遺品整理で出たゴミの処分方法は? 一番簡単に捨てるポイントを解説!


「遺品整理で出たゴミは、どんな方法で処分すればよいのだろう」「遺品整理で出たゴミを簡単に処分するコツを知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理では、あらゆる種類のゴミが大量に出ます。しかし、実際にどんなゴミが出るのか、どんな方法で処分すべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、遺品整理で出たゴミの処分について詳しく解説します。

  1. 遺品整理ではどんなゴミが出る?
  2. 遺品整理で出たゴミを処分する方法は?
  3. 遺品整理業者にゴミの処分を依頼する方法
  4. 遺品整理で出たゴミの処分でよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出たゴミを簡単に処分する方法やポイントがよく分かります。遺品整理の予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.遺品整理ではどんなゴミが出る?

最初に、遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるか見ていきましょう。

1-1.可燃ゴミ

遺品整理で出るゴミの種類に、可燃ゴミがあります。可燃ゴミは、焼却処分できる素材のゴミです。具体的には、以下のようなものがあります。

  • 紙製の書類・本など
  • 布製の衣類・寝具など
  • 革製の衣類や服飾小物など
  • 木製の小物類や食器類など

1-2.不燃ゴミ

遺品整理で出るゴミのうち、以下のようなものは不燃ゴミに分類されます。不燃ゴミとは、焼却処分できない素材のゴミです。

  • 陶器製の花瓶・食器・置きものなど
  • ガラス製の花瓶・置きものなど
  • 金属製の調理器具など
  • シェーバー・ドライヤーなどの小型家電

1-3.資源ゴミ

遺品整理で出るゴミでも素材によってはリサイクル可能で、資源ゴミとして分類している自治体もあります。具体的には、以下をご覧ください。

  • 空き缶
  • ペットボトル
  • プラスチック製容器
  • ガラス瓶
  • 古布
  • 古新聞紙
  • 古雑誌
  • 古ダンボール紙

なお、自治体によって収集可能な資源ゴミの種類が異なります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

1-4.有害ゴミ

有害ゴミとは、水銀などの有害物質を含むゴミのことです。たとえば、以下のようなものがあります。

  • 電池
  • 電球
  • 蛍光灯
  • ライター
  • 水銀体温計
  • 水銀温度計
  • 水銀血圧計

1-5.粗大ゴミ

遺品整理では、粗大ゴミも大量に出ます。粗大ゴミとは、一定以上の大きさや重さがあるもので、可燃ゴミや不燃ゴミなどで収集してもらえないものです。たとえば、以下のようなものは、粗大ゴミとして扱われることが多いでしょう。

  • 電子レンジや掃除機などの家電
  • 家具
  • 布団・毛布
  • カーペット・じゅうたん
  • スポーツ用品
  • 衣装ケース
  • プリンター

なお、粗大ゴミとして扱う内容や大きさ・重さの基準は、自治体によって異なるため、自治体のホームページなどで確認してください。

1-6.自治体回収にゴミとして出せないもの

遺品整理で出るゴミのうち、以下のようなものは自治体回収に粗大ゴミなどで出すことができません。

1-6-1.適正処理困難物

多くの自治体では、以下のようなものを適正処理困難物に指定し、粗大ゴミなどで出すことができません。

  • スプリング入りマットレス
  • 古タイヤ
  • 自動車
  • バイク
  • バッテリー
  • ガスボンベ
  • 消火器
  • ピアノ
  • 薬品類
  • 農業用器具

適正処理困難物は、販売店や専門業者などに依頼して処分することが一般的です。

1-6-2.家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の対象家電

家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の対象家電も、自治体回収にゴミとして出すことができません。家電リサイクル法やパソコンリサイクル法は、対象家電に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律で、メーカーが対象家電を回収することになっています。それぞれの法律の対象家電は、以下をご覧ください。

  • 家電リサイクル法の対象家電:テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機
  • パソコンリサイクル法の対象家電:パソコン・パソコン用モニター

家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の対象家電を法律に沿って処分する方法は、この記事の「2-1-1.家電リサイクル法の対象家電」を参考にしてください。

2.遺品整理で出たゴミを処分する方法は?

