空き家を放置するリスクは? 問題解決のためにできることを紹介!


「空き家を放置するリスクにはどのようなものがあるのか?」「空き家問題を解決する方法を知りたい」とお悩みではありませんか? 近年、空き家問題は深刻化しています。空き家を放置することにはさまざまなリスクがあり、早期に適切な処置をとる必要があるのです。

この記事では、空き家を放置するリスクや空き家問題を解決する方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 空き家問題とは?
  2. 空き家を放置するリスク
  3. 空き家を所有するリスク
  4. 空き家問題を解決しよう
  5. 空き家に残った家財を処分するには?
  6. 空き家に関するよくある質問

この記事を読むことで、空き家が増えている原因や、問題を解決するための選択肢などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.空き家問題とは?

まずは、空き家問題の概要や現状について解説しましょう。

1-1.老朽化した住宅が空き家として放置される

近年、老朽化した住宅が空き家として放置されるケースが増えています。空き家には種類がいくつかあり、その中でも問題視されているのは「用途がなく使われていない空き家」です。所有者が亡くなった場合や施設に入った場合などに、誰も住まなくなった住宅がそのまま放置されてしまうケースは珍しくありません。そういった空き家が放置されることにより、さまざまな問題が浮上しているのが現状です。

1-2.空き家が社会問題化した背景は?

空き家がなぜ社会問題化したのか、その背景にあるのは、人口の減少や少子高齢化です。「親が亡くなった後、住んでいた家を引き継ぐ子供がいない」「住人が高齢になり、家を管理できなくなった」というケースも増加しています。また、新築住宅の人気が高く、中古住宅が売れにくいという点も、原因の一つでしょう。売りに出しても売れない住宅がそのまま放置され、空き家として問題視されるようになってしまうのです。現在、全国にある空き家の数は800戸以上であり、空き家率は過去最高といわれています。空き家問題がさらに大きくなる前に、対策を考える必要があるでしょう。

2.空き家を放置するリスク

空き家を放置するとどのようなリスクがあるのかをまとめました。

2-1.老朽化による建物の倒壊・破損

空き家を放置すれば、当然、建物の老朽化がすすみます。人が住んでいないということは一切管理がされていないということなので、予想以上のスピードで劣化がすすむことになるのです。そのままにしておくと外壁や屋根などが破損したり、地震で建物が倒壊したりする恐れがあるということを覚えておきましょう。

2-2.治安の悪化・犯罪の発生

空き家が放置されていると、治安が悪化し、犯罪が発生する可能性が高くなります。実際に、犯罪者が隠れ家として使用したり、不法侵入者がそのまま居座ったりするケースもあるのです。また、粗大ゴミが不法投棄された例や、放火のターゲットにされた例なども報告されています。

2-3.近隣トラブルの発生

空き家は近隣トラブルの原因にもなります。庭の植栽や雑草が伸びてきて景観を悪化させるだけでなく、ゴミの散乱や害虫の発生なども理由の一つです。近隣住民に大きな迷惑をかけ、トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

3.空き家を所有するリスク

空き家の所有者も、大きなリスクを背負うことになります。

3-1.資産価値の低下

空き家のまま放置すると、家の価値は大きく下がっていきます。状況によっては家だけでなく土地の価値も下げてしまうことになり、売るのが難しくなるのは間違いありません。家や土地を売却するために高額なリフォーム費用や解体費用がかかることになり、所有者にとっては大きな損失でしょう。

3-2.固定資産税が高くなる

空き家対策特別措置法により、「特定空き家等」に指定された空き家は、固定資産税の軽減措置から外されることになります。所有者が支払わなければならない固定資産税の額が大幅に増えてしまうのです。そのため、特定空き家に指定されてしまう前に、対策を考える必要があるでしょう。

