ダブルベッドの処分でお困りの方へ! 安くて簡単を方法を教えます!


不要になったダブルベッドの処分でお困りではありませんか。ダブルベッドは大きくて重いため、自分で運ぶのも大変です。また、「粗大ゴミとして出すことができるのか」「処分するときの注意点は何か」など、よく分からないこともあるでしょう。それに、できるだけ安く処分したいですよね。

そこで今回は、ダブルベッドの処分方法について詳しく解説します。

  1. ダブルベッドは粗大ゴミで捨てられる?
  2. 買い替えでダブルベッドを処分する方法
  3. ダブルベッドを買取してもらう方法
  4. ダブルベッドの処分を不用品回収業者に依頼する方法
  5. ダブルベッドの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ダブルベッドを楽に処分するコツが分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ダブルベッドは粗大ゴミで捨てられる?

最初に、ダブルベッドをゴミとして自治体に出すことについて見ていきましょう。

1-1.自治体にゴミとして出すことは可能

ダブルベッドは、自治体にゴミとして出すことも可能です。そのままで出す場合は、大きさや重さがあるため、多くの場合で粗大ゴミ扱いとなるでしょう。解体して規定のサイズ以下にできる場合は、素材に応じて可燃ゴミ・不燃ゴミとして出すこともできます。

メリット

  • 解体すれば回収費用が安く済む

デメリット

  • 粗大ゴミは事前予約が必要なことが多い
  • 回収日時・場所は自治体が指定
  • 回収場所まで運ぶのが大変

1-2.ダブルベッドのゴミの区分と費用

ダブルベッドを解体した場合、素材によって以下のように区分して出すことになります。可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミは無料で回収可能です。粗大ゴミは1台につき2,000円~の費用がかかるでしょう。

  • 可燃部分(布・綿・木など):可燃ゴミ
  • 金属素材:不燃ゴミ・資源ゴミなど
  • スプリングマットレス・ベッドフレーム:粗大ゴミ

なお、解体しても1辺が30cm以上のものは粗大ゴミ扱いになるなど、自治体によっても基準が異なるので注意しましょう。

1-3.ゴミの区分に合わせて出すこと

ダブルベッドをゴミとして出すときは、以下を参考にしてください。自治体ごとのゴミの区分・ルールに従って出しましょう。

  • 粗大ゴミ:自治体の受付窓口に連絡し、回収日時・場所・費用の指示を受けることが多い
  • 可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなど:自治体の指定日時・場所に指定の方法で出す(指定ゴミ袋に入れるなど)

1-4.自治体によって粗大ゴミで回収できないこともある

自治体によっては、ダブルベッドを粗大ゴミとして回収できないこともあります。たとえば、シングルベッドは回収可能でもダブルベッドは不可だったり、スプリング入りマットレスは不可だったりなどまちまちです。自治体ごとに回収基準が異なるため、必ず確認しておきましょう。

2.買い替えでダブルベッドを処分する方法

ダブルベッドを買い替える場合は、販売業者で引き取り可能なことがあります。

2-1.買い替えと同時に引き取りしてもらえる

買い替える場合は、販売業者に不要なダブルベッドを引き取りしてもらえるか確認してみてください。多くの販売業者では、新規購入を促すために不要になったダブルベッドをサービスで引き取りしています。自分で業者に手配したり運んだりする手間もかかりませんん。

2-2.有料の場合は1台3,000円~が費用目安

買い替えが伴う場合、ダブルベッドの処分費用は無料の場合と有料の場合があります。有料の場合は、1台3,000円程度~が目安です。業者によっては、組み立て式のものは解体しておくなどの条件があります。スムーズに引き取りしてもらうためにも、事前に確認しておきましょう。

2-3.激安販売業者の場合は引き取り不可のこともある

ネットなどでダブルベッドを激安価格で販売している業者では、引き取りサービスが利用できないことがあります。引き取りサービスを行わないことで、価格を安く販売しているからです。また、オプションで依頼できる場合でも費用が高くつき、激安価格で購入した意味がなくなることもあるので注意しましょう。

3.ダブルベッドを買取してもらう方法

不要になったダブルベッドでも、条件によっては買取してもらえることがあります。

3-1.使用感が少なく人気ブランドなら買取可能なことも

不要になったダブルベッドで以下の条件を満たす場合、買取してもらえる可能性があります。

  • 新しくて使用感がない
  • 人気ブランド(シモンズ・サータ・シーリー・フランスベッド・日本ベッド・カリモクなど)
  • 汚れ・傷・ひどい臭いがない

なお、以下の条件を満たすものはさらに高額買取が期待できます。

  • 購入時のメーカー保証書や取扱説明書が残っている
  • マットレスの厚さが30cm以上
  • マットレスがダブルクッションタイプ
  • 足つきのフレーム
  • 電動タイプ

