遺品整理がつらい理由は? 乗り越え方と簡単に片付ける方法を解説!


「遺品整理がつらいと感じるのだけど、どんな方法で乗り越えられるのだろう」「遺品整理を効率よく進めるポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理は、何かと大変でつらいと感じることが多いですよね。しかし、遺品整理は故人への供養の一つでもあり、きちんと完了させる必要があります。

そこで今回は、遺品整理がつらい理由や効率よく進める方法などを詳しく解説しましょう。

  1. 遺品整理がつらい理由は?
  2. 遺品整理がつらいときの乗り越え方
  3. 遺品整理を進める方法や手順
  4. 遺品整は業者に依頼するのがおすすめ
  5. 遺品整理のつらさに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理がつらい理由が理解でき、乗り越え方や簡単に片付けるポイントなどがよく分かります。遺品整理がつらいと感じている方は、記事を読んでみてください。

1.遺品整理がつらい理由は?

遺品整理がつらいのには、さまざまな理由があります。つらい理由が分かると、解決策が見えてくることでしょう。

1-1.大切な人を失って悲しい

遺品整理がつらい理由として、大切な人を失って悲しいことが挙げられます。遺品整理は、亡くなった人の持ちものを整理・処分することで、多くの場合、遺族が行うことになるのが特徴です。大切な人を失った悲しみが十分に癒えていないときの遺品整理は、特につらいと感じやすくなります。

1-2.遺品に故人の思い出が詰まっている

遺品に故人の思い出が詰まっていることも、遺品整理がつらい理由の一つです。遺品を目にすると、故人とのエピソードを思い出すことがあります。すると、つらい気持ちが大きくなって、作業が進まないこともあるでしょう。中には、遺品を手にするだけでも難しくなってしまうこともあります。

1-3.時間を確保するのが難しい

遺品整理がつらい理由には、遺品整理の時間を確保するのが難しいこともあります。遺品整理は、想像以上に膨大な時間を必要とするものです。しかし、仕事や家事・育児などで、まとまった時間を確保できない人も多くいます。さらに、遠方に住んでいてなかなか来ることができないなどの状況が重なると、ますますつらいと感じるものです。

1-4.遺品を仕分けるだけでも大変

遺品を仕分けるだけでも大変なことも、遺品整理がつらい理由になります。膨大な遺品を必要なものと不用品に分け、さらに、不用品を種類ごとに分けるとなると、手間と時間がいくらあっても足りません。特に、部屋数が多くて広いケースでは、遺品も大量にあって大変です。遺品を仕分ける大変さを考えるだけでも、つらいと感じてしまいます。

1-5.遺品の処分方法が分からない

遺品整理がつらい理由として、遺品の処分方法が分からないことも挙げられます。遺品にはさまざまな種類があり、それぞれどんな方法で処分すればよいか分かりづらいものです。遺品の処分方法が分からないと不安を感じ、作業が滞ってしまいます。特に、普段から片付けを積極的にしない人に多く見られるのが特徴です。

2.遺品整理がつらいときの乗り越え方

遺品整理がつらいときにおすすめの乗り越え方をご紹介しますので、試してみてください。

2-1.悲しみに正面から向き合ってみる

遺品整理がつらいときは、悲しみに正面から向き合ってみるとよいでしょう。中途半端な気持ちのままで遺品整理に手を付けようとしても、つらいだけでなく作業効率が落ちてしまいます。とことん悲しみと向き合うことで、気持ちに区切りが付いて前向きになれるはずです。

2-2.気分転換をしてみる

気分転換をしてみるのも、遺品整理がつらいときにおすすめの乗り越え方です。遺品整理の作業が続くと、気持ちが滅入ってしまうのも仕方がありません。つらいと感じたときに休憩を入れるのも、よい方法です。また、作業からいったん離れて、自分なりにストレスを発散するのもよいでしょう。うまく気分転換できれば、新たな気持ちで遺品整理と向き合うことができます。

2-3.つらい気持ちをほかの人と共有する

遺品整理がつらいと感じたら、つらい気持ちをほかの人と共有するようにしましょう。親しい友人などに話を聞いてもらうだけでも、随分と心が軽くなるはずです。つらい気持ちを1人で抱え込んでいると、ますますつらくなってしまいます。ほかの人とつらい気持ちを共有することで、1人ではないことを実感しましょう。

