厨房機器を買取に出したい! 一番簡単で高く売る方法や注意点は?


「不要になった厨房機器を買取してもらいたいけど、どこに依頼すればいいのだろう?」とお考えではありませんか? 店舗の移転やリニューアルなどで不要になった厨房機器でも、まだ十分に使えるものは買取してもらいたいですよね。それに、なるべく簡単かつ高く売ることができる方法を知りたいことでしょう。

そこで今回は、厨房機器を買取に出す方法について詳しく解説します。

  1. 厨房機器にはどんな種類がある?
  2. 厨房機器を買取に出す前のチェックポイント
  3. 厨房機器を高く売るポイントは?
  4. 厨房機器を買取に出す方法は?
  5. 厨房機器の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、厨房機器を買取に出すポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.厨房機器にはどんな種類がある?

最初に、厨房機器の主な種類について見ていきましょう。

1-1.ガステーブル

厨房機器の主な種類に、ガステーブルがあります。ガステーブルは、ソテーや煮物・フライなどオールマイティーな調理ができ、レストランや居酒屋など幅広い分野で必要不可欠な厨房機器です。業務用のガステーブルは2口以上のものが多く、火力が強いものが特に人気を集めています。手入れがよく高性能なガステーブルは、中古でも思わぬ高額査定が付くこともあるでしょう。

1-2.ガスオーブンレンジ

ガスオーブンレンジは、グリル料理などの食材の加熱調理に欠かすことができない厨房機器といえます。業務用ガスオーブンレンジは、ガステーブルの下部に設置されているタイプが特に人気です。たとえば、上部のガステーブルで煮込み調理をしながら下部のガスオーブンレンジでグリル調理をするといった使い方もでき、調理の時短につながります。

1-3.コールドテーブル

コールドテーブルも、代表的な厨房機器です。コールドテーブルとは、作業台付きの冷蔵庫のことで、狭い厨房を効率よく活用できることで人気があります。作業台部分で下ごしらえした食材を素早く冷蔵したり、冷蔵中の食材を取り出してすぐに調理できたりなど、何かと便利です。

1-4.作業台

作業台は、調理を円滑に行うために必要不可欠な厨房機器の一つです。調理の下ごしらえや盛り付けなど、幅広い活用方法がありとても重宝します。安定感がある広い作業台があるだけで、調理の効率がグンと高まり、大量のメニューを短時間で作ることができて便利です。中でも、ステンレス製の作業台は、手入れのしやすさで安定した中古需要を誇ります。

1-5.シンク

シンクは、食器や調理用具を洗うために必要不可欠な厨房機器です。広くて使いやすいシンクがあると洗いものがはかどり、効率よく作業することができます。また、食器や調理用具を衛生的に保ちやすく、食中毒などの予防にも効果的です。使い勝手のよさから、ステンレス製のシンクが特に人気があります。

1-6.食器洗浄機

食器洗浄機も、高い需要がある厨房機器です。厨房では、使用済みの食器を効率よく洗って使い回す必要があります。高性能な食器洗浄機があれば食器を手洗いせずに済み、作業時間の短縮につながるだけでなく、スタッフの負担を減らすことも可能です。また、大量の食器まとめて洗浄すれば水道代の節約につながることも、食器洗浄機の人気が高い理由といえます。

1-7.冷凍冷蔵庫

冷凍冷蔵庫も、厨房機器として欠かすことができません。厨房では、大量に仕入れた食材をできるだけ長く新鮮に保つ必要があります。大型かつ高性能な冷凍冷蔵庫があれば、安いタイミングで大量に食材を仕入れて保存できてコストダウンにつながることから、中古需要が多いのが特徴です。生鮮食品を大量に扱う大型店などから常に引き合いがあるため、良品はすぐに買い手が付くことでしょう。

1-8.製氷機

製氷機も、代表的な厨房機器の一つです。厨房では、食材を急冷したりドリンクを提供したりするときに、大量の氷が必要になります。製氷機があれば、大量にオーダーが入った場合でも安心して対応できるのがメリットです。製氷機は、レストランやカフェ・居酒屋など幅広い業種で需要があり、安定した買取価格が期待できます。

