湖南市で小型家電を処分する方法は? 不用品回収業者に依頼するコツも


湖南市で小型家電はどのようなものが当てはまるのか、処分方法はどうなっているのか……など、小型家電の処分で悩んでいる方は多いと思います。また、まだ正常に使えるものをゴミとして処分するのは、とてももったいないことです。稼働に問題がなければ、買取に出す選択肢もあります。さまざまな処分方法を把握しておけば、そのときの状況や小型家電の状態に併せてベストな方法で手放せるでしょう。そこで、本記事では、湖南市で小型家電を処分する方法について詳しく説明します。

  1. 湖南市で対象になっている小型家電とは?
  2. 小型家電を処分する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. 小型家電を買取に出す方法
  5. 小型家電の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、小型家電の処分を不用品回収業者に依頼するポイントなども分かります。湖南市で小型家電の処分を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.湖南市で対象になっている小型家電とは?

まずは、湖南市で対象になっている小型家電をチェックしておきましょう。

1-1.サイズが小さめの使用済み家電

名前のとおり、小型家電の対象になっているのはサイズが小さめの家電です。具体的な分類は自治体によって異なりますが、湖南市では主に、ポット・ビデオデッキ・電話機・アイロン・電気毛布・敷毛布などが挙げられます。なお、使用済み小型家電はリサイクルの対象になっているため、ゴミとして捨てることはできません。たとえば、携帯電話・スマホ・ノートパソコン・デジタルカメラ・ゲーム機・電子辞書などがリサイクルの対象となっています。これらには貴重な有用資源が含まれているため、リサイクルが推奨されているのです。

1-2.コード類は燃えないゴミ

ポットや電気毛布などについているコードは、小型家電と一緒に捨てることはできません。湖南市のホームページにも記載されているように、電気コードは切って小型家電を出すことになっています。そして、切った電源コードは「燃えないゴミ」として処分しましょう。コードがついたまま処分すると環境破壊につながったり、回収不可になったりする恐れがあるので注意が必要です。きちんと正しい方法で処分してください。

2.小型家電を処分する方法

ここでは、小型家電を処分する方法について詳しく説明します。

2-1.燃えないゴミとして出す

湖南市の場合、ほとんどの小型家電は燃えないゴミとして捨てることになります。燃えないゴミは袋に入れず、直接コンテナに入れて処分してください。コンテナに入れていない燃えないゴミは不法投棄扱いになる可能性があるので注意が必要です。なお、縦+横+高さの合計が80cm以上になるものは、粗大ゴミに分類されます。小型家電か粗大ゴミか分からないものは、まず自分で測ってみてください。それでも分からない場合は、湖南市の環境経済部 環境政策課 環境保全・クリーンタウン推進係(0748-71-2201)に問い合わせて確認しましょう。ホームページならメールフォームでの問い合わせも可能です。

2-2.ボックス回収

湖南市では、使用済み小型家電をボックスで回収しています。投入口(横28cm×縦17.5cm)に入るものに限るため、事前に小型家電の長さを測定し確認しておきましょう。なお、ボックスは東庁舎・西庁舎・リサイクルプラザに設置されています。すぐに処分したい方は、近くの回収ボックスに使用済み家電を投かんするといいでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

小型家電を一気にまとめて処分したい・手間と時間をかけたくないと思っている方は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者では、さまざまなジャンルを扱っているので湖南市で回収してもらいものも処分できるのが大きなメリットです。また、出張回収を利用すれば、自分たちで小型家電を運搬したりゴミを分類したりする必要もありません。すべて回収業者がやってくれるので、労力と時間をかけることなく処分できるでしょう。さらに、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。小型家電を買い取ってもらうことができれば、小型家電と引き換えにお金が得られるので一石二鳥です。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法を解説します。

3-1.不用品の回収実績とサービス内容を確認する

不用品回収業者に依頼する際は、不用品の回収実績とサービス内容に注目してください。不用品の回収実績があればあるほど、どのようなジャンルでも適正価格で回収してくれるでしょう。サービスが充実していれば、そのときの状況に合わせて利用したいサービスが選べます。特に、処分費用を抑えたいと思っている方は、買取サービスも行っている不用品回収業者に依頼しましょう。処分と買取が同時に利用できれば、買取不可になったとしても回収してもらえるのでスピーディーに片付けることができます。

3-2.不用品回収の費用相場は数千円~

「不用品回収業者に依頼すると費用がいくらかかるのか?」と気になっている方は多いと思います。正直なところ、不用品の量と大きさなどによって異なるため、一概にいくらかかるとはいえません。目安ですが、軽トラック程度の費用なら約8.000~15,000円、2tトラックなら約25,000~39,000円かかるでしょう。だいたいの費用が知りたい方は、複数の業者に無料見積を依頼してください。数社から出してもらった見積書を比較した上で、安心して依頼できる回収業者を選ぶのが大切なポイントです。

3-3.不用品回収業者を選ぶ際の注目ポイント

不用品回収業者の中には、回収後に高額な費用を請求してきたり、回収した不用品を不法投棄したりする悪徳業者が存在しています。実際に、悪徳業者とのトラブルが年々増加しているため、「処分費用が安いから」と気楽な気持ちで回収業者を選んではいけません。回収業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 買取サービスも行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 24時間対応しているか
  • 古物商の許可を取得しているか