遺品整理で出たゴミを処分する方法について、詳しく見ていきましょう。

2-1.自治体回収にゴミとして出す

遺品整理で出たゴミを自治体回収にゴミとして出す方法は、以下を参考にしてください。

2-1-1.可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・有害ゴミ

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・有害ゴミは、自治体ごとに決まった曜日・時間・収集場所に出しておくと、自治体により無料で収集してもらえます。なお、自治体によっては、指定ゴミ袋に入れて出す必要があるなど独自の収集ルールがあるため、確認が必要です。

2-1-2.粗大ゴミ

粗大ゴミは、多くの自治体で事前予約が必要となり、1個に付き数百円程度~の料金がかかります。遺品整理のゴミを粗大ゴミで出す流れは、以下を参考にしてください。

  • 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡して粗大ゴミの収集を依頼する
  • 受付番号・収集日時・収集場所・料金などの指示を受ける
  • コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、必要事項を記入する
  • 記入済みの粗大ゴミ処理券を粗大ゴミの分かりやすい場所に貼り付ける
  • 収集当日になったら、指定時間より前に収集場所へ粗大ゴミを出しておく

より詳しい内容は、自治体のホームページなどで確認してください。

2-2.関連法律に沿って手続きする

この記事の「1-6-2.家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の対象家電」で前述したものは、それぞれの関連法律に沿って処分することができます。

2-2-1.家電リサイクル法の対象家電

家電リサイクル法の対象家電は、以下の2つのから都合のよい方法を選んで処分できます。

料金販売店回収方式

  1. 販売店の店頭で対象家電の家電リサイクルを手続きする
  2. 対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  3. 都合のよい日時と場所で販売店から委託された運搬業者に回収してもらう

料金郵便局振込方式

  1. 郵便局の窓口で対象家電の家電リサイクルを手続きする
  2. 対象家電の家電リサイクル料金を支払う
  3. 対象家電を自分の車などで自治体の指定引取場所に運搬する

なお、家電リサイクル料金は、対象家電の種類およびメーカーなどにより金額が異なります。また、料金販売店回収方式で支払う運搬費用は、対象家電1個に付き1,500円程度~が相場です。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。

2-2-2.パソコンリサイクル法の対象家電

パソコンリサイクル法の対象家電をパソコンリサイクル法に沿って処分するには、以下の流れを参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル窓口に連絡してパソコンやパソコン用モニターの回収を依頼する
  2. メーカーから配送用伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってこん包し、配送伝票を貼り付けて発送する

なお、上記はパソコンリサイクルマークが付いているものを無料で処分する場合になります。古い機種などでパソコンリサイクルマークが付いていない場合は、パソコンリサイクル料金と配送費用の合計で1台に付き数千円程度の負担が必要です。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを参考にしてください。

2-3.知人や福祉施設などに譲る

遺品整理で出たゴミでもまだキレイで十分に使えるものは、知人や福祉施設などに譲る方法もあります。たとえば、以下のようなものは喜んで譲り受けてもらえる可能性があるでしょう。

  • 年式の新しい家電
  • セットものの家具
  • 未使用の贈答用セット

まずは、譲り受けてもらえそうな知人や福祉施設をピックアップし、欲しいかどうか聞いてみるとよいでしょう。譲り先が決まったら、先方と配送方法や配送日程を打ち合わせてください。なお、福祉施設に譲る場合は寄付という形になり、譲る側が配送方法を手配し、配送費用を負担することが一般的です。

2-4.販売店の回収サービスを利用する

遺品整理で出たゴミの中には、販売店の回収サービスを利用して処分できるものがあります。たとえば、この記事の「1-6-1.適正処理困難物」でご紹介したものや、以下のようなものです。

  • 家電
  • 家具
  • ミシン
  • 自転車
  • 仏壇・仏具

なお、販売店の回収サービスは多くの場合で有料となり、種類によっては1個に付き数万円程度の回収費用がかかることがあります。また、販売店によっては、主に新規購入者向けのサービスとなり、単に回収サービスだけで利用できないことがあるので注意してください。

2-5.遺品整理業者に依頼する

遺品整理で出たゴミは、遺品整理業者に処分を依頼することも可能です。遺品整理業者では、回収したゴミを再販や再資源化などでできるだけリサイクルしています。遺品整理業者に依頼するメリットなどのより詳しい内容は、この記事の「3.遺品整理業者にゴミの処分を依頼する方法」を参考にしてください。

2-6.買取に出す

遺品でも、中古品としてまだ十分に使えるものは、買取に出すことも検討してみましょう。たとえば、以下のような方法で買取に出すことができます。

  • 種類ごとの買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークション・フリマアプリに出品する

上記のうち、不用品回収業者に買取してもらう方法は、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、買取不可でもそのまま引取処分を依頼できるなど、何かと便利です。