3-3.損害賠償を支払うことになる可能性も

空き家が近隣住民や周辺環境に危害を与えた場合などは、所有者が存在賠償を支払わなければならない可能性もあります。空き家を所有していても利益にならないどころか、損失を出してしまうのは大きなデメリットでしょう。

4.空き家問題を解決しよう

空き家問題を解決するための方法をご紹介しましょう。

4-1.管理して劣化を防ぐ

特定空き家に指定されないためには、空き家をしっかり管理してリスクが生じないようにする必要があります。空き家で起こる問題は、人が住んでいないことが原因で起こるものばかりです。定期的に換気したり住宅設備の点検をしたりすることで、問題を未然に防がなければなりません。自分で管理するのが難しい場合は、空き家管理サービスを利用するのも一つの方法です。もちろん費用はかかりますが、空き家を放置することで発生するリスクを考えれば、支払う価値があるのではないでしょうか。

4-2.資産として活用する

空き家を人に貸すことで、資産として活用する方法もあります。賃貸物件として貸し出したり、民泊施設にして活用したりする例もおすすめです。マイナスの資産だったはずの空き家を、利益を生み出す資産に変えることができるでしょう。

4-3.売却する

空き家を活用する予定がないのであれば、売却してしまいましょう。空き家は放置すればするほど資産価値が下がっていくため、できるだけ早く売りに出すのがおすすめです。空き家の利用希望者を探すために「空き家バンク」を活用するのもよいでしょう。自治体や自治体から委託された団体が提供しているサービスで、空き家の利用希望者とのマッチングが可能です。

5.空き家に残った家財を処分するには?

空き家問題をどのように解決するにしても、まずは空き家の片付けが必要です。空き家に残った家財の処分方法についてご紹介しましょう。

5-1.自治体の回収を利用する

最も手軽なのは、自治体によるゴミ回収を利用する方法です。どんなものが何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるため、注意してください。

5-2.不用品回収業者に依頼する

処分したい家財が大量にある場合などは、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時を指定して自宅まで回収に来てもらえるため、大型の家財も自分で運び出す必要はありません。回収費用はかかりますが、不要な家財を一気に処分できるため大変便利です。ただし、中には悪質な業者も存在するため、業者選びには注意が必要になります。

5-3.買取に出す

状態のよい家財は、買取に出してお得に処分しましょう。買取先には、リサイクルショップや家財専門の買取業者などがあります。埼玉出張買取コールセンターは、不用品の格安回収と高価買取を行っている業者です。状態の悪いものは回収、状態のよいものは買取という形で引き取っているため、ぜひチェックしてみてください。

6.空き家に関するよくある質問

「空き家を放置するリスクについて知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.都市部に比べて地方に空き家が多いと聞きましたが、その理由は何でしょうか?
A.核家族化がすすみ、子供が家を出て都市部に移り住むことが増えたのが理由の一つです。また、地方は物価が安いため、新築住宅を購入しやすいことも関係しているでしょう。

Q.特定空き家に指定されるとどうなるのですか?
A.自治体による罰金や行政代執行の対象になります。行政代執行によって空き家が解体された場合、解体費用は空き家の所有者が支払わなければなりません。

Q.空き家の解体費用を補助してもらえるというのは本当ですか?
A.自治体によっては、解体費用の助成制度を受けられるところもあります。自治体のホームページなどで確認してみるとよいでしょう。

Q.空き家を自分で維持する場合、年間どれくらいの維持費がかかるのですか?
A.空き家の維持費は、年間50万円前後が目安といわれています。

Q.空き家を片付けたいのですが、不用品回収業者を選びポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックしましょう。また、一般廃棄物収集運搬業や古物商などの許可を得ているか、必ず確認が必要です。

まとめ

空き家を放置するリスクや空き家問題の解決方法などを詳しくご紹介しました。空き家を所有しているとさまざまなリスクがあるため、早期に解決方法を検討する必要があります。ぜひこの記事を参考に、空き家をどうすべきか判断してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休