洗濯機を売りたい人は必見! 高く買取してもらう方法やコツを伝授!


「洗濯機を買い替えるので古いものを売りたいけど、どこに依頼できるのだろう」「洗濯機をできるだけ高く売るコツを知りたい」とお考えではありませんか? せっかく売るのなら、なるべく簡単な方法で高く売りたいですよね。そのためにも、どんな洗濯機が高く売れるのか、買取に出す前に確認すべきポイントは何かなど、よく理解しておくことをおすすめします。

そこで今回は、洗濯機を売りたいときに役立つことを詳しく解説しましょう。

  1. 洗濯機を高く売りたい人が押さえるべきこと
  2. 洗濯機の買取相場
  3. 買取対象にならない洗濯機の特徴は?
  4. 洗濯機を買取に出す前に確認すべきポイント
  5. 洗濯機を買取に出す方法
  6. 洗濯機の買取業者を選ぶポイント
  7. 買取対象にならなかった洗濯機の処分方法
  8. 洗濯機を売りたいときによくある質問

この記事を読むことで、洗濯機を売りたいときに押さえておくべきポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.洗濯機を高く売りたい人が押さえるべきこと

最初に、洗濯機を高く売りたい人が押さえるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

1-1.汚れをキレイにクリーニングしておく

洗濯機を高く売りたいのなら、汚れをキレイにクリーニングしておくことが鉄則です。洗濯機は、洗濯物をキレイにするための家電なので、汚れていると大きなマイナスポイントになります。洗濯機の外観だけでなく、洗濯槽の汚れもきちんとクリーニングしておきましょう。汚れをキレイにしておくことで、業者がクリーニングする手間が省け、査定時の印象もよくなることから、査定金額のアップが期待できます。

1-2.購入時の付属品をそろえておく

購入時の付属品を探して、できるだけそろえておきましょう。付属品がそろっているほど、高く買取してもらいやすくなります。洗濯機の主な付属品は、以下を参考にしてください。

  • ゴミ取りネット
  • 排水ホース
  • 風呂水くみ上げ用ポンプ
  • 使用説明書
  • 保証書

なお、洗濯機の種類によって付属品の内容が異なります。詳しくは、使用説明書やメーカーのホームページなどで確認してください。

1-3.不要になった時点ですぐ買取に出す

洗濯機を高く売るためにも、不要になった時点ですぐ買取に出しましょう。新製品が発売になるたびに、旧機種の需要はどんどんなくなり、査定金額が下がってしまうからです。また、特に使わなくても、日にちが経過するほど内部部品が劣化し、査定金額が下がる原因になります。不要になった洗濯機を置いておいても邪魔になるだけなので、早めに買取してもらいましょう。

1-4.大体の買取相場をチェックしておく

洗濯機を買取に出す前に、大体の買取相場をチェックしておくこともおすすめです。メーカーや機種、状態によって買取相場が随分と異なることが分かります。自分が売りたい機種の買取相場を把握しておけば、業者が不当に安い査定金額を提示してきた場合にも、抗議することが可能です。なお、主なメーカー品の買取相場については、この記事の「2.洗濯機の買取相場」も参考にしてください。

2.洗濯機の買取相場

洗濯機の買取相場を、主なメーカー4つについて詳しく見ていきましょう。

2-1.パナソニック

パナソニックは、ファミリー向けの人気家電メーカーとして、「エコナビ」機能を搭載した高性能な洗濯機を多数取りそろえています。ドラム式・縦型共にスタイリッシュなデザインで人気が高いのが特徴です。パナソニックの洗濯機は、2,000~50,000円程度が買取相場になります。

  • NA-SVX890L:10,000~60,000円程度
  • NA-VX3800L:7,000~50,000円程度

2-2.日立

日立の洗濯機は、独自の「ビートウォッシュ」機能を搭載し高い洗浄力が魅力です。人気アイドルグループによる宣伝でも高い知名度があり、状態によいものは高値で取り引きされることも多く見られます。日立の洗濯機の買取相場は、2,000~70,000円程度です。

