デザイナーズチェアを買取に出したい人へ! 最も簡単&高く売るコツ!


「デザイナーズチェアを買い替えたいけど、買取に出す方法を詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 不要になったデザイナーズチェアでも、まだ十分に使えるものなら買取に出したいですよね。それに、大切にしていたものなら、なおさら高く買取してもらえるに越したことはないでしょう。しかし、実際にどこに買取を依頼できるのか、どんなポイントに気を付けるべきかなどよく分からないことも多いものです。

そこで今回は、デザイナーズチェアの買取について詳しく解説します。

  1. 高く売れるデザイナーズチェアの条件
  2. デザイナーズチェアの買取相場
  3. 買取対象にならないデザイナーズチェアの特徴
  4. デザイナーズチェアを買取に出す前に確認すべきポイント
  5. デザイナーズチェアを買取に出す方法
  6. 信頼できる買取業者を選ぶポイント
  7. デザイナーズチェアの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、デザイナーズチェアを買取に出すポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.高く売れるデザイナーズチェアの条件

最初に、どんな条件のデザイナーズチェアが高く売れるか詳しく見ていきましょう。

1-1.不具合や故障がなく正常に使用できる

不具合や故障がなく、正常に使用できるデザイナーズチェアは高く売れます。業者がデザイナーズチェアを中古品として売るには、正常に使用できることが大前提です。不具合や故障がないものは、そのまま簡単なクリーニングをして再販できるので、業者の手間がかからないのもポイントでしょう。

1-2.人気ブランド品

数あるデザイナーズチェアの中でも、中古市場で断然人気が高いのが人気ブランド品です。特に以下のようなブランドのものは、高く買取してもらえるでしょう。

  • フリッツ・ハンセン
  • カッシーナ・イクスシー
  • カール・ハンセン
  • イサム・ノグチ
  • ハーマン・ミラー

1-3.外観に汚れや傷などがなくキレイな状態

外観に汚れや傷などがなく、キレイな状態のデザイナーズチェアは高く買取してもらえます。中古市場でも、外観がキレイなものほど高く売れるからです。中古のデザイナーズチェアを欲しがる人はなるべくキレイなものを探しているため、中古市場でも需要が高くなっています。さらに、人気の高いブランドのものなら、思わぬ高額買取もあり得るでしょう。

1-4.購入時の付属品などがそろっている

購入時の付属品などがそろっていることも、高く売れるデザイナーズチェアの条件です。たとえば、以下のようなものがそろっていると有利な条件で買取してもらえるでしょう。

  • 予備のネジやワッシャー類
  • 調整用の専門工具
  • 使用説明書
  • メーカーの保証書

2.デザイナーズチェアの買取相場

人気の高いデザイナーズチェアの買取相場を3つご紹介しましょう。

2-1.フリッツ・ハンセン アルネ・ヤコブセン エッグチェア

フリッツ・ハンセンのデザイナーズチェアで、根強い人気を誇るのがアルネ・ヤコブセンのエッグチェアになります。丸みを帯びた独特のデザインと、座ったときに体を無理なくホールドする機能性の高さが特徴です。部屋に1脚あるだけで存在感があり、インテリアのグレードがグンとアップします。素材の種類やカラーバリエーションも豊富で、自分の好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

  • 買取相場:70,000~200,000円程度

2-2.ハーマンミラー イームズシェルチェア

ハーマンミラーのイームズシェルチェアは、一見してシンプルなデザインの中に、座ったときの快適さと使用シーンを選ばない使い勝手のよさを実現しています。中古市場では根強い人気があり、状態のよいものはすぐに売れてしまうほどです。購入者の多くがリピーターになることからも、計算し尽くされた設計であることが分かります。

  • 買取相場:10,000~15,000円程度

2-3.カッシーナ・イクスシー 413 CAB アームチェア

カッシーナ・イクスシーの413 CAB アームチェアは、革の美しい質感を生かしたデザイナーズチェアで、座り心地のよさでも定評があります。体にフィットする絶妙な設計と、使いやすいひじかけで、長時間座り続けてても疲れにくいのが特徴です。リビングや書斎にもマッチする飽きがこないデザインで、中古市場でも高い人気を誇ります。

  • 買取相場:20,000~40,000円程度

3.買取対象にならないデザイナーズチェアの特徴

買取対象にならないデザイナーズチェアの特徴を詳しく見ていきましょう。

3-1.不具合や故障がある

不具合や故障があるデザイナーズチェアは、買取対象になりません。チェアとして正常な使用ができないと、再販が難しくなるからです。たとえば、脚が折れている、ぐらつきがひどいといった場合は、査定金額が付かないでしょう。ごく簡単な調整で修理可能なら買取してもらえることもありますが、査定金額が大幅に下がることは否定できません。

