加湿器は買取してもらえるの? 意外と知らない加湿器処分法!


冬が深まるにつれ、空気の乾燥で肌荒れやのどを痛める方などが増え始めてきます。すると、需要が高まるのが加湿器です。このタイミングに合わせて加湿器の買取依頼を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ売るとなるとどうやって売ればいいのか分かりませんよね。

そこで今回は、加湿器の売却方法についてご紹介します。

  1. 加湿器の買取事情を学ぼう!
  2. 加湿器を買取してもらう前に確認しておくこと
  3. 加湿器を買取してもらう方法は?
  4. 加湿器の買取に関するQ&A

この記事を読むことで加湿器の買取にまつわる基礎知識を知ることができます。おすすめの売却方法など、お得な情報を押さえてスマートに処分しましょう!

1.加湿器の買取事情を学ぼう!

まずはどんな加湿器が売れるのかなど、加湿器の買取事情がどうなっているのかを学びましょう。

1-1.加湿器って売れるの?

加湿器は空気が乾燥する冬に需要が高まります。しかし、有名メーカーの加湿器は数万円することも珍しくありません。良い品を購入しようとすると、なかなか手が出しづらいのが現状です。しかし、中古の加湿器なら新品の半額以下で購入できます。中古需要は高いので、買取してもらえる可能性は高いでしょう。

1-2.どんなものが買い取ってもらえるの?

1-2-1.製造から5年以内

家電製品は次々と新製品が発売されます。そのため、一般的に製造から5年以上経過すると市場価値が低くなり過ぎて再販が困難です。製造年は本体の横・後ろ・底・裏など、目の付きにくい場所に貼られている製造年ラベルから確認しましょう。

1-2-2.未使用品・未開封品

未使用品や未開封品は仮に製造から5年以上経過している場合でも買取対象になることがあります。押し入れの肥やしになっている未使用品や未開封品の加湿器があるなら、価値がこれ以上下がらないうちに売却してしまいましょう。

1-2-3.美品

加湿器にカビが生えれば部屋の空気を汚染してしまいます。そのため、清潔感が重要です。たとえ、カビが生えていなくとも、汚れているものは価値が下がってしまうでしょう。買取の際には必ず清掃しましょう。

1-3.高額査定が期待できるメーカーと機種とは?

以下でご紹介するようなメーカーの製品は品質が高く人気があります。

  • パナソニック(FE-KXR07-W・FE-KXP23-W)
  • 三菱(SHE120RD-W・SHK90RR)
  • アイリスオーヤマ(RSA-401・KUHM-280BM-T)
  • シャープ(HV-H75-W・HV-H75-A)
  • 象印(EE-RN50・EE-RM50)
  • ダイソン(MF01IB・MF01WS)
  • cado(HM-C620-BK・MH-C11U-BK)

1-4.買取相場はどのぐらい?

加湿器は新品でも数千円~数万円程度です。比較的安い家電製品なので、買取価格はあまり高くありません。製品にもよりますが、1,000円~20,000円の間になるでしょう。

2.加湿器を買取してもらう前に確認しておくこと

2-1.故障のチェック

壊れた加湿器に価値はありません。壊れた状態で売りに出しても買取拒否されて二度手間になるだけです。一通りの操作を行って、すべて正常に稼働することを確認しましょう。

2-2.高額買取のポイントを押さえよう

2-2-1.タイミングを間違わない

加湿器は季節家電に分類され、季節によって買取需要に差が出ます。空気が乾燥する秋~冬が最も買取需要の高まる時期です。この時期を逃すと一気に買取価格が落ちるので、早いうちに売却しましょう。

2-2-2.付属品をそろえる

電源コードなどの使用に不可欠なものはもちろん、説明書・リモコン・専用段ボール箱などもあると買取価格が上がるでしょう。

2-2-3.手入れを行う

前述したように、加湿器は清潔感が重要です。ヤニ汚れやホコリ汚れなどはできる限り取り除いておきましょう。また、タンク内の水は完全に抜き、蓋を開けた状態でしっかりと乾燥させてください。

3.加湿器を買取してもらう方法は?