3-4.不用品回収・買取ならリサイクル買取サービスへ

どの不用品回収業者に依頼すべきか悩んでいる方は、ぜひリサイクル買取サービスへご依頼ください。リサイクル買取サービスでは、不用品の回収はもちろんのこと、買取サービスも受け付けています。不用品回収と買取の実績は、京都・滋賀においてトップクラスです。そのため、他店よりも高価買取・格安回収が可能となります。また、オフィス用品・店舗用品・倒産品など法人向けサービスも充実しているので、小型家電の処分でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

4.小型家電を買取に出す方法

ここでは、小型家電を買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.正常に稼働できるか

稼働に問題なく、不具合が起きていない小型家電なら、ゴミとして捨てずに買取へ出してください。正常に稼働できる状態であれば、ほとんどの買取業者で買い取ってもらえるでしょう。買い取ってもらえるものが多くなるほど処分費用が節約できます。査定を依頼する前に、まずは自分で動作確認をしてみてください。多少不具合が起きている場合は、その旨を買取業者のスタッフに伝えた上で査定をしてもらいましょう。なお、動作確認をする際は、メーカーや型番も併せてチェックしてください。

4-2.発売年月から3~5年以内

たとえ、正常に稼働している小型家電だとしても、発売年月から3~5年以上が経過しているものは買取不可になるか、買取額が下がる可能性があります。小型家電は次々と新しい製品が登場しており、新製品が出てくるたび型落ち品になってしまうからです。そのため、できるだけ高く売りたい方は早めに売却することも大切なポイントとなります。

4-3.新製品や人気メーカーは高く売れる

小型家電の中でも高価買取が期待できるのは、新製品や人気メーカーです。特に、東芝・ソニー・パナソニックなどの国内メーカーは中古市場でも需要が高いので、高価買取が期待できるでしょう。スマホやパソコンの場合は、Macが高く買い取ってもらえる傾向があります。元値が高い小型家電はもちろんのこと、発売されたばかりの新製品は高性能になっているため、高値で売れるでしょう。だいたいの買取額が知りたい方は、複数の買取業者に無料査定を依頼してください。

4-4.買取専門業者・リサイクルショップに依頼する

主な買取先としては、買取専門業者とリサイクルショップがあります。中古市場で需要がある小型家電は、買取専門業者に査定を依頼するといいでしょう。買取専門業者はリサイクルショップよりも中古市場を把握しているため、高価買取が期待できます。買取専門業者で買い取ってもらえなかったものは、リサイクルショップに査定を依頼してみてください。買取専門業者で買取額がつかなかったものでも、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

4-5.ネットオークション・フリマアプリを利用する

自分で小型家電を売りたい方は、ネットオークションやフリマアプリを利用するといいでしょう。ネットオークションとフリマアプリのメリットは、自分で金額を決めて出品できる点です。希望額で落札されれば、納得した上で小型家電を手放すことができるでしょう。ただし、すぐに落札されるとは限りません。落札されたとしても、自分でこん包して送らなければならないので時間と手間がかかります。ネットオークションとフリマアプリを利用する際は、デメリットをしっかりと把握して起きましょう。

5.小型家電の処分に関してよくある質問

小型家電の処分に関する質問を5つピックアップしてみました

Q.湖南市で回収できない家電はあるのか?
A.冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンの家電リサイクル法対象品目は自治体で収集していません。メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられているため、メーカーのお客様サポートセンターに問い合わせて確認しましょう。また、パソコンもPCリサイクル法の対象品目になっており、自治体のゴミとして捨てるのはNGです。このように、家電の中には自治体で処分できないものもあるので注意してください。

Q.デジタル機器を処分する際の注意点は?
A.スマホ・携帯電話・パソコンといったデジタル機器を処分する際は、内部に記録されているデータを完全消去する必要があります。HDD(ハードディスク)に記録されているデータを消去しなければ、処分時に抜き取られ悪用される恐れがあるからです。大切なデータを守るためにも、きちんとデータを消去してから処分しましょう。

Q.小型家電を高く売るコツは?
A.できるだけ、まとめて売ることです。小型家電を1つずつ処分するよりも、まとめて処分したほうがスタッフの手間と時間がかからないので、その分の買取額がアップします。また、取扱説明書・保証書・元箱などの付属品もすべてそろえておくといいでしょう。付属品がそろっているかどうかで、買取額に数千円の差が生まれることもあります。

Q.使用済み乾電池を処分する方法は?
A.小型家電で使用する乾電池を処分する際は、いくつか注意が必要です。基本的に、湖南市では乾電池をゴミとして捨てることはできません。使用済み乾電池はリサイクルが推奨されているため、専用回収ボックスへ投かんするか、回収協力店などへ持ち込むことになります。なお、専用回収ボックスの設置場所は以下のとおりです。

  • 東・西庁舎
  • いしべ交流センター(旧松籟会館)
  • 石部コミュニティセンター
  • サンヒルズ甲西まちづくりセンター(三雲・柑子袋・岩根・菩提寺・下田・石部南)
  • 夏見会館

Q.気をつけたほうがいい回収業者の特徴は?
A.安すぎる料金を設定していたり、説明を求めても答えてくれなかったりする回収業者には注意が必要です。たとえ、友人や知人から紹介された回収業者だとしても、自分でしっかりと確認してください。疑問点などがあれば、そのままにしておかず、スタッフへ尋ねましょう。

まとめ

湖南市で小型家電を処分する際は、燃えないゴミとして処分するか、回収ボックスへ投かんする方法があります。サイズによってゴミの分類が異なるため、事前に確認してください。また、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。リサイクル買取サービスでは、不用品の回収と買取を行っているため、小型家電をお得に処分したいと思っている方はぜひ一度お問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休