3-2.目立つ傷や破損・ひどい臭いがある

人気の高いデザイナーズチェアであっても、目立つ傷や破損・ひどい臭いがあるものは買取対象になりません。特に、小さな子どもやペットがいる家庭で使用していた場合、傷や破損が付きやすいものです。また、飲みものをこぼしたり、排せつ物が付着してしまったりしがちなのも事実でしょう。クリーニングしても除去しきれない汚れや臭いがあると、買取対象外になります。

3-3.模造品の疑いがある

デザイナーズチェアは、人気が高いことから模造品が多いのも特徴です。中には、正規品とまったく見分けられないほど精巧にできているものもあります。そのため、正規品と証明できないものは、買取対象外になることがあるので注意してください。信頼できる販売店から購入したもので、保証書などで正規品であると証明できることが条件になるでしょう。

4.デザイナーズチェアを買取に出す前に確認すべきポイント

デザイナーズチェアを買取に出す前に確認すべきポイントを詳しく見ていきましょう。

4-1.外観をキレイにクリーニングしておく

デザイナーズチェアを買取に出す前に、外観をキレイにクリーニングしておきましょう。中古のデザイナーズチェアには、ホコリや手あかが多く付着しているからです。特に、ひじかけなど、手が触れる部分は汚れやすくなります。なお、強い洗剤を使用すると素材を傷めてしまったり、色落ちしたりする可能性があるので、使用説明書などを参考にして正しい方法でクリーニングしてください。

4-2.購入時の付属品や説明書などを探してそろえておく

購入時の付属品や説明書などを探してそろえておきましょう。処分してしまったと思っていても、家の中をよく探すと見つかることもあります。購入時の付属品や説明書があれば、デザイナーズチェアの査定金額がアップする可能性があるので、あきらめずにタンスの中などを探してみてください。

4-3.買取相場を調べておく

デザイナーズチェアを買取に出す前に、実際にどれぐらいの金額で売れるのか買取相場を調べてみるのもよいでしょう。買取相場の主な調べ方は、以下のとおりです。

  • 業者がネットなどで公表している買取価格を調べる
  • ネットオークションやフリマアプリの落札相場を調べる
  • 業者に査定を依頼してみる

デザイナーズチェアの買取相場は、状態によって大きく差が出ます。また、中古市場での需要に大きく影響を受けるほか、業者によっても査定基準が異なるものです。したがって、最も確実なのは査定を依頼してみるのが一番でしょう。

5.デザイナーズチェアを買取に出す方法

デザイナーズチェアを買取に出す方法を詳しくご紹介します。

5-1.中古家具買取専門店に売る

中古家具買取専門店では、不要になったデザイナーズチェアを買取してもらうことが可能です。買取専門店ならではの豊富な専門知識により、丁寧な査定を受けられます。また、取り扱いメーカーやブランドが幅広い、都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえるなどの点もメリットでしょう。ただし、専門知識が豊富なために査定基準が厳しく、細かなマイナスポイントを指摘されやすいのも事実です。また、買取専門なので、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できません。

5-2.リサイクルショップに売る

不要になったデザイナーズチェアは、リサイクルショップに売ることもできます。まずは、業者の店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けてみましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのままデザイナーズチェアを引き渡して代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップによっては、デザイナーズチェアの専門知識に乏しいために、想定以上に安い金額を提示されることもあります。また、個人店では店頭持ち込み以外の方法が選べないことが多い、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないなどもデメリットです。

5-3.不用品回収業者に買取してもらう

デザイナーズチェアは、不用品回収業者に買取してもらうことも可能です。まずは、買取可能かどうか確認し、査定を受けてみるとよいでしょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に依頼してください。なお、万が一買取不可でも、そのまま引き取り処分を依頼できて便利です。ただし、引き取り処分になった場合は、別途回収費用が1脚数千円程度かかることがあるので、確認してください。

5-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

デザイナーズチェアは、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることもできます。落札確率を高め、無用なクレームを防ぐには、現状が分かるように複数枚の画像を添付することや、傷などの欠点も隠さずに伝えることが大切です。なお、出品から発送まで日数がかかる、支払い遅延やクレームが発生しやすい、こん包や発送が大変などデメリットも多くあります。そのため、普段から手続きに慣れている人以外にはおすすめしません。

6.信頼できる買取業者を選ぶポイント

信頼できる買取業者を選ぶポイントを詳しく解説します。

6-1.デザイナーズチェアの買取実績が豊富

買取業者を選ぶときは、デザイナーズチェアの買取実績が豊富なことを確認してください。デザイナーズチェアの買取実績が豊富なら、取り扱いや査定にも慣れているので安心して依頼できます。買取に出すデザイナーズチェアと同種類の実績が多ければ、さらによいでしょう。なお、当リサイクル買取サービスでも、数多くのデザイナーズチェアを買取しています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6-2.丁寧で誠実な査定をしている

