高島市で粗大ゴミを処分する方法は? 一番簡単&安く捨てるコツ!


高島市で粗大ゴミを処分したいとお考えではありませんか? 断捨離や引っ越しなどで粗大ゴミを処分したくても、高島市の自治体回収ではどんなものを出せるのか、どんな方法で出せるのかなどよく分からないこともあるでしょう。それに、そのほかでも粗大ゴミを簡単に安く処分できる方法があれば、詳しく知りたいですよね。

そこで今回は、高島市での粗大ゴミ処分について詳しく解説します。

  1. 高島市で粗大ゴミに分類されるものは?
  2. 高島市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法
  3. 高島市の自治体回収に間に合わない場合の方法は?
  4. 粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点
  5. まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法
  6. 高島市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、高島市で粗大ゴミを処分するポイントがよく分かります。高島市で粗大ゴミを処分する予定がある人は、最後まで記事を読んでみてください。

1.高島市で粗大ゴミに分類されるものは?

最初に、高島市で粗大ゴミに分類されるものにはどんなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

1-1.家具

高島市では、家具は粗大ゴミに分類されます。たとえば、以下のようなものです。

  • テーブル
  • イス
  • タンス
  • ドレッサー
  • 食器棚
  • 本棚

1-2.家電

西東京市では、不燃ゴミ用の収集コンテナに入る家電は不燃ゴミ、入らない家電は粗大ゴミとして処分できます。主に粗大ゴミとして分類されるのは、以下のような家電です。

  • 空気清浄機
  • 照明器具
  • 電気コンロ
  • セラミックヒーター

なお、家電リサイクル法の対象品目(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)は除きます。

1-3.寝具

西東京市では、以下のような寝具も粗大ゴミとして出すことができます。

  • ベッド
  • 二段ベッド
  • ベビーベッド
  • マットレス

1-4.楽器

高島市では、以下のような楽器も粗大ゴミに分類されます。

  • サックス
  • トロンボーン
  • ピアノ
  • オルガン
  • エレクトーン
  • ギター

1-5.そのほかで粗大ゴミに分類されるもの

そのほかにも、高島市では以下のようなものが粗大ゴミに分類されます。

  • 50cc以下の原付バイク
  • 自転車
  • 三輪車
  • もの干しざお
  • じゅうたん・カーペット
  • スーツケース
  • チャイルドシート
  • スキー板
  • ゴルフクラブ

より詳しい内容は、高島市のゴミ分別辞典を参考にしてください。

1-6.高島市で粗大ゴミとして出せないものは?

高島市では、以下のようなものは粗大ゴミとして出すことができません。

  • 自動車
  • オートバイ
  • 建築廃材
  • 古タイヤ
  • 農機具
  • 浴槽
  • 家電リサイクル法の対象品目(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)

上記のようなものは、関連法律に沿って手続きする、販売店の回収サービスを利用する、不用品回収業者に依頼するなどの方法で処分してください。

2.高島市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法

高島市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法について、詳しくご紹介します。

2-1.高島市の環境センターへ直接持ち込めない場合に依頼できる

高島市では、粗大ゴミを処分したい場合、高島市の環境センターへ直接持ち込むことが基本になっています。具体的な手順などは、この記事の「3-1.高島市の環境センターへ直接持ち込む」を参考にしてください。ただし、車を持っていない、高齢などの理由により直接持ち込むことが困難な場合は、有料にて自宅で収集してもらうことが可能です。

2-2.高島市の自治体回収に粗大ゴミを出す流れ

高島市の自治体回収に粗大ゴミを出す流れについては、以下をご覧ください。

  1. 高島市の環境部環境政策課(TEL:0740-25-8123)に電話する
  2. 収集場所・収集日時・収集料金・支払い方法などの指示を受ける
  3. 収集当日になったら朝8時までに自宅前に粗大ゴミを出しておく

なお、高島市で1日に収集できる粗大ゴミの量が限られているため、依頼するタイミングによっては希望日時での収集が難しいことがあります。

3.高島市の自治体回収に間に合わない場合の方法は?

