衣類乾燥機を正しく処分する方法や買取に出す方法などを詳しくご紹介


衣類乾燥機が不要になっても、捨て方が分からなくて困ることがあります。というのは、衣類乾燥機が家電リサイクル法の対象品目であるためです。衣類乾燥機の正しく処分するにはどうすべきか、簡単に処分する方法はないのかなど、衣類乾燥機の処分に関する疑問が出てくるでしょう。衣類乾燥機の処分を検討している方は、処分方法や買取に出す方法などを覚えておいてください。

  1. 衣類乾燥機は粗大ゴミとして出すことができない
  2. 衣類乾燥機の処分方法
  3. 衣類乾燥機を買取に出す方法
  4. 衣類乾燥機の処分や買取でよくある質問

衣類乾燥機の処分時は、リサイクル料金や収集運搬費用などがかかります。処分費用を削減したい方は、買取に出すことも検討してみましょう。

1.衣類乾燥機は粗大ゴミとして出すことができない

衣類乾燥機は粗大ゴミとして出すことができません。なぜ粗大ゴミに該当しないのか、理由を考えていきましょう。

1-1.家電リサイクル法の対象品目であるため

家電リサイクル法の対象品目は、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・衣類乾燥機となっています。ガス衣類乾燥機も同様です。対象品目は、法律に基づき、リサイクル回収に出すことが求められます。リサイクル回収が義務とされているため、粗大ゴミとして出すことができません。

1-2.リサイクル回収後に資源として再利用する

家電リサイクル法の対象品目は、リサイクル回収後に資源として再利用されます。内部に貴重な金属資源が含まれているためです。金属資源は、新たに採掘すると環境破壊が起こります。環境保全の観点から、リサイクルすることが重要視されているのです。

2.衣類乾燥機の処分方法

衣類乾燥機は、どのように処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

2-1.購入した店舗に引き取ってもらう

購入した店舗に依頼し、衣類乾燥機を引き取ってもらう方法があります。店頭でリサイクル回収の手続きをし、リサイクル料金と収集運搬費用の支払いを行いましょう。ただし、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターに加盟していない店舗では、リサイクル回収の受付ができないので注意してください。

2-2.指定引取場所へ持ち込む

衣類乾燥機を指定引取場所へ持ち込み、処分してもらう方法も検討してみましょう。指定引取場所とは、メーカーが指定する施設で、各都道府県にあります。指定引取場所へ持ち込む場合は、収集運搬費用を支払う必要はありません。リサイクル料金の負担だけで済むため、処分費用を抑えられるでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、家電リサイクル法対象品目の引き取りも行っています。迅速に対応してもらえ、即日回収も可能です。ただし、衣類乾燥機1台あたり数千円程度かかり、出張費用なども加算されることから、ほかの方法に比べて割高になる傾向があるでしょう。無料見積もりで費用などを確認し、業者を比較することが大切です。

2-4.無料回収業者を利用する

家電などの回収を無料で行う業者を利用する方法があります。宅配回収が基本であるため、衣類乾燥機を業者へ発送する際に、こん包などの手間はかかるでしょう。また、業者では、送料無料対象品目を設定しています。衣類乾燥機が送料無料の条件に該当するか、きちんと確認してから利用してください。

3.衣類乾燥機を買取に出す方法

まだ使える衣類乾燥機は、買取に出すことも考えてみましょう。買取対象となるものの特徴や買取先などについて解説します。

3-1.買取対象となるもの

買取対象となる衣類乾燥機は、製造から5年以内と高年式のものが中心です。また、国内有名メーカーのものが買取では好まれる傾向が高いでしょう。衣類洗濯機は衛生面が重視される製品です。そのため、傷・汚れ・臭いなどがない美品ほど、高値で買取となる可能性があります。

3-2.リサイクルショップ

近隣のリサイクルショップへ買取を依頼する方法があります。リサイクルショップは家具や家電などを取り扱っているものの、査定基準が厳しいのが特徴です。また、査定を受ける際は、衣類乾燥機の持ち込みを要します。運搬手段がない場合は、利用しにくい方法です。

3-3.不用品回収業者では買取も行っている

不用品回収業者では、衣類乾燥機の処分以外に、状態が良好なものは買取にも応じてくれるのが特徴です。無料見積もりの際に、買取可能か確認してみましょう。1回の訪問で処分・買取の判断をしてもらえるため、時間を大幅に削減できる方法です。不用品回収業者は自社でリユースするルートなどを確保していることから、リサイクルショップより高値での買取となるケースがあります。

3-4.下取りに出す

買い替えに伴う処分であれば、販売店へ下取りを依頼する方法があります。下取り対象となるかは、各店舗へ確認してください。買い替えキャンペーンなどを行っている店舗では、下取りに応じてもらえる場合があるでしょう。下取り価格は、買取に出すより低くなる傾向があります。しかし、購入と処分が同時にできるため、時間的制約がある場合におすすめの方法です。

4.衣類乾燥機の処分や買取でよくある質問

衣類乾燥機の処分や買取に関する質問を集めました。

Q.ノンブランドの衣類乾燥機は買取対象外なのか?
A.必ずしも、買取不可になるとは限りません。未使用品や製造から3年以内と高年式であれば、買取対象となる可能性があるでしょう。しかし、国内有名メーカーのものより大幅に買取価格が下がります。複数の業者で査定を受け、買取価格を比べてみてください。

Q.衣類乾燥機を最高値で買取してくれる業者を探す方法は?
A.買取価格は、業者によって査定基準が異なるため、差が生じるものです。少なくとも3〜4社から見積もりを出してもらいましょう。買取価格を比較すると、最高値の業者を見つけることができます。

Q.家電リサイクル法を無視し、粗大ゴミとして出した場合はどうなるのか?
A.自治体では衣類乾燥機を回収できないため、ゴミステーションに残ってしまいます。近隣に迷惑をかけるだけでなく、不法投棄などの罪に問われる可能性が高いのです。法律を守り、適切にリサイクル回収へ出しましょう。

Q.衣類乾燥機以外にも処分したいものがある場合は?
A.不用品回収業者に依頼しましょう。不用品回収業者では、まとめて不用品を処分するとお得になる定額料金プランを用意しています。ほかにも処分したいものがある場合、定額料金プランを利用すれば、処分費用を大幅に節約できるでしょう。料金プランについては、各業者へ問い合わせてください。

Q.衣類乾燥機を指定引取場所へ持ち込む際の注意点は?
A.衣類乾燥機は重量があるため、運搬時の落下やケガに注意しましょう。人手が確保が難しい・運搬手段が確保できない場合は、持ち込むより収集運搬費用を支払い、回収してもらったほうが安心です。思わぬ事故を防ぐためにも、無理に持ち込もうとしないでください。

まとめ

衣類乾燥機は、自治体で回収することができません。家電リサイクル法が関連しているためです。衣類乾燥機は家電リサイクル法に基づき、リサイクル回収に出すことが義務とされています。衣類乾燥機の正しい処分方法を理解しておき、処分時に困らないようにしておきましょう。まだ使える衣類乾燥機は、買取に出すことも検討してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休