DVDプレーヤーの処分方法は? 注意点や回収業者に依頼する方法も解説


要らなくなったDVDプレーヤーを処分したいけれど方法が分からずに、そのまま放置している方が多いのではないでしょうか。DVDプレーヤーの処分方法は、主に自治体回収で処分する方法と、リサイクルする方法の2つがあります。それぞれの特徴やメリットをきちんと把握することで、スピーディーに捨てることができるでしょう。

本記事では、DVDプレーヤーを処分する方法を解説します。

  1. DVDプレーヤーは何ゴミに分類されるのか?
  2. DVDプレーヤーを処分する前の注意点
  3. DVDプレーヤーを自治体の回収に出す方法
  4. 自治体以外でDVDプレーヤーを処分する方法
  5. DVDプレーヤーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、DVDプレーヤーを処分する際の注意点なども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.DVDプレーヤーは何ゴミに分類されるのか?

最初に、DVDプレーヤーは何ゴミに分類されるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱いに

自治体によってゴミの分類は異なりますが、ほとんどの地域では粗大ゴミ扱いとなっています。一辺が30cm以上のものは、粗大ゴミになるケースがほとんどでしょう。念のため、自治体のホームページや掲示板等で何ゴミに分類されているかチェックしてください。なお、粗大ゴミの場合は、燃えるゴミや燃えないゴミとは異なる処分方法となります。いつもと同じゴミ捨て場に持っていっても回収してもらえないので注意が必要です。

1-2.小型家電リサイクル法の対象品目になるケースも

自治体の中には、DVDプレーヤーが小型家電リサイクル法の対象品目になるケースもあります。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれている貴重な資源をリサイクルすることが目的です。DVDプレーヤーのほかに、電子辞書・スマートフォン・タブレット端末・ゲーム機などが対象となります。小型家電リサイクル法の対象になっているか、自治体のホームページ等で確認してください。

2.DVDプレーヤーを処分する前の注意点

ここでは、DVDプレーヤーを処分する前の注意点を解説します。

2-1.データを削除してから処分する

DVDプレーヤーのハードディスクやメモリーには、番組購入履歴や各種機能設定時のIPアドレス・利用者が入力した個人情報などが記録されています。これらのデータをきちんと消去してから処分しなければなりません。個人情報が含まれているデータを消さずに処分してしまうと、流出してしまい悪用される恐れがあります。実際に、多くのメーカーが処分時の個人情報データ削除を推奨しているほどです。手元に取扱説明書があれば、よく読み必ずデータを消去してください。取扱説明書がない場合は、メーカーのホームページをチェックしてみるといいでしょう。

2-2.SDカードやDVDが入ったままになっていないか

DVDプレーヤーを処分する前に、SDカードが挿さったままになっていないか・DVDが入ったままになっていないか確認することも大切です。よくあることですが、DVDを入れたまま処分してしまう人がいます。そのDVDの中に個人情報が含まれていれば、処分時に情報が流出してしまうリスクが高くなるでしょう。また、捨ててしまったSDカードやDVDは2度と手元に戻ってきません。後悔しないためにも、処分前にSDカードやDVDが入っていないか必ず確認してください。

2-3.動作確認をする

処分前に、DVDプレーヤーが正常に動くかどうか動作確認をすることも大切なポイントです。問題なく正常に稼働できる状態であれば、買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらえるかもしれません。粗大ゴミとして処分するとお金がかかってしまいますが、買い取ってもらうことができれば費用をかけずに処分できるので一石二鳥です。無駄な費用を出さないためにも、事前に動作確認を行ってください。要らなくなったから捨てるのではなく、まずはリサイクルを検討することが大切です。

3.DVDプレーヤーを自治体の回収に出す方法

それでは、DVDプレーヤーを自治体の回収に出す方法を解説します。

3-1.粗大ゴミとして処分する場合

DVDプレーヤーを粗大ゴミとして処分する場合、自治体によって事前の申し込みが必要になるケースがあります。インターネットや電話などで事前に申し込みをしなければ回収してもらえないので注意が必要です。申し込みから処分までの大まかな流れは以下を参考にしてください。

  1. インターネットや電話などで事前申し込みをする
  2. 粗大ゴミ処理券(シール)をコンビニやスーパーで購入する
  3. シールを粗大ゴミの目立つ場所に貼りつける
  4. 指定された回収場所に指定時間まで待ち運ぶ

申し込みの際に、回収指定場所と日時が案内されるので、忘れないようにメモしておきましょう。また、自治体によって費用は異なりますが、DVDプレーヤーの処分費用は200~500円程度です。DVDプレーヤーの処分費用がいくらかかるのか、自治体のホームページで確認してください。

3-2.小型家電リサイクル法に基づく処分方法

DVDプレーヤーが小型家電リサイクル法の対象品目になっている場合、粗大ゴミとは異なる方法で処分することになります。一般的に、公共施設や家電量販店に設置されている小型家電回収ボックスへ投かんするという形です。小型家電回収ボックスに投かんするだけで処分できるため、処分費用はかかりません。けれども、DVDプレーヤーが投かん口に入らないケースもあります。入らない場合は処分できないので、ほかの方法で処分するか、自治体に問い合わせてください。なお、小型家電回収ボックスの設置場所は、小型家電リサイクル回収ポータルサイトで検索できます。