3.遺品整理業者にゴミの処分を依頼する方法

遺品整理出たゴミは、遺品整理業者に処分を依頼することをおすすめします。

3-1.遺品整理業者に処分を依頼するメリット

遺品整理で出たゴミを遺品整理業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • ゴミを種類ごとに分ける必要がない
  • 大量のゴミをまとめて処分してもらえる
  • ゴミの処分にかかる時間や労力を節約できる
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後のゴミを適切な方法でリサイクルしてもらえる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある
  • 遺品供養なども依頼できる

また、第三者に依頼することで、気持ちに区切りが付いて前向きになれるのもメリットといえます。費用はかかりますが、多くのメリットを考えれば、業者に依頼することがおすすめです。

3-2.信頼できる遺品整理業者の選び方

遺品整理で出たゴミは、以下のポイントを満たす業者に処分を依頼すると安心です。

  • 遺品整理および不用品回収の実績が豊富にある
  • 丁寧な作業で定評がある
  • 現場視察や見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の日時と場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • 回収後の遺品を適切な方法でリサイクルしている
  • 遺品供養や特殊清掃なども依頼できる
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な各種許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスでも遺品整理や不用品回収で豊富な実績があり、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-3.遺品整理業者に処分を依頼するときの注意点

遺品整理業者にゴミの処分を依頼するときは、以下のポイントに注意してください。

3-3-1.やるべきこととやらなくてよいことを明確に伝える

遺品整理業者には、やるべきこととやらなくてよいことを明確に伝えてください。たとえば、手を付けてほしくない場所や遺品がある場合は、最初にきちんと伝えておきましょう。行き違いを防ぐために、それぞれリストにして渡しておくことをおすすめします。作業当日も、念のためリストを見ながら確認すると安心です。

3-3-2.やり取りした内容を記録しておく

遺品整理業者とやり取りした内容を記録しておくことも、重要なポイントです。いつ・誰と・どんな内容をやり取りしたか記録しておくことで、思わぬ行き違いを防ぐことができます。また、何らかのトラブルが起きた場合に、責任の所在を明らかにしやすいのもメリットです。口頭でやり取りしただけでは、後日トラブルにつながることがあるので注意してください。

3-3-3.不明な点をそのままにしない

遺品整理業者とのやり取りで不明な点があるときは、そのままにしないでください。たとえ小さなことあっても、大きなトラブルにつながることがあります。たとえば、見積もりの内容や金額・作業日時・作業内容などは、特に行き違いが発生しやすいので注意してください。業者とのやり取りで違和感を覚えたら、すぐにその場で確認し、クリアにしておきましょう。

4.遺品整理で出たゴミの処分でよくある質問

最後に、遺品整理で出たゴミの処分でよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.遺品をゴミとして捨てるとバチが当たるのでは?
A.迷信です。遺品であっても、ゴミとして捨てて問題ありません。ただし、故人が大切に扱っていたものやまだ十分に使えるものは、なるべくリサイクルして有効活用できる方法で処分することをおすすめします。

Q.遺品をゴミとして捨てるより形見分けしたほうがよいのでは?
A.確かに、形見分けすることでまだ使える遺品をほかの人に有効活用してもらうことは可能です。しかし、形見分けしなくてよい、欲しくないものをもらっても困るだけだという意見もあります。形見分けする場合でも、希望する人だけにとどめておくとよいでしょう。

Q.遺品整理で出たゴミを残したまま賃貸物件を退去したらどうなる?
A.遺品が残置物となり、貸し主から撤去費用を請求されることになるでしょう。また、場合によっては、追加でハウスクリーニング代や違約金を請求されることがあります。

Q.思い出の写真やアルバムなども処分したほうがよい?
A.特に思い入れがない場合は、処分しても構いません。反対に、処分するのに迷う場合は、一定期間保管しておき、改めて処分するか検討することをおすすめします。

Q.遺品の買取価格が不当に低いと感じる場合はどうする?
A.まずは、業者に査定理由を問い合わせてみてください。正当な理由があって低い金額を提示されている可能性があるからです。もしも、業者がきちんと説明してくれない、査定理由に納得できないといった場合は、買取依頼を取り下げてほかの業者に査定を依頼しても構いません。

まとめ

今回は、遺品整理で出たゴミの処分について詳しく解説しました。遺品整理では、あらゆる種類のゴミが大量に出ます。ゴミの種類によっては、自治体回収に出すことができないものもあるので注意してください。なお、遺品整理で出たゴミの処分は、信頼できる遺品整理業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。当リサイクル買取サービスでも、遺品整理で出たゴミの処分で豊富な実績があります。まずは、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休