使わないコーヒーメーカーは買取処分を! 人気の動向や買取のコツ


本格的なコーヒーを自宅で手軽に味わえるコーヒーメーカーは、ここ数年で種類もグンと増えました。おいしいコーヒーにこだわって「新しいマシンに買い替えたい」という人や、「もらったまま使っていないコーヒーメーカーがある」という人もいることでしょう。そんなとき気になるのが、使わないコーヒーメーカーの処分です。この記事では、コーヒーメーカーの買取や処分について紹介します。

  1. コーヒーメーカーの買取、中古市場と需要
  2. コーヒーメーカーの買取、売る前にしておくべきこと
  3. コーヒーメーカーの買取方法
  4. コーヒーメーカーの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、使わないコーヒーメーカーを買取に出す方法や、高く売るコツなどについて分かります。カフェタイムが一層楽しくなるよう参考にしてください。

1.コーヒーメーカーの買取、中古市場と需要

コーヒーを自宅で楽しむライフスタイルが定着した昨今では、コーヒーメーカーはすっかり身近な道具となりました。ここではコーヒーメーカーの買取市場や需要について詳しく説明します。

1-1.コーヒーメーカーの人気、種類について

自宅でくつろぎのカフェタイムを楽しむ「おうちカフェ」ブームを支えるように、家庭用のコーヒーメーカーはここ数年で進化しています。ドリップ式コーヒー・エスプレッソ式・カプチーノ式など、さまざまな種類のコーヒーメーカーを紹介しましょう。

  • ドリップ式:昔から家庭用として普及しているモデル。コーヒーフィルターとコーヒー豆を挽(ひ)いた粉をセットするだけ
  • サイフォン式:コーヒーファンの間では人気が高い品。最近その存在が見直されており、電気式も登場した
  • エスプレッソ式:加圧式による抽出で濃厚な味わいが楽しめる。直火(じかび)式と電気式のコーヒーメーカーがあり、手動から全自動まで種類が豊富。ミルクポッドを搭載したものが人気
  • カプセル式:コーヒーのエキスや粉が入っているカプセルをセットして手軽にコーヒーを楽しめる。エスプレッソ、ミルク系、紅茶・緑茶にも対応したものがある

この中で家庭用のコーヒーメーカーとしてスタンダードなのはドリップ式です。一方、エスプレッソマシンは高価ですが、インテリアとしてもおしゃれで、本格派に人気があります。また、カプセル式は近年急速に普及した人気アイテムです。自分が飲みたいコーヒーのタイプに合わせて楽しめます。

1-2.コーヒーメーカーは買取できる?

前述のように、最近はさまざまな種類の家庭用コーヒーメーカーが次々と発売されてきました。今やコーヒーメーカーは、流行の家電品ともいえます。中には本格的で高価なものもあって中古品の需要も高いため、買取対象となるでしょう。どんな種類のものでも買取の対象になりますが、査定基準は状態の良しあしで決まります。

1-3.買取できるもの、できないもの

買取できるコーヒーメーカーは、正常に作動するもので、状態がよく新しい機種です。新品に近い状態であるほど高く買い取ってもらえます。反対に、故障していたり劣化や汚れがひどかったりするものは買取してもらえません。

1-4.一番人気はデロンギのエスプレッソ、カプセル式ならネスレ

発売時に人気が出た品は中古でも人気があります。以下に人気ブランドの一例を紹介しましょう。

  • デロンギ:イタリアの家電メーカーから出ているエスプレッソ・カプチーノメーカー。全自動タイプが圧倒的人気。新品の販売価格は約10万円以上となるため、中古で安く手に入れたい人もいる
  • ネスレ:ネスプレッソと呼ばれるカプセル式コーヒーメーカーが人気。エスプレッソコーヒーが手軽に楽しめる
  • シロカ:ドリップタイプでミル内蔵の全自動コーヒーメーカー。コンパクトでおしゃれなデザインも人気の理由
  • メリタ:紙フィルターを考案した老舗ブランド。ドリップタイプのコーヒーメーカーには定評がある

そのほか、象印・タイガー・アイリスオーヤマなど国産メーカーも、買いやすい価格とファミリーサイズや保温機能などの工夫があり人気があります。

1-5.コーヒーメーカーの買取相場は定価によって変わる

買取相場は販売当時の定価によって大きく異なります。定価が1万円以下のコーヒーメーカーだと、買取価格は1,500~4,000円が相場です。定価が10万円以上する商品は、新品同様に状態がいいものなら定価の半額程度で買い取ってもらえるでしょう。

2.コーヒーメーカーの買取、売る前にしておくべきこと

コーヒーメーカーをなるべく高く買い取ってもらうためにできることを紹介します。

2-1.きれいに手入れをしておく

コーヒーメーカーは飲みものを作る機械なので、清潔が第一です。そのため、買取に出す前にきれいに掃除をしておきましょう。特に給水タンクは念入りに洗ってください。タンクが取り外せるタイプは取り外して食器用洗剤で洗います。取り外せないタイプは市販のコーヒーメーカー洗浄液を使うといいでしょう。クエン酸を利用する方法もありますが、使用してもいいかどうかは取扱説明書をよく読んでください。