3-2.諸費用が高くつくこともある

ダブルベッドを買取してもらう場合、運び出しや運搬料などの諸費用が必要か確認しておきましょう。買取価格が安い場合、逆に費用が高くついてしまうことがあります。買取にかかる諸費用が無料もしくは安い業者を選ぶようにしましょう。

4.ダブルベッドの処分を不用品回収業者に依頼する方法

不要になったダブルベッドは、不用品回収業者に処分を依頼すると便利です。

4-1.処分だけしたいときは不用品回収業者が便利

不用品回収業者にダブルベッドの処分を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 買い替える必要がない
  • 解体する必要がない
  • 自分で運ぶ手間や労力がかからない
  • ほかの不用品を同時に回収してもらえる

4-2.信頼できる業者のポイントは?

ダブルベッドの処分は、以下のポイントに沿い、信頼できる業者を選んで依頼しましょう。

  • ダブルベッドの回収実績が豊富にある
  • 可能なものは買取している
  • 買取不可のものを回収後は資源リサイクルに回している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい費用システム
  • 希望の日時に回収してもらえる
  • スタッフが親切で丁寧な対応ができる
  • 古物商許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスでも、ダブルベッドの処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.回収費用はフレーム・マットレスそれぞれにかかる

不用品回収業者にダブルベッドの回収を依頼した場合、フレーム・マットレスそれぞれに回収費用が必要になることが多いでしょう。以下は、費用目安です。

  • ベッドフレーム(ダブルサイズ):1台7,500円程度~
  • ベッドマットレス(ダブルサイズ):1枚6,000円程度~

業者によっては、複数の不用品と合わせて依頼するとパック料金が適用できることもあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

4-4.回収条件を必ず確認しておくこと

ダブルベッドの処分を不用品回収業者に依頼するときは、回収条件を確認しておきましょう。ベランダから出す必要がある・エレベーターを使えない・玄関から出すことができないなど、条件によってはオプション費用がかかります。また、業者によっては、対応不可と言われることもあるでしょう。回収当日になって慌てないためにも、業者と事前によく相談してください。

5.ダブルベッドの処分に関するよくある質問

最後に、ダブルベッドの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.自分でダブルベッドを解体するデメリットは?
A.以下のように多くのデメリットがあります。できれば。解体せずに処分することがおすすめです。

  • 解体作業に時間や労力がかかる
  • 解体中にケガをする可能性がある
  • 解体しても大きさによっては粗大ゴミ扱いになる

Q.粗大ゴミの回収日時を忘れてしまったらどうなる?
A.自治体に連絡し、新たに回収日時・場所の指示を受けましょう。なお、指定日時後に運んでも回収してもらえずに放置されるだけです。近隣の迷惑になるのでやめてください。

Q.ダブルベッドを2台同時に処分すると費用が安くなる?
A.粗大ゴミに出す場合は、安くなりません。通常、1台ずつ回収費用がかかるからです。不用品回収業者に依頼する場合は、業者によって1台ずつ依頼するよりも割安になることもあるでしょう。

Q.不用品回収業者がダブルベッドを回収するときに柱を傷つけたのですが?
A.スマホなどでよいので証拠写真を撮影し、すぐに業者に連絡してください。現場確認の結果、明らかに業者に落ち度がある場合、補償もしくは業者の費用負担で補修してもらえます。信頼できる業者なら、万が一の場合に備え、損害保険に加入しているはずです。

Q.ダブルベッドの買取価格が想定より低すぎるのですが?
A.まずは、査定理由を業者に説明してもらいましょう。業者が状態をチェックした結果、汚れや破損などのマイナスポイントが見つかった場合があります。正当な理由によるものなら、相場と考えることも必要です。

まとめ

今回は、ダブルベッドの処分について詳しく解説しました。ダブルベッドは大きくて重さがあるため、自分で処分するのは困難です。たとえば、買い替えるときは販売業者の引き取りを利用できるか確認してみましょう。まだ新しくて人気ブランドのものなら、買取してもらえることもあります。なお、買取してもらえないダブルベッドは不用品回収業者に処分を依頼するといいでしょう。指定日時に回収してくれるので、大変な思いをして運ぶ手間が省けます。まずは、信頼できる不用品回収業者によく相談してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休