米原市で粗大ゴミを処分する! 一番簡単に捨てる方法やコツを解説!


米原市で粗大ゴミを処分したいとお考えではないでしょうか? 断捨離や引っ越しなどで出た粗大ゴミを処分したくても、米原市の自治体回収にはどんなものを出せるのか、よく分かりませんよね。また、そのほかにも粗大ゴミを簡単に安く捨てられる方法があれば詳しく知りたいことでしょう。

そこで今回は、米原市での粗大ゴミ処分について詳しく解説します。

  1. 米原市で粗大ゴミに分類されるものは?
  2. 米原市の自治体回収に間に合わない場合は?
  3. 米原市で粗大ゴミを処分する方法
  4. 粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点
  5. まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法
  6. 米原市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、米原市で粗大ゴミを処分するポイントがよく分かります。米原市で粗大ゴミを処分する予定がある人は、最後まで記事を読んでみてください。

1.米原市で粗大ゴミに分類されるものは?

最初に、米原市ではどんなものが粗大ゴミに分類されるか具体的にご紹介します。

1-1.米原市では粗大ゴミを大きく3つに分類している

米原市では、指定ゴミ袋に入らない大きさで重さが大体60kg以上のゴミを粗大ゴミとして取り扱い、以下の3種類に分類しています。

  • 可燃性粗大ゴミ(布団・カーペットなど)
  • 自転車
  • そのほかの粗大ゴミ

1-2.粗大ゴミとして収集してもらえないものは?

米原市では、以下のようなものは粗大ゴミとして収集してもらうことができません。

  • 家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の対象家電
  • 農業用資材
  • ピアノ
  • バイク
  • 浴槽
  • 古タイヤ

より詳しい内容は、米原市のホームページで確認してください。なお、事業用として使用したものも産業廃棄物扱いになるため、米原市の自治体回収に粗大ゴミとして出すことはできません。

1-3.米原市の自治体回収に粗大ゴミを出す流れ

米原市の自治体回収に粗大ゴミを出す場合は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 粗大ゴミに米原市から配布される「エフ」に名前を記入して貼り付ける
  2. 年2回の指定日・指定収集場所へ朝8時30分までに出しておく

米原市の自治体回収に出せる粗大ゴミは、家庭ごとに年間6個までになります。エフは米原市から無料で配布されますので、住民の自己負担はありません。なお、翌年度に持ち越しして利用できないので注意してください。

2.米原市の自治体回収に間に合わない場合は?

米原市の自治体回収に間に合わない場合、どんな方法で粗大ゴミを処分できるか見ていきましょう。

2-1.自分の車などで近隣のクリーンプラントに持ち込む

米原市では、自分の車などで粗大ゴミを近隣のクリーンプラントに直接持ち込むこともできます。詳しくは、以下をご覧ください。

  • 住所:長浜市大依町1337番地
  • 電話番号:0749-74-3377
  • 受付時間:午前8時30分~12時および午後1時~午後4時30分
  • 休日:土曜日・日曜日(第4日曜日は持ち込み可能)・祝日・年末年始

なお、粗大ゴミの重量10kgごとに80円の処分費用がかかります。より詳しい内容は、米原市のホームページを参考にしてください。

2-2.引っ越しを伴う場合の処分方法

引っ越しを伴う場合は、以下のような方法で粗大ゴミを処分することを考えてみましょう。

2-2-1.近所の人に代理で出してもらう

近所の人と良好な関係を築けている場合は、代理で粗大ゴミを出してもらう方法があります。粗大ゴミが少量であり、収集場所が近い場合などに検討してみるとよいでしょう。ただし、先方が快諾してくれる場合に限ります。また、きちんとお礼をすることを忘れないようにしましょう。

2-2-2.引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者に依頼し、粗大ゴミを処分できることがあります。まずは、引っ越し業者に粗大ゴミを処分してもらえるか確認してみるとよいでしょう。引っ越し業者に依頼できれば、引っ越しと同時に粗大ゴミを処分できます。ただし、引っ越し当日や直前に依頼しても断られることがあるため、早めに確認することが大切です。

2-2-3.引っ越し先で処分する

引っ越し当日に粗大ゴミが出た場合は、ひとまず引っ越し先に持っていってから処分するのが現実的です。少量であれば、自分の車などに積むこともできるでしょう。また、引っ越し業者の車に空きスペースがあれば、引っ越し荷物と同様に運搬してくれることもあります。なお、引っ越し先ですぐに処分できるとは限らず、一定期間保管することになる可能性もあるでしょう。

