店舗閉店に伴なって出た不用品の処分方法は? 買取に出す方法も!


「店舗閉店に伴って出る不用品はどう処分すればよいのか?」「家庭ゴミを処分するときとの違いが分からない」とお悩みではありませんか? 店舗を閉店する際にはさまざまな種類の不用品が出るため、処分方法に迷う人は多いでしょう。家庭ゴミと同じように処分することはできないので注意が必要です。

この記事では、店舗閉店に伴って出る不用品の種類や処分方法・処分する際の注意点などを詳しくご紹介します。

  1. 店舗閉店に伴って出る不用品にはどのようなものがあるのか?
  2. 店舗の不用品を処分する際の注意点は?
  3. 店舗閉店で出た不用品の処分方法
  4. ​買取に出せる不用品は?
  5. 店舗閉店で出た不用品の処分はリサイクル買取サービスへ
  6. 店舗閉店に伴う不用品処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、店舗閉店で出た不用品をお得に処分する方法や、買取対象になる不用品の特徴などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.店舗閉店に伴って出る不用品にはどのようなものがあるのか?

まずは、店舗を閉店する際に出る不用品の種類をご紹介しましょう。

1-1.飲食店の場合

飲食店の場合は、テーブルや椅子はもちろんのこと、厨房で使う機会や道具・食器などの不用品が大量に出ます。たとえば、製氷機やフライヤー・シンク・ステンレス作業台・ガスコンロ・業務用冷蔵庫などがあるでしょう。店の種類によっては、ビールサーバーや冷蔵ショーケースなども処分が必要です。

1-2.アパレル店の場合

洋服を扱うアパレル店の場合は、陳列棚やショーケース・ハンガーラックなどのほかに、マネキンやハンガー・全身鏡・照明器具・ワゴンなどの不用品が出るでしょう。在庫が入っていたダンボールなどのゴミも大量に出ることが予想されます。

1-3.美容室の場合

美容室から出る不用品には、ハサミや溶液ボトル・カーラー・ドライヤーなど小物が特に多いのが特徴です。そのほかにも、椅子や鏡・パーマ機・スチーマー・シャンプー台など大型の不用品も出るので処分方法には注意しなければなりません。

2.店舗の不用品を処分する際の注意点は?

店舗の閉店に伴って出た不用品を処分するにあたって注意すべきことをまとめました。

2-1.家庭ゴミと同じようには捨てられない

店舗から出た不用品は産業廃棄物として扱うことになるため、家庭ゴミと同じように捨てることはできません。可燃ゴミや不燃ゴミとして出してしまうと違法投棄となり、罰金や懲役が課せられる可能性があるので十分注意してください。

2-2.マニフェストの作成が必要

店舗の不用品を業者に回収・処分してもらう場合、「処分を誰に依頼されたか」「どうやって処分するか」などを記載したマニフェストを発行してもらう必要があります。マニフェストを作成してくれない業者は違法業者である可能性が高いため、必ず事前に確認しておきましょう。

2-3.買取対象にならないか確認を

不用品の中に状態がよくて買取対象になりそうなものがないか確認しましょう。特に、厨房器具やショーケース類・椅子やテーブルなどは中古市場でも需要があるため、高価買取も期待できます。廃棄してしまう前に状態をチェックしてみるのがおすすめです。

3.店舗閉店で出た不用品の処分方法

店舗閉店によって出た不用品の処分方法には、以下のようなものがあります。

3-1.自分で処理場へ持ち込む

産業廃棄物に該当する店舗の不用品は、自治体による回収をおこなっていません。ただし、自治体に問い合わせてみると持ち込み可能な処理場を教えてくれることもあるため、確認してみてください。もちろん自分で持ち込む必要があるので運搬用の車両を用意しなければなりませんが、業者に依頼するより処分費用を抑えられる可能性が高いでしょう。

3-2.業者に回収を依頼する

産業廃棄物処理の許可を持つ専門業者に回収・処分を依頼する方法もあります。現地まで不用品を回収に来てもらえる出張回収に対応しているところも多いため、手間をかけずに処分可能です。不用品が大量にある場合や大型の不用品が多い場合でも安心でしょう。

3-3.買取を依頼する

比較的状態のよい不用品は買取に出して処分しましょう。費用を抑えて店舗をオープンしようとしている人の中には、必要なものを中古品でそろえようとする人も少なくありません。そのため、買取対象になる可能性は十分にあるでしょう。買取に出せる不用品の特徴については、次項で詳しくご紹介します。

4.買取に出せる不用品は?