1-9.食器棚

厨房で多種多様な食器を取り出しやすく整理・収納するためには、食器棚も必要です。厨房の広さや作業動線などを考えて、適切な容量の食器棚を選ぶと効率よく作業できます。なお、飲食店では食品衛生法によって扉付きの食器棚を1台以上設置する義務があるため、中古市場でも常に引き合いがあるのが特徴です。

1-10.そのほかの厨房機器

そのほかにも、以下のような厨房機器が人気です。業種によって必要不可欠なものも多く、季節によって中古需要が高くなるものもあります。

  • アイスクリーマー
  • ミキサー
  • 焼き台
  • フライヤー

2.厨房機器を買取に出す前のチェックポイント

厨房機器を買取に出す前にチェックすべきポイントを詳しくご紹介します。

2-1.いつまでに買取してもらう必要があるか

厨房機器を買取に出す場合、いつまでに買取してもらう必要があるか、きちんと確認しておきましょう。たとえば、店舗の明け渡し期限が迫っている、リニューアルオープンが迫っていて新しい厨房機器を導入する予定があるなどの場合は、なるべく早く買取してもらうことが大切です。余裕を持って買取に出せる場合でも、いつまでに買取してもらうと都合がよいかチェックしておくことをおすすめします。

2-2.どんな厨房機器を買取に出す予定か

どんな厨房機器を買取に出す予定か、正確に把握しておくことも大切です。買取に出す厨房機器をリストアップしておくと、業者に査定を依頼するときにもれがありません。頭では分かっているつもりでも、実際に書き出してみるとすべて把握できていないこともあるものです。リストアップすることで、買取に出す予定がないものを間違って依頼してしまうのを防ぐこともできます。

2-3.買取不可になった場合はどうするか

万が一、厨房機器が買取不可になったときのことも考えておきましょう。まだ使える状態の厨房機器でも、外観に目立つ汚れや傷などがあるなどの理由で中古市場での引き合いがほとんどないと判断されると、買取不可になることもあります。ただし、業者によって査定基準が異なることから、そのほかの業者では買取してもらえる可能性もあるでしょう。また、引き取り処分も依頼できる業者なら、買取を取り下げて引き取り処分を依頼することもできます。

3.厨房機器を高く売るポイントは?

厨房機器をできるだけ高く売るためのポイントを、詳しくご紹介しましょう。

3-1.汚れをキレイにクリーニングしておく

厨房機器の汚れをキレイにクリーニングしておくと、業者の印象がよくなるだけでなく業者がクリーニングする手間が省けるため、査定金額がアップします。反対に、厨房機器に油汚れやホコリ・手あかなどの汚れが付着している状態では、想定より低い金額を提示されることが多くなるでしょう。できる範囲でよいので、汚れをキレイにクリーニングした状態で査定に出してください。

3-2.不要になった時点ですぐに売る

厨房機器は、不要になった時点ですぐに売ることも大切です。厨房機器も経年などにより徐々に素材が劣化します。キレイに手入れしているものでも、使わないまま放置するとホコリなどの汚れが付着したり、内部部品が劣化して不具合を起こしやすくなったりするものです。なるべく高く売るためにも、不要になった時点ですぐに手放しましょう。

3-3.数量をまとめて売る

数量をまとめて売ることも、厨房機器を高く売るためのポイントです。業者によっては、買取になる数量が増えるほど高く査定してもらえることもあるので確認してください。特に、同じメーカー・シリーズでそろっているものは、まとめて売ることで査定金額がアップします。食器類や調理用具を同時に買取に出すことも、査定を有利に進めるコツです。

3-4.厨房機器の買取を強化している業者に売る

厨房機器を高く売りたいなら、買取を強化している業者に売ることも忘れてはいけません。買取業者にはそれぞれに得意分野があり、厨房機器の買取を強化しているかいないかによって査定金額が大きく異なるからです。同じ条件の厨房機器であっても、買取を強化している業者では査定金額が高くなり、強化していない業者では低くなるので注意しましょう。複数の業者に査定を依頼し、高い金額を提示したところに買取を依頼するのもおすすめです。

4.厨房機器を買取に出す方法は?