  • BD-SV110AL:10,000~55,000円程度
  • BD-V3700:3,000~10,000円程度

2-3.シャープ

シャープは、リーズナブルな普及モデルから高機能・高性能モデルまで幅広い人気があります。「穴なし槽」搭載の縦型洗濯機など、独自の目線で開発するメーカーとして知られており、指名買いをする顧客も多いのが特徴です。シャープの洗濯機の買取相場は、3,000~90,000円程度になります。

  • ES-H10:5,000~40,000円程度
  • ES-P110:10,000~70,000円程度

2-4.東芝

東芝の洗濯機は、2,000~80,000円程度が買取相場です。主力のZABOONシリーズでは、ドラム式・縦型それぞれのタイプで、幅広いニーズに合わせたラインナップがそろっています。独自の「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」搭載で、汚れ落ちがよく仕上がりが美しいのも好評です。

  • TW-117X5:9,000~60,000円程度
  • TW-96A3:3,000~28,000円程度

3.買取対象にならない洗濯機の特徴は?

買取対象にならない洗濯機の特徴を確認しておきましょう。

3-1.不具合や故障がある

不具合や故障がある洗濯機は、買取対象外です。業者で買取した後は、簡単なクリーニングと調整をしてから中古洗濯機として販売されます。したがって、不具合や故障があると買い手が付かず、困ってしまうからです。人気機種で簡単な修理により直る可能性があるものなら買取になることもありますが、自社の修理工場を持っているなど、ごく一部の業者に限られるでしょう。

3-2.汚れや破損・ひどい臭いがある

汚れや破損、ひどい臭いがある洗濯機も買取してもらえません。洗濯機は、衣類の汚れを落とすための家電であるため、汚れがあるものは敬遠されるからです。また、ひどい臭いがあるものも同様になります。破損については直接洗濯機の機能に影響がないものでも、取り扱いが雑だった印象を与えることから、中古市場で引き合いがありません。

3-3.主要付属品が欠品している

主要付属品が欠品している場合も、買取してもらうのが難しいでしょう。特に、特殊な形状の排水ホースが欠品していて、メーカーにも在庫がないケースなどです。主要付属品の欠品により、洗濯機が正常に使用できないのでは困ります。主要付属品がそろっていても、破損などにより使いものにならない場合も同様です。

3-4.年式が古い

年式が古い洗濯機も、買取対象外になるでしょう。年式が古い洗濯機は、最新式の洗濯機と比較して、性能・機能共に大きく見劣りするため、中古市場での需要が少ないのが現状です。また、年式が古い時点で、使用感が少なくても内部部品の劣化が進んでいることが想定でます。メーカーに保守用部品の在庫がない可能性も高いことから、買取してもらうのが難しいのです。

3-5.無名メーカー品

無名メーカー品の洗濯機も、買取不可となることが多いでしょう。中古市場では、圧倒的に人気メーカー品に引き合いが集中しており、無名メーカー品は不利になるからです。不明メーカー品は状態のよい洗濯機でも想定以上に安い価格で取り引きされることが多く、買取しても業者の利益が少なくなってしまいます。ただし、業者によっては、無名メーカー品でもほぼ新品のものなどは買取対象となることがあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。

4.洗濯機を買取に出す前に確認すべきポイント

洗濯機を買取に出す前に確認すべきポイントをご紹介します。

4-1.いつまでに買取してもらいたいか

洗濯機をいつまでに買取してもらいか、確認しておきましょう。いつまでに買取してもらいたいかによって、適する買取方法が異なります。たとえば、引っ越し日が決まっている場合は、早めに買取してもらうことが最優先となるはずです。また、買い替えの場合も、新しい洗濯機が届く前に買取してもらう必要があるでしょう。

4-2.買取不可になったときはどうするか

洗濯機が万が一買取不可になったときの対応を考えておくことも、おすすめです。買取不可になったときに慌てず対応するためにも、どうすべきかきちんと決めておきましょう。特に、数年以上使用した洗濯機は、一見して問題がないように見えても、査定時に大きなマイナスポイントを指摘されることがあります。たとえば、買取と引き取り処分を同時に行っている業者に依頼すれば、洗濯機が万が一買取不可になっても持ち帰ったり返送してもらったりする手間がかかりません。

