遺品整理でテレビを処分する方法を解説!一般的な家電との違いは何?


「遺品整理の最中だが、テレビをどうやって処分していいか悩んでいる」という人はいませんか? テレビは家電リサイクル法対象家電です。ですから、ゴミとして自治体に回収してもらうことはできません。「テレビがゴミとして捨てられないことは分かったが、正しい処分方法が分からない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、遺品整理でテレビを処分する方法を紹介します。

  1. テレビの処分方法と注意点
  2. 遺品整理で冷蔵庫を処分する方法
  3. テレビの処分は基本的に有料
  4. 遺品整理業者にテレビの処分を依頼するメリット
  5. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理業者にテレビの処分を依頼する方法やメリットも分かります。遺品整理を行う予定がある人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.テレビの処分方法と注意点

はじめに、家電リサイクル法対象家電の処分方法や処分する前に確認しておくことを紹介します。

1-1.家電リサイクル法の概要

家電リサイクル法とは、資源の再利用を目的に作られた法律です。対象家電は、メーカーが回収しリサイクルすることが義務づけられています。現在、テレビ・洗濯機・エアコン・冷蔵庫が対象家電になっており、これらの家電はどの自治体も「ゴミ」として回収することはできません。テレビを処分する場合は、リサイクル料を払って家電量販店や不用品回収業者に回収してもらうか、自分で自治体が定めた回収場所まで持っていく必要があります。テレビのリサイクル料は1,870円~です。詳しくは家電リサイクル券センターのwebサイトで確かめてください。テレビの場合は、15型以下・15型以上で値段が変わります。

1-2.リサイクル料のほかにかかる料金

家電量販店にテレビを回収してもらう場合は、リサイクル料に加えて運搬料も必要になるケースがあります。運搬料は家電量販店によって異なるので、申込時に確認してください。料金は現金で払うか、郵便局でリサイクル券を購入して運搬料と合わせて払う方法があります。

1-3.自分で回収場所に持っていくこともできる

自治体によっては、回収場所を設けているところがあり、そこに持ち込めばリサイクル料金だけで処分してもらえます。小型テレビであれば自家用車でも持ち込むことができるでしょう。なお、自治体のゴミ処理場は回収場所ではありません。注意してください。回収場所は自治体のwebサイトに記載されていることが多いので、確認しましょう。リサイクル料金は郵便局で支払うことが一般的です。

2.遺品整理で冷蔵庫を処分する方法

この項では、遺品整理で冷蔵庫を処分する方法を費用と共に紹介します。

2-1.家電量販店に回収してもらう

家電量販店では、店頭でテレビを回収しています。自分で持ち込めばリサイクル料だけを払えばよいのですが、回収に来てもらうならばリサイクル料と運搬料が必要です。

2-2.不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者は、家庭や企業から出た不用品を有料で回収してくれる業者です。テレビ以外にも大型家具、家電といろいろなものを回収してくれます。「遺品整理でテレビ以外にも不用品が出て一気に処分したい」という場合は利用すると便利でしょう。必要な料金は、リサイクル料と回収料です。回収料は業者によって異なるので、事前に見積もりを出してもらいましょう。

2-3.売却する

発売後5~7年までのテレビは、中古でも一定の需要があります。リサイクルショップなどに査定してもらいましょう。数千円前後で売却できる可能性があります。また、インターネットオークションやフリマサイトに出品する方法もありますが、事前に送料を調べておくなど、手間がかかるので注意しましょう。大型テレビを売却したい場合は、家までリサイクルショップの店員が査定に来てくれる出張査定を実施しているショップを捜し、査定を依頼してください。

3.テレビの処分は基本的に有料

テレビを処分する場合、最低でもリサイクル料の1870円~が必要です。まれに、「テレビを無料で処分します」という業者がありますが、人件費や出張料名と別名目で費用を請求される例も多いので、注意しましょう。不用品回収業者に依頼する場合は、実績や口コミをよく確認することが重要です。

4.遺品整理業者にテレビの処分を依頼するメリット

この項では、遺品整理業者にテレビの処分を依頼するメリットの一例を紹介します。

4-1.遺品整理業者は遺品整理のエキスパート

遺品整理業者とは、遺品整理を行ってくれる業者です。遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理だけでなく、不用品の回収や買取まで行ってくれます。つまり、遺品整理業者に申し込めば、遺品整理に関わる全てを依頼することが可能です。

4-2.別々の業者に依頼するより費用がかからない

遺品整理業者に依頼すれば、テレビの回収費用は料金に含まれるています。ハウスクリーニング業者に遺品整理、不用品回収業者に不用品の回収を依頼するより、費用がかかりません。

4-3.遺品整理に関する相談もできる

遺品整理業者は遺品整理に関する知識も豊富です。遺品整理で分からないことなども相談に乗ってくれます。また、遺族の心情に沿って整理をしてくれるので、安心して遺品整理を任せることができるでしょう。

5.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関するよくある質問を紹介します。

Q.ブラウン管テレビは問題なく使用できても中古の需要はありませんか?
A.はい。ほぼないと考えてください。

Q.テレビを寄付することはできるでしょうか?
A.可能ですが、寄付を求めているところを調べてから寄付してください。いきなり福祉施設などにテレビを持っていってはいけません。

Q.テレビのリモコンもゴミとして出すことはできないでしょうか?
A.テレビのリモコンはゴミとして回収してもらうことはできます。

Q.パソコンなどに使う液晶モニターもテレビと同じ扱いですか?
A.自治体によって対応が異なりますが、液晶モニターはパソコンメーカーや液晶モニターを生産するメーカーが回収しています。基本的にはメーカーに回収してもらいましょう。

Q.遺品整理業者には、ハウスクリーニングなども依頼できますか?
A.はい。業務にハウスクリーニングが含まれていれば依頼できます。

まとめ

今回は、遺品整理でテレビを処分する方法を紹介しました。テレビは処分するまでに手間と費用がかかります。時間に余裕を持って行うか、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休