高島市の自治体回収に間に合わない場合にどんな方法で粗大ゴミを処分できるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.高島市の環境センターへ直接持ち込む

高島市の自治体回収に間に合わない場合は、高島市の環境センターへ自分の車などで直接持ち込むことができます。具体的には、以下を参考にしてください。

高島市環境センター

  • 住所:高島市今津町途中谷236番地
  • TEL:0740-24-0031
  • 受付日:月~土曜日(祝祭日も可能、12月29日~1月3日は除く)および第三日曜日
  • 受付時間:9~16時まで(事前予約は不要)
  • 料金:1kgごとに100円(現金のみ)

より詳しい内容は、高島市のホームページをご覧ください。

3-2.引っ越しを伴う場合

引っ越しを伴う場合は、以下のような方法で出すことも考えてみるとよいでしょう。

3-2-1.実家や知人に代理で出してもらう

引っ越しで粗大ゴミを処分する場合は、実家や知人に代理で出してもらう方法があります。実家や知人に事情を話して快諾してくれたら、お願いしてみるとよいでしょう。ただし、大量の粗大ゴミを出してもらうのは大変な労力を必要とするため、できる限り避けてください。また、親しい仲であってもきちんとお礼することを忘れないようにしましょう。

3-2-2.引っ越し先の自治体で出す

高島市の自治体回収に間に合わなかった場合、引っ越し先の自治体で粗大ゴミとして出すことも可能です。ただし、以下の点に注意してください。

  • 引っ越し荷物の増加により引っ越し費用がかさむことがある
  • タイミングによっては引っ越し先の自治体ですぐに出せないことがある
  • 収集日まで一時的にでも保管場所を確保する必要がある

3-2-3.引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越し業者の中には、契約者向けのサービスとして粗大ゴミの処分を行っていることがあるので、確認してみるとよいでしょう。引っ越し業者に依頼できれば、引っ越しと同時に粗大ゴミを処分できます。ただし、粗大ゴミの処分を行っている引っ越し業者であっても、引っ越しの直前や当日では依頼できないことがあるので注意してください。また、粗大ゴミの処分を依頼すると、オプション費用が上乗せになるのが一般的です。

3-3.不用品回収業者に処分してもらう

粗大ゴミは、不用品回収業者に処分してもらうのも一つの方法です。粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 大量の粗大ゴミを1回で処分できる
  • 粗大ゴミを種類別に分ける必要がない
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 状態によっては買取してもらえることがある

4.粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点

粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときは、いくつか注意すべき点があります。

4-1.信頼できる業者に依頼する

高島市で粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼する場合、以下のポイントを満たしている業者なら安心です。

  • 高島市での粗大ゴミ処分で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブル料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後の粗大ゴミを適切な方法でリサイクルしている
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な各種許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスでも、高島市での粗大ゴミ処分で豊富な実績があり、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.個人情報の流出に気を付ける

個人情報の流出に気を付けることも、需要なポイントです。特に、パソコンや情報家電などを処分するときは、個人情報の流出に注意してください。万が一、個人情報が流出してしまうと、第三者に悪用されて思わぬ被害を受けることがあります。パソコンや情報家電は、内部データの消去を確実に行うことが大切です。パソコンなどに記録メディアを挿入したままになっていないかも、チェックしてください。また、粗大ゴミに写真シールや名前シールなどが貼ってあったらきちんと剝がしておきましょう。粗大ゴミに氏名や住所などが直接記入してある場合は、判別できないように消しておくことも忘れないでください。

4-3.粗大ゴミの特徴を明確に伝えておく

粗大ゴミの処分を業者に依頼する場合、粗大ゴミの特徴を明確に伝えておくことが大切です。たとえば、粗大ゴミの種類や数だけでなく、色や大きさなども伝えておくとよいでしょう。また、処分されると困るものは、うっかり回収されないよう、一時的にでも別の場所へ移動しておくと安心です。

4-4.悪質業者の手口に乗らない

業者に粗大ゴミの処分を依頼する場合は、悪質業者の手口に乗らないことも大切です。高島市でも、粗大ゴミ処分の需要が高まるにつれ、悪質業者による被害が急増しています。たとえば、以下のような特徴が見られる場合は悪質業者と判断できるため、契約してはいけません。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 平日の昼間などに住宅街を営業車で頻繁に巡回している
  • 料金体系が不透明
  • 「今だけキャンペーンにより激安価格で処分できる」などと根拠のないお得感をアピールする
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い
  • 強い言葉や態度で契約を取ろうとする
  • キッパリ断っているのにしつこく居座る
  • 顧客からの評判が悪い
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • 見積もりや契約書を作成せず、口約束だけで契約しようとする

5.まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法

粗大ゴミでもまだ中古品として十分に使えるものは、買取に出すことも考えてみてください。

5-1.どんな粗大ゴミが買取してもらえる?

