空気清浄機の処分はどうしたらいい? 詳しい処分方法とコツを解説


空気清浄機

空気清浄機を処分する際、自治体で捨てられるのか、何ゴミになるのか悩む方は多いでしょう。空気清浄機の処分方法は自治体回収のほか、不用品回収業者に依頼したり、リサイクルショップに買い取ってもらったりとさまざまな方法があります。お得に処分するためにも、自分に合った処分方法を選ぶのがポイントです。

そこで、本記事では、空気清浄機を処分する方法を解説します。

  1. 空気清浄機は何ゴミに該当する?
  2. 空気清浄機を自治体で処分する方法
  3. 空気清浄機を業者に依頼して処分する方法
  4. 空気清浄機を買取に出す方法
  5. 空気清浄機の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、空気清浄機を処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.空気清浄機は何ゴミに該当する?

空気清浄機を自治体で処分する場合は、一体何ゴミになるのでしょうか。

1-1.粗大ゴミ

ほとんどの自治体では、空気清浄機を粗大ゴミとして扱っています。基本的に、粗大ゴミに分類されるものは一辺が30cm以上の品です。空気清浄機は一辺が30cm以上になるものが多いので、粗大ゴミに分類されるでしょう。

1-2.不燃ゴミ

サイズが小さめの空気清浄機は、不燃ゴミ扱いになる可能性もあります。自治体によって、不燃ゴミの規定が異なるため、自治体のホームページ等で確認してください。

1-3.小型家電リサイクルの対象品目

自治体によっては、空気清浄機が小型家電リサイクルの対象品目になっているケースがあります。小型家電リサイクルは、小型家電に含まれている貴重な資源を再利用するための取り組みです。自治体によって異なるため、こちらもホームページ等で確認しましょう。

2.空気清浄機を自治体で処分する方法

ここでは、空気清浄機を自治体で処分する方法を解説します。

2-1.指定回収場所か、直接ゴミ処理場に持ち込む

空気清浄機を粗大ゴミとして出す場合は、自治体の指定回収場所に持っていくか、自分でゴミ処理場に持ち込む方法があります。

2-1-1.指定回収場所に持っていく

空気清浄機を指定回収場所に持っていく流れは、以下のとおりです。

  1. 電話もしくはインターネットで粗大ゴミの回収を申し込む
  2. 近くのコンビニやスーパーなどで粗大ゴミ処理券(シール)を購入する
  3. 空気清浄機の分かりやすい場所に粗大ゴミ処理券を貼りつける
  4. 回収日までに指定された回収場所に持っていく

回収日と回収場所が決められているので、すぐに処分できない点がデメリットです。

2-1-2.自分でゴミ処理場に持ち込む

空気清浄機を自分でゴミ処理場に持ち込む場合、主な流れは以下のとおりです。

  1. 電話もしくはインターネットで粗大ゴミの回収を申し込む
  2. 当日にゴミ処理場へ空気清浄機を持ち込む
  3. その場で処分費用を支払う

自治体によっては、事前に粗大ゴミ処理券の購入が必要なケースもあります。具体的な流れや支払方法に関しては、自治体のホームページでご確認ください。

2-2.処分費用は数百円

自治体回収で処分する大きなメリットは、処分費用が安く抑えられる点です。空気清浄機を処分する場合、費用は数百円で済みます。

2-3.小型家電リサイクル回収ボックスに投かんする

コンパクトサイズの空気清浄機なら、小型家電リサイクルボックスに投かんする形で処分できます。まずは、小型家電リサイクルの対象になっているか、投かん口に入るサイズかを確認してください。そして、自治体が定めている方法を守って処分しましょう。

3.空気清浄機を業者に依頼して処分する方法

空気清浄機の処分方法は自治体以外にもたくさんあります。ここでは、家電量販店・不用品回収業者に依頼する方法を紹介しましょう。

3-1.家電量販店に回収してもらう

買い換えを検討している場合、購入店に古い空気清浄機を回収してもらう方法があります。購入と処分が同時に利用できるため、スピーディーに手放せるでしょう。小型家電リサイクル法に基づき回収している家電量販店もあるので、問い合わせて確認してみてください。その際に、回収料金や運搬費用がいくらかかるのかも確認が必要です。

