買取対象になる扇風機の特徴は? 高額買取のコツや買取業者の選び方


まだ使える扇風機をゴミとして処分するのはもったいないことです。しかし、どこで買い取ってもらえるのか、どんな扇風機が高く売れるのかなど、買取を考えるといろいろな悩みが出てくるでしょう。スムーズな買取を行うためには、扇風機の買取ポイントを把握することが大切です。

そこで、本記事では、買取対象になる扇風機や高額買取のコツなどについて解説します。

  1. 買取対象になる扇風機の特徴
  2. 高額買取のコツ
  3. 買取業者の選び方
  4. 買取対象にならない扇風機の処分方法
  5. 扇風機の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、扇風機を高く売るポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.買取対象になる扇風機の特徴

最初に、買取対象になる扇風機の特徴をチェックしておきましょう。

1-1.動作環境に問題がないか

買取に出す際、最初にチェックされるのが動作確認です。扇風機に限らず、どのようなものでもきちんと正常に動くかどうか、壊れていないか、不具合が起きていないかなどを確認します。壊れていて使えないものは買取不可になりますし、発売時期によっては正常に動いていても買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。動作確認は査定時の大きなポイントになるため、査定に出す前に自分で確認することをおすすめします。

1-2.発売から5年以内

買取対象になる扇風機は、古すぎないものです。発売時期から5~8年以上経過している扇風機は、動作環境に問題がなくても買取不可になる可能性があります。扇風機の平均寿命は約8年といわれていますが、使い始めて5年をすぎたころから不具合が生じやすくなりがちです。使用方法や使用環境によっては、寿命が長くなったり逆に短くなったりすることもあります。査定時では、発売時期も考慮されるため、なるべく高く売りたい方は早めに売却したほうがいいでしょう。

2.高額買取のコツ

ここでは、扇風機を高く売るコツについていくつか紹介します。

2-1.付属品を一式そろえる

扇風機はなるべく購入時の状態にしたほうが高く売れる傾向があります。特に、購入したときについてくる付属品は一式そろえて査定に出したほうがいいでしょう。たとえば、取扱説明書・元箱・保証書・替えの部品などです。付属品がない扇風機と比較すると、付属品がすべてそろっているほうが高額買取が期待できます。たとえ、未使用品であったとしても、付属品が欠けている扇風機は買取額が下がってしまうこともあるのです。付属品の中でも保証書は購入場所と年月日が確認できるため、査定をスムーズに行うことができます。

2-2.きれいに掃除する

扇風機は夏に使うシーズンものですので、オフシーズンのときは倉庫などに保管していると思います。いつの間にかホコリが被っていたり、傷がついていたりすることもあるでしょう。査定時には傷の有無もチェックされることになるため、あらかじめ自分で確認することをおすすめします。また、高額買取のためにもきれいな状態にしてください。ついている汚れやホコリをタオルで拭いたり、羽をきれいに掃除したりしておきましょう。見た目が汚いものよりもきれいなもののほうが高額買取は期待できます。

2-3.相場を把握しておく

扇風機を高く売りたい方は、いくらぐらいで売れるのか相場をチェックすることも大切なポイントです。相場を把握しておかなければ、安値で買い取られてしまう恐れがあります。実際に、相場を把握していなかったせいで安く買い取られてしまい、後悔したという人も多いのです。なお、相場を調べる方法としては、インターネットで検索する方法があります。買取業者のホームページでは、どんな扇風機がいくらで買い取られているのかが記載されているので調べてみてください。そして、相場に見合った買取額を提示する買取業者に依頼しましょう。

3.買取業者の選び方

ここでは、買取業者選びのポイントをいくつか紹介します。

3-1.買取実績があるか

買取実績があるかどうかは、買取業者選びの重要なポイントです。たとえば、不用品の格安回収と高価買取を行っているリサイクル買取サービスでは、京都府・滋賀県でトップクラスの回収・買取実績を持っています。買取実績がある業者ほど安心して買い取ってもらうことができるでしょう。また、実績が豊富な買取業者は、適切な買取額を提示します。査定もしっかりとチェックし、どこか査定額を落とす要素になるのか、丁寧に説明してくれるものです。査定を依頼する前に、買取実績をホームページ等でチェックするといいでしょう。

3-2.スタッフの対応が丁寧か

買取業者を選ぶ際は、スタッフの対応にも注目してください。悪徳業者の特徴として、スタッフの対応の悪さがあります。1番分かりやすいのは電話対応でしょう。電話対応が悪かったり、言葉づかいがなっていなかったりする業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。逆に、スタッフの対応が良く、丁寧かつスピーディーにしてくれる業者ほど安心できます。少しでも不安要素があれば、依頼せずにきちんと調べることが大切です。

3-3.サービスが充実しているか

サービスが充実しているか、どのようなサービスを行っているのかにもチェックが必要です。買取実績のある業者ほど、サービスが充実しています。たとえば、買取以外にも不用品の回収を行っていたり、法人向けの買取を実施していたりなどです。ホームページに詳しいサービス内容が記載されているか、ぜひチェックしてみてください。ほかにも、年中無休か、24時間受け付けているかなど、細部まで確認することが大切です。ホームページにも詳しくサービスが記載されていない業者には注意しなければなりません。