2-2-4.実家などへ一時的に置かせてもらう

引っ越しまでに米原市の自治体回収に粗大ゴミを出せない場合は、実家などへ一時的に置かせてもらうことも考えてみてください。ただし、保管スペースが確保できないなどの理由で断られる可能性もあります。また、置かせてもらったまま長期間放置しないよう注意しましょう。

3.米原市の自治体回収以外で粗大ゴミを処分する方法

米原市の自治体回収以外で粗大ゴミを処分する方法を、詳しく見ていきましょう。

3-1.関連法律に沿って処分する

粗大ゴミの中には、関連法律に沿って処分できるものがあります。

3-1-1.家電リサイクル法の対象家電

洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビは、家電リサイクル法の対象家電として処分できます。家電リサイクル法とは、対象家電に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。対象家電を家電リサイクル法に沿って処分するには、以下の2つの方法があります。

料金販売店回収方式

  • 販売店の店頭で手続きする
  • 対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  • 都合のよい日時と場所で販売店が手配した運搬業者に回収してもらう

料金郵便局振込方式

  • 郵便局の窓口で手続きする
  • 対象家電の家電リサイクル料金を支払う
  • 自分の車などで米原市近辺の指定引取場所に持ち込む

米原市近辺の指定引取場所は、以下の2か所になります。

日本通運株式会社長浜支店営業課

  • 住所:長浜市山階町253番地1
  • 電話番号:0749-62-1610

高島運輸株式会社彦根営業所

  • 住所:多賀町中川原桜本454番地2
  • 電話番号:0749-21-3540

なお、対象家電の家電リサイクル料金は、種類・メーカー・仕様などにより異なります。また、料金販売店回収方式での運搬費用は、対象家電1個に付き1,500円程度~が目安です。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。

3-1-2.パソコンリサイクル法の対象家電

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の対象家電として処分できます。具体的には、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡し、回収を申し込む
  2. メーカーから専用の配送伝票が届く
  3. メーカーの指示に沿ってこん包し、配送伝票を貼り付けて発送する

なお、PCリサイクルマークが付いているものは、パソコンリサイクル料金・配送費用共に無料です。古い機種などでPCリサイクルマークが付いていないものは有料回収となり、1台に付き数千円程度の自己負担が必要になります。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

3-2.知人などに譲る

粗大ゴミでもまだ中古品として十分に使えるものは、知人などに譲る方法もあります。まずは、譲り受けてもらえそうな知人をピックアップして聞いてみるとよいでしょう。特に、年式が新しい家電やセットものの家具などは譲り受けてもらえる可能性が高くなります。譲り先が決まったら、なるべく先方の希望を優先し、配送方法や配送手段について話し合ってください。

3-3.販売店の回収サービスを利用する

粗大ゴミの種類によっては、販売店の回収サービスを利用できることがあるので確認してみるとよいでしょう。たとえば、以下のようなものは販売店で回収してもらえることが多くなります。

  • 家電
  • 家具
  • 仏壇
  • ミシン
  • 自転車
  • バイク

販売店の回収サービスは、基本的には有料となります。粗大ゴミの種類によって金額が異なるため、詳しくは販売店に確認してください。なお、買い替えを伴う場合、販売店によっては不要になったものの回収費用が無料になったり、下取りしてもらえたりすることがあります。

3-4.不用品回収業者に処分してもらう

粗大ゴミの処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者では、回収後の粗大ゴミを再販や再資源化などの方法で有効活用してもらうことが可能です。そのほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • 大量の粗大ゴミをまとめて処分してもらえる
  • 種類別に分ける必要がない
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 収集場所まで運搬しなくて済む
  • 時間や手間の大幅な節約になる
  • 状態によっては買取してもらえることがある

なお、粗大ゴミの種類や物量・買取になるものの有無などによって、回収費用が異なります。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してみてください。

4.粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときの注意点

粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼する場合、以下のような点に注意してください。

4-1.信頼できる業者に依頼する

粗大ゴミの処分は、以下のポイントを参考にして信頼できると判断した業者に依頼しましょう。

  • 米原市での粗大ゴミ処分で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • 回収後は再販や再資源化など適切な方法でリサイクルしている
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスも米原市における粗大ゴミ処分で豊富な実績があり、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.最初に見積もりをもらって検討する

信頼できる業者を選んだら、いきなり契約せず、最初に見積もりをもらって検討することが大切です。粗大ゴミの詳細や都合のよい回収日時・場所を業者に伝えると、業者が見積もりを作成します。業者からの見積もりが届いたら、以下の内容をチェックしてみてください。

