発電機を買取に出すコツとは? 高く売るポイント&中古人気の秘密!


発電機は、災害対策用やキャンプ用などさまざまな用途があって便利なものです。しかし、買ったはいいけれど使わなくなってしまった・新しいものに買い替えたい、という方も少なくありません。いらなくなった発電機をゴミとして処分するのはもったいないことです。

そこで今回は、中古の発電機を買取に出すポイントについてご説明しましょう。

  1. 発電機は買取してもらえるか?
  2. 発電機を売る前にチェック!
  3. 発電機を買取に出す先は?
  4. 発電機の買取についてよくある質問

発電機を買取に出す先を知りたい方・高く売るポイントを知りたい方には、大変役立つ情報をまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.発電機は買取してもらえるか?

まずは、発電機の需要などについてご説明します。

1-1.発電機は災害用・キャンプ・DIYなど用途がさまざま

発電機を家庭で使う場合、その用途は主に以下のようなものがあります。

  • 災害用:非常用電源として一家に一台あると安心
  • キャンプ:電灯やトースター・コーヒーメーカーなどを使いたいときに使用できる
  • DIY:屋外でチェーンソーや電気ドリルなどを使って木工作業をするときに便利

1-2.中古発電機でも需要はある

発電機は、中古品でも十分需要があります。中古発電機が人気の理由をご説明しましょう。

  • まずはどんなものか試してみたい
  • 災害用にもう一台欲しい
  • 新品では高すぎる
  • キャンプで一回限り使いたい・DIYで少しだけ使いたい

このような人たちが発電機を中古で購入したいと考える傾向があるでしょう。

1-3.発電機の人気メーカーと買取相場

発電機のメーカーは、ヤマハ・ホンダ・工進などが上位を占めています。定価の価格帯は4万~20万円と広範囲ですが、売れ筋で需要の高い発電機は10万円程度が相場でしょう。
中古発電機の買取相場は、定価の10%前後ですので、型番や使用状況・購入年によっては、数千円~1万円程度で売ることができます。

1-4.具体的な買取相場を検索するには?

型番やメーカーで検索すると、業者による買取価格が公開されていたり、ネットオークションなどで過去の落札価格を知ることができます。また、業者に依頼することで無料見積もりもしてもらうことも可能です。お手持ちの発電機が大体いくらになるのかを調べてから買取に出すかどうかを検討してみるとよいでしょう。

2.発電機を売る前にチェック!

次に、発電機を売る前に確認しておきたいことをご説明します。

2-1.故障品・古いものは買取不可

買取不可となってしまう発電機の特徴は以下のとおりです。

  • 壊れている
  • 製造年度が古い
  • 汚損がひどい
  • 重要なパーツ・部品の欠損
  • 定価が安い
  • 中古需要が極めて低い

2-2.高く売るには新品の状態に近づける

中古発電機を売る際は、なるべくきれいに掃除しておきましょう。また、付属品・取扱説明書・外箱など、購入時に付いていたものはできるだけそろえてください。

2-3.発電機を高く売る裏技

発電機を高く売るには、クリーニング以外にもいくつかポイントがあります。

2-3-1.なるべく早く売る

製造年度(新しさ)によって買取価格が変わります。不要になった時点でなるべく早く売るようにしましょう。

2-3-2.見積もり比較をする

買取業者へ見積もりを依頼し、複数社の買取査定額を比較しましょう。より高い金額で買い取ってくれる業者を選ぶことができます。

2-3-3.専門業者に依頼する

発電機は、一般的なリサイクルショップよりも、DIYや土木作業用品・キャンプ用品などの買取に特化しているお店がおすすめです。より適正な価格で査定してもらえるでしょう。

3.発電機を買取に出す先は?

次に、発電機の買取先についてそれぞれ見ていきましょう。

3-1.専門業者は適正な価格で査定してもらえる

前述のとおり、発電機は専門店に見てもらったほうが、適正な買取価格が付きやすくなるでしょう。中古需要やメーカー・型番ごとの人気を詳しく把握しているため、古いものでも高く買取してもらえるチャンスがあります。

3-2.リサイクルショップは手軽に売却できる

発電機など家電類を取り扱っているリサイクルショップに買取を依頼することもできます。型番やメーカーをあらかじめ伝えておくとスムーズでしょう。

3-3.ネットオークション・フリマサイトでの売却は難しい

一般の方が発電機をネットオークションやフリマサイトで売るのは難しいでしょう。見た目などの状態などは写真で伝わりますが、「少し調子が悪い」とか「どのくらい使ったか」などはの機能面に関することはネット上ではまったくわかりません。すると、買うほうも及び腰になって中古発電機の売却は難しいといえます。未開封・新品なら、ある程度安心感があるので、売れる可能性があるでしょう。

3-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に、発電機の買取を依頼することもできます。家まで取りに来てくれる出張買取なら、重たい発電機を自分で運搬する必要がありません。買取額を教えてもらってからキャンセルすることも可能です。また、発電機が買い取ってもらえるかどうかわからないときも、ひとまず査定をしてもらい、買取可能なら正式に依頼する、ということもできます。

4.発電機の買取についてよくある質問

発電機の買取などについて、よくある質問にお答えします。

Q.発電機を処分したいのですが
A.自治体の指定方法によって処分してください。基本的には粗大ゴミとして処分することになります。指定処理困難物に指定されている地域では、市区町村の環境課やゴミ担当係などに問い合わせると、どのように処分したらいいのかを教えてもらえるでしょう。

Q.発電機を寄付したいのですが
A.一般財団法人 日本発電機整備振興会など、発電機の寄付を受け付けている団体があります。寄付された発電機は、電力が安定供給されていない国や、森林保全作業などに使われることが多いでしょう。

Q.発電機をこん包・発送するには?
A.発電機を発送する場合は、以下のポイントに注意してください。

  • ガソリン・オイルは必ず抜く
  • 外箱があれば使う
  • 本体をビニール袋で覆う(水ぬれ防止)
  • 緩衝材で隙間をうめて箱の中で動かないようにする
  • 付属品・保証書を付ける

Q.発電機以外にも処分したいものがあるのですが
A.不用品回収業者・買取業者などにまとめて依頼するのがおすすめです。一度にまとめて出せば、手数料や出張費用が浮いたり、買取価格がアップする可能性もあります。事前に何の品目をいくつくらい出したいのか伝えておくと、概算見積もりを出してもらえるでしょう。見積もりのあとでキャンセルすることも可能です。

まとめ

発電機の買取についてご説明しました。今回ご紹介したポイントをおさえれば、よりお得に発電機を買取に出すことが可能です。使わなくなった・いらなくなった発電機を手放したいときは、なるべく早く売却しましょう!


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休