買取対象になる不用品の特徴をご紹介しましょう。

4-1.状態がきれいなもの

買取には見た目の状態が大きく影響するため、目立つ傷や落ちない汚れがあると買取対象外になる可能性が高いでしょう。状態がきれいだと再販売したときに買い手が見つかりやすいため、買取対象になるものが多くなっています。まずは状態をチェックし、きれいに掃除をしてから買取に出すのがおすすめです。

4-2.動作に不具合がないもの

電化製品については、動作に不具合がないことが買取の条件になる場合がほとんどです。故障していて正常に動作しないものや、部品が欠けてしまっているものなどは買取対象にならないと考えたほうがよいでしょう。

4-3.使用感が少ないもの

使用年数が短かかったものや使用頻度が低かったものなど、使用感が少ないものは買取対象になりやすいでしょう。長年使用していると経年劣化によって傷みや色あせが出てくるのが普通です。そうなると買取は難しくなります。

5.店舗閉店で出た不用品の処分はリサイクル買取サービスへ

店舗閉店に伴って出た不用品は、リサイクル買取サービスへ処分をご依頼ください。

5-1.不用品の高価買取・格安回収ができる

リサイクル買取サービスは店舗を持っていないため、店舗の維持費用がかからない分、不用品の高価買取と格安回収が可能です。もし、他店の見積もりと比べて買取金額が低いようならその金額より高価買取いたしますのでぜひご相談ください。

5-2.24時間年中無休で即日対応も可能

リサイクル買取サービスでは、24時間年中無休で受付をしています。もちろん土日や夜間などの依頼にも対応可能なので、「仕事が忙しくてなかなか業者を利用できない」という人も安心です。また、即日対応も可能なのでお急ぎの際にもぜひ利用ください。

5-3.大量の回収・買取もお任せ

店舗閉店の際には大量の不用品が出ることが予想されます。リサイクル買取サービスはさまざまな大きさのトラックやダンプを保有しているため、大量の回収・買取にも対応可能です。「不用品が多すぎて対応できない」ということはありませんのでご安心ください。

6.店舗閉店に伴う不用品処分に関するよくある質問

「店舗閉店で出た不用品を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.不用品回収業者に依頼する際の費用を少しでも安くするコツを教えてください。
A.不用品の回収・買取をできるだけまとめて依頼することや、複数の業者を比較して選ぶことをおすすめします。

Q.中古市場でも人気の厨房機器メーカーはどこですか?
A.パナソニックやサンヨー・福島工業・マルゼンなどは特に人気があります。

Q.不用品回収業者を利用するメリットは何でしょうか?
A.回収してくれる不用品の品目が多い・買取に対応している業者もある・手間や時間をかけずに済むなどのメリットがあります。

Q.不用品回収業者を選ぶ際にチェックすべきことは何ですか?
A.豊富な実績があるか・口コミの評判はよいか・廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得しているかなどを確認してください。

Q.無料見積もりを依頼できますか?
A.リサイクル買取サービスでは、こちらから無料見積もりをご依頼いただくことが可能です。

まとめ

店舗閉店時に出る不用品の種類や処分方法などを詳しくご紹介しました。店舗から出た不用品は産業廃棄物として処理する必要があるため、家庭ゴミと同じようには処分できません。許可を得ている専門業者に回収・処分してもらうのが最も手軽です。ぜひこの記事を参考に信頼できる業者を見つけ、スムーズに店舗の不用品を処分してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休