テレビの正しい処分方法を知ろう! リサイクル法から買取テクまで


「テレビを新しく買い替えたい」「古いテレビが物置にそのままになっている」そんな方はいませんか? テレビは、「家電リサイクル法」に基づいた方法で処分する必要があります。そのため、面倒に感じて行動を起こせない人もいることでしょう。しかし、、正しい方法を知ればテレビの処分は難しいことではありません。この記事では、誰にでもできるテレビの正しい処分方法やお得な買取の方法を紹介します。

  1. テレビを処分する前にここをチェック
  2. テレビの処分方法
  3. テレビを買取に出す方法
  4. テレビの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、テレビの処分の方法を正しく知ることができ、処分に迷うことはなくなるでしょう。

1.テレビを処分する前にここをチェック

テレビは家電リサイクル法の指定品目のため、適切に処分する必要があります。ここではテレビを処分する前に知っておきたいことをまとめました。

1-1.テレビは何ゴミか?

テレビは「ゴミ」ではなく、家電リサイクル法の対象品目です。家電リサイクル法は、限られた資源を有効活用するために定められました。これは、家電メーカーが使用済みの製品を回収し、再資源として利用するというものです。この法律で回収対象となるテレビと対象外のものについてまとめました。

1-1-1.家電リサイクル法対象品

  • 液晶テレビ:電源式のもののみ回収可能。AC電源アダプターも回収対象。テレビ裏面のラベルにある2桁の連続した数字が画面サイズ。たとえば、58AB1Cなどと書かれていたら58インチ
  • プラズマテレビ:チューナ分離型や、ビデオ・DVDレコーダー一体型テレビも回収対象
  • ブラウン管テレビ:サイズに関係なく回収可能。ラジカセ一体型も対象品目。ブラウン管のテレビは、ブラウン管とキャビネットに分別されてリサイクルされる

1-1-2.家電リサイクル法対象外

  • 携帯用液晶テレビ・車載用液晶テレビ・浴室用テレビなど、電池式や充電式、または壁に埋め込まれたもの:これらの品目は、「小型家電リサイクル法」で回収可能な場合がある。詳しくは自治体に問い合わせを
  • ティスプレーモニター・パソコン用モニター:PCリサイクル法で回収可能
  • プロジェクションテレビ:リサイクル法対象外のため、一般廃棄物として自治体で回収

1-2.処分するテレビの状態やサイズをチェック

家電リサイクル法についてわかったところで、処分したいテレビを見てみましょう。家電リサイクル法では、テレビは、画面サイズによってリサイクル料金が変わります。15インチ以下は小、16インチ以上は大という区分です。テレビは、状態や機種によっては、処分ではなく買取対象となる場合もあります(買取については3章で詳しく説明します)。以下の項目について確認しておきましょう。

  • 家電リサイクル法の対象製品か否か
  • メーカー名
  • 画面サイズ
  • 製造後何年か
  • 故障の有無
  • 付属品の有無

テレビの再資源化費用は以下のとおりです。この金額に運搬費用が加わります。

  • ブラウン管小1,296円、大2,376円
  • 液晶・プラズマ小1,836円、大2,916円

2.テレビの処分方法

テレビを処分するとき、回収を依頼する先には複数の選択肢があります。ここでは、家電リサイクル法対象のテレビを処分する方法を説明しましょう。

2-1.販売店による引き取り

2-1-1.テレビを買い替える場合

テレビを新しいものに買い替える場合は、販売店で引き取ってもらいましょう。その際、古いテレビのリサイクル料金と運搬費用は、テレビを処分する人が支払わなければなりません。リサイクル料金は、前項のとおりです。

2-1-2.テレビの処分だけしたい場合

テレビを処分する場合、そのテレビを販売した店に引き取ってもらうことができます。引越しをしたり、販売店が廃業していたりした場合などは、他の量販店などに依頼してみましょう。

2-2.指定取引場所へもっていく

販売店で引き取ってもらえない場合、自分で指定取引所へ持ち込むことができます。

2-2-1.事前準備

処分するテレビのメーカー名、画面サイズをメモしておきます。

2-2-2.リサイクル券について

郵便局でリサイクルの手続きをします。リサイクル券に必要事項を記入し、窓口でリサイクル料金を支払ってください。リサイクル券は大切に保管しておきましょう。

2-2-3.指定場所へ運搬

リサイクル券と処分するテレビを指定場所へ持ち込みます。こうして自分で持ち込む場合は、運搬料金がかからない分お得です。ただし、50インチ以上もあるような大型テレビは運搬も大変でしょう。

2-3.回収業者に依頼する方法

2-3-1.無料回収業者

テレビやパソコンなど、家電品を無料で回収する業者があります。こうした業者は、無料で回収した家電品をリユースしたりパーツとして利用したりすることで回収費用を無料にできるのです。
一方、無料回収業者の中には悪質な業者もいます。「無料」といいながら、後から高額な請求をしたり回収品を不法投棄したりするトラブルがあとを絶ちません。こうした業者を利用するときには、信頼できる業者かよく見極めることが大切です。

2-3-2.不用品回収業者

不用品回収業者は、テレビや家電だけでなく、家具などさまざまな不用品を回収する業者です。処分費用はかかりますが、引越しなどでテレビ以外にも処分したい品物がある場合に便利でしょう。

2-3-3.業者選びの注意点

家庭の廃棄物を処分するには、「一般廃棄物処理業」の許可が必要です。トラブルを防ぐためにも、無許可営業の業者に処分を依頼しないよう注意しましょう。業者のホームページで会社概要などを見ることができます。会社の所在地や電話番号が掲載されているか、問い合わせのときの対応は丁寧かなど、怪しい業者ではないことを確認してから契約しましょう。契約前には見積書を出してもらうことも大切です。

