洗濯機は粗大ゴミではない! 下取りや買取を利用した処分方法を解説


洗濯機は、自治体で粗大ゴミとして処分することができないため、捨て方で迷うことがあります。また、洗濯機の処分には、なるべく費用をかけたくないと思う方が多いでしょう。お得に処分する方法や買取に出す方法などを覚えておき、処分費用のコストダウンに役立ててください。

本記事では、洗濯機の処分についてご紹介します。

  1. 洗濯機は粗大ゴミでは出すことができない
  2. 洗濯機を下取りや買取に出すことも考えよう
  3. 洗濯機の処分や買取でよくある質問

この記事を読むことで、洗濯機の処分についてよく分かります。洗濯機は家電リサイクル法の対象品目であるため、リサイクルに関する知識を持っておくと安心です。

1.洗濯機は粗大ゴミでは出すことができない

洗濯機は、家電リサイクル法が適用される対象家電の1つであり、メーカー・家電販売店などはリサイクルを推進することが義務付けられています。買い替えなどで不要になった洗濯機をリサイクルに出す方法などを覚えておきましょう。

1-1.家電リサイクル法は資源を有効活用する法律

家電リサイクル法は、資源の有効活用を目的に、2001年に施行されました。対象品目は、洗濯機(衣類乾燥機を含む)・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫を含む)・テレビとなっています。この対象品目は、自治体が回収する粗大ゴミとして処理できないことがポイントです。家電販売店が引き取った場合は、メーカーやリサイクル業者へ引き渡され、メーカーやリサイクル業者が引き取った場合は、最終的に内部の金属資源などをリユース・リサイクルすることで、環境破壊を防ごうという狙いがあります。

1-2.洗濯機をリサイクル回収に出す方法

洗濯機を、メーカーが設置した指定引取所に直接持ち込む方法もあります。運搬が難しい場合は、収集運搬費用を支払い、メーカーの指定業者に引き取りを依頼してください。洗濯機を指定引取所に持ち込む際は、リサイクル料金の支払いが必要です。リサイクル料金は、郵便局に備え付けてある振込用紙を利用し、一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター宛(あ)てに振り込みを行ってください。振り込み後の控えは、家電リサイクル券となります。リサイクル回収が完了するまで、控えは保管しておきましょう。洗濯機のリサイクル料金は、メーカーや型番などによって差があります。国内の主要メーカーは、2,484円前後が目安です。

2.洗濯機を下取りや買取に出すことも考えよう

販売店による下取りや引き取り、業者による買取などを利用した処分方法もあります。

2-1.販売店による下取りや引き取りも可能な場合がある

販売店による下取りは、ごく一部の店舗やキャンペーン時のみに行われるサービスですが、買い替えが条件となっています。ただし、年式や状態によっては、下取り対象外となる場合があるので注意してください。また、引き取りに応じてくれる店舗があった場合でも、リサイクル料金と収集運搬料金の支払いが必要です。メーカーや型番に応じたリサイクル料金と、販売店が指定する収集運搬料金を店頭で支払うことになります。

2-2.不用品回収業者の回収費用は割高でも便利な方法

洗濯機の運搬やリサイクル回収の手続きなどが面倒に感じる場合は、不用品回収業者の活用がおすすめです。しかし、回収費用はリサイクル料金に比べ、割高となる場合が多くなっています。費用がかかる分、肉体的負担は軽減される手段でしょう。ほかにも多くの不用品がある場合、同時に回収してくれるので、家の中にある不用品を一掃したい方にも向いています。ただし、悪質な不用品回収業者に依頼してトラブルに巻き込まれないようにするため、事業所の所在地が明確で、地域に根ざした営業をしている業者を選ぶことが大切です。

2-3.リサイクルショップや買取専門店に買取を依頼することも可能

リサイクルショップや買取専門店に、洗濯機の買取を依頼する方法もあります。家電製品は、全般的に年式が新しいものが買取対象となる傾向が強いものです。製造から5年以内・傷や汚れなどがない・動作に問題がないものなど、条件が絞り込まれてしまうため、事前に買取可能かどうかを確認しておくといいでしょう。洗濯機の買取を希望する場合、自分で運搬せずに利用できる出張買取をしている業者を選ぶと便利です。業者ごとに買取方法が異なるため、利用しやすさを重視して選ぶようにしましょう。1社だけで即決せず、業者の無料見積もりなどを利用し、買取価格の比較もしてください。

2-4.ネットオークションなどを利用した個人売買は難しい

ネットオークションやフリマサイトを使い、自分で洗濯機の売却をする方法もあります。しかし、ネットを介した洗濯機の状態が伝わりにくく、買い手が現れるまでに時間がかかるのがデメリットです。ネットオークションでは業者による出品が多く、ほとんどが状態の良好な展示品や美品などで、しかも送料無料・1円スタートなど、買い手にとってメリットが高い方法で出品されています。したがって、ネットを利用した個人売買で中古の洗濯機を売却するのは大変難しい方法といえるでしょう。

3.洗濯機の処分や買取でよくある質問

洗濯機の処分や買取に関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.洗濯機の捨て方やリサイクルの出し方が分からない場合はどうすべきか?
A.販売店・不用品回収業者・買取業者などに依頼できない場合は、自治体に相談してみましょう。リサイクルの出し方を教えてくれる場合や、提携業者・協力店などを紹介してくれる場合があります。

Q.自分で持ち込んで処分する場合、指定引取所はどのように探せばいいのか?
A.最寄りの指定引取所は、一般財団法人 家電製品協会のホームページから検索してください。都道府県名をクリックすると、業者名の一覧を確認することができます。

Q.洗濯機のリサイクル回収には、トータルでいくらかかるのか?
A.リサイクル料金と収集運搬料金を含め、5,000円前後が目安です。ただし、買い替えで下取りを依頼する場合や、買取などを利用できる場合は、処分費用の節約につながることもあるでしょう。

Q.無料で洗濯機をリサイクルする方法はないのか?
A.自治体でものの譲渡を募集できる掲示板を設置している場合、無料で洗濯機を譲る内容を掲載してみましょう。年式が古いものでも、無料なら譲渡先が見つかる可能性があります。しかし、運搬方法や運搬にかかる費用は相手が負担するなど、あらかじめ条件を付けておくことが大切です。

Q.人気モデルの洗濯機なら、高額買取になる可能性が高いのか?
A.はい、高額買取になる可能性があります。人気モデルならば故障していても、部品をリユースする目的で回収するケースもあるため、ジャンク品として無料回収する場合もあるでしょう。

まとめ

洗濯機は家電リサイクル法の対象品目であるため、粗大ゴミとして捨てることができません。洗濯機の内部に含まれる金属部品などを有効活用する目的で、メーカーや販売店などはリサイクル回収することが義務付けられています。家電リサイクル法に基づいてメーカーなどに回収してもらう場合は、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。お得に処分したい場合は、リサイクルショップなど専門業者による買取を利用してみてください。その際には、買取対象となるものの特徴を把握してから査定を受けるようにしましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休