買取してもらえる可能性が高い粗大ゴミの条件は、以下を参考にしてください。

  • 不具合や故障がない
  • 外観に目立つ傷・破損・汚れなどがない
  • ペットやタバコなどの気になる臭いがない
  • 購入時の付属品が揃っている
  • マニアからの人気が高い

実際には、業者によっても買取可能な粗大ゴミの条件が異なります。より詳しく知りたい場合は、業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。

5-2.粗大ゴミを買取に出す方法

粗大ゴミを買取に出す方法を、詳しくご紹介します。

5-2-1.中古品買取専門業者に売る

状態のよい家具や家電などは、中古品買取専門業者に売ることができる場合があります。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。豊富な専門知識による査定を受けることができ、場合によっては思わぬ高額査定となることがあります。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、中古品買取専門業者は買取専門となるため、万が一買取不可になった場合でも、引き取り処分も依頼できません。

5-2-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、粗大ゴミの買取を行っています。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭の持ち込むなどの方法で査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま粗大ゴミを引き渡して代金を受け取ってください。リサイクルショップでは、あらゆる種類の粗大ゴミを買取しており、その場で査定・代金決済が可能です。なお、リサイクルショップも買取が主体になるため、買取不可であっても引き取り処分を依頼できないことがあります。

5-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

粗大ゴミは、不用品回収業者に買取してもらうこともできます。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に依頼してください。不用品回収業者に買取を依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえ、万が一買取不可でもそのまま引き取り処分を依頼できて便利です。

5-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに、粗大ゴミを出品する方法もあります。普段から利用していて手続きに慣れている人は、検討してみるとよいでしょう。タイミングがよければ、早期落札や思わぬ高額落札もあり得ます。一方で、タイミングによってはなかなか落札されないことがあるので、急ぎで処分したい場合には向きません。また、基本的に自分でこん包や発送を行う手間がかかることも理解しておきましょう。

6.高島市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

最後に、高島市での粗大ゴミ処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.高島市民でなくても環境センターに持ち込めば粗大ゴミを処分してもらえる?
A.いいえ。高島市の環境センターに粗大ゴミを持ち込んで処分できるのは、市内の在住者だけになります。

Q.高島市の環境センターに粗大ゴミを持ち込む場合はどんな身分証が必要?
A.有効期限内の運転免許証や健康保険証など、高島市内に在住していることを確認できる身分証が必要になります。

Q.高島市ではパソコンを粗大ゴミとして回収してもらえる?
A.デスクトップパソコンやパソコン用モニターで、不燃ゴミのコンテナに入るものは不燃ゴミ、入らないものは粗大ゴミとして回収してもらえます。なお、ノートパソコンは、小型家電リサイクル法に沿って回収してもらうことが可能です。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源の有効活用を目的とした法律になります。小型家電として処分するときは、役所などに設置してある専用の小型家電専用回収ボックスに投入してください。

Q.粗大ゴミの査定金額に納得できない場合でもそのまま買取してもらうべきか?
A.まずは、査定理由を業者に説明してもらいましょう。業者から説明を聞き、正当な理由があると判断できる場合は、そのまま買取してもらうことも一つの方法です。しかし、業者から説明を聞いても納得できない、業者がきちんとした理由を説明してくれないといった場合は、買取依頼を取り下げても構いません。

Q.見積もりで提示された金額より実際に請求された金額が高くなる理由は?
A.信頼できる業者であれば、実際に請求される金額は、見積もりとほぼ同じになるはずです。とはいえ、以下のような理由があると、高くなることもあるでしょう。

  • 見積もりのときより物量が増えた
  • 回収日時を依頼者の都合で変更した
  • 同時に買取してもらう予定のものが買取不可になった

まとめ

今回は、高島市での粗大ゴミ処分について詳しく解説しました。高島市で粗大ゴミを出す場合、自分の車などで環境センターに持ち込むことが基本です。何らかの理由により自分で持ち込むことができない場合は、有料で収集してもらうこともできます。なお、高島市での粗大ゴミ処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえるなど、何かとメリットが多くておすすめです。当リサイクル買取サービスでも、高島市での粗大ゴミ処分で豊富な実績がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休