2-2.部品・付属品をそろえる

家電品の買取の基本は付属品をそろえておくことです。コーヒーメーカーの場合は、コード類・取扱説明書・保証書をはじめ、フィルターやサーバー・カプセルホルダー・カフェポッドホルダーなど機種ごとに必要な部品があります。ほかにも、ミルクジャグやバリスタセットなど、付属品がある場合は用意しておきましょう。

3.コーヒーメーカーの買取方法

コーヒーメーカーは調理家電の中でも中古人気が高いものです。どこに売ったらお得なのか、買取に関する注意事項などを紹介します。

3-1.買取してくれるところとは

コーヒーメーカーを買い取ってもらう相手は、買取業者か個人に分かれます。業者とはリサイクルショップや不用品買取業者などのことです。ほとんどの業者でコーヒーメーカーの取り扱いがあります。一方、インターネットを使ったフリマサイトなどを使えば、個人に直接売ることも可能です。

3-2.リサイクルショップに持ち込むなら小型のコーヒーメーカーを

コーヒーメーカーは、状態が良ければどこのリサイクルショップでも買い取ってもらえます。ショップに直接持ち込んで査定してもらいましょう。ドリップ式やカセット式の小さなコーヒーメーカーなら、持ち込みの労力もそれほどかかりません。ただし、買取が成立しなかった場合は持ち帰る必要があります。大きくて重たいエスプレッソマシンなどは、持ち運びが大変なので、あらかじめ電話などで買取可能かどうか問い合わせてみてください。

3-3.宅配買取は全国から利用できて便利

近くにショップがない場合や行く時間がないときには、宅配買取が便利です。全国どこからでも利用できます。一般的には、申し込むと買取キットが届くので、その箱にコーヒーメーカーを入れて送るという流れです。輸送中に破損しないようにこん包に気をつける必要があります。送料や手数料は無料のケースがほとんどですが、あらかじめ確認しましょう。

3-4.大型マシンや大量にある場合は出張買取

重さが15kg以上あるようなエスプレッソマシンなどは簡単に持ち運ぶことはできません。大型マシンだけでなくほかにも処分したいものが大量にあるときは、出張買取を利用するといいでしょう。出張費や運搬費などの費用が発生しないかあらかじめ確認しておきます。自宅に業者を招くことになるので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。コーヒーメーカー以外に買い取ってもらいたいものがある場合は、一緒に査定してもらえます。

3-5.フリマサイトやネットオークションはトラブルに注意

コーヒーメーカーは、フリマサイトやネットオークションでも人気のアイテムです。利用したいサービスに登録して、出品しましょう。誰でも手軽に利用できますが、出品・こん包・発送などの手間がかかります。コーヒーメーカーはたくさん出品されているので、価格設定に工夫が必要です。値下げ交渉などもあるため希望どおりの価格で売るのは難しいでしょう。また、手数料や送料がかかるので、それを差し引いた価格に設定する必要があります。
また、近年、利用者の増加に伴いトラブルも増えているため、利用規約をよく読んで禁止事項を行わないよう気をつけましょう。

4.コーヒーメーカーの買取に関するよくある質問

コーヒーメーカーの買取や処分に関してよくある質問をまとめました。

Q.査定金額に納得できない場合は断っても大丈夫ですか?
A.問題ありません。いくつかの業者から見積もりを取ってみましょう。一番条件の良いところに売ることができます。

Q.フリマサイトを使う上での注意点を教えてください。
A.フリマサイトは個人間取引となるため、トラブルは個人間で解決する必要があります。しかし、当事者間では解決できない問題も起こりがちです。解決が難しい場合には最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

Q.使用感のあるコーヒーメーカーは買取できませんか?
A.状態にもよりますが、販売から5年以上経過しているものは厳しいでしょう。買取価格がつかなかった場合、フリマサイトなどに最低価格で出品してみる方法もあります。

Q.買取業者の選び方を教えてください。
A.コーヒーメーカーを売るなら、家電の買取が得意な買取業者を選びましょう。ホームページなどで買取実績を確認できます。古物商の許可や会社情報を公開しているかもチェックしましょう。

Q.業者にコーヒーメーカーを売るときに必要な手続きを教えてください。
A.買取の取引には身分証明書が必要です。査定のときに提示を求められるので、運転免許証や保険証などを提示しましょう。買取が成立したときには「買取承諾書」にサインをします。

まとめ

コーヒーメーカーは、いつでもいれたてのコーヒーが味わえる暮らしに欠かせない道具です。買い替えを検討したら、この記事で紹介した高価買取のポイントを参考にして、なるべく早く買取に出しましょう。豊かなカフェライフを送るためにぜひ実行してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休