冷蔵庫のベストな買い替え時期とは? 古い冷蔵庫の処分方法も紹介!


冷蔵庫の買い替えを検討している人の中には、「買い替えるタイミングに迷っている」「どうすれば安く買い替えができるのか?」と悩んでいる人も多いでしょう。冷蔵庫は生活必需品であり、家電の中でも高額なものなので、買い替えするときは慎重に考えなければなりません。もちろん、古い冷蔵庫の処分方法についても把握しておく必要があるでしょう。この記事では、冷蔵庫の寿命や買い替え時期、処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 冷蔵庫を買い替えるベストなタイミングとは?
  2. 冷蔵庫の買い時はいつなのか?
  3. 冷蔵庫と家電リサイクル法の関係について
  4. 古い冷蔵庫の処分方法
  5. 冷蔵庫の買い替えに関するよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫の買い替えをスムーズに行う方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.冷蔵庫を買い替えるベストなタイミングとは?

冷蔵庫の買い替えを検討するにあたって、寿命や買い替えの目安となる症状についてまとめました。

1-1.平均寿命は約10年

冷蔵庫の寿命は、10年前後が平均といわれています。もちろん、扉の開閉頻度なども関係してくるため、10年以上問題なく使える冷蔵庫もあるでしょう。しかし、最近の冷蔵庫は製品コストを下げるために、部品の強度や耐久性が弱くなっているため、昔の冷蔵庫に比べて故障しやすい傾向が見られます。また、「故障してもメーカーに部品がないため修理できない」という問題も出てくるため、購入から10年前後経過している冷蔵庫は、修理よりも買い替えを検討したほうがよいでしょう。

1-2.完全に壊れる前に買い替えよう

冷蔵庫は生活に欠かすことのできないものなので、完全に壊れてしまう前に買い替える必要があります。そのためにも、寿命が近づくと起こる症状にはどのようなものがあるか、把握しておきましょう。以下のような症状が頻繁に起こる場合は、寿命が近いサインです。

  • 冷えが悪くなってきた
  • 音が大きくなった
  • 水もれが起こる
  • 製氷機の氷が塊になる
  • 本体が熱を持っている

1-3.「最新機種がほしい」と思ったら買い替えを

冷蔵庫の調子が悪くなくても、「最新機種がほしい」と思ったら買い替えを検討しましょう。最近は、大容量の冷凍室が搭載されているものや、除菌・脱臭ができるものなど、さまざまな機能の冷蔵庫が発売されています。また、最新の冷蔵庫は消費電力が低いため、電気代を節約できるというメリットもあるのです。生活をより豊かで快適なものにするためにも、最新機種への買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

2.冷蔵庫の買い時はいつなのか?

冷蔵庫を安く購入できる時期やポイントをご紹介します。

2-1.年末年始や決算時期・ボーナス時期に安くなる

多くの家電量販店では、年末年始や決算時期・ボーナス時期などに大々的なセールが行われます。特に、広告に「目玉商品」として掲載されている商品は確実に安くなるため、気になる冷蔵庫が掲載されていないかチェックしておくとよいでしょう。

2-2.年に1回のモデルチェンジが狙いめ

冷蔵庫は年に1回、モデルチェンジがあります。ほとんどのメーカーが10~11月に新モデルを発売するため、その直前に現行モデルが安くなる傾向にあるのです。つまり、現行モデルの在庫一掃セールが行われる8月後半~9月ごろが、安く冷蔵庫を購入できるチャンスということになります。

2-3.展示品は割引してもらえる可能性が高い

セール以外の時期に冷蔵庫を購入するのであれば、展示品を狙うのがおすすめです。交渉しだいでは大幅に割引してもらえる可能性があるでしょう。冷蔵庫の場合、展示品といっても電源が入っていたわけではないため、新品と寿命の差はありません。ほとんど新品と変わらないため、展示品の中に気に入った冷蔵庫がないかチェックしてみましょう。

3.冷蔵庫と家電リサイクル法について

冷蔵庫は家電リサイクル法という法律に基づいて処分する必要があります。家電リサイクル法の目的や処分方法について、詳しくご紹介しましょう。

3-1.冷蔵庫は粗大ゴミとして捨てられない

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象になるため、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることができません。家電リサイクル法とは、冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビの4品目を「特定家庭用機器」と指定し、リサイクルの推進を目的としたものです。この法律により、家庭から出た不要な冷蔵庫は販売店が回収し、製造業者がリサイクルすることが義務づけられました。排出者はリサイクル料金と収集運搬料金を支払い、冷蔵庫をリサイクルに回す必要があるのです。