  • 作成年月日や有効年月日の記載があるか
  • 社名・担当者名などが明記されているか
  • 依頼内容に沿って作成しているか
  • 不明な項目で費用を計上していないか
  • 金額が不当に高くなっていないか
  • そのほかに不明な点はないか

上記の内容をチェックして不備がある場合は、業者に連絡して見積もりを出し直してもらうことも必要です。

4-3.不明な点を残したままにしない

粗大ゴミの処分を業者に依頼する場合は、不明な点を残したままにしないことも重要なポイントです。どんなに信頼できる業者であっても、何らかの理由で不明な点が発生する可能性があるため、必ずその場で確認し、クリアにしておきましょう。たとえ小さなことであっても、都合よく解釈してしまうと、思わぬトラブルに発展することがあるので注意してください。

4-4.悪質業者の手口に気を付ける

粗大ゴミの処分を業者に依頼する場合は、悪質業者の手口に気を付けましょう。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる業者は悪質なので、絶対に契約してはいけません。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 「今だけ半額キャンペーン中」などと根拠のないお得感を全面的にアピールしてくる
  • 料金体系が不透明
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • 依頼していないものまで無理やり回収しようとする
  • スタッフの態度や言葉遣いが悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • 見積もりや契約書を交わさず口約束で契約しようとする
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • きっぱり断っているのにしつこく居座る

悪質業者と契約すると、法外に高い料金を請求される、回収後の粗大ゴミを不法投棄されるなど、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

5.まだ使える粗大ゴミを買取に出す方法

粗大ゴミでも中古品としてまだ十分に使えるものは、買取に出すこともできます。

5-1.買取してもらえる粗大ゴミの条件は?

粗大ゴミであっても、以下のような条件を満たすものは買取してもらえる可能性が高くなります。

  • 年式が新しく使用感が少ない
  • 不具合や故障がなく正常に使える
  • 外観に目立つ汚れ・傷・破損などがない
  • ペットやタバコなどのひどい臭いがない
  • 購入時の付属品が揃っている
  • 人気メーカー品や人気ブランド品
  • 限定生産品などで希少価値が高い

なお、どんなものを買取してもらえるかについては、業者によっても異なります。より詳しく知りたい場合は、業者に査定を依頼して確認してみてください。

5-2.粗大ゴミを買取に出す方法は?

粗大ゴミを買取に出すには、以下のような方法があります。

  • 種類ごとの買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

なお、それぞれにメリット・デメリットがあるため、最もメリットが大きな方法を選ぶとよいでしょう。

5-3.不用品回収業者に粗大ゴミを買取してもらうメリット

不用品回収業者に粗大ゴミを買取してもらうと、以下のようなメリットがあります。

  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 自分で運ぶ手間や労力がかからない
  • 買取不可の場合でもそのまま引き取り処分を依頼できる
  • 回収後に再販や再資源化などで資源を有効活用してもらえる

なお、当リサイクル買取サービスでも、粗大ゴミの買取を強化しています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6.米原市での粗大ゴミ処分に関するよくある質問

最後に、米原市での粗大ゴミ処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.米原市に住んでいなくても粗大ゴミを出してよい?
A.いいえ。米原市に粗大ゴミを出せるのは、米原市の住民に限ります。

Q.家の解体に伴うものは米原市に粗大ゴミとして出せないと聞いたのですが?
A.はい。家の解体に伴う粗大ゴミは産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者へ処分を依頼してください。

Q.米原市からエフを追加で配布してもらうことはできる?
A.できません。1年に6個分のエフを使い終わってもなお粗大ゴミを出したい場合は、不用品回収業者に依頼するなどの方法で処分することを検討してください。

Q.米原市に本社がある不用品回収業者なら信頼できる?
A.米原市に本社があるだけでは、信頼できると判断できません。さまざまなポイントをチェックし、総合的に判断しましょう。

Q.粗大ゴミの処分費用をなるべく安く済ませるコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • 処分費用の安い方法を選ぶ
  • 可能なものは解体して可燃ゴミや不燃ゴミとして出す
  • 処分費用の安い業者に依頼する
  • 買取してもらうものと同時に依頼する

まとめ

今回は、米原市での粗大ゴミ処分について詳しく解説しました。米原市では、指定ゴミ袋に入らない大きさや1個60kg程度までのものの多くを、粗大ゴミとして収集してもらえます。また、自分で近隣のクリーンプラントに持ち込むことも可能です。ただし、一部の家電や処理困難品などは粗大ゴミとして出すことができません。なお、粗大ゴミの処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、種類別に分ける必要がないなど、何かと便利でおすすめです。当リサイクル買取サービスも、米原市での粗大ゴミ処分をお受けしています。見積もりは無料ですから、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休