遺品整理の正しいやり方は? 自分で進める手順や業者の選び方も紹介


「遺品整理のやり方がよく分からない」「どんなタイミングで何から始めたらよいのか?」という人は多いでしょう。家族や親族が亡くなった後、遺品整理をする必要があります。しかし、実際には遺品整理に関する知識がないために、戸惑ってしまう人がほとんどでしょう。また、親族内でのトラブルに発展するケースも少なくありません。

この記事では、遺品整理の進め方や業者に依頼する方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 遺品整理のタイミングは?
  2. 遺品整理を自分で進める場合のやり方
  3. 遺品整理を業者に依頼する場合
  4. 遺品整理をする際の注意点3つ
  5. 遺品整理のやり方に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理でまずやるべきことや、業者に依頼した場合の費用相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理のタイミングは?

まずは、遺品整理を行う時期について解説しましょう。

1-1.「いつまでにやる」という期限はない

遺品整理のタイミングについては、特に決まりがあるわけではありません。そのため、それぞれの事情・都合に合わせて好きなタイミングで行ってよいのです。葬儀の後すぐ取りかかる人もいれば、ある程度気持ちの整理がつくまで待つ人もいます。ただし、相続税の申告が必要となるほど遺品が多くある場合、申告期限に間に合うように遺品整理を行わなければなりません。

1-2.四十九日を機に行うケースが多い

親族トラブルを避けるには、親族が集まっているタイミングで遺品整理を行うのがおすすめです。そのため、四十九日などの法要を機に行うケースも多くなっています。親族と話し合いながら遺品整理を進めていけば「遺品を勝手に処分された」「欲しかったものをほかの人に形見分けされた」などのもめ事も発生しないでしょう。

1-3.賃貸物件の場合は明け渡し期限までに

亡くなった人が賃貸物件に住んでいた場合は、明け渡し期限までに遺品整理を終えなければなりません。期限までに遺品整理が終わらないと翌月分の家賃を支払うことになってしまうため、注意が必要です。亡くなった後、できるだけ早く大家さんに明け渡し期限がいつかを確認しておきましょう。

2.遺品整理を自分で進める場合のやり方

自分で遺品整理を進める場合の手順をご紹介しましょう。

2-1.必要な道具をそろえる

遺品整理では大量の遺品を片付けることになるため、作業に適した服装や用意しておくべき道具について知っておきましょう。汚れてもよい服装を心がけ、軍手やマスク・スリッパを装着した状態で行うのがおすすめです。また、以下のような道具をそろえておくとよいでしょう。

  • 段ボール・ゴミ袋
  • ガムテープ
  • ハサミ・カッター
  • ロープ
  • ペン
  • 工具
  • 運搬用の台車・車両

2-2.すべての遺品を仕分けする

まずは、すべての遺品を「残すもの」と「処分するもの」に仕分けしていきます。次に、「残すもの」を「貴重品」と「形見分けするもの」に分けていきましょう。貴重品とは、通帳やクレジットカード・パスポート・年金手帳・有価証券・貴金属などです。整理するのに法的な手続きが必要なものや、相続税申告の対象となるものなどは、ひとまずまとめておくとよいでしょう。故人の愛用品など相続税申告の対象とならないようなもので、形見分けするものについては、親族との話し合いが必要不可欠です。

2-3.不要な遺品を処分する

不要な遺品の処分方法を考えていきましょう。燃えるゴミや燃えないゴミ・粗大ゴミとして捨てるもの、あるいはリサイクルするものなどに仕分けして考える必要があります。大量にある場合は、不用品回収業者などに依頼してまとめて処分してもらうのもおすすめです。

3.遺品整理を業者に依頼する場合

遺品整理を業者に依頼する方法や費用相場などをまとめました。

3-1.業者選びは慎重に行う

遺品整理業者は全国に多数ありますが、中には悪質な営業をしているところもあります。そういった業者を利用しないためにも、慎重に選びましょう。以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容は明確か
  • 料金体系は分かりやすいか
  • 遺品を丁寧に扱ってくれるか
  • 親切でスピーディーな対応か

