやらなくてよいことを明確に伝えることで、業者とのトラブルを防ぐことが可能です。業者とトラブルが起こる原因の一つに、伝達ミスが挙げられます。こちらは伝えたつもりでも、言葉が足りないために業者へ正確に伝わっていないことがあるものです。また、貴重品をしまってある場所には触れてほしくない、思い出の品などは回収してほしくない、といったこともあるでしょう。やってほしいこととやらなくてよいことを明確にした後、リストにして業者に渡して確認するのがおすすめです。

4-3.不明な点をそのままにしない

生前整理を業者に依頼する場合、不明な点をそのままにしないことも大切です。業者との打ち合わせの際、言葉の意味が分からない、うまく伝わっていないと感じたら、その場で質問してみてください。小さな行き違いが大きなトラブルにつながることもあるので、自己判断で都合よく解釈してはいけません。また、業者に伝えた内容やその回答、打ち合わせの内容などはなるべく文書に記録しておくことも大切です。後日、不安に感じることがあっても簡単に確認することができます。

4-4.期限があるときは早めに依頼する

賃貸物件の退去に伴う場合など、生前整理の期限があるときは、早めに依頼してください。まだ余裕があると思っていても、あっという間に期限が迫ってくるものです。それに、直前に依頼しても、業者のスケジュールが埋まっていて、希望の日時を指定できないことがあります。期限までに生前整理を終えるためにも、早めに依頼してください。

5.亀岡市での生前整理に関するよくある質問

最後に、亀岡市での生前整理に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.知人から「生前整理は縁起が悪い」と聞いたのですが?
A.迷信です。確かに、生前整理は自分が亡くなった後のことを考えて行うため、人によっては不安がよぎることもあるでしょう。しかし、生前整理は今後の人生を快適にするために行うことであり、実際に行った人の満足度が高いことからも、縁起が悪いとはいえません。

Q.パソコンやスマホのデータも生前整理の対象になる?
A.はい。パソコンやスマホのデータも、生前整理で不要なものは消去しておきましょう。また、個人的に加入中のサービスで不要なものを解約しておくこともおすすめです。

Q.亀岡市に本社がある業者なら安心して生前整理を依頼できる?
A.断言できません。亀岡市に本社があることだけでは信頼できると判断できないからです。まずは、この記事の「4-1.信頼できる業者に依頼する」を参考にしてチェックしてみてください。

Q.生前整理で片付いた状態を保つコツは?
A.定期的に不用品を仕分けて処分し、片付けし直すことで、片付いた状態を保つことが可能です。なお、高齢などの理由により仕分けや片付けが難しくなったときは、専門業者に依頼することをおすすめします。

Q.生前整理ではエンディングノートを作成しておくとよいと聞いたのですが?
A.はい。不用品の片付けと共に、エンディングノートを作成しておくといざというときに役立つのでおすすめです。エンディングノートには、通夜や葬式の方法や規模、財産の詳細などに加えて、家族へ特に知らせておきたいことをまとめておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、亀岡市での生前整理について詳しく解説しました。生前整理を行うと、老後の暮らしに快適な環境が整う、自分が亡くなった後に家族の負担を減らせるなど、さまざまなメリットがあります。生前整理で挫折しないためには、最初にきちんと計画を立てて無理なく進めていくとよいでしょう。なお、生前整理では多くの不用品が出ます。不用品の処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。当リサイクル買取サービスでも、亀岡市での生前整理で出た不用品の処分をお受けしています。見積もりは無料ですから、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休