加湿器を買取してもらう方法はいくつかあります。それぞれにデメリット・デメリットがあるので、しっかりと把握して自分に合った方法を選びましょう。

3-1.リサイクルショップ

真っ先に上げられる売却先はリサイクルショップとなります。リサイクルショップは全国至る所にあり、手軽に利用できるのが強みです。特に、家電製品の専門店なら高値で買い取ってもらえる可能性があります。ただし、リサイクルショップは基本的に自力で持ち込まなければいけません。車の有無やお住まいの場所などによっては利用しづらいことがあります。

3-2.不用品回収業者

近年普及しつつある不用品回収業者もおすすめの売却先として挙げられます。不用品回収業者の最大のメリットは自宅まで出張してくれることです。近くにリサイクルショップがなかったり忙しかったり、あるいは体が不自由な方でも気軽に買取を依頼できます。デメリットは、出張費などの関係で比較的買取価格が安くなることです。

3-3.ネットオークション・フリマサイト

ネットオークションとフリマサイトは高く売れる可能性が最も高い方法です。ネットオークションでは、入札が増えれば金額がどんどんと釣り上がって思わぬ高値が付くことがあります。フリマサイトでは、金額を自分で自由に設定できるので安く買いたたかれる心配がありません。ただし、どちらの方法も出品手続きや発送手続き、落札者との値段交渉やクレーム対応などがあります。ほかの方法に比べると、手間がかかる方法です。

3-4.買取してもらう際の注意点

詐欺に気を付けましょう。不用品回収業者やネットオークション・フリマサイトなどでは詐欺が横行しています。たとえば、商品を受け取っているのにお金を振り込まないなどの金銭トラブルが挙げられるでしょう。悪徳業者を見極めるには、ホームページの会社概要・会社案内などの欄を確認することが大切です。中古品の売買には古物商許可が必要なので、この許可が記載されていない場合は注意しましょう。ちなみに、必ず識別番号も併記されているはずなので、本物古物商許可なのかはインターネットで検索すれば確認できます。また、ネットオークションなどを使う際は、相手の評価を確認したり入金のタイミングを指定したりして対処しましょう。

4.加湿器の買取に関するQ&A

Q.おすすめの買取方法は何でしょうか?
A.自宅まで出張査定してくれることを考えると、不用品回収業者が最も手間がなくておすすめです。利益を重視するならネットオークションもおすすめします。

Q.不用品回収業者は夜間にも対応しているのでしょうか?
A.業者によって異なりますが、夜間対応は珍しくありません。たとえば、リサイクル買取サービスでは24時間対応しています。

Q.トラブルになった場合はどうすればいいですか?
A.トラブルになった場合、オークションやフリマサイトの場合はまず運営に相談しましょう。運営に相談して解決しない場合や、業者などとトラブルになった場合などは、国民生活センター(消費生活センター)に相談することをおすすめします。国民生活センターは行政によって運営されている無料の相談窓口です。専門家が対応してくれるので安心して相談してくださいね。

Q.業者見積もりにお金はかかりますか?
A.基本的に見積もりは無料としている業者が多いようです。ただし、場合によっては出張費や査定料などを請求する業者もあるので、見積もり前にはホームページなどを確認しておきましょう。

Q.どこにも買い取ってもらえなかった場合はどうすればいいですか?
A.故障や年式の古さなどが原因で買い取ってもらえない場合があります。そのような場合には自治体で処分するのが一般的です。小型家電リサイクル法の対象となる場合があるので、詳しくは各自治体ホームページを参照してください。また、不用品回収業者は買取だけでなく、廃棄物の有料回収も請け負ってくれます。最初から不用品回収業者に依頼すれば二度手間になりません。

まとめ

今回は加湿器の買取についてご紹介しました。加湿器は空気が乾燥する秋から冬にかけて需要が高まります。中古需要も高いため、製品によっては高値で買取してもらえるでしょう。特に、三菱やシャープなどの有名メーカーのものは高値が付きます。しかし、基本的には製造から5年を超えると製品価値が著しく低下するので、その前に売却するようにしましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休