整理整頓術をマスターしたい人必見! 上手な収納と片付け方


部屋をいつもきれいにしている人、整理整頓が上手な人を見ていると「どうしたらいつもきれいな部屋を維持していられるの?」と疑問に思うことがあります。
「部屋の整理整頓が上手な人は頭がいい」というイメージがありますが、整理整頓に頭脳はあまり関係ないのだそうです。
収納や片付け方のちょっとしたコツさえ知っていれば、誰でも整理整頓上手になれますよ。

  • 部屋の整理整頓方法を知りたい
  • 整理整頓術をマスターするにはどうしたらいい?
  • きれいな部屋を維持する方法は?

そんな人たちのために、整理整頓術に関する情報をご紹介しましょう。

目次

  1. 整理整頓術について
  2. 整理整頓を実現する考え方
  3. 整理整頓のポイント
  4. 整理整頓の手順
  5. 整理整頓された部屋を維持するための注意点
  6. まとめ

1.整理整頓術について

整理整頓とは、ものを「必要なもの」と「不要なもの」に分けて、不要なものは捨て、必要なものを使いやすい場所に置くことです。
散らかった部屋の整理整頓に成功するためには、いくつかの技やコツを知っておく必要があります。
何も考えずに部屋を整理整頓しようとしても、途中で挫折したりすぐにまた部屋が散らかってしまったりするものです。
どうしたら整理整頓された部屋をいつも維持できるようになるのか…。
そのためにはまず、自分にとっての整理整頓術を身につけてください。
掃除がうまくいく手順や簡単にできるコツ、収納の工夫など、アイデアはたくさんあります。
あなたも整理整頓術をマスターして、常に整理整頓されたきれいな部屋を手に入れましょう。

2.整理整頓を実現する考え方

整理整頓がうまくいかない人は、まず考え方を変える必要があるでしょう。
整理整頓を実現するための考え方とはどのようなものかご紹介します。

2-1.「片付けが苦手」ではなく「知らない」だけ

部屋が汚い人や散らかっている人は、片付けが苦手なわけではありません。
「上手に片付けるコツ」を知らないだけなのです。
部屋が散らかっている人は「自分は片付けられない性格だから…」と諦めてしまっているでしょう。
しかし、そうではありません。
誰でも気を抜けば部屋は散らかっていくでしょう。
整理整頓できる人とできない人の違いは、「やり方を知っているか、知らないか」なのです。
つまり、やり方さえ分かれば、誰でも整理整頓上手になれるでしょう。
「自分は片付けが苦手」という考え方を改め「自分にもできる整理整頓術」を身につける努力をしていくことが大切なのです。

2-2.部屋が散らかることのデメリットを知る

「部屋が散らかっていても平気」という人もいるでしょう。
実際に散らかった部屋で過ごしていると、だんだんその状況に慣れていくものです。
しかし、散らかった部屋で過ごすことにはたくさんのデメリットがあるということをご存じでしょうか?
たとえば「欲しいものがすぐ見つからない」「いつでも人を部屋に呼べない」「精神的にも身体的にも不健康」などが挙げられます。
探し物が見つからないとつい似たようなものをまた買ってしまい、経済的にも良くないでしょう。

2-3.片付けられない原因を知る

自分がなぜ部屋を整理整頓できないのか、その原因を考えてみてください。

  • 片付けるのが面倒だから
  • 片付ける時間がないから
  • ものが多すぎてどこから片付ければいいのか分からない

片付けられない原因は人それぞれです。
しかし、片付けられない原因が分かれば、原因を解消することで片付けられるようになるでしょう。
たとえば、片付けが面倒な人は、どうすれば簡単に整理整頓できるのか考えてみてください。
どこから片付ければいいのか分からない人は、正しい整理整頓の手順を知ればいいのです。

3.整理整頓のポイント

では、上手に整理整頓するために知っておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。

3-1.不要なものは「捨てる」

上手に整理整頓ができない大きな理由は「ものが多すぎる」ということです。
ものがあふれかえっている部屋を整理整頓するのは大変なことでしょう。
まずは不要なものを処分し、ものを減らすことから考えてみてください。
「捨てるのはもったいない」「思い出の品なので捨てられない」という人もいると思います。
しかし、1年を通して手に取ったことのないもの、使っていないものは、あなたにとって「不要なもの」です。
捨てるのがもったいないなら、売ったり人に譲ったりするなど手放す方法を考えてみましょう。

3-2.ものの「定位置」を決める

ものが散らかるのは「定位置」が決まっていないからです。
上手に整理整頓するうえで大切なのは「何をどこにしまうか決めておくこと」でしょう。
定位置が決まっていれば、使った後でもとに戻すだけです。
面倒なことですが、習慣づくまで頑張ってみましょう。

4.整理整頓の手順

「何から始めたらいいのか分からない」という人のために、整理整頓の手順をご紹介します。

4-1.分ける

まずは部屋の中にあるすべてのものを「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けして段ボールに入れていきます。
引き出しやクローゼットの中身も、ひとたびすべて出してから仕分けしてください。
「必要なもの」と「不要なもの」の他に、「捨てるかどうか迷っているもの」を一時的に入れるための段ボールも必要です。
時間がたってからもう一度考えてみてください。
本当に必要なものなのか、捨ててもいいものなのか、判断がつきやすくなります。

4-2.捨てる

「不要なもの」の段ボールに入ったものは、処分します。
捨てるのがもったいないものやまだ使えそうなものは、リサイクルショップやネットオークションに売りに出しましょう。

4-3.収納する

最後に、残った「必要なもの」を収納していきます。
収納スペースが足りなければ、空間を使った収納方法を考えてみてください。
収納グッズを利用するのも良いでしょう。
思った以上にすっきりと収納できるはずです。

5.整理整頓された部屋を維持するための注意点

せっかく整理整頓した部屋も、時間がたってもとに戻ってしまうようでは意味がありません。
いつまでも整理整頓された部屋を維持するための注意点をいくつかご紹介しましょう。

5-1.ものを増やさない

ものが増えると整理整頓された部屋は再び散らかってしまいます。
せっかく不要なものを処分したのですから、これからはものを増やさないように気をつけて過ごしましょう。
「新しいものを買ったら一つ捨てる」「本当に必要なものかどうか、買う前に時間をかけて考える」など、自分なりのルールを決めてください。

5-2.「とりあえず」は厳禁

「後で片付けるのでとりあえずここに置いておく」という行為は絶対にやめてください。
「とりあえず」が続くと部屋はどんどん散らかり、整理整頓しようとする意志が弱くなってしまいます。
使い終わったら必ずもとあった場所に戻すことが大切です。

5-3.定期的に人を招く

後は、定期的に人を部屋に招いて散らかるのを防ぐしかありません。
人が来る予定があれば「常に整理整頓しておこう」と心がけるものです。
「いつでも人を呼べる部屋」にしておくことが、整理整頓された部屋を維持する一番のポイントでしょう。

6.まとめ

整理整頓術についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 整理整頓術について
  • 整理整頓を実現する考え方
  • 整理整頓のポイント
  • 整理整頓の手順
  • 整理整頓された部屋を維持するための注意点

「部屋をきれいに片付けたい」「整理整頓術をマスターしたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休