使わなくなったベッドを処分する3つの方法とは?


使わなくなったベッドはどのように処分すればいいのでしょうか?
大きいものだと粗大ゴミでも処分できないものもあり、分解して処分するにも大変な労力と時間がかかってしまいます。
そんなベッドの処分方法について、3つの方法をご紹介いたします。

ベッドの処分方法1 自治体に相談し、処分を依頼する

最もオーソドックスな方法は、お住まいの自治体に粗大ゴミとして回収してもらう事です。
処分の方法やルールは地域によって違いますので、あらかじめ地域で定めるルールを把握しておきましょう。
京都市などの多くの地域の流れは、まず粗大ゴミの受付センターに相談し、品目と住所を伝えます。あとは指定の日程、指定の場所に回収用のシールを貼ったベッドを置いておけば、回収してもらうことができます。
ただし、ベッドの種類によっては回収できないものもあるので、受付センターでしっかりと確認しておきましょう。

この方法は、「指定の場所」まで自分で運ばなければならず、ベッドのような大型のものは大変苦労します。
運搬中にけがをしたり、部屋を傷つけたりしてしまう可能性がある際は、決して無理をせずに他の方法で処分するようにして下さい。
また、少なからず回収に料金がかかってしまいます。
相場としては1000円~2000円程度(各自治体によって違います。)ですが、売れる場合や無料で引き取ってもらえる方法もありますので、他の方法も知った上で、どの方法でも処分ができないと言う際に使うといいでしょう。

ベッドの処分方法2 不用品回収の業者に依頼する

業者に依頼することは最も手軽でスムーズな処分の方法です。
電話一本で相談でき、見積もり、日程の調整、さらには運搬から回収までをワンストップで行ってくれます。
この方法であれば、ベッドを運ぶ力のない女性やお年寄りでも利用できますし、忙しい方でもスピーディーな対応をしてくれます。

デメリットとしては、金額の相場が業者によって違うため、場合によっては自治体に依頼したほうが安く済む場合があります。
しかし、自分で回収場所に持って行く必要がなく、日程を合わせやすいのでとても便利に使うことができます。
また、業者によっては買い取りを行っているところもあるので、少なからずお金に変えることもできるかもしれません。

金額面でやや不安要素があるこの方法ですが、必ず回収前に見積もりを出してもらえるので安心できます。
高くつく場合もありますが、納得した形で作業を行ってくれるので、心配はいりません。

ベッドの処分方法3 リサイクルショップに買い取ってもらう

比較的新しいものや、保存状態が良いものに関しては、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方法もあります。
この方法の最大のメリットは、お金がかからないどころか買い取ってもらえるので、金銭的には最も良い方法かも知れません。

しかし、自分で運搬をしなければならないと言う点や、万が一買い取ってもらえなかった時に処分できない可能性があります。
そうすると、自宅に再度持ち帰り、新たな方法で処分しなければなりません。
リサイクルショップは基本、持ち込んでからの査定なので、このようなリスクが伴ってくるのです。
さらに、リサイクルショップの場合は査定の基準が厳しく、少々のキズや汚れによって大幅に減額してしまう恐れがあります。
運搬の労力と、買い取り金額をしっかりと考え、損をしないように進めるテクニックも必要になってくるのです。

以上の3点が主なベッドの処分方法です。
「お金」「手間」「スピード」のどれを優先させるか、また、ベッドをどう処理したいかが、3つの方法を考える際のポイントになります。
もしもベッドの処分に困ったら、いずれかの方法で、正しく処分してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休