ホームシアターの買取で失敗しない! 中古で高額査定を受けるコツは?


ホームシアターがあると、家で楽しく映画鑑賞できます。大画面と優れた音響システムで観(み)る映画は、格別ですよね。しかし、何らかの理由でホームシアターの処分を検討している人もいるでしょう。まだ十分に機能するものは、買取に出すことがおすすめです。そこで、今回は、ホームシアターの買取で失敗しないためのコツを詳しく解説しましょう。高額査定のポイントも伝授しますから、役に立ちますよ。

  1. ホームシアターとはどんなもの?
  2. ホームシアターの買取について
  3. ホームシアターの買取方法を学ぼう
  4. ホームシアターの買取業者選びのポイント
  5. ホームシアターの買取でよくある質問

この記事を読むことで、ホームシアターの買取にかんする深い知識が身に付き、最も有利な方法で進めることができます。大切なホームシアターの買取で損をしたくない人には、特に有益な内容と言えるでしょう。まずは、記事を最後まで読んでみてください。ホームシアターをできるだけ高額査定してもらいましょう。

1.ホームシアターとはどんなもの?

最初に、ホームシアターとはどんなものか基本を学びましょう。主な種類や関連機器・主なメーカーだけでなく、人気や普及率・最近の傾向などを解説します。

1-1.ホームシアターとは?

ホームシアターとは、一般家庭で映画館のような臨場感と音響効果を得るためのシステムです。映画愛好者を中心に人気が高く、技術の進歩に伴い、高性能でリーズナブルなものが増えてきました。大画面のディスプレーと迫力のある音響システムを組み合わせることで、映画の楽しみがより深まるのです。

1-2.ホームシアターの種類について

ホームシアターの主な種類は、以下のとおりです。

  • バー・サラウンド型:テレビの前・横に設置するタイプ
  • オーディオベース型:テレビの下に設置するタイプ
  • 2.1chホームシアター型:フロントスピーカーの置く場所を調整できるタイプ
  • シアターコンポーネント型:拡張性が高く、迫力のある音響システムを体感できるタイプ

1-3.ホームシアターの関連機器とは?

ホームシアターを構成する関連機器には、以下のようなものがあります。

  • プロジェクター
  • スクリーン
  • ディスプレー
  • DVD・BDプレーヤー
  • スピーカー
  • アンプ

それぞれの危機を好みや予算によって組み合わせることで、より満足度の高いホームシアターになります。

1-4.ホームシアターの主なメーカー

ホームシアターのメーカーは、主に以下のようなところがあります。

  • ソニー
  • パナソニック
  • パイオニア
  • 日本ビクター

また、関連機器を単体もしくは数種類製造しているメーカーも多く存在します。

  • シャープ
  • 日立
  • 東芝
  • 三菱電機
  • フィリップス
  • エプソン
  • 富士通ゼネラル
  • ケンウッド
  • ヤマハ
  • オンキョー
  • BOSE
  • マランツ

1-5.ホームシアターの人気・普及率・最近の傾向

映画が好きでも、映画館に出向く時間が無い・面倒くさいという理由で、家で同様の体験をしたいと願う人もいるものです。一般家庭での普及率は5%に満たないものの、技術の進歩と低価格化により高品質な映像・音響を手軽に入手しやすくなったため、需要は高まっていると言えます。最近の傾向としては、カジュアルに楽しむことができるものとハイクラスのものの2極化が進んでいることが特徴です。

2.ホームシアターの買取について

ホームシアターの買取に必要な知識を身に付けましょう。買取できるもの・できないものの違いや、人気のブランド・種類・サイズなどを解説します。

2-1.ホームシアターの買取のメリット

ホームシアターの買取には、以下のようなメリットがあります。

  • 必要とする場所で中古品として活用できる
  • 資源の有効活用になる
  • 買取代金が手に入る(新規購入資金ができる)
  • ネットオークションより手間がかからない

2-2.買取できるもの・できないものについて

ホームシアターの買取を希望しても、すべてが対象となるわけではありません。買取できるものの条件は、以下をご覧ください。

  • 有名メーカー・ブランドのもの
  • 故障や不具合が無い
  • 外観に大きな傷や汚れが無い
  • 動作に必要な備品が揃(そろ)っている(各種ケーブル類・コネクターなど)
  • 年式が新しい

上記の条件を多く満たすほど、高額査定が期待できます。なお、正常に動作するものであっても、無名メーカー・粗悪品・盗品の疑いがあるもの・汚れや臭(にお)いがひどいものなどは、買取不可です。

2-3.古いものや故障しているものについて

古いものや故障しているものも、基本的に買取対象外です。ただし、そのまま処分してもらうことができる場合もあります。業者で回収したホームシアターは、補修パーツを取ったり資源ごとに分けてリサイクルされたりすることになるでしょう。貴重な資源を活用するためにも、買取だけでなく処分もできる業者に依頼することが大切です。

2-4.ホームシアターで人気のブランド・種類・サイズは?

