向日市で粗大ゴミを出す方法は? 一番簡単に捨てるポイントを解説!


「粗大ゴミを処分したいけど、向日市ではどんな方法で捨てられるのだろう」とお考えではないでしょうか? 不具合や故障・買い替え・引っ越しなどで粗大ゴミを処分したくても、向日市ではどんな方法で捨てればよいのかよく分かりませんよね。それに、なるべく簡単に捨てられる方法があれば、詳しく知りたいことでしょう。

そこで今回は、向日市での粗大ゴミ処分について詳しく解説します。

  1. 向日市で粗大ゴミに分類されるものは?
  2. 向日市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法
  3. 向日市の自治体回収に間に合わない場合の処分方法は?
  4. 粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点
  5. まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法
  6. 向日市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、向日市で粗大ゴミを処分するポイントや注意点がよく分かります。向日市で粗大ゴミを処分する予定がある人は、お役に立てるはずです。

1.向日市で粗大ゴミに分類されるものは?

最初に、向日市ではどんなものが粗大ゴミに分類されるか、詳しく見ていきましょう。

1-1.向日市で粗大ゴミに分類されるものの一例

向日市では、長辺が50cm以上のものは粗大ゴミになります。たとえば、以下のようなものです。

  • 家具類
  • 家電類(家電リサイクル法の対象品目を除く)
  • 自転車
  • 布団
  • もの干しざお
  • もの干し台
  • マットレス
  • スポーツ用品
  • 楽器類

より詳しい内容は、向日市のホームページをご覧ください。

1-2.向日市で粗大ゴミとして出すことができないものは?

向日市で粗大ゴミとして出すことができないものには、以下のようなものがあります。

  • 家電リサイクル法の対象品目:テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機
  • パソコンリサイクル法の対象品目:パソコン・パソコン用モニター
  • 処理困難物:自動車・自動車用部品・古タイヤ・コンクリートブロック・建築廃材など
  • 危険物:消火器など

上記のようなものは、関連法律に沿って手続きする、販売店に依頼するなどの方法で処分してください。

1-3.事業活動に伴う粗大ゴミは産業廃棄物として処分する

事業活動に伴う粗大ゴミは、産業廃棄物として処分することになります。そのため、向日市の自治体回収に出すことはできません。産業廃棄物として処分する場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされることがあります。場合によっては、依頼者と業者の両方に罰金刑が科されることがあるので注意してください。

2.向日市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法

向日市の自治体回収に粗大ゴミを出す方法について、詳しく見ていきましょう。

2-1.向日市役所の環境政策課に電話で申し込む

向日市の自治体回収に粗大ゴミを出したい場合は、向日市役所の環境政策課に電話で申し込み、収集日・手数料・収集場所の指示を受ける必要があります。向日市役所の環境政策課の連絡先などは、以下のとおりです。

  • TEL:075‐874-2189
  • 受付時間:月曜日~金曜日の午前8時30分~正午および午後1時~5時

なお、祝日と年末年始は受付時間外となります。

2-2.粗大ゴミに出す準備を整える

コンビニなどで、手数料分の粗大ゴミ処理手数料券を購入してください。向日市の粗大ゴミ処理手数料券は、1枚500円です。粗大ゴミ処理手数料券を購入したら、名前・収集日を記入し、粗大ゴミの分かりやすい場所に貼り付けてください。なお、粗大ゴミの手数料は品目によって異なり、1個500~3,000円になります。

2-3.粗大ゴミを収集場所に出しておく

収集日になったら、粗大ゴミを午前8時までに収集場所へ出しておきましょう。向日市の収集車両により、収集してもらえます。なお、雨天であっても収集可能です。万が一、収集日に粗大ゴミを出し忘れてしまった場合は、向日市役所の環境政策課に再度電話し、改めて収集日などの指示を受けてください。

3.向日市の自治体回収に間に合わない場合の処分方法は?

向日市の自治体回収に間に合わない場合、そのほかにどんな方法で粗大ゴミを処分できるか見ていきましょう。

3-1.実家などに持ち込んで出してもらう

向日市の自治体回収に間に合わない場合は、粗大ゴミを実家などに持ち込んで処分してもらう方法を考えてみましょう。まずは、実家に連絡して粗大ゴミを出してもらえるか確認してみてください。なお、実家に粗大ゴミを一時的でも保管するスペースがない、実家の親が高齢などで粗大ゴミを運搬できないといった場合もあるでしょう。実家とはいえ、確実に出してもらえるとは限らないので注意してください。

3-2.引っ越し先の自治体回収に出す

引っ越しを伴う場合は、引っ越し先の自治体回収に出す方法もあります。たとえば、引っ越し予定日のギリギリに粗大ゴミが出た場合などに検討してみるとよいでしょう。ただし、引っ越し業者へ引っ越し前日や当日に粗大ゴミの運搬を依頼しても、トラックや人員の手配などの関係で断られることがあります。その場合は、自分の車などで引っ越し先に運ぶことになるでしょう。また、引っ越し先の自治体でも、タイミングによってはすぐ収集してもらえるとは限らないので注意してください。

3-3.不用品回収業者に依頼する

粗大ゴミは、不用品回収業者に依頼して処分することも可能です。不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 処分にかかる時間や労力を節約できる
  • 粗大ゴミを種類別に分ける必要がない
  • 大量の粗大ゴミをまとめて処分してもらえる
  • 回収後の粗大ゴミをできるだけリサイクルしてもらえる
  • 状態のよいものは買取になることがある

