ベビーカーを処分する方法は? 簡単に捨てるコツと注意点を解説!


「不要になったベビーカーを処分したいけど、ゴミに出してもよい?」「ベビーカーを簡単に処分する方法を詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 子どもが小さなときには必要不可欠だったベビーカーも、子どもが成長すると途端に邪魔になってしまいますよね。しかし、不要になったベビーカーを処分したくても、自治体回収に何ゴミとして出すとよいか、そのほかにどんな方法があるかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、ベビーカーの処分について詳しく解説します。

  1. ベビーカーは何ゴミに分類される?
  2. 不要になったベビーカーの処分方法
  3. ベビーカーを処分するときの注意点
  4. ベビーカーの処分はリサイクル買取サービスに依頼しよう
  5. ベビーカーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったベビーカーを処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ベビーカーは何ゴミに分類される?

最初に、ベビーカーは自治体回収で何ゴミとして出すことができるか見ていきましょう。

1-1.そのまま出す場合は粗大ゴミ

ベビーカーをそのまま自治体回収に出す場合は、粗大ゴミに分類される自治体がほとんどです。多くの場合で、事前予約が必要となり有料での回収となります。たとえば、新宿区では1台400円で粗大ゴミとして処分可能です。ベビーカーを自治体に粗大ゴミとして収集してもらう流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡してベビーカーの収集を依頼する
  2. 自治体から受付番号・収集日時・収集場所・料金の指示を受ける
  3. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 粗大ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し、ベビーカーに貼り付ける
  5. 収集当日になったら収集場所へ指定時間より前にベビーカーを運んでおく
  6. 収集時間以降に自治体がベビーカーを収集して完了

なお、自分の車などで運搬できる場合は、自治体のゴミ処理場に直接持ち込んで処分してもらうことも可能です。より詳しい内容は、自治体のホームページなどで確認してください。

1-2.分解すれば可燃ゴミや不燃ゴミ

ベビーカーを規定のサイズ以内に分解できれば、自治体回収へ可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことができます。詳しくは、以下をご覧ください。

  • 布など焼却処分可能な素材:可燃ゴミ
  • 金属など焼却処分できない素材:不燃ゴミ

なお、自治体によって可燃ゴミや不燃ゴミとして処分できるサイズが異なります。また、指定ゴミ袋に入れて出すなど独自の収集ルールがある場合もあるため、確認してから出すことが必要です。

1-3.業務用ベビーカーは自治体回収に出せない

店舗やホテルなどで使用している業務用ベビーカーは、自治体回収にゴミとして出すことができません。業務用ベビーカーは、産業廃棄物扱いになるからです。そのため、業務用ベビーカーを処分したい場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼する必要があります。一般家庭用と偽って自治体回収に出したり、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼したりすると、廃棄物処理法違反と見なされることがあるので注意してください。

2.不要になったベビーカーの処分方法

不要になったベビーカーをゴミとして出す以外にどんな方法で処分できるか、詳しく解説します。

2-1.販売店の回収サービスを利用する

不要になったベビーカーは、販売店の回収サービスを利用して処分できることがあるので、確認してみるとよいでしょう。販売店では、自社の環境活動の一つとして、もしくは、新規購入を促すために不要になったベビーカーを回収していることがあります。販売店の回収サービスを利用できれば、買い替えと同時に不要になったベビーカーを処分できて便利です。なお、販売店によっては回収サービスだけで利用できない、一定金額以上もしくは指定メーカーのベビーカーを購入した人だけが利用できることなどがあるので注意しましょう。

2-2.知人や福祉施設に譲る

まだキレイで十分に使えるベビーカーは、知人や福祉施設に譲ることを考えてみましょう。たとえば、子どもが生まれたばかりもしくは子どもが生まれる予定がある知人や、乳幼児がいる福祉施設なら、喜んで譲り受けてもらえる可能性があります。譲り先が決まれば、ベビーカーを廃棄せずに済み、有効活用してもらえるでしょう。なお、福祉施設に譲る場合は、譲る側が配送手段を手配し、配送費用を負担するのが一般的です。