2-4.ほかの人や業者の手を借りる

ほかの人や業者の手を借りることも、遺品整理がつらいときの乗り越え方になります。ほかの人や業者の手を借りることで遺品整理の負担を減らすことができ、随分楽に感じることでしょう。また、短時間で簡単に作業が進むのも大きなメリットといえます。ほかの人や業者の手を借りて、遺品整理を効率よく終わらせましょう。

3.遺品整理を進める方法や手順

遺品整理がスムーズに進むと、つらい気持ちが軽くなるものです。ここでは、遺品整理を効率よく進める方法を主な手順に沿ってご紹介します。

3-1.最初に物量や汚れ具合を把握する

遺品整理を効率よく進めるためには、最初に物量や汚れ具合を把握することがポイントです。場所ごとの物量や汚れ具合を細かく把握することで、遺品整理のスケジュールが立てやすくなります。また、最初の段階で全体の状況を理解することで、自分だけで対応できるか、業者に依頼すべきか判断することができるのもメリットです。

3-2.遺品整理のスケジュールを立てる

全体の状況を把握したら、遺品整理のスケジュールを立てましょう。具体的には、以下のポイントを参考に考えてみてください。

  • 日程に余裕を持つ(1か所に付き1~2日程度が理想的)
  • 1日の作業時間を8時間程度までにとどめる
  • 適宜休憩を設定する
  • 片付ける順番や片付け方を決める
  • 作業が遅れたときに備えて予備日を設定する

3-3.必要な道具を用意する

遺品整理に必要な道具を用意しましょう。具体的には、以下のようなものがあると便利です。

服装

  • 三角巾
  • マスク
  • ゴム手袋(使い捨てタイプが便利)
  • 軍手
  • 汚れてもよい服装
  • 室内用シューズ

掃除道具

  • 掃除機
  • フロアーワイパー
  • 掃除用使い捨てシート(ウェットタイプ・ドライタイプの両方)
  • コロコロタイプのクリーナー
  • ほうき
  • ちり取り
  • バケツ
  • 雑巾
  • はたき
  • 住宅用中性洗剤

仕分け道具

  • ゴミ袋
  • ダンボール箱
  • 油性マジック
  • 古新聞紙
  • ビニールテープ
  • はさみ・カッター

3-4.遺品の仕分け基準や処分方法を決める

実際に遺品を仕分ける前に、仕分け基準や処分方法を決めておきましょう。処分する遺品の基準は、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障で正常に使えない
  • 使用済みの日常品(普段着・下着・生活雑貨など)
  • 特に思い入れがない

また、遺品を処分するには、以下のような方法があります。

  • 自治体回収にゴミとして出す
  • 親族に形見分けする
  • 福祉施設などに寄付する
  • 買取に出す
  • 不用品回収業者に処分してもらう

上記のうちで最もおすすめなのは、不用品回収業者に処分してもらう方法です。不用品回収業者に依頼する主なメリットは、後述する「4.遺品整理は業者に依頼するのがおすすめ」を参考にしてください。

3-5.遺品を仕分けして処分する

準備が整ったら、遺品を仕分けして処分しましょう。このとき、事前に決めておいた仕分け基準に沿って淡々と作業することがコツです。処分に迷うものは、いったん保留にして最後に再度仕分けるようにすると、効率よく進めることができます。すべての仕分けが終わって不用品を処分したら、仕上げに掃除をして完了です。

4.遺品整理は業者に依頼するのがおすすめ

遺品整理がつらい場合は、業者に依頼することをおすすめします。ここでは、業者に依頼するとどんなメリットがあるか詳しく見ていきましょう。

4-1.大量の遺品をまとめて処分してもらえる

遺品整理を業者に依頼すると、大量の遺品をまとめて処分してもらえるのがメリットです。遺品を種類ごとに仕分ける必要もなく、そのまま回収してもらえます。大量の遺品を一気に処分できるので、その後の作業もスムーズに進むことでしょう。何かとやるべきことが多い中、とても助かるはずです。

4-2.都合のよい日時と場所を指定できる

都合のよい日時と場所を指定できるのも、遺品整理を業者に依頼するメリットです。たとえば、賃貸物件の退去が迫っている、多忙で都合の付く日時が限られるといった場合でも、問題なく対応してもらえます。業者が遺品整理している間に、そのほかにやるべきことを進めるなど、時間を有効活用できて便利です。