3-2.不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者では、空気清浄機の回収を行っています。主な回収方法は、出張回収・持ち込み回収・宅配回収の3つです。

3-2-1.出張回収

出張回収は、業者が直接家にやってきて回収してもらう方法です。自分で持ち運んだり、運搬したりする必要がないため、手間と時間をかけずに処分できます。また、空気清浄機以外の不用品回収も可能なので、不要なものをまとめて捨てることができるでしょう。

3-2-2.持ち込み回収

近くに不用品回収業者の店舗があれば、直接持ち込むことも可能です。持ち込み回収は運搬費用がかかりません。ただし、不用品が大量にある場合は運搬が大変な作業になるため、出張回収を利用したほうが良いでしょう。

3-2-3.宅配回収

自分のペースで処分したい方は、宅配回収がおすすめです。空気清浄機をダンボールなどに入れて不用品回収業者へ送るだけで完了となります。ただし、宅配回収を利用する際は、処分費用だけでなく送料の有無も確認しておかなければなりません。

3-3.不用品回収業者に依頼する際の注意点

不用品回収業者に依頼する際の注意点も併せてチェックしておきましょう。

3-3-1.必ず見積もりを取る

不用品回収業者に依頼する際は、必ず見積もりを取ってください。ほとんどの不要品回収業者では、無料見積もりを受け付けています。なお、見積書を確認する際は、処分費用がいくらかかるのか、追加費用が発生するケースも確かめることが大切です。

3-3-2.スタッフの対応が良いか

スタッフの対応が良いかも確認しておきましょう。不正を働く悪徳業者は、スタッフの対応が悪い傾向があるからです。不明な点があれば、すぐに回答してくれるか、丁寧に対応してくれるかなどをチェックしてください。スタッフの対応が悪い不用品回収業者は要注意です。

3-3-3.サービスが充実しているか

休日対応可能・買取サービスも行っているなど、不用品回収業者を選ぶ際はサービスの充実度にも注目してください。不用品回収業者のホームページでは、どのようなサービスを行っているのか確認できます。より具体的に記載されている不用品回収業者なら安心して依頼できるでしょう。

4.空気清浄機を買取に出す方法

まだ使える空気清浄機なら、買取に出す方法も選択肢の1つです。空気清浄機を売りたいと考えている方は、所有しているモデルがどのくらいで売れるのか確認してみると良いでしょう。売れる可能性が高い空気清浄機の特徴は、下記を参考にしてください。

4-1.壊れていないことが大前提

売れる空気清浄機は、正常に動くことが大前提です。電源がきちんと入る・問題なく作動する・不具合が現れていない状態であれば、買取専門業者やリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。

4-2.製造から5年以内か

空気清浄機といった電化製品は、年式が新しいものほど高く売れる傾向があります。一般的な中古家電の買取条件は、製造日から5年以内です。製造日から5年以内の空気清浄機であれば買い取ってもらえるでしょう。けれども、製造日から5年以上経過している空気清浄機は、問題なく稼働したとしても買取不可になる可能性があります。

4-3.有名メーカーの空気清浄機

有名メーカーの空気清浄機は、値段がつきやすい傾向があります。主なメーカーは、パナソニック・東芝・シャープ・日立・ダイキン・富士通・三菱・象印などです。買取へ出す前に、空気清浄機のメーカーや型番をチェックしておくと良いでしょう。なお、参考として下記にメーカーごとの買取相場をピックアップしました。

  • アムウェイ 124746J ATOMOSPHERE MINI:10,000円
  • SHARP KC-J50 プラズマクラスター:6,000円
  • ダイソン Purifier Hot + Cool HP07:40,000円
  • Panasonic F-VC55XT:10,000円
  • DAIKIN(ダイキン) MCK70X-T:10,000円
  • Kirala KAH-132:30,000円
  • アイリスオーヤマ DCE-120-2:5,000円
  • CORONA コロナ CWH-A1820:12,000円

4-4.空気清浄機の売却先はどこが良いか?