3-3.燃えないゴミとして処分することも

自治体の中には、DVDプレーヤーを燃えないゴミとして扱っているところもあります。燃えないゴミとして処分する場合は、指定された袋に入れてゴミ捨て場に持っていくだけでOKです。粗大ゴミとして処分するよりも、素早く楽に捨てることができるでしょう。中には、DVDプレーヤーを分解して燃えないゴミとして処分しようとする人がいますが、分解は素人が行うには困難です。逆に、手をケガしてしまう恐れがあるため、無理をして分解しないようにしてください。

4.自治体以外でDVDプレーヤーを処分する方法

ここでは、自治体以外でDVDプレーヤーを処分する方法について説明します。

4-1.不用品回収業者に依頼する

自治体以外で処分する方法としては、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者は、さまざまなジャンルの商品を扱っているのでDVDプレーヤーだけでなく、あらゆる不用品をまとめて捨てることが可能です。ほかにも処分したい不用品がある・自治体で処分しにくいものを捨てたいという方は、不用品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるため、買取と回収が同時に利用できます。たとえ、買取不可になったとしても処分してもらえるでしょう。

4-2.買い換えの場合は購入店に回収してもらう

新しいDVDプレーヤーの購入を検討している方は、購入店に回収してもらう方法もあります。多くの販売店や家電量販店では、購入者の方限定で古い家電の回収を行っているでしょう。購入を検討していない方にも、古い家電の回収を行っている可能性があるので事前に確認してみてください。購入と処分が同時にできれば、手間と時間もかかりません。ただし、処分費用を請求するところもあるので注意が必要です。

4-3.欲しがっている人に譲る方法も

できるだけ処分費用をかけたくない方は、周囲にDVDプレーヤーを欲しがっている人がいないか確認してみてください。もしかすると、DVDプレーヤーを欲しがっている人がいるかもしれません。特に、新生活を始める社会人や学生は、家具や家電にお金をかけたくない気持ちが強いので使えるものはもらってくれる可能性があります。欲しがっている人に譲ることができれば処分費用はかかりませんし、楽な気持ちで手放せるでしょう。

4-4.買取業者やリサイクルショップで買い取ってもらう

問題なく使うことができる状態であれば、買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。まだ使えるのに捨てるのはもったいない……と躊躇(ちゅうちょ)している方は、1度無料査定を依頼してみてください。特に、発売されたばかりの国産メーカーは高価買取が期待できるでしょう。あくまで目安となりますが、700~10,000円がDVDプレーヤーの買取相場となっています。VHSと一体型のDVDプレーヤーは、買取額が30,000円になることもあるほど中古市場での需要が高めです。買取相場を知りたいときは複数の業者に無料査定を依頼するか、買取業者のホームページで実績を確認するといいでしょう。

5.DVDプレーヤーの処分に関してよくある質問

DVDプレーヤーの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.自治体回収で処分するメリットとデメリットは?
A.自治体で処分する大きなメリットは、低費用で捨てることができる点です。不用品回収業者に依頼すると数千円の費用がかかりますが、自治体回収の場合は数百円で済むでしょう。また、公共団体が処分してくれるという安心感もあります。ただし、回収指定日や回収場所が決まっているため、すぐに処分できなかったり、自分で運ばなければならなかったりする点がデメリットです。早く処分したい・自分で運ぶことができないという方は、自治体以外の方法で処分したほうがいいかもしれません。

Q.高価買取のコツは?
A.DVDプレーヤーを高く売りたい方は、取扱説明書やリモコンといった付属品をそろえてください。付属品がすべてそろっているだけでも数千円も買取額がアップする可能性があります。買取業者の中には、付属品がないと買取不可になるところもあるので注意してください。また、ホコリや汚れなどをきれいに拭き取ることも大切です。できるだけ購入時の状態にして売却することが、高価買取につながります。

Q.自分で売る方法は?
A.ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。登録すれば自分の希望額で出品できるため、全国から買い手を見つけることができるでしょう。特に、発売されたばかりの高機能型DVDプレーヤーは、ネットオークションやフリマアプリで買い手がつきやすい傾向があります。ただし、落札されたら自分でこん包し、相手に送らなければなりません。手間と時間がかかることを踏まえた上で利用しましょう。

Q.回収業者選びのポイントは?
A.どの回収業者に依頼すればいいのか分からず悩んでいる方は、以下のポイントを参考にして選んでみてください。

  • 回収・買取実績があるか
  • さまざまな回収方法から選択できるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 回収だけでなく買取も行っているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

また、複数の業者を比較することも大切です。複数の業者を比較することで、それぞれの良しあしが分かりやすくなります。

Q.おすすめの回収業者は?
A.不用品の回収と買取を行っているリサイクル買取サービスがおすすめです。京都・滋賀を中心にサービスを展開しており、不用品の買取と回収実績があります。他店の見積額よりも高価買取・格安回収を目指しているため、1度無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。些細(ささい)なお悩みも相談にのっています。DVDプレーヤーの処分や買取で悩んでいる方もぜひご相談ください。

まとめ

DVDプレーヤーは、ほとんどの自治体で粗大ゴミ扱いとなっています。粗大ゴミとして処分する場合は、回収日や回収指定場所が決まっていたり、事前の申し込みが必要だったりするので注意してくださいね。また、自治体以外の処分方法としては、不用品回収業者に依頼する方法があります。回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるのでぜひチェックしてみてください。回収と買取が同時に利用できれば、買取不可になったとしてもすぐに回収してもらえるのでスピーディーに手放すことができます。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休