3-2.販売店に引き取りを依頼し、料金を支払う

では、家電リサイクル法に該当する冷蔵庫は、どのように処分すればよいのでしょうか。まず、処分したい冷蔵庫を購入した販売店、または新しい冷蔵庫を購入する販売店に、古い冷蔵庫の引き取りを依頼してください。指定された回収日時に回収業者が訪問し、冷蔵庫を引き取ってくれます。買い替えの場合は、新しい冷蔵庫を配送してくれたときに、古い冷蔵庫を回収してもらいましょう。その際、家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金と収集運搬料金を支払うという流れになります。リサイクル料金はメーカーによって異なりますが、5,000円程度が相場です。収集運搬料金は販売店によって違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

4.古い冷蔵庫の処分方法

上記以外にも、古い冷蔵庫を処分する方法はいくつかあります。状態のよいものは買取に出すなど、自分にとってベストな方法を選択しましょう。

4-1.販売店に下取りしてもらう

販売店によっては、新しい冷蔵庫の購入を条件に、古い冷蔵庫を下取りしてくれるところもあります。下取り分を新規購入代金から割引してもらえるため、お得です。ただし、下取りサービスを行っていない販売店もあるため、事前の確認が必要になります。また、新しい冷蔵庫を通販で購入する場合も、下取りキャンペーンなどを行っているかチェックしてみましょう。

4-2.リサイクルショップに買取してもらう 

比較的状態のよい冷蔵庫は、リサイクルショップに買取してもらうのもおすすめです。冷蔵庫を自分で持ち込むのは難しいので、出張買取を実施しているリサイクルショップを選ぶとよいでしょう。自宅まで来て査定・引き取りをしてくれます。ただし、状態の悪いものは買取対象にならないため、確実な処分方法といえない点がデメリットです。

4-3.ネットオークションやフリマアプリで売る

リサイクルショップ以外にも、ネットオークションやフリマアプリを利用して自分で売る方法もあります。最近は初心者でも利用しやすいサイトやアプリが増えてきているため、チェックしてみるとよいでしょう。うまくいけば、リサイクルショップよりも高額で売れる可能性もあります。ただし、出品や代金決済・発送の手続きなどに手間がかかるという点をデメリットに感じる人もいるでしょう。

4-4.不用品回収業者に依頼する

「できるだけ手間をかけずに確実に処分したい」「ほかにも処分したいものがある」という場合などは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。「リサイクル買取サービス」では、状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で不用品の引き取りを行っています。24時間年中無休・即日対応も可能となっていますので、ぜひチェックしてみてください。こちらから無料見積もりを受け付けています。

5.冷蔵庫の買い替えに関するよくある質問

「冷蔵庫の買い替えを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.冷蔵庫を買い替える場合、古い冷蔵庫の電源はいつ切ればよいですか?
A。前日の夜には冷蔵庫の電源を切っておきましょう。自然に霜が溶けて水になり、冷蔵庫下のプレートに流れ出てくるため、水を捨ててください。

Q.できるだけ高く冷蔵庫を買い取ってもらうためには、どうすればよいでしょうか?
A.きれいに掃除をし、汚れや臭いを取り除いておいてください。また、保証書や説明書などの付属品はすべてそろっていたほうが高価買取の可能性が高くなります。

Q.冷蔵庫の寿命が短くなる原因には、どのようなものがあるでしょうか?
A.扉の開閉を頻繁に行うと、コンプレッサーに負担がかかり、冷蔵庫の寿命が短くなるといわれています。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか、無料見積もりを受け付けているか、一般廃棄物収集運搬業の許可を得て営業しているかを必ず確認しましょう。また、丁寧でスピーディーに対応してくれるかどうかも、重要なポイントになります。

Q.  悪質な不用品回収業者も存在するというのは本当でしょうか?
A.残念ながら本当です。必要な許可を持たずに営業し、回収した不用品を不法投棄している業者も存在するため、十分注意してください。特に、事務所の所在地を明らかにしない業者や、見積書の内容に不明確な点が多い業者などは利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 冷蔵庫を買い替えるタイミングや安く購入するポイント、古い冷蔵庫の処分方法をまとめてご紹介しました。冷蔵庫は生活に欠かすことのできないものなので、できるだけスムーズに買い替える必要があります。ぜひこの記事を参考にして、冷蔵庫を買い替える際に知っておくべき情報を押さえてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休