2-3.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったベビーカーは、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことも可能です。不用品回収業者では、ベビーカーを含むあらゆる不用品を回収し、再資源化・再販などによってリサイクルしています。不用品回収業者に依頼した場合、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、ベビーカー以外の不用品を同時に処分してもらえるなどの点がメリットです。なお、日時・場所指定でベビーカーを回収してもらう場合、1回数千円程度~の回収費用がかかります。

2-4.買取に出す

不要になったベビーカーでも、状態のよいものは買取してもらえることがあります。ベビーカーは、短期間だけ使用するものであり、中古品でも安く購入できるほうがよい考える人が多いため、安定した需要があるからです。ベビーカーを買取に出すには、以下のような方法があります。

  • ベビー用品専門買取ショップに売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマサイトに出品する

上記のいずれにもメリット・デメリットがあるので、よく比較して最もメリットが大きい方法を選ぶとよいでしょう。

3.ベビーカーを処分するときの注意点

ベビーカーを処分する際、どんな点に注意すべきか詳しく見ていきましょう。

3-1.譲ったり買取に出したりする場合は汚れを掃除する

ベビーカーを譲ったり買取に出したりする場合は、汚れをできるだけキレイに掃除しておきましょう。ベビーカーには、ホコリ・手あか・食品汚れなど、あらゆる汚れが付着しています。次の所有者が気持ちよく使うためにも、キレイにしておくことが必要です。買取に出す場合は、査定金額に大きく影響することも汚れをキレイに掃除するのがおすすめの理由になります。

3-2.個人情報が分かるものをすべて取り除く

ベビーカーを処分する場合は個人情報が分かるものをすべて取り除いておくことも必要です。たとえば、名前シールや写真シールなどが貼ってあるのなら、すべてはがしておきましょう。氏名・住所などを記入してある場合も、分からないように消したり塗り潰したりしてください。思わぬところで個人情報が流出し、トラブルの原因になることがあります。

3-3.メーカーのユーザー登録を解除する

メーカーのユーザー登録も、忘れずに解除してきましょう。ユーザー登録をしていると、ベビーカーを所有している間にサポート情報や新製品情報などの有益な情報が届き、とても便利です。しかし、処分後は不要な情報になります。それに、譲ったり買取に出したりした場合は、次の所有者が新たにユーザー登録するためにも、解除しておくことが大切です。

4.ベビーカーの処分はリサイクル買取サービスに依頼しよう

不要になったベビーカーは、リサイクル買取サービスに処分を依頼すると何かと便利でおすすめです。

4-1.ベビーカーの処分実績が豊富にある

リサイクル買取サービスでは、ベビーカーの処分実績が豊富にあります。あらゆるメーカー・機種の回収実績があるため、柔軟に対応してもらえるのがメリットです。大切なベビーカーの処分を依頼するには、信頼できる業者であることがポイントになります。その点、ベビーカーの処分で豊富な実績があるリサイクル買取サービスなら安心です。

4-2.見積もりは無料

見積もりは無料であることも、ベビーカーの処分をリサイクル買取サービスに依頼する大きなメリットです。一般的に、日時・場所指定でベビーカーを回収してもらう場合、ベビーカーの大きさや重さ、回収場所の立地条件などによって料金が大きく異なります。ベビーカー以外に処分したい不用品がある場合も、見積もりが必要です。このとき、見積もりが無料であれば、顧客が気軽に依頼できます。実際に見積もりから正式な契約につながりやすいことを考えると、賢い判断ができる業者といえるでしょう。

4-3.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

リサイクル買取サービスでは、分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあります。実際に見積もりで提示された金額から大きく変わることがないので、安心して依頼することが可能です。また、法外に高い費用を請求される心配がありません。スタッフ金額の内訳を分かりやすく説明してもらえるので、納得してから正式に依頼できるのがポイントです。