3-4.口コミや評判をチェックする

実際に利用した人の口コミや評判も、買取業者選びの大切なポイントです。悪徳業者は悪い口コミや評判が記載されており、何かしらのトラブルが起きています。インターネットで「買取業者の名前 口コミ」と検索してみてください。そこに悪い口コミが書かれていたり、評判が良くなかったりしているのであれば、安易に依頼しないほうがいいでしょう。また、複数の買取業者を比較することで、悪徳業者を見極めることができます。最初から1社にしぼるのではなく、複数の業者を比較し最も安心できるところに依頼してください。

4.買取対象にならない扇風機の処分方法

ここでは、買取対象にならない扇風機の処分方法を紹介します。

4-1.新しく購入するお店に依頼する

買い替えを検討しているのであれば、新しい扇風機を購入するお店に依頼するのがおすすめです。ほとんどの販売店では、古い家電の回収を行っているでしょう。回収費用がかかるかどうかは販売店によって異なりますが、回収してもらうことができれば購入と処分が同時にできます。古い扇風機の回収を行っているか、事前の確認が必要です。また、回収を依頼する際、費用がかかるか、どのくらい必要なのかもチェックしておきましょう。

4-2.自治体回収で処分する

買い替えではなく不要になった扇風機を処分したいなら、自治体回収を利用する方法があります。自治体回収で処分する場合、お住まいの地域によって処分ルールやゴミの分類が異なるため、事前にチェックしておかなければなりません。扇風機は一辺が30cm以上のものがほとんどなので、粗大ゴミに分類されるところがほとんどでしょう。粗大ゴミとして処分する際は、事前の申し込みが必要になったり、指定された場所に持って行ったりする必要があります。その点の注意点やルールもしっかりとチェックしておきましょう。

4-3.不用品回収業者に依頼する

自治体回収以外の方法としては、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者の多くは、さまざまな不用品を回収しているので扇風機以外に処分したいものがあればまとめての処分が可能です。まとめて処分したほうが回収費用が安くなるところもあります。また、出張回収が利用できるのも不用品回収業者の大きなメリットでしょう。自分で運べないものでもプロのスタッフが運び出し回収してくれるので安心です。ただし、悪徳業者が存在しているので、だまされないように業者選びには注意しておかなければなりません。

4-4.買取サービスを行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。買取と回収を行っている業者に依頼すれば、たとえ買取不可になったとしても回収してもらえるのでスピーディーに処分できるでしょう。リサイクル買取サービスでは、不用品の格安回収だけでなく高価買取も行っています。年中無休で24時間受付中ですので、ぜひ一度ご相談ください。

5.扇風機の買取に関してよくある質問

扇風機の買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんな扇風機が高く売れるのか?
A.東芝・三菱電機・パナソニック・シャープ・ダイソンといった有名メーカーは高価買取が期待できるでしょう。有名メーカーの中でも需要があるモデルは、高値で買い取ってもらえる可能性があります。扇風機といっても羽つき扇風機・スリムファン・シーリングファン・タワーファンなど種類はさまざまです。年式とメーカーが同じでもポピュラーな羽つき扇風機か、タワーファンによって買取額も大きく変わります。特に、羽つき扇風機は知名度の高いメーカーでない限り、査定額が4分の1になることもあるのです。

Q.査定前にしたほうがいいことは?
A.扇風機の状態を確認することです。査定前に動作確認は必ずしておきましょう。気になるところがあれば、査定時に査定員へ伝えることが大切です。また、型番・年式・汚れや傷の有無・買取市場の動向などもチェックしておきましょう。これらの4点は査定額を決める大事なポイントとなります。査定前に自分で確認しておいたほうが、スピーディーに買取を進めることができるでしょう。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.ネットオークションやフリマアプリを利用して扇風機を売ることができます。自分で出品額を決めることができるのは大きなメリットです。中古市場で需要のある扇風機であればあるほど、高値で売れる可能性があります。ただし、すべての扇風機が売れるわけではありません。落札されるまで時間がかかることもあるでしょう。さらに、落札されたとしても自分でこん包して送らなければなりません。手間と時間がかかることを踏まえた上で利用してください。

Q.査定を受け付けている業者は?
A.買取専門店やリサイクルショップなどがあります。買取専門店は中古市場の状況に詳しいので、より適切な値段で買い取ってもらえるでしょう。ただし、査定が厳しいところがあるため、発売時期から5年以上経過しているものやデザインが古すぎる扇風機は買い取ってもらえません。その場合は、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。リサイクルショップは査定がやさしめですので、買取専門店で買取不可になったものでも買い取ってもらえる可能性があります。

Q.買取相場・処分費用はいくらぐらいか?
A.扇風機の買取相場は、約7,000~10,000円です。元値が高い扇風機ほど高価買取が期待できるでしょう。たとえば、ダイソンで発売時期が遅いモデルほど数万円で売却できます。デザイン性が優れていて高機能なものほど、10,000円以上の買値がつきやすいでしょう。そして、処分費用は約3,000~7,000円です。あくまで目安となるため、さまざまな買取業者のホームページをチェックしたり、見積書を確認したりすることが大切なポイントとなります。

まとめ

買取対象になる扇風機は、壊れていない・正常に動作できるものが基本です。完全に壊れていたり、不具合が出ていたりしている扇風機は、買い取ってもらえません。また、できるだけ高く売りたい方は、事前に相場を知ることが大切です。買取業者のホームページで実績を確認したり、無料査定を依頼したりするなどで買取相場をチェックしましょう。買取専門店やリサイクルショップなど買取先はさまざまですが、買取サービスを行っている不用品回収業者もあります。たとえ、買取不可になったとしても回収が可能ですので、手間と時間がかかりません。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休