3.テレビを買取に出す方法

中古のテレビは、条件を満たせば買い取ってもらえる可能性があります。買取ができるテレビや買取方法を紹介しましょう。

3-1.買取に出す前に確認すること

すべてのテレビに買値がつくわけではありません。買値がつきやすいものは以下のとおりです。

  • 液晶・プラズマテレビ
  • 製造から10年以内
  • 故障がない
  • 画面や本体に傷や割れなどがない

ブラウン管テレビやメーカーで修理できないような故障があるものは、買取してもらえません。液晶テレビの買取相場は、ハイビジョンテレビで3,000~20,000円、フルハイビジョンで15,000~32,000円程度でしょう。

3-2.高価買取が期待できるテレビの機種

3-2-1.人気のメーカー・機種と買取相場

人気のあるメーカーや機種は、高価買取が期待できます。特に、製造から5年以内のものや4K対応のものは、高く買い取ってもらえるでしょう。

  • フルハイビジョン:シャープのAQUOS w35ライン・H40ライン、ソニーのBRAVIA W730シリーズなど
  • 録画機能つき液晶テレビ:人気が高い商品。三菱電機・シャープ・日立の40型で20,000円前後
  • 小型テレビ:26インチが人気。~7,000円が相場
  • 大型テレビ:40インチは最も需要があり、15,000円前後が相場。4K対応の機種なら、広いリビングに最適な50型では40,000円前後、ホームシアターで大画面を楽しめる60インチは40,000~120,000円前後で取引されている

3-3.テレビを高く売るポイント

テレビは見た目のきれいさが査定額に影響します。少しでも高く買い取ってもらうために以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 本体のクリーニング:指紋やホコリをクリーナーできれいに拭き取っておく。クリーナーがない場合は、メガネ拭きなどで代用してもよい。水拭きは故障の原因にもなるので厳禁
  • 液晶画面の傷を消す:市販の傷消しキットを使い画面を拭く。傷が目立ちにくくなり査定額がアップする可能性がある
  • 付属品・保証書を用意:リモコン・スタンド用のネジやパーツ・取扱説明書・メーカーの保証書・販売店の保証書・B-CASカード(使用者変更手続きをした場合)

3-4.リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼

3-4-1.店舗買取

リサイクルショップや回収業者の店頭に売りたいテレビを持ち込む方法です。買値がつけば、その場で現金収入となるのがメリットといえます。早く現金化したい方に最適な方法でしょう。

3-4-2.宅配買取

宅配買取は、売りたいテレビを買取業者に送り、到着後査定を受ける方法です。店舗に出かける必要がなく、近くに買取店がない場合にも利用できます。発送の際、画面に傷がつかないよう、こん包には注意が必要です。

3-4-3.出張買取

出張買取は買取業者が自宅まで査定に来てくれる方法です。あらかじめ日程を相談して決めておき、自宅に居ながらにしてテレビを売ることができます。テレビ以外にも買い取ってもらいたいものがある場合は、申込のときに相談してみましょう。リサイクル買取サービスでは、テレビ以外にも家電や家具の買取に対応しています。

3-5.自分で売る方法

オークションやフリマアプリを使い、自分でテレビを売ることができます。出品は手軽にできますが、現金の授受やテレビの発送などすべて自分で行わなければならないため、想像以上に大変でしょう。大型のテレビなどは運送代も高く、傷がつかないようにこん包するのも技術が必要です。

4.テレビの処分に関するよくある質問

テレビの処分や買取に関するよくある質問をまとめました。

Q.液晶画面に小さな傷がついているテレビは、買取してもらえますか?
A.視聴に影響ないような小さな傷なら問題ないでしょう。ただし、相場より安くなる可能性はあります。

Q.B-CASカードはそのまま渡せばいいでしょうか?
A.B-CASカードは、テレビの受信に必要なICカードです。B-CASカードの所有権はB-CAS社にあるため、本来このカードを転売することはできません。したがって、テレビを売却するときには、C-CASカードを抜いておく必要があります。しかし、使用者変更の手続きをすれば、カードをつけたまま譲渡することが可能です。その場合、以下の手続きを踏んでください。

  1. B-CAS社に電話で使用者変更を申し出る
  2. 使用者変更の書類を送ってもらう
  3. 手続きが完了した旨を買取業者に伝える

Q.「なんでも無料回収」というトラックが巡回して来ました。無料なら利用したいのですが、大丈夫でしょうか?
A.トラックで巡回している業者は残念ながら無許可営業の業者の可能性があります。不当な高額請求や不法投棄など、トラブルに巻き込まれることもあるため、利用しない方がいいでしょう。

Q.ブラウン管のテレビはアンティークとして売れませんか?
A.通常のリサイクルショップでは、再販目的で買取されることはないでしょう。しかし、ネットオークションなどに出品すれば、買い取ってもらえる可能性もあります。また最近では、ブラウン管テレビを改造して中身だけ新しく再生するレトロテレビも人気です。

Q.家電リサイクル券の控えは、いつまで保管しておけばいいのでしょう?
A.処分(排出)したテレビがメーカーに引き渡されたことが確認できたら、破棄しても構いません。メーカーに引き渡されたかどうかは、リサイクル券に記載されている「お問い合わせ整理番号」で追跡できます。排出者向け引き取り確認のページに番号を入れて確認してください。

まとめ

テレビを処分するには、正しい知識が必要です。家電リサイクル法や買取相場など、必要な情報を入手して、自分にぴったりの方法を見つけましょう。自分では使わないテレビも、ゴミではなく貴重な資源です。この記事で紹介した処分方法を参考に、適正な処分をしてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休