4-3.洗濯機以外に買取してもらいたい不用品はあるか

洗濯機以外にも買取してもらいたい不用品があれば、洗濯機と同時に買取してもらうとよいでしょう。それぞれ依頼するよりも手間がかからず、保管スペースに余裕ができます。また、万が一洗濯機が買取不可になった場合でも、そのほかの不用品が買取になれば、洗濯機の引き取り処分費用と相殺することができて便利です。なお、業者によっては、家電だけ買取可能など、買取品目が限られていることもあるので、確認しておきましょう。

5.洗濯機を買取に出す方法

洗濯機の主な買取方法を詳しくご紹介します。

5-1.中古家電買取専門業者に売る

不要になった洗濯機は、中古家電買取専門業者に売ることができます。家電買取専門だけあって、豊富な買取実績と専門知識があることが魅力です。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。中古家電買取専門業者では、都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえるので助かります。また、そのほかの家電の買取も同時に依頼することが可能です。ただし、買取不可になった場合は、引き取り処分も依頼できません。

5-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になった洗濯機を買取してもらえます。買取を希望するときは、業者に連絡して店頭持ち込みなどの方法で査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、洗濯機を引き渡して代金を受け取りましょう。なお、個人店では保管場所がないことを理由に、買取を断られる可能性があるため、電話などで事前に連絡し、買取してもらえるか確認しておくとよいでしょう。また、リサイクルショップは買取が基本であり、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないことがあります。

5-3.不用品回業者に買取してもらう

買取不可になった洗濯機は、不用品回収業者に買取してもらうこともできます。不用品回収業者に買取を依頼すると、都合のよい場所と日時を指定して回収してもらえて便利です。また、そのほかの不用品を同時に処分・買取してもらうこともできます。万が一洗濯機が買取不可になっても、そのまま引き取り処分を依頼できるのもメリットです。なお、引き取り処分になった場合は、1台数千円程度の回収費用がかかることがあります。

5-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、洗濯機を売ることもできます。売りたい価格が決まっている、なるべく高く売りたいなどの場合は、検討してみるとよいでしょう。なお、出品から発送まで数日以上かかるので、急ぎで売りたい場合には向きません。また、クレームや支払い遅延が発生した場合は自分で対応する必要があり、ある程度手続きに慣れている人に向く方法といえます。なお、洗濯機のこん包や配送の代理サービスを利用したり、自宅などでの引き取りを落札条件にしたりすると楽です。

6.洗濯機の買取業者を選ぶポイント

洗濯機の買取業者を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

6-1.洗濯機の買取実績が豊富にある

洗濯機の買取業者を選ぶときは、買取実績が豊富にあることが第一になります。洗濯機の買取実績が豊富にあれば専門知識に詳しいだけでなく、たくさんの実例を見てきているので適正な査定をしてもらえるからです。なお、当リサイクル買取サービスでも、洗濯機の買取実績が豊富にございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6-2.査定は無料

査定を無料で行っていることも、洗濯機の買取業者を選ぶポイントです。査定が無料なら、気軽に依頼することができます。反対に、査定を有料で行っている業者は、問い合わせる際のハードルが高く、なかなか依頼する気持ちなりません。1回千円程度の金額であっても、やはり無料のほうが顧客にとっては魅力的です。実際に、無料で査定している業者のほうが顧客満足度が高く、正式な買取依頼に多くつながっています。

6-3.できるだけ高く買取している

できるだけ高く買取していることも、見逃がしてはいけないポイントです。できるだけ高く買取することで、顧客から喜んでもらうことができ、リピート率が高まります。また、よい評判が広がるので、新規顧客の獲得にもつながるでしょう。1件ずつの利益は少なくても、数多く買取依頼を受ければ、多くの利益を得ることができます。こうした仕組みを理解している業者なら、洗濯機の買取を安心して依頼することができるでしょう。

