ファンヒーターを処分したい人必見! 適切な方法と廃棄のポイント


寒い時期、エアコンで部屋を暖かくしても、足元だけ冷えませんか?また、エアコンは部屋が暖まるのに時間がかかるし、寒い時期にはできるだけ早く暖められる暖房器具が欲しいと思うでしょう。ファンヒーターは暖房器具の中でも優秀で、エアコンと併用して使っているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、ファンヒーターも消耗品です。使っていれば次第に不具合が起きて、使えなくなるときがきます。では、ファンヒーターを廃棄したいと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

今回はファンヒーターの処分方法、捨てる際の注意点などをご紹介します。

1.ファンヒーターは何ゴミ?

1-1.粗大ゴミとして扱われる

石油ファンヒーターは、粗大ゴミとして扱う自治体が多いです。粗大ゴミとなった場合は処分が有料なので、指定された金額の券を貼り付け、決められた処分日に出しておきましょう。

1-2.自治体に必ず確認をとる

ほとんどの自治体で石油ファンヒーターは粗大ゴミとして分類されていますが、ときに自治体で処分できない石油ファンヒーターもあるでしょう。その場合は他の方法を探さなくてはいけません。処分については住んでいる自治体に従うのがマナーでありルールですから、粗大ゴミとして出していいのかどうか、必ず事前に確認してください。

粗大ゴミの申請をする際に自治体に連絡を入れると思いますので、その際に聞いてみましょう。

2.ファンヒーターを処分する方法

2-1.自治体の指定どおりに処分する

一番メジャーな処分方法は、自治体で指定されたとおりに処分をするという方法です。粗大ゴミの場合は自治体に連絡をして許可をもらい、その後粗大ゴミ券やシールを購入し、貼り付けて回収してもらう場所まで運びます。家の前でいい自治体もあれば、決められた回収場所まで運ぶ必要がある自治体もあるでしょう。

もしも体力的な問題で指定場所まで運べないならば、それも連絡して伝えてください。回収をする人が取りにきてくれるかもしれません。

やはり自治体で処分をしてもらうのが一番安心と感じるでしょうから、多くの人が自治体での回収を利用しています。

2-2.家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店で新しいファンヒーターを購入する場合は、交換で引き取りをしているところが多いです。古いファンヒーターは、本来なら廃棄に費用が必要となりますが、家電量販店に持ち込めば無料で対応してくれるところも多いので、買い替えなら利用するといいでしょう。

新しいファンヒーターを購入する際に説明してもらえると思いますが、忘れずに自分からも尋ねてみてください。持ち込みしてもらえば回収します、という家電量販店もあれば、家まで引き取りに来てくれるという家電量販店もあります。ただ気をつけなくてはいけないのが、廃棄に費用はかからないけど、引き取りをすることに対しての手数料が発生するかどうか、という点です。

後でトラブルにならないために、きちんと事前に確認しておいてくださいね。

2-3.回収業者で回収してもらう

回収業者でいらなくなったファンヒーターの回収をおこなっています。回収のみしてくれる業者は手数料を必要とすることを知っておいてください。

粗大ゴミだと指定の日まで待って捨てなくてはいけませんが、回収業者なら依頼をしたらすぐに引き取ってくれるので、助かりますね。今すぐにでも捨てたいという人は、手数料が少し高くても回収業者を利用しましょう。

引越しで処分する期日が決まっているとか、部屋の模様替えをするから今すぐに処分したいという人に適している方法ですね。

3.捨てる際の注意点

3-1.灯油の処理はきちんとしておく

石油ファンヒーターの処分で問題となるのが、灯油の処理です。必ず中に灯油が残ったままで処分しないようにしてください。処分する段階で大きな事故が発生する可能性があります。時に爆発する事故も起こりえますので、大変危険です。何か起きてからでは遅いので、少しぐらい大丈夫と自分で判断しないでください。

ファンヒーターが動く状態ならば、中に入っている灯油を使い切るまで動かして中身をなくしてください。もしも故障して中に灯油が残ったままになってしまったら、灯油ポンプなどで引き上げ、空にしてから回収してもらいましょう。

どうしても自分ではできないならば、ガソリンスタンドなどにタンクを持っていき、処理してもらうのもオススメです。

処分する際は必ず、中身は空にしましょう。

3-2.売ることも検討しよう

ファンヒーターが故障して使えない状態になったのなら処分するしかありませんが、まだ動かせる状態で十分使えるなら、処分ではなく買取を検討してみてはどうでしょうか。少しでもお金になりますし、処分してしまうのはもったいないです。中古でもいいから欲しいという人はたくさんいます。

もしも売れるかどうか分からない場合は、一度買取業者に問い合わせてみてください。回収業者が買取をしていることもあるので、そういう業者に依頼をして、買取か回収か相談し決めるのもいいですね。

4.業者選びのポイント

4-1.買取?回収?どんな業者かしっかり把握

ファンヒーターを引き取ってくれる業者を探していると、買取なのか回収なのか、よくわからない場合もあります。回収と買取を同時にやっている業者が多いからです。これはファンヒーターを引き取りしてもらう人にとっては便利だと思います。まだ使えそうなものだったら買取してもらって、もう使えそうにない、売れそうにないものは回収をいてもらうという判断がその場でできるからです。

買取可能と思い査定をしてもらったら、結局買取業者では引き取ってもらえなかったとします。そうすると、回収してもらう場合はまた別の回収業者に依頼しなくてはなりませんよね。それも面倒ではないでしょうか。

その手間をなくしてくれるのが、回収と買取を同時におこなう業者です。どちらか分からない場合は、買取と回収同時におこなっている業者に依頼してみましょう。

4-2.回収方法も事前に確認

ファンヒーターをどのように回収してもらうのか、それによっても業者選びは変わります。それほど大きなものではないので、持ち運んで店頭買取もしてもらいやすいですが、ファンヒーターのほかにも回収して欲しいものがあれば、まとめて出張買取もオススメです。

回収方法も事前に確認し、後でトラブルがないようにしてくださいね。

4-3.無料回収は要注意!

よくファンヒーターを無料回収している業者を見かけますが、トラブルを招くもとなので、利用しないほうがいいでしょう。無料といって回収しているのですが、よくよく聞いてみると費用が発生する場合が多いです。車に積んでから費用を請求するという悪質な業者もあります。

また、売れるかもしれないから無料で引き取り、売れなかったファンヒーターは不法投棄する業者もいるようです。こうした違法行為は許せることではありません。いくら無料で引き取ってくれたとはいえ、不法投棄されていたら嫌な気持ちになりますよね。

こうした業者に騙されないために、無料という言葉につられないよう気をつけてください。

まとめ

いかがでしたか?

  • ファンヒーターは何ゴミ?
  • ファンヒーターを処分する方法
  • 捨てる際の注意点
  • 業者選びのポイント

ファンヒーターの廃棄は適切な方法で、適切な処理をしなくてはなりません。適当に処分をしてしまうと、大事故につながる恐れがあるのです。ファンヒーターをどうやって回収してもらうのか?そしてもしも買取してもらう場合はどのような業者がいいのかなど、ファンヒーターを手放す際にはじっくり考えるといいですね。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休