遺品整理で出た洗濯機の処分方法は? 方法ごとの処分費用も紹介!


「遺品整理で出た洗濯機の処分方法がわからない」「処分費用はいくらかかるのか?」とお困りではありませんか? 家電リサイクル法の対象品目である洗濯機は、家庭から出る一般的なゴミと同じように処分することができないので注意が必要です。遺品整理では大量の不用品を処分する必要があるため、スムーズに作業を進められるよう、洗濯機の処分方法について確認しておきましょう。

この記事では、遺品整理で洗濯機を処分する方法や処分にかかる費用・遺品整理業者に依頼するメリットなどをご紹介します。

  1. 洗濯機を処分する前に確認すべきポイント
  2. 遺品整理で洗濯機を処分する方法は?
  3. 遺品整理で出た洗濯機の処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 遺品整理での洗濯機処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た洗濯機を手間をかけずに処分する方法や、処分する際の注意点などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.洗濯機を処分する前に確認すべきポイント

まずは、洗濯機を処分する前に確認しておきたいポイントを解説します。

1-1.粗大ゴミとして捨てることはできない

洗濯機は家電リサイクル法対象品目の1つなので粗大ゴミとして捨てることはできません。家電リサイクル法とは、廃家電に使われている有用資源をリサイクルし、資源の有効利用とゴミの減量化を促進するための法律です。洗濯機のほかに、テレビ・冷蔵庫・エアコンが対象になります。この4品目は小売業者が回収し、メーカーがリサイクルすることが義務づけられているのです。

1-2.自分で運搬できるか確認する

洗濯機を処分する方法はいくつかありますが、自分で家の中から運び出すことができるかによって選択すべき処分方法が変わってきます。洗濯機は大きさと重量があるので運び出すのを手伝ってくれる人がいるか・搬出経路を確保できるかなど確認してみましょう。

1-3.買取対象にならないかチェックしてみる

洗濯機の状態によっては買取対象になる可能性もあります。買取してもらえればお金に換えることができるので大きなメリットです。製造から5年以内で正常に動作するもの・目立つ汚れや傷がないものは買取に出してみるとよいでしょう。

2.遺品整理で洗濯機を処分する方法は?

遺品整理の際に洗濯機を処分する方法には、以下のようなものがあります。

2-1.自分で処分する

洗濯機を処分する場合、家電量販店に回収を依頼する方法と自分で持ち込む方法があります。買い換えるのであれば新しい洗濯機を購入する家電量販店に依頼して古い洗濯機を回収してもらいましょう。その際、リサイクル料金のほかに収集運搬料金がかかるので事前に金額を確認しておいてください。処分だけしたい場合は、処分したい洗濯機を購入した家電量販店に回収してもらうことも可能です。自分で指定引取場所へ持ち込む場合は、収集運搬料金がかかりません。持ち込める日時などを事前に確認する必要があるため、最寄りの指定引取場所に問い合わせてみるとよいでしょう。

2-2.遺品整理業者に依頼する

近年は遺品整理を遺品整理業者に依頼するケースが増えています。少子高齢化や核家族化により、遺品整理を手伝ってくれる人を確保するのが難しくなってきていることも理由の1つでしょう。遺品整理業者に依頼すれば遺品の分別から回収・処分まで業者がおこなってくれるだけでなく、洗濯機以外の大型家電なども、まとめて処分をお願いすることが可能です。

2-3.不用品回収業者に依頼する

不用品が大量に出た場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。出張回収を利用すれば希望した日時に自宅まで回収に来てもらえるので大変便利です。不用品の買取サービスをおこなっている業者を利用すれば、状態のよいものは買取してもらえる可能性もあります。

3.遺品整理で出た洗濯機の処分費用

遺品整理で出た洗濯機の処分費用を処分方法ごとにご紹介します。

3-1.リサイクル料金と収集運搬料金

家電リサイクル法にのっとって洗濯機を処分する場合、リサイクル料金と収集運搬料金を事前に確認しておくのがおすすめです。洗濯機のリサイクル料金はメーカーによって違いがありますが、国内主要メーカーだと2,530~3,300円になります。収集運搬料金は家電量販店ごとにそれぞれ金額を定めており、運搬距離によっても異なるので事前に確認しておきましょう。

3-2.不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者に依頼した場合、洗濯機1台につき3,000~6,000円の回収・処分費用がかかります。業者によってはパック料金を用意しているところもあり、大量の不用品をまとめて依頼したほうが割安な場合がほとんどです。買取も同時におこなっている業者なら、さらにお得に利用できる可能性があります。

4.遺品整理業者を利用するメリット

遺品整理業者を利用するメリットには、以下のようなものがあります。

4-1.短時間で遺品整理が終わる

遺品整理の知識や経験を持つスタッフが作業するため、遺品の仕分けや回収・処分を短時間で終わらせてくれます。特に、故人が賃貸物件に住んでいた場合は明け渡し期限までに遺品整理を終えなければならないため、自分たちだけでは間に合わない可能性があるでしょう。遺品整理業者なら数時間で作業が終わることもあるので時間がないときに最適です。

4-2.遺品の買取や供養も依頼できる

遺品整理業者は遺品の買取や供養にも対応しているところが多いため、納得のいく遺品整理ができるはずです。自分で遺品整理をすると価値がわからずに高価な遺品を処分してしまう可能性もありますが、業者に依頼すればそのような心配はありません。故人が大切にしていたものなど、捨てるには抵抗がある遺品も供養してもらえるので安心です。

4-3.遠方に住んでいても利用できる

遠方に住んでいる場合、遺品整理のために何度も足を運ぶのは難しいという人も多いのではないでしょうか。その場合も、遺品整理業者に依頼すればスムーズに作業が完了します。なるべく手間をかけずに遺品整理をしたいときは、遺品整理業者に相談してみるとよいでしょう。

5.遺品整理での洗濯機処分に関するよくある質問

「遺品整理で洗濯機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はいつおこなえばよいのでしょうか?
A.遺品整理のタイミングに決まりはありません。四十九日法要など親族が集まる機会に取りかかるケースが多いでしょう。

Q.洗濯機を勝手にゴミ収集所に置いておくとどうなるのですか?
A.不法投棄となり、5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金、または両方の罰則を受けることになります。

Q.洗濯機を高く買取してもらうためのコツを教えてください。
A.きれいに掃除をし、購入時の付属品をそろえておきましょう。買取先を比較して選ぶことも重要なポイントになります。

Q.遺品整理業者選びのポイントは何ですか?
A.豊富な実績があるか・料金体系は明確か・無料見積もりを受け付けているか・遺品の買取もおこなっているかなどをチェックしましょう。

Q.悪質な遺品整理業者の特徴にはどのようなものがありますか? 
A.電話やメールだけで見積もりをとろうとする・見積もりにない高額な追加料金を請求してくる・遺族の立ち会いを拒否するなどの特徴があるので注意してください。

まとめ

遺品整理で洗濯機を処分する方法や洗濯機の処分方法などを詳しくご紹介しました。洗濯機は家電リサイクル法の対象品目なので、処分する際には注意が必要になります。遺品整理業者を利用すれば短時間で遺品整理を終えることができるだけでなく、洗濯機のように家から運び出すのが難しいものの回収・処分も依頼できるでしょう。ぜひこの記事を参考に、遺品整理業者への依頼も選択肢に入れて洗濯機の処分方法を検討してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休