4.粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点

粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼する場合、いくつか注意すべき点があります。

4-1.信頼できる業者に依頼する

粗大ゴミの処分は、以下のポイントを参考にして信頼できると判断した業者に依頼することが大切です。

  • 向日市での粗大ゴミ処分で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズブルな料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後の粗大ゴミをできる限りリサイクルしている
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な各種許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスも向日市での粗大ゴミ処分で豊富な実績がありますので、お気軽にお問い合わせください。

4-2.不明な点などをそのままにしない

不明な点などをそのままにしないことも、粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点です。担当スタッフとしっかりコミュニケーションを取り、不明な点があったらその場で確認してクリアにしておきましょう。不明な点をそのままにしておくと、後日大きなトラブルにつながることがあります。また、行き違いを防ぐためにも、やり取りの内容をすべて文書に記録しておくことがおすすめです。

4-3.悪質業者の手口に注意する

粗大ゴミの処分では、悪質業者の手口に注意することも大切です。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる業者は悪質なので、絶対に契約してはいけません。

  • 住宅街を営業車で頻繁に巡回している
  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い
  • 「今だけ通常の半額キャンペーン中」などと根拠のないお得感をアピールしてくる
  • 料金システムが不透明
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • キッパリ断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • 契約書を作成せず口頭で契約しようとする

悪質業者と契約すると、法外に高い処分費用を請求される、依頼していないものまで無理やり回収されるなど、何かとトラブルに巻き込まれることがあるので気を付けてください。

5.まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法

粗大ゴミでもまだ中古品として十分に使えるものは、買取に出すことが可能な場合があります。

5-1.買取してもらえる粗大ゴミの条件は?

粗大ゴミでも、以下のような条件に当てはまるものは買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 有名メーカー品
  • 人気ブランド品
  • 不具合や故障がない
  • 外観に目立つ傷・破損・汚れなどがない
  • タバコやペットなどの臭いが気にならない
  • 購入時の付属品が揃っている
  • 限定生産品

なお、業者によっても査定基準が異なるため、ある業者で買取不可になっても、ほかの業者では買取してもらえることがあります。

5-2.粗大ゴミを買取に出す方法

粗大ゴミを買取に出す方法を、詳しくご紹介します。

5-2-1.中古品買取専門業者に売る

粗大ゴミは、種類別に中古品買取専門業者に売ることができます。特に、家電や家具などは、専門の買取業者が多く存在しているので、調べてみるとよいでしょう。中古品買取専門業者では、豊富な専門知識による査定を受けることができます。買取を希望するときは、業者の査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。なお、買取専門となるため、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できません。

5-2-2.リサイクルショップに売る

粗大ゴミは、リサイクルショップに売ることも可能です。リサイクルショップでは、中古品として再利用できるものを幅広く買取しています。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、粗大ゴミを引き渡して買取代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップも買取が主体となるため、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないケースが多くなります。

5-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、粗大ゴミを買取しています。不用品回収業者では、粗大ゴミを再販や再資源化などによりできるだけ有効活用しているのが特徴です。買取を希望するときは、業者の査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。不用品回収業者に粗大ゴミの買取を依頼する場合、都合のよい日時と場所で回収してもらえるほか、万が一買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できて便利です。

5-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、粗大ゴミを売る方法もあります。ネットオークションやフリマアプリでは、意外なものが売れることもあるので、普段から利用している人は検討してみるとよいでしょう。タイミングがよければ、早期落札や思わぬ高額落札もあり得ます。ただし、タイミングによってはなかなか落札されないことがあるため、すぐに売りたい場合などには、そのほかの方法で売ることがおすすめです。

6.向日市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

最後に、向日市での粗大ゴミ処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.向日市では粗大ゴミをゴミ処理センターに直接持ち込むことはできる?
A.現在、向日市ではゴミ処理センターへ粗大ゴミを直接持ち込むことはできません。

Q.向日市で収集された粗大ゴミはどんな方法で処分される?
A.廃棄処分になるのが基本です。そのため、まだ十分に使えるものであってもリサイクルされず、資源が無駄になってしまいます。

Q.高齢なので収集場所まで粗大ゴミを運搬するのが難しいのですが?
A.向日市では、高齢などの理由で粗大ゴミを運搬するのが困難な人のために、有料で搬出サービスを受けることができます。詳しくは、公益社団法人向日市シルバー人材センターのホームページをご覧ください。

Q.向日市に本社がある不用品回収業者なら信頼できる?
A.断言できません。向日市に本社がある業者であっても、この記事の「4-1.信頼できる業者に依頼する」を参考にして、信頼できる業者か総合的にチェックしてみてください。

Q.粗大ゴミの査定金額が相場より安い気がするのですが?
A.査定時に何らかのマイナスポイントが見つかった可能性があるため、業者に査定理由を説明してもらいましょう。業者からの説明を聞いても納得できない、業者が査定理由を教えてくれないといった場合は、買取依頼を取り下げても構いません。

まとめ

今回は、向日市での粗大ゴミ処分について詳しく解説しました。向日市では、一部の家電・家具・自転車・スポーツ用品など、長辺が50cm以上のものを粗大ゴミとして扱います。向日市に粗大ゴミとして出すには、事前に向日市役所の環境政策課に電話し、指示に沿って手続きしてください。なお、粗大ゴミの処分は信頼できる不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。当リサイクル買取サービスも、向日市での粗大ゴミ処分で豊富な実績を誇ります。まずは、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休