遺品整理の大変さを解消したい方必見! 負担軽減のコツなどをご紹介


遺品整理は、故人の所有物をすべて仕分けて、片付ける作業です。必要品と不用品に仕分ける作業だけでなく、遺産相続協議などに備え、価値ある品を分別する作業も伴います。荷物の量が多いほど作業が困難になるため、肉体的負担も大きくなるのです。とはいえ、遺品整理が大変な理由は何か、負担を軽くするコツはないのかなど、分からない点も多くあるでしょう。遺品整理の大変さを解消したいと考えている方は、事前に知識を持っておくと安心です。

そこで、本記事では、遺品整理のコツや業者を利用する方法などについてご紹介します。

  1. 遺品整理が大変な理由とは?
  2. 遺品整理の負担を軽くするコツ
  3. 遺品整理業者に依頼したほうがいいケースとは?
  4. 遺品整理業者選びのポイント
  5. 遺品整理に関してよくある質問

遺品整理は、故人の死後に避けてとおれないものです。きちんとコツを押さえておき、労力の削減に役立てましょう。

1.遺品整理が大変な理由とは?

遺品整理はなぜ大変なのでしょうか? 理由を考えていきます。

1-1.時間がかかる

遺品整理は時間がかかるのが難点です。遺品を1つずつ仕分け、必要品と不用品に分類していく作業は、大変な労力を費やします。作業できる人手を確保できないと、時間はより一層かかるでしょう。

1-2.肉体的負担が大きい

遺品整理は、肉体的負担が大きいのも大変さを感じるポイントです。荷物の運搬・撤去・仕分けなど、すべてに労力を費やすことになります。大量に出た不用品の処分は、特に悩ましい問題です。

1-3.ものの量が多すぎる

ものの量が多すぎるのも、遺品整理が大変に感じる部分です。整理整頓に費やすのに思考が複雑になっていき、精神的負担も大きくなります。

1-4.遠方に住んでいる

近年では少子高齢化が進み、高齢者の一人暮らしが増えています。遠方にある親の家まで頻繁に足を運ぶことが難しく、遺品整理のために休暇を取る必要がある場合などは、大変さを感じることが多いでしょう。

1-5.親族間のトラブルが起こりやすい

遺品の中には遺産相続に関わる品もあるため、親族間のトラブルが起こりやすいのも難点です。親族間で事前にしっかり話し合っておくなど、揉(も)め事を回避する対策を整えておきましょう。

2.遺品整理の負担を軽くするコツ

遺品整理の負担を軽くするためには、どのようなポイントを押さえておけばいいのでしょうか? コツをご紹介します。

2-1.大きなものから始める

遺品整理をする際は、最初に大きなものを整理するといいでしょう。家具や家電は場所を取っても、中古だと買取対象になりにくいものです。先に処分してしまえば、遺品整理をスムーズに進めやすくなります。

2-2.人手を確保する

遺品整理は膨大な量の荷物を整理整頓し、処分する作業となります。人手をできるだけ確保し、遺品整理にかける日数を減らすことが、負担を軽減するコツです。親族一同が集まり、作業に当たりましょう。

2-3.種類ごとに仕分ける

遺品にはさまざまな種類のものがあります。雑多にものがあふれた状態では、作業が思うように進みません。まず、種類ごとに仕分けをすれば、作業を速やかに終えることができるでしょう。

3.遺品整理業者に依頼したほうがいいケースとは?

遺品整理業者を活用する方法が便利です。どのような場合に業者へ依頼したほうがいいのでしょうか? 具体例をご紹介します。

3-1.荷物の量が多すぎて対処できない場合

荷物の量が多すぎて、自分では対処できない状態にあるなら、遺品整理業者へ依頼したほうがいいでしょう。荷物が多すぎると、仕分けや整理整頓を終えるまでに長い時間をかけることになります。遺品整理を終える目処(めど)が立たず、家の明け渡しなどにも支障が出ることになるのです。遺品整理業者に依頼すれば、迅速に処理してくれるでしょう。

3-2.急いで遺品整理を終えたい場合

遺品整理は時間がかかる作業です。急いで遺品整理を終えたい場合は、業者に依頼するといいでしょう。見積もりから作業完了まで数日で終わります。家の明け渡しなど期限が限られている場合にもおすすめです。

3-3.不用品の処分で手間取る場合

遺品整理をした後は、大型製品や雑貨などさまざまな不用品が出ます。不用品の処分で手間取るようであれば、遺品整理業者へ依頼したほうがいいでしょう。遺品整理業者は、遺品整理から不用品の片付けまで一括で請け負ってくれます。時間短縮や労力の削減に役立つでしょう。

4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理業者はどのように選べばいいのでしょうか? 業者選びのポイントをご紹介します。

4-1.実績が豊富であること

遺品整理は、片付けや不用品の処分をする作業を淡々と行うわけではありません。故人を偲(しの)び、弔う気持ちを込めて行うのがポイントです。そのため、遺品整理の実績が豊富な業者を選び、過去の経験に基づき、丁寧な作業をしてくれることを確かめて依頼しましょう。

4-2.遺品整理士の有資格者が常駐している

遺品整理士の有資格者が常駐している業者は、より丁寧な作業をしてくれることが期待できるでしょう。遺品整理士は故人を偲び、遺品を大切に扱ってくれるため、安心して依頼することができます。業者のホームページなどを閲覧し、遺品整理士がいるかどうか確かめておきましょう。

4-3.料金体系が明確

料金体系が明確な業者は、追加料金の発生などを心配することなく、安心して依頼できるのがメリットです。複数の業者から見積もりを取り、内訳や作業内容をチェックしておきましょう。

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を集めました。

Q.相続を放棄する場合、遺品整理をしてもいいのか?
A.いいえ、相続放棄をした場合は、遺品整理ができないことになっています。むやみに処分したり、売却したりするのを防ぐためです。

Q.遺品整理をする際、必要品と不用品の仕分けをする基準はあるのか?
A.資産価値の有無などを基準にするといいでしょう。思い出の品を選別する場合、感傷に浸っていると時間ばかり過ぎていきます。ある程度は直感を大切に仕分けを進めましょう。

Q.遺品整理の途中で大変さを感じ、業者にお願いすることはできるのか?
A.はい、できます。とはいえ、すでに仕分けを終えたものは別に保管しておき、手をつけていないものに関して遺品整理をお願いすると、費用を抑えることができるでしょう。

Q.遺品整理業者と不用品回収業者は異なるのか?
A.はい、異なります。不用品回収業者は、ゴミなどの不用品を回収して処分する業者で、遺品整理に関するノウハウを持っていません。一方、遺品整理業者は遺品整理のプロであるため、丁寧で迅速な遺品整理ができるのです。

Q.遺品整理は、家の中にあるものを全部整理しなければならないのか?
A.はい、そうです。家の中にあるものを仕分けて整理し、いつでも明け渡しができる状態にしなければなりません。遺産相続に備え、不動産資産として売却するケースもあるでしょう。家の中を空っぽにし、いつでも売却や明け渡しができる状態にしておくのが理想です。

まとめ

遺品整理は、膨大な荷物を仕分けて整理するため、肉体的負担や精神的負担がかかる作業で、何かと大変さを感じるものです。遺品整理の負担を軽減するコツや業者を活用したほうがいいケースなどを知っておき、遺品整理を楽に終えられるようにしておきましょう。信頼できる業者の選び方も覚えておくと安心です。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休