4-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

リサイクル買取サービスにベビーカーの処分を依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえるのでとても助かります。特に、仕事などで多忙な人にとっては、重宝することでしょう。また、ベビーカーは大きさや重さがあるので、運搬するのが大変だったり面倒だったりするものです。しかし、リサイクル買取サービスに依頼すれば、自分で運ぶ手間も労力もかかりません。

4-5.状態のよいものは買取してもらえる

まだキレイで十分に使えるベビーカーは買取してもらえることがあるのも、リサイクル買取サービスに処分を依頼するのがおすすめな理由です。たとえば、人気メーカー品、使用感が少ない、不具合や故障がない、購入時の付属品が揃っているといったものは、高価買取が期待できるでしょう。万が一買取不可になった場合でも、そのまま引取処分を依頼できて二度手間になりません。

4-6.回収後のベビーカーを適切な方法でリサイクルしてもらえる

リサイクル買取サービスでは、回収後のベビーカーを適切な方法でリサイクルしてもらえるのもメリットです。傷みや汚れなどで正常に使えないものは、パーツごとに分解して再生資源や再生燃料として活用してもらえます。また、まだ中古品として十分に使えるものは、再販して新たな持ち主を探してもらうことが可能です。ベビーカーを自治体回収に粗大ゴミとして出した場合は廃棄処分になるのが一般的と考えると、とても有意義といえます。

4-7.ベビーカー以外の不用品を同時に回収してもらえる

リサイクル買取サービスでは、ベビーカー以外の不用品を同時に回収してもらえます。そのほかにも処分したい不用品があったら、この機会にまとめて依頼するとよいでしょう。それぞれ依頼するより、手間と時間の節約になり、処分費用が安くなることがあります。なお、不用品の引取処分と買取を同時に依頼できる点でもおすすめです。

5.ベビーカーの処分に関するよくある質問

最後に、ベビーカーの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.破損したベビーカーを粗大ゴミに出す場合の注意点は?
A.運搬する際、破損した部分でケガをしないよう、古新聞紙やダンボール紙などで覆い、ビニールテープで固定しておきましょう。さらに、覆った上から「破損あり注意」と記入しておくと、収集スタッフにも分かりやすくて親切です。

Q.ベビーバスやベビーベッドも同時に処分したほうがよい?
A.ベビーバスやベビーベッドも不要であれば、同時に処分するとよいでしょう。それぞれ処分するより時間や手間がかからず、収納スペースにも早く余裕が出ます。

Q.思い出が詰まっていて処分するのに気が引けるのですが?
A.無理に処分すると後悔する可能性が高いので、一定期間保留しておくことがおすすめです。なお、収納スペースがなくて困っている場合は、トランクルームを借りる方法もあります。

Q.不用品回収業者なら土日の夜に回収してもらえる?
A.業者の営業時間内であれば、問題ありません。なお、業者によっては、オプション費用を上乗せすることで、土日の夜が営業時間外であっても対応してもらえることがあります。

Q.ほぼ未使用のベビーカーなのに業者の査定価格が低くなる理由は?
A.以下のような理由が考えられます。

  • 査定時に何らかのマイナスポイントが見つかった
  • 中古市場での需要が急激に下がった

いずれにしても、業者に査定理由を聞いてみることがおすすめです。査定理由によっては、相場と理解することも必要でしょう。

まとめ

今回は、ベビーカーの処分について詳しく解説しました。ベビーカーは多くの自治体で回収に粗大ゴミとして出すことができます。また、分解することで素材ごとに可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことも可能です。そのほかにも、知人や福祉施設に譲る、販売店の回収サービスを利用する、不用品回収業者に依頼するなど、さまざまな処分方法があります。また、状態のよいものについては、買取してもらえることもあるでしょう。なお、不要になったベビーカーの処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時・場所で回収してもらえるなど多くのメリットがありおすすめです。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休