6-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

都合のよい日時と場所で回収してもらえると、とても助かります。洗濯機は大きさと重量があるため、自分で取り外ししたり運んだりするのが大変です。その点、都合のよい日時と場所で回収してもらえる業者なら、手間が省けます。信頼できる業者なら、洗濯機の取り扱いにも慣れているため安心して任せることが可能です。

6-5.買取不可の場合でも引き取り処分を依頼できる

買取不可の場合でも、そのまま引き取り処分を依頼できる業者を選ぶと便利です。もちろん、買取してもらえるに越したことはありません。しかし、場合によっては、買取不可と判断されることもあるでしょう。いったん業者で買取不可と判断された洗濯機は、ほかの業者でも同様の結果になるものです。買取をあきらめ、引き取り処分を依頼したほうが時間も手間も無駄にならずに済むことが多いでしょう。

6-6.スタッフが親切で顧客からの評判もよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよい業者なら、終始気持ちよく取り引きできます。問い合わせにも親切かつ丁寧に対応してもらえるので、ストレスを感じません。スタッフが親切に対応している業者は社員教育が行き届いていることから、信頼できると判断できます。反対に、スタッフの対応が悪い業者は、業績が低迷している、人間関係が悪いなどの理由でスタッフの入れ替わりが激しいことが多いのが現状です。洗濯機の買取で嫌な思いをしないためにも、スタッフの質もよく見極めることをおすすめします。

6-7.古物商許可を取得済み

買取業者を選ぶときは、古物商許可を取得済みであることも確認してください。業務として不用品の買取を行う場合は、古物商許可が必ず必要になります。無許可の業者に買取を依頼すると、不法行為に加担したと判断されることがあるので注意しましょう。業者が古物商許可を取得済みかどうかは、ホームページや名刺などに許可番号の記載があることで判断できます。ホームページや名刺などに記載がない場合は、直接業者に確かめてみてください。話をはぐらかす場合は、無許可営業をしている可能性が高いので、取り引きしてはいけません。

7.買取対象にならなかった洗濯機の処分方法

買取対象にならなかった洗濯機の処分方法で、主なものを詳しく見ていきましょう。

7-1.家電リサイクル法に沿って処分する

買取対象にならなかった洗濯機は、家電リサイクル法に沿って処分することができます。詳しい方法や流れは、以下を参考にしてください。

7-1-1.料金販売店回収方式

料金販売店回収方式とは、販売店の店頭で洗濯機の家電リサイクル料金と運搬費用を支払い、場所・日時指定により回収してもらう方法です。詳しい流れは、以下をご覧ください。

  1. 販売店の店頭で洗濯機の家電リサイクル料金と運搬費用を支払い家電リサイクル券の控えを受け取る
  2. 指定場所・日時に運搬業者がやってきて洗濯機を回収する
  3. 運搬業者が洗濯機をメーカーの再生工場に運び入れて完了

洗濯機の家電リサイクル料金は1台2,530~3,300円で、メーカーごとに異なります。詳しくは、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表を参考にしてください。また、洗濯機の運搬費用は1台1,500~3,000円程度が目安です。

7-1-2.料金郵便局振込方式

料金郵便局振込方式とは、郵便局で洗濯機の家電リサイクル料金を支払い、自治体の指定引取場所に洗濯機を直接持ち込む方法です。自分で軽トラックなどを手配でき、都合のよい日時で処分したい人に向きます。以下は、一般的な手続きの流れです。

  1. 自治体の指定引取場所に連絡し、洗濯機を持ち込む日時を予約する
  2. 郵便局で洗濯機の家電リサイクル料金を支払い、家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 予約日時になったら自治体の指定引取場所に洗濯機を持ち込む
  4. 洗濯機に家電リサイクル券の控えを添えて引き渡して完了

7-2.知人や福祉施設に譲る

買取不可になった洗濯機でも、まだ十分に使えるものは知人や福祉施設に譲ることも考えてみましょう。年式が古くても問題なく使えるものや、無名メーカー品でもほぼ新品のものなら、喜んでもらってもらえる可能性があります。まずは、心当たりがある知人や福祉施設に洗濯機を欲しいか聞いてみてください。譲り先が見つかれば、まだ使える洗濯機を処分せずに済みます。なお、一般的には配送手段を自分で手配したり、配送料を自己負担したりすることが多いでしょう。