不要になった厨房機器を買取に出す方法を詳しく解説します。

4-1.中古厨房機器買取専門業者に売る

不要になった厨房機器は、中古厨房機器買取専門業者に売ることができます。中古厨房機器買取専門業者では、取り扱いメーカーや種類が多く、豊富な専門知識による査定を受けることが可能です。豊富な買取実績があることで、厨房機器の取り扱いに慣れているため、安心して買取を依頼できます。買取を希望する場合は、業者に連絡して査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、買取専門となるため、買取不可になった場合は、引き取り処分も依頼できないので注意しましょう。

4-2.リサイクルショップでは買取不可の場合もある

リサイクルショップでも、厨房機器の買取を依頼できることがあります。ただし、個人店などではすぐに買い手が付かない、保管場所がないといった理由から、買取を断られることもあるでしょう。リサイクルショップに買取を希望する場合は、大手チェーン店などで広い販売網と十分な保管スペースがあるところに依頼することがポイントです。なお、リサイクルショップは買取が主体なので、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないことがあります。

4-3.不用品回収業者に買取を依頼する

不用品回収業者でも、不要になった厨房機器を買取しています。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者では、都合のよい日時と場所で回収してもらうことができ、厨房機器以外の不用品も同時に買取依頼することができます。また、万が一買取不可になった場合でもそのまま引き取り処分を依頼できて便利です。なお、当リサイクル買取サービスでも、不要になった厨房機器の買取をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-4.ネットオークションやフリマアプリへの出品はやや非現実的

ネットオークションやフリマアプリに厨房機器を出品し、売ることも可能です。ただし、厨房機器は一般家庭用のものと比べて大きさ・重量共にあることから、なかなか落札されないことも予想されます。もちろん、同業他社や買取業者が出品をチェックしている可能性もあるでしょう。特に急ぎで買取してもらう必要がないのなら、落札されるのを待つこともできます。しかし、買取期限が決まっているのなら、ネットオークションやフリマアプリへ出品するより、そのほかの方法で買取に出すことがおすすめです。

5.厨房機器の買取に関するよくある質問

最後に、厨房機器の買取に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.複数の業者に査定を依頼する場合の注意点は?
A.信頼できると判断した業者2~3社に絞って依頼しましょう。むやみに多くの業者に依頼しても、時間と手間がかかるだけです。

Q.サビがある厨房機器は買取してもらえない?
A.サビの程度にもよります。また、業者によっても査定基準が異なるため、詳しくは業者に確認してみてください。

Q.業者が提示した査定金額に納得できない場合はどうする?
A.業者に査定理由を説明してもらいましょう。業者からの説明を聞いてもなお納得できない場合は、取り引きを中止しても構いません。

Q.不用品回収業者に依頼すれば休日の夜間でも回収してもらえる?
A.業者の営業時間内なら、問題なく回収してもらえます。また、営業時間外でもオプション費用を支払うことで対応してもらえることもあるので、確認してみるとよいでしょう。

Q.業者が回収する当日まで厨房機器を使ってもよい?
A.おすすめしません。クリーニングする時間が十分に取れない、予期せぬ不具合や故障が起こるリスクがあるなどの点から、回収予定日の前日までにしておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、厨房機器の買取について詳しく解説しました。不要になった厨房機器でも、状態がよいものは買取してもらうことができます。なるべく高く買取してもらうためには、キレイにクリーニングする、不要になったらすぐに売るなどのポイントを押さえておくとよいでしょう。なお、不用品回収業者でも、厨房機器の買取を強化しているところもあります。不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、買取不可になった場合でも引き取り処分を依頼できるなど何かと便利です。まずは、この記事を参考にして信頼できると判断した業者に相談してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休