4-3.遺品整理の手間や時間を大幅に節約できる

業者に遺品整理を依頼すると、遺品整理の手間や時間を大幅に節約できます。遺品整理は、計画どおりに進むほうが難しく、何かと遅れてしまうことが多いものです。また、想像以上に物量が多く、手間や時間がかかることが問題になります。しかし、業者に依頼すれば、第三者の立場から淡々と作業してもらえ、業者ならではのノウハウで効率よく進めてもらうことが可能です。

4-4.状態のよいものは買取してもらえることがある

遺品でも状態のよいものは、業者に買取してもらえることがあります。遺品を買取してもらうことができれば、ものを大切にでき、故人へのよい供養になるでしょう。また、遺品の買取代金と処分費用を相殺することもできます。たとえば、以下のような種類で状態のよいものは、思わぬ高額買取になることもあるでしょう。

  • 家電
  • 家具
  • 貴金属類
  • 着物
  • 美術品
  • 骨とう品
  • 趣味のコレクション
  • スポーツ用品
  • 楽器

なお、上記の種類以外でも買取してもらえることがあるので、業者によく相談してみることがおすすめです。

4-5.買取にならないものでも有効活用してもらえる

業者に遺品整理を依頼すると、買取にならないものでも有効活用してもらえるのもメリットといえます。中古品として再販できないものでも、リサイクルすることが可能です。不用品回収業者では、実際に不用品を素材ごとに分け、再生資源や再生燃料・修理用パーツなどで、できる限り有効活用しています。遺品を貴重な資源として有効活用できることは、故人への供養となる点でもおすすめです。

4-6.遺品供養や特殊清掃などを依頼できる

遺品供養や特殊清掃などを依頼できるのも、遺品整理を業者に依頼するメリットの一つです。遺品の中には、処分する前に供養が必要なものがあります。たとえば、以下のようなものです。

  • 仏壇・仏具
  • 人形・ぬいぐるみ
  • お守り・お札類

また、孤独死の現場やゴミ屋敷状態だった場合などは、一般的な掃除だけでは手に負えないこともあるでしょう。遺品供養や特殊清掃は、遺品整理と同時に業者に任せるのが一番です。

5.遺品整理のつらさに関するよくある質問

最後に、遺品整理のつらさに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.遺品整理がつらいと感じるのは故人に対して失礼なのでは?
A.いいえ。遺品整理がつらいと感じても、故人に対して失礼に当たることはありません。大切なのは、つらいと感じてもそのまま放置せず、ほかの人や業者の手を借りてでもきちんと完了させることです。

Q.遺品整理で保留にしたものも後日必ず処分すべきか?
A.必ずしも処分する必要はありません。無理に処分すると、後悔することがあります。一定期間手元に置き、不要になった時点で処分を考えてみてください。

Q.遺品整理を複数回に分けて作業してもよい?
A.構いません。賃貸物件の退去が迫っているなど、特別な理由がない限りは、自分の都合に合わせて複数回に分けて作業しても大丈夫です。

Q.遺品整理はどんな業者に依頼すべきか?
A.以下のポイントを満たした業者に依頼すると安心です。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察や見積もりは無料
  • リーズナブルな料金システム
  • 都合のよい日時と場所で作業してもらえる
  • 回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 遺品供養や特殊清掃も依頼できる
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクル買取サービスでも、遺品整理の実績が豊富にあり、ご好評をいただいています。まずは、何なりとお問い合わせください。

Q.亡くなってから数年後に遺品整理するのでは遅過ぎる?
A.遺品整理を急ぐ必要がないのなら、数年後に行ってもよいでしょう。ただし、数年間保管し続けることになるため、遺品が傷んでしまう可能性があります。たとえば、遺品を買取してもらいたい場合などは、不利になることがあるので注意してください。

まとめ

今回は、遺品整理がつらい理由について詳しく解説しました。遺品整理は、大切な人が亡くなった後に行う、時間や手間が大幅にかかるなど、さまざまな理由でつらいと感じる人が多くいます。遺品整理のつらさを乗り越えるためには、悲しみと向き合ってみる、気分転換をしてみるなどの方法を試してみるとよいでしょう。また、ほかの人とつらい気持ちを共有する、ほかの人や業者の手を借りるなどの方法もあります。なお、遺品整理を業者に依頼すると、自分で作業するよりはるかに効率がよく、スムーズに片付けることができておすすめです。当リサイクル買取サービスでも、遺品整理をお受けした実績が豊富にあります。まずは、お気軽にお問い合わせください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休