京都市で冷蔵庫を処分するには? ゴミ区分や注意点も紹介!


「京都市で冷蔵庫を処分するにはどうすればよいのか?」「何ゴミとして出してよいのかわからない」とお困りではありませんか? 冷蔵庫は生活に欠かすことのできない家電です。故障や引っ越しなどで買い替えを検討されるときは、スムーズに買い替えができるよう、不要になった冷蔵庫の処分方法を確認しておく必要があります。

この記事では、京都市における冷蔵庫のゴミ区分や捨て方について詳しくご紹介しましょう。

  1. 京都市で冷蔵庫は何ゴミになるのか?
  2. 京都市で冷蔵庫を捨てる方法
  3. 京都市で冷蔵庫を処分する際の注意点
  4. 京都市での冷蔵庫処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫を粗大ゴミとして捨てることができない理由や、処分を依頼する業者の選び方などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.京都市で冷蔵庫は何ゴミになるのか?

まずは、京都市における冷蔵庫のゴミ区分について解説しましょう。

1-1.市での収集はしていない

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目であるため、京都市に限らず、自治体による収集はおこなっていません。粗大ゴミ扱いになると勘違いしている人も多いですが、粗大ゴミとして出そうとしても回収してもらえないので注意してください。また、京都市の場合はクリーンセンターへ直接持ち込むこともできません。

1-2.家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、家庭から出た廃家電に含まれる有用資源を再利用するとともに、ゴミの減量化を目指すために作られた法律です。冷蔵庫のほかに、テレビ・エアコン・洗濯機が対象になります。この4品目は販売店による回収とメーカーによるリサイクルが義務づけられているのです。消費者はリサイクル料金を支払って冷蔵庫を販売店に引き渡す必要があります。

1-3.業務用の冷蔵庫は産業廃棄物として処分する

店舗や事務所などで使用されていた業務用の冷蔵庫は、産業廃棄物として処分しなければなりません。家庭用冷蔵庫と同じ方法で処分することはできないので注意してください。業務用冷蔵庫は、産業廃棄物収集運搬の許可を受けた専門業者に依頼して回収してもらいます。

2.京都市で冷蔵庫を捨てる方法

京都市で冷蔵庫を捨てる方法には、以下のようなものがあります。

2-1.家電量販店に引き取ってもらう

買い替えの場合は、新しい冷蔵庫を購入する家電量販店にリサイクル料金と収集運搬料金を支払って古い冷蔵庫を引き取ってもらいましょう。買い替えずに処分だけしたい場合は、その冷蔵庫を購入した家電量販店に引き取りを依頼してください。購入した販売店がわからない場合やすでに閉店してしまっている場合は、近くの家電量販店に依頼して引き取ってもらうことが可能です。京都市で冷蔵庫の引き取りに対応している家電量販店は、こちらからチェックしておくとよいでしょう。

2-2.指定引取場所へ持ち込む

事前に郵便局でリサイクル料金を振り込み、指定引取場所へ冷蔵庫を持ち込む方法もあります。京都市周辺の指定引取場所は下記を参考にしてください。

  • 嶋崎運送(株):京都市伏見区横大路六反畑57-4
  • 日本通運(株) 京都支店洛南物流センター:京都市南区上鳥羽城ヶ前町57-63
  • 美山運輸(株):京都市南区吉祥院石原堂ノ後町43
  • (株)ファーストライン:福知山市字土小字論所1番地2

2-3.不用品回収業者に依頼する

廃棄物収集運搬業や古物商の許可を取得している不用品回収業者に依頼する方法もあります。引っ越しなどで冷蔵庫以外にも不用品が多数出たときにおすすめです。出張回収を利用すれば自宅まで回収に来てもらえるため、手間をかけることなく不用品をまとめて処分できます。買取サービスをおこなっている業者に依頼すれば状態のよい冷蔵庫は買取してもらえる可能性もあるでしょう。

3.京都市で冷蔵庫を処分する際の注意点

京都市で冷蔵庫を処分する際には、以下の点に注意しましょう。

3-1.買取対象にならないか確認する

冷蔵庫の状態によっては買取対象になることもあるため、捨てる前によく確認しておくとよいでしょう。国内大手メーカーの冷蔵庫で製造から5年以内のもの・故障や不具合がないもの・傷や汚れが目立たないものであれば買取してもらえる可能性があります。複数の業者に無料査定を依頼し、比較してみるのがおすすめです。

3-2.業者選びに気をつける

不用品回収業者を利用する場合は、業者選びに十分注意してください。廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ずに営業している違法業者も存在しています。そのような業者を利用して、高額な料金をだまし取られた例や、不用品を不法投棄された例も数多く報告されているのです。業者を選ぶ際には、許可の有無以外にも以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • 口コミの評判はよいか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

3-3.搬出前の準備を確認しておく

冷蔵庫を搬出するにあたって事前に準備しておくことがあるので手順を確認しておきましょう。まず、搬出の前日には冷蔵庫のコンセントを抜き、必要に応じて霜取りをおこなってください。水受けタンクにたまっている水を捨て、運び出す際に水浸しにならないようにしておきましょう。

4.京都市での冷蔵庫処分に関するよくある質問

「京都市で冷蔵庫を処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.冷蔵庫の寿命はどのくらいでしょうか?
A.扉の開閉頻度やメンテナンスの仕方にもよりますが、9~13年が平均寿命といわれています。部品の保有期間を製造打ち切り後9年としているメーカーが多いため、製造打ち切り後9年以上たった冷蔵庫は故障しても修理することが困難です。

Q.ホームセンターでも冷蔵庫の引き取りをおこなっていますか?
A.京都市には冷蔵庫の引き取りをおこなっているホームセンターもあるので探してみるとよいでしょう。

Q.冷蔵庫の買取相場はいくらぐらいですか?
A.メーカーや状態にもよりますが、ファミリータイプの冷蔵庫だと1年落ちで20,000~50,000円、3年落ちで5,000~25,000円程度といわれています。

Q.冷蔵庫を少しでも高く買取してもらうためのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえて買取に出しましょう。引っ越しシーズンの直前だと家電の買取を強化する買取業者が増えるため、タイミングを見極めることも重要です。

Q.悪質な不用品回収業者がよくやる手口にはどのようなものがありますか?
A.突然訪問してきて不用品の回収や買取を迫る手口が多いので気をつけてください。

まとめ

京都市で冷蔵庫を捨てる方法や処分する際の注意点などを詳しくご紹介しました。京都市で冷蔵庫の回収・買取を依頼したいなら、リサイクル買取サービスに依頼するのがおすすめです。他店よりも高価買取・格安回収が可能なので安心して依頼できるでしょう。24時間年中無休で無料見積もりに対応しているため、ぜひご依頼ください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休