7-3.引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越しの際に洗濯機を処分する場合は、引っ越し業者の不用品処分サービスを利用できることがあります。まずは、引っ越し業者に確認してみるとよいでしょう。引っ越しと同時に不要になった洗濯機を処分でき、とても便利です。ただし、引っ越し日の1週間前までに予約が必要など、業者によって規定が異なるので注意しましょう。引っ越し日の直前に依頼しても、回収してもらえないこともあります。

7-4.販売店の回収サービスを利用する

洗濯機の買い替えを伴う場合は、販売店の回収サービスを利用できることがあります。まずは、新規購入を予定している販売店に、回収サービスを利用できるか確認してみてください。販売店の回収サービスを利用できれば、買い替えと同時に古い洗濯機を処分できて無駄がありません。ただし、一定金額以上もしくは指定メーカー品の購入に限り、回収サービスを受けることができるケースもあります。また、新規購入者向けのサービスなので、単に回収サービスだけを依頼することはほぼ不可能です。

7-5.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になった洗濯機は、不用品回収業者に処分を依頼するのもおすすめです。信頼できる業者なら、回収後の洗濯機を素材ごとに分け、適切な方法で再資源化しています。資源を無駄にせず有効活用できる意味でも、おすすめの処分方法です。また、都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえる、洗濯機以外の不用品を同時に処分・買取してもらえるのもメリットといえます。なお、洗濯機1台の回収費用は、1回数千円程度~です。

8.洗濯機を売りたいときによくある質問

最後に、洗濯機を売りたいときによくある質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.業者に引き渡す直前まで洗濯機を使ってもよい?
A.おすすめしません。洗濯機をキレイに掃除する時間がなくなるだけでなく、洗濯機の内部に多くの水が残り、運搬時に水もれを起こしたり故障したりする原因になります。

Q.購入後3年程度の洗濯機なら高く買取してもらえる?
A.まだ比較的新しい機種である点では、有利に査定してもらえるでしょう。しかし、無名メーカー品だったり汚れや臭いなどがひどかったりなどでマイナスポイントが多い場合は、想定より安い金額を提示されるか買取不可になるケースもあります。

Q.二槽式の洗濯機でも買取してもらえる?
A.洗濯機の状態によっては買取してもらえます。二槽式洗濯機は、洗濯とすすぎを別々に行えることから、根強い需要があるからです。

Q.業者の提示した査定金額が不当に安い気がするのですが?
A.まずは、業者に問い合わせて査定理由の説明を受けましょう。思わぬマイナスポイントが見つかったため、もしくは、中古市場での需要が急激に下がったことにより、低い金額を提示されていることがあります。業者が正当な理由により安い査定金額を提示した場合は、相場と考えるのも一つの方法でしょう。

Q.マンションの高層階から運搬してもらう場合は買取金額が安くなる?
A.運搬費用がオプション費用としてかかり、実際の買取金額と相殺されることで安く感じることがあります。業者によっても、オプション費用が必要となる条件や金額が異なるため、査定を依頼したときに確認してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、洗濯機を売りたいときに役立つことを詳しく解説しました。洗濯機を高く売りたいのなら、汚れをキレイにクリーニングしておいたり付属品をそろえておいたりするとよいでしょう。また、不要になった時点ですぐ買取に出すこともおすすめです。さらに、洗濯機の買取相場を調べておくことで、業者から不当に安い金額を提示されたときに反論でき、損せずに済みます。いずれにしても、洗濯機の買取を安心して依頼するには、この記事を参考にして信頼できると判断した業者を選ぶのが基本です。中でも、洗濯機の買取実績が豊富にある不用品回収業者に依頼すれば、指定日時・場所で回収してもらえるなどメリットが多くあります。また、万が一買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できて便利なので、検討してみるとよいでしょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休