不要になった空気清浄機を、どこに売れば良いのか分からない方は多いでしょう。そこで、ここでは主な売却先をいくつか紹介します。

4-4-1.家電専門買取店

空気清浄機をより高い値段で売りたいなら、リサイクルショップよりも家電買取専門店に依頼しましょう。家電専門ですから中古市場の需要に詳しく、正しい査定額で買い取ってもらいやすい傾向があります。できるだけ、空気清浄機の買取実績が多いところを選ぶと良いでしょう。また、空気清浄機の買取強化キャンペーンなどを活用して高く買い取ってもらうコツもあります。

4-4-2.オークションやフリマアプリを活用する

自分で売りたい場合、インターネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。自分で出品額を決められるので落札されれば、納得できる価格で売れるでしょう。ただし、自分でこん包し送らなければならないため、手間と時間がかかる点がデメリットです。

4-4-3.下取りサービスを利用する

家電量販店の中には、下取りサービスを行っているところがあります。買い換えを検討している場合、下取りサービスが利用できれば処分費用はかかりません。さらに、新しい空気清浄機もお得な値段で購入できるメリットがあります。

4-4-4.買取を行っている不用品回収業者も

買取サービスを行っている不用品回収業者を利用するのも方法の1つです。処分したい不用品がたくさんある場合、まとめて回収してもらえますし、買い取ってもらえるものは買取に出すこともできます。

4-5.空気清浄機を買取へ出す前に

ここでは、空気清浄機を買取へ出す前に押さえておきたいポイントを解説します。

4-5-1.メーカー名・年式・型番・品番は調べておく

空気清浄機をより高値で売るために、メーカー名・型番・品番・年式などの情報はきちんと調べておきましょう。これらの情報は買取相場価格を調べる・交渉する際にも必要になります。空気清浄機の本体に貼ってあるラベルや取扱説明書などで確認できるため、査定前にメモをしておいてください。

4-5-2.付属品をそろえる

リモコン・予備フィルター・タンク・カートリッジなど、購入時についてきた付属品をそろえることも大切なポイントです。付属品や保証書がそろっているだけでも、買取額が数千円アップする可能性があります。

5.空気清浄機の処分に関してよくある質問

空気清浄機の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.空気清浄機を高く売るコツは?
A.売る時期を見極めることです。空気清浄機といった季節ものの家電は、需要がある季節の少し前に売ると高価買取が期待できます。空気清浄機の需要は冬場に高まるため、3月または12月前に売却すると良いでしょう。時期がすぎてしまうと買取額が大幅に下がる可能性もあるので、急ぎでない場合は需要が高い時期を狙って売るのがおすすめです。

Q.空気清浄機の寿命は何年くらいなのか?
A.使い方にもよりますが、平均的な寿命は約10年です。そのため、使用年数が平均寿命から大幅にすぎている空気清浄機は買取不可になるでしょう。

Q.査定前に掃除したほうが良いのか?
A.できるだけ、キレイに掃除してください。見た目も査定に影響するため、購入時の状態に近い空気清浄機ほど高く売れます。

Q.無料回収業者は安全か?
A.無料回収業者とのトラブルが多発しているため、安全とはいえません。無料回収業者に依頼するよりも、適切な費用で正しく処分してくれる回収業者に依頼したほうが安全です。

Q.空気清浄機のフィルターは何ゴミになるか?
A.フィルターは、可燃ゴミ・燃えないゴミに分類されるでしょう。自治体によって異なるため、ホームページ等で必ず確認してください。

まとめ

空気清浄機の主な処分方法は、自治体回収・家電量販店・不用品回収業者などがあります。自治体では、小型のものなら不燃ゴミ・大型のものならや粗大ゴミとして処分できるでしょう。空気清浄機以外にも処分したい不用品があるなら、不用品回収業者にまとめて回収してもらう方法がおすすめです。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休