デザイナーズチェアをできるだけ高く買取してもらうためには、丁寧で誠実な査定をしている業者に依頼することが大切です。一般的には、買取実績が豊富な業者ほど、デザイナーズチェアの専門知識があるので、誠実な査定が期待できます。信頼できる買取業者は、丁寧で誠実な査定をすることで多くの顧客から支持されるので、評判がよいのも特徴です。もしも、顧客の評価で「想定より安い査定金額を提示された」といった意見が目立つのなら、敬遠したほうがよいでしょう。業者が自社の利益を確保するために、きちんと査定せず不当に安い金額を提示している可能性があります。

6-3.査定は無料

査定を無料で行っていることも、信頼できる買取業者の特徴です。本来、査定は手間や時間がかかるので、手数料を取られても仕方がありません。しかし、手数料がかかるとなれば、査定を依頼しにくくなるのも事実でしょう。そこで、査定を無料で行うことで、多くの顧客から気軽に申し込めるようにしているのです。実際に、査定を無料としている業者のほうが売り上げが多く繁盛していることからも、経営に明るく信頼できる業者といえるでしょう。

6-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえるかも、チェックしてください。デザイナーズチェアを回収してもらえる場合でも、業者が都合のよい時間にやってくるのでは困ります。また、そもそも回収サービスを利用できないと、自分の車で運ぶ必要があるので大変です。都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえることは、買取業者を選ぶポイントの中でも特に重要といえるでしょう。

6-5.スタッフの対応が親切で顧客の評判もよい

信頼できる買取業者は、総じてスタッフの対応が親切で顧客からの評判がよいものです。多くの顧客から買取依頼があるので、無理やり買取実績を上げる必要がなく、対応に余裕があります。スタッフの対応がよいことで顧客の満足度が高まれば、口コミでさらなる依頼が舞い込むのでますます繁盛するでしょう。また、スタッフの言葉遣いも丁寧なので、終始気持ちよく取り引きできるのも大きな特徴です。せっかく買取を申し込むのなら、気持ちよく取り引きできる業者がよいに決まっています。

6-6.古物商許可を取得済み

業者がデザイナーズチェアなどの不用品を買取する場合、古物商許可を取得済みであることも確認しておきましょう。信頼できる業者であれば、業者のホームページや名刺などに許可番号の記載があるはずです。万が一、古物商許可を未取得であることが判明したり、取得済みであることが確認できなかったりする場合は、取り引きを中止しましょう。古物商許可を取得していない業者に依頼すると、違法行為に加担したとみなされる場合があります。思わぬトラブルを避けるためにも、最初にきちんと確認しておくことが大切です。

7.デザイナーズチェアの買取に関するよくある質問

最後に、デザイナーズチェアの買取に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.デザイナーズチェアは購入後いつまでに買取に出すとよい?
A.単に買取に出すことだけを考えるなら、購入後3年程度までが有利でしょう。ただし、使用年数にこだわらず、思い入れがなくなったり不要になったりした時点で買取に出すことがおすすめです。

Q.デザイナーズチェアを業者の店頭に自分で持ち込むメリットとデメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 回収費用を節約できる
  • 持ち込んだその場で査定してもらえる

デメリット

  • 持ち込むための車両を手配する必要がある
  • 運搬途中に傷が付いたり破損したりする可能性がある
  • 持ち込み場所までのガソリン代が自己負担になる

Q.古いデザイナーズチェアは買取してもらえない?
A.古くても、状態がよくてマニアに人気の高いブランドものなら、買取してもらえる可能性があります。まずは、業者に買取可能か問い合わせてみるとよいでしょう。

Q.4脚まとめて同じ業者に買取を依頼するとどんなメリットがある?
A.数量をまとめて買取に出すことで、査定金額がアップする場合があります。また、それぞれ買取を依頼するより、手間や労力がかからないのもメリットでしょう。

Q.デザイナーズチェアの査定金額に納得できないときはどうする?
A.何らかの理由で査定金額が低くなっている可能性があるため、業者に査定理由を説明してもらうとよいでしょう。なお、業者の説明を聞いても納得できない場合は、買取依頼を取り下げても構いません。

まとめ

今回は、デザイナーズチェアの買取について詳しく解説しました。買い替えや引っ越しなどで不要になったデザイナーズチェアでも、まだ十分に使えるものなら、買取してもらえることがあります。なるべく高く買取してもらうには、外観をキレイにクリーニングしておく、付属品をそろえておくなどの準備をしておきましょう。なお、デザイナーズチェアの買取は、信頼できる買取業者に依頼するのが一番です。後悔しないためにも、この記事を参考に信頼できる業者を選んで依頼してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休