ホームシアターの中でも、人気のブランドや種類・サイズだと高額査定を期待できます。たとえば、以下のメーカーから出ているシリーズは人気が高いものです。

  • ソニー
  • パナソニック
  • ヤマハ
  • オンキョー
  • BOSE

種類やサイズは、圧倒的に人気のものというものはありません。ホームシアターは、設置場所や好みによって選択・組み合わせが可能だからです。強いて言えば、設置が簡単で場所を取りにくいバー・サラウンド型やオーディオベース型が初心者に人気となります。

3.ホームシアターの買取方法を学ぼう

ホームシアターの買取方法について、詳しく解説します。どんなところで買取をしてくれるのか、買取相場・高額査定のコツなどを学んでください。

3-1.ホームシアターの買取をしてくれるところ

ホームシアターは、以下のようなところで買取をしてくれます。

  • リサイクルショップ
  • AV機器専門の買取業者
  • 不用品回収業者

3-2.ホームシアターの買取査定について

ホームシアターの買取をしてもらうためには、業者の査定を受けることになります。中古市場での需要はあるか・ホームシアターとしての性能に問題は無いか・外観の状態はどうかなど、細かくチェックするのです。業者で細かく査定をした後、買取金額の提示があります。金額に納得できる場合は、買取手続きを進めてください。納得できない場合は、理由を聞きましょう。理由によっては、ほかの業者に査定を受けることも検討してください。

3-3.ホームシアターの買取相場

  • 中古のホームシアターの買取相場は、以下を参考にしてください。

ホームシアター一式:数万円から二十万円程度まで

ただし、相場は需要に大きく影響を受けるものです。需要が高いのにもかかわらず、供給が少ない場合は通常より高値で買取してくれます。しかし、反対に中古のホームシアターの在庫が過剰なときは、買取金額も下がってしまうと考えてください。

3-4.高額査定のコツや事前にしておくこと

高額査定を狙うためには、以下のポイントに気を付けましょう。事前に気を付けるだけでも違うものです。

  • なるべく早めに査定に出す
  • できるだけ汚れをキレイにしておく(掃除をするときに傷付けないようにする)
  • 付属品・箱があるときはすべて揃(そろ)えておく
  • 関連機器一式を同時処分する

ホームシアターを高額査定している業者に買取依頼を出す

3-5.高額査定商品とは?

以下の条件が当てはまるものは、高額査定が期待できるでしょう。また、業者のキャンペーンにより高額査定となるメーカー・ブランドの指定がある場合もあります。

  • 人気メーカー・ブランドである
  • 年式が新しい
  • 高性能機種
  • 汚れ・傷などが無くキレイ
  • 付属品が揃(そろ)っている

また、業者によっては、キャンペーンなどでホームシアターの買取を強化することがあります。タイミングが合えば、通常よりもさらに高額査定となる可能性もあるでしょう。

3-6.買取方法や流れを理解しよう

ホームシアターの買取を業者に依頼した場合、直接回収が主な方法となります。回収までの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 依頼者が業者に買取見積もりを依頼する
  2. 業者が買取見積もりを出す
  3. 依頼者が確認し、問題が無ければ正式に依頼する
  4. 業者が依頼者の希望日時・場所において回収する
  5. 業者が再度状態や市場価値をチェックする
  6. 正式な査定金額が出る
  7. 依頼者が査定金額に納得できる場合は買取契約をする
  8. 買取代金が依頼者に支払われて完了