3-2.まずは無料見積もりを依頼する

遺品整理業者に依頼する際は、一般的に以下のような流れになるでしょう。

  1. 業者のホームページから無料見積もりを依頼する
  2. 無料見積もりの内容に納得したら、現地調査の日時を決定する
  3. 業者による現地調査後、正式見積もりの提示
  4. 実際の作業
  5. 支払い

3-3.費用相場は20,000~200,000円前後

遺品整理を業者に依頼した場合の費用相場は、20,000~200,000円前後といわれています。もちろん、遺品の量や部屋の広さ・処分する遺品の種類などによって費用は大きく変わるでしょう。大まかな相場を把握するためにも、数社に無料見積もりを依頼し、比較してみることをおすすめします。

4.遺品整理をする際の注意点3つ

遺品整理をするにあたって知っておきたい注意点をご紹介しましょう。

4-1.処分すべきか迷ったときはいったん保留に

大量の遺品を整理していると、残すべきか処分すべきか迷うものもたくさん出てくるでしょう。故人が愛用していたものや思い出の品など、残しておいても使うことはないが、捨てるには抵抗があるというものも多いと思います。そういったものが出てきた場合は、いったん保留にして段ボールなどに入れておくとよいでしょう。一つ一つ迷っていては時間がかかりすぎて作業がより大変になってしまいます。十分に心の整理がついてから、どうすべきか再び考えてみるとよいでしょう。

4-2.遺言書やエンディングノートが残されていないか確認する

故人が残した遺言書やエンディングノートがないか、必ず事前に確認しましょう。遺品の処理について、故人の希望が書かれている可能性があります。特に、遺言書には法的効力があるため、必ず中身を確認しなければなりません。相続に関する重要な事項が書いてある場合もあるでしょう。

4-3.悪徳業者の見分け方を知っておく

遺品整理を業者に依頼する場合は、悪徳業者の見分け方を知っておきましょう。特に、現地調査を行わずに電話やメールだけで見積もりを出す業者や、見積書に詳細な記載がない業者などは要注意です。また、一般廃棄物収集運搬業や古物商など、遺品の回収や買取に必要な許可を持っていない業者は利用しないようにしてください。

5.遺品整理のやり方に関するよくある質問

「遺品整理のやり方を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品の中に大量のアルバムがあります。写真を捨てるのは抵抗があるのですが、何かよい整理方法はないでしょうか?
A.形見分けをして量を減らすか、データ化して保管するのがおすすめです。写真のデータ化を請け負ってくれる業者もあるため、探してみるとよいでしょう。

Q.買取に出したい遺品があるのですが、高価買取のポイントを教えてください。
A.きれいに掃除しておき、できるだけ付属品をそろえて買取に出しましょう。また、家電などは正常に動作するか確認することを忘れないでください。

Q.遺品整理がより大変になるのは、どのようなケースでしょうか?
A.家がゴミ屋敷化している場合や、遺品整理を手伝ってくれる人が少ない場合などは、より労力と時間が必要になります。

Q.遺品整理を業者に依頼するメリットを教えてください。
A.短時間で効率的に遺品整理を終えることができます。家族が遠方に住んでいても依頼できること・貴重品を誤って処分せずに済むことなどもメリットでしょう。

Q.遺品整理士がいない業者は利用しないほうがよいですか?
A.遺品整理士が在籍していないからといって悪徳業者というわけではありません。しかし、遺品整理士の資格は、遺品の取り扱いや遺品整理に関する法規制などの知識を持っているという証(あか)しになります。有資格者が在籍していることは優良業者であるという判断基準にもなるでしょう。

まとめ

遺品整理のタイミングや自分で進める場合の手順・業者への依頼方法などを詳しくまとめました。遺品整理は自分で行うことも可能ですが、無理をせず業者に依頼したほうがよいケースもあります。悔いなく遺品整理を終えるためにも、ぜひこの記事を参考にしてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休