4.ホームシアターの買取業者選びのポイント

ホームシアターの処分を業者に依頼するときのコツ・ポイントを解説します。信頼できる業者の選び方・注意すべき業者のポイントなども理解してください。

4-1.業者選びのポイントを解説

ホームシアターの買取では、業者選びが重要なポイントです。下記を参考にして、信頼できる業者を選んでください。

  • ホームシアターの買取を積極的に行っている
  • ホームシアターの知識が豊富にあり正当な評価ができる
  • 買取査定・見積もりを無料で行っている
  • 状態のいいものはできるだけ高価買取している
  • 故障などで買取不可でも回収してリサイクルしている
  • 回収費用がリーズナブル
  • 希望の日時・場所で回収してもらえる
  • 対応が親切で顧客からの評判がいい
  • 不用品回収業者に必要な各種許可(古物商許可など)を得ている

なお、当リサイクル買取サービスでも、ホームシアターの買取を強化し、できるだけ高額査定を行っています。まずは、無料買取査定をご依頼ください。

4-2.ホームシアターの回収を業者に依頼する方法

ホームシアターの回収を依頼するには、まずは、見積もり依頼を出してください。きちんとした業者なら、自社のホームページを持っているはずです。電話・FAX・見積もり依頼フォームなど、利用しやすい方法で申し込みましょう。依頼内容・回収希望日時・場所を伝えることを忘れないでください。すると、業者から見積もりが来るので内容をチェックしましょう。依頼内容を反映しているか確認してください。回収料金に納得できる場合は、正式契約に進めましょう。

4-3.業者に依頼するときの注意点

不用品回収の需要が高まる中で、新規に参入してくる業者も多くいます。しかし、中には正式な営業許可を持っていないところもあるので気を付けましょう。たとえば、日中に営業車で巡回している・電話で勧誘してくるといった業者は、信頼できません。無料回収キャンペーン中などと甘い言葉に乗らないようにしましょう。何らかの理由を付け、実際には有料回収となったり回収依頼をしていないものを不当に低い金額で買取したりする例もあります。トラブルに巻き込まれないためにも、注意してください。

5.ホームシアターの買取でよくある質問

最後に、ホームシアターの買取でほかの皆さんからよくある質問に回答します。ひとつずつ確認をし、実際の買取で不安を残さないようにしましょう。

5-1.ホームシアターの構成機器を一部だけ買取してもらえますか?

買い替えなどで、一部の構成機器だけを売りたいこともあるでしょう。もちろん、業者に買取依頼はできるので安心してください。ただし、業者によっては査定金額が下がる可能性もあります。できるだけホームシアター一式で買取依頼を出す方が有利になることは覚えておきましょう。

5-2.古いホームシアターは買取不可なのでしょうか?

古いホームシアターでも、高級品でマニアックなタイプなら買取対象になることもあります。自己判断で買取不可と思わず、業者に相談してください。ただし、高額査定までは保証できません。業者での買取価格は、常に中古市場での需要と供給のバランスに影響を受けるからです。

5-3.ホームシアターは何年ぐらいで買取に出すべきですか?

ホームシアターの寿命は、使用頻(ひん)度によっても異なります。しかし、目安としては5年程度と覚えておきましょう。買い替えは、寿命が来る前に行うことが理想です。寿命に満たなくても機能などで不満が出てきたときや、もっと魅力的な製品が発売になったときに買い替えることをおすすめします。

5-4.業者で回収したホームシアターはどうなるのですか?

中古品としての販売価値があるものは、業者で掃除・簡単な調整をして再販します。故障などで、再販不可と判断してものは分解し、素材ごとに分けて資源リサイクルに回すのです。信頼できる業者なら、回収したものを無駄にせず、適切にリサイクルします。しかし、悪い業者の中にはきちんと処分しないで不法廃棄するところもあるので気を付けましょう。

5-5.ケーブルが断線している場合、買取不可になりますか?

一般的なケーブルであれば、減額査定にはなっても買取不可にはなりません。業者で新たにケーブルを用意したり、注意書き付きで再販したりできるからです。買取依頼に出すときに、ケーブルが断線していることを業者に伝えてください。ただし、独自の接続コネクターを持つ機器では、専用ケーブルの断線は大きな減額ポイントとなることも理解しておきましょう。

まとめ

今回は、ホームシアターの買取を検討している人のために、お得で便利な方法やコツについて詳しく解説しました。中古のホームシアターでも、条件によっては高額査定の対象となることがあります。また、工夫しだいで査定金額を上げることも可能です。また、適正な評価をしてもらうためにも、信頼できる買取業者を選ぶことも忘れないでください。記事を参考に、満足できる結果を手に入れましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休