食器棚の処分方法を紹介! 処分する際の注意点や売却可能な食器棚は?


食器棚が不要になったが、処分方法が分からずに悩んでいる人はいませんか? 食器棚はいろいろな大きさのものがあり、自治体によっては処分費用がかかることもあります。また、食器棚の状態によっては売却も可能です。今回は、食器棚の処分方法や売却方法を紹介しましょう。

  1. 食器棚を処分する前に確認すること
  2. 食器棚を自治体で回収してもらう方法
  3. 食器棚の売却方法
  4. 不用品回収業者を利用する方法
  5. 食器棚の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、食器棚の処分方法に悩むことはありません。食器棚を処分する予定がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.食器棚を処分する前に確認すること

食器棚が不要になり、処分しようと思ったら以下のことを確認しましょう。

  • 食器棚の大きさ:縦・横・奥行をだいたいでいいので測る
  • 食器棚のメーカーや状態を確認する:大きな傷・汚れの有無、ネットで検索して製造年や需要などを調べる
  • 食器棚を買取してくれる業者が近くにあるかどうか
  • 自治体に粗大ゴミを回収してもらう方法や料金・回収日

これだけ調べれば、食器棚を処分する最善の方法が分かります。

2.食器棚を自治体で回収してもらう方法

この項では、自治体に食器棚を処分してもらう際の注意点やメリットを紹介します。

2-1.自治体の処分費用は格安

食器棚は、多くの自治体で粗大ゴミに該当します。最近は粗大ゴミの回収が有料の自治体も増えましたが、その費用は数百円~千円までが相場です。できるだけお金をかけずに食器棚を処分したい場合は、自治体に粗大ゴミとして出しましょう。なお、自治体によっては、粗大ゴミの回収日が月に1度しかないところもあります。自治体を利用して食器棚を処分するときは、時間に余裕を持って行いましょう。

2-2.自分で回収場所まで持って行く必要がある

食器棚を処分したい場合、まずは自治体で粗大ゴミを捨てる際のルールを調べましょう。料金が必要ならば、決められた方法で払って証明シールなどを貼ってください。自治体によって、食器棚を収集場所まで持って行く、家の前に出しておく、粗大ゴミ専用の収集場所まで運ぶなど、独自のルールがあります。大きな食器棚を処分する場合は、人手を確保しておきましょう。自治体では、基本的に家の中から食器棚を運び出すサービス等は行っていません。

2-3.自分でゴミ処分場まで持って行くことも可能

自治体によっては、自分で食器棚をゴミ処分場まで持って行くことができます。軽トラックなど運搬手段がある場合は、利用してみてもいいでしょう。ゴミを持ち込める日時や時間、料金などは自治体によって異なるので、必ず確認してから持ち込んでください。

3.食器棚の売却方法

この項では、中古でも需要がある食器棚の種類や買取してくれる場所、注意点などを紹介します。

3-1.見た目がキレイな食器棚は中古でも需要がある

食器棚は見た目がキレイなものならば、有名メーカーやブランド家具でなくても、一定の需要があります。ニトリなどお手ごろ価格の食器棚でも値段がつくことがあるでしょう。ですから、不要になったら即売却することが大切です。

3-2.食器棚を買取しているリサイクルショップを探す

食器棚の買取実績が豊富な業者を利用すれば、査定額も正確です。出張査定といってショップの店員が家まで査定に来てくれるショップもあるので、大型の食器棚が不要になった場合は依頼してみましょう。査定に出す前に汚れを拭き取り、できるだけ新品に近い状態にしておくことが、大切です。なお、食器棚の買取相場は数百円台~1万円前後となります。

3-3.自分で食器棚の買い手を探す場合は送料を把握しておく

ネットオークションやミニコミタウン誌などを使えば、自分で食器棚の買い手を見つけることもできます。ただし、買い手が遠方の場合は送料が高額になるので、「取りに来てくれる人限定」としておくか、送料を明記しておきましょう。ネットオークションに出す場合は、サイズ・メーカー・使用年数・状態を詳しく記載し、多方向から撮影した写真を添付しておくといいですね。

4.不用品回収業者を利用する方法

この項では、不用品回収業者を利用して食器棚を処分するメリットなどを紹介します。

4-1.不用品回収業者は自宅まで回収に来てくれる

不用品回収業者は、家庭や会社から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。家まで回収に来てくれ、搬出も行ってくれるので「食器棚が大きすぎて、ゴミ捨て場まで持って行けない」という場合も便利でしょう。また、早ければ依頼したその日に見積もりを出してくれるので、すぐに食器棚を処分したいときにも利用してみてください。

4-2.ほかの不用品と一緒に回収してもらうこともできる

不用品回収業者の中には、トラックの荷台に積み放題で固定料金というプランを出しているところもあります。また、一点ずつ不用品の回収料を合計してくれるところもあるので、回収してほしい不用品の量によってプランを選びましょう。食器棚だけを回収してほしい場合は、一点ずつ回収料を計算してくれるプランがおすすめです。引っ越し前など、今すぐ食器棚を処分したい場合は、料金を払っても利用するメリットがあるでしょう。

4-3.買取を行っている業者もある

リサイクル買取サービスのように、回収だけでなく買取サービスも行っている業者もあります。「食器棚を買取してほしいが、値段がつかない場合は、回収してほしい」という場合に便利です。食器棚は大きいので、別の業者に回収を依頼すると送料などが余計にかかります。「買取希望だが、買取してもらえるかどうか不安だ」という場合は、回収・買取の両方を行う業者に依頼しましょう。

4-4.実績を見て業者を選ぶ

不用品回収業者は、インターネットで探すとすぐに見つかります。業者の中には回収料の安さをウリにしている業者もありますが、業者は口コミや実績を重視して選びましょう。また、見積もりがいいかげんな業者や、理由をつけて見積もりを出そうとしない業者は依頼しないほうがいいですね。

5.食器棚の処分に関するよくある質問

この項では、食器棚の処分に関する質問を紹介します。

Q.食器棚はバラバラに分解することは可能ですか?
A.組み立て式の場合は可能ですが、無理をしないようにしましょう。また、のこぎりで切る場合は、時間がかかります。

Q.食器棚は新しいほうが査定が高くなりやすいんですか?
A.はい。やはり衛生上新しいものが人気です。

Q.食器棚を作っているブランド家具メーカーのうち、人気があるのは何でしょうか?
A.カリモク家具・綾野製作所・飛騨産業(キツツキ)などが人気です。

Q.新しくても値段がつかない食器棚はあるでしょうか?
A.はい。元値が安いものや取れない臭いや汚れがついているものは買取不可になりがちです。

Q.食器棚は寄付できますか?
A.食器棚は寄付を求めている団体が少なく、運搬料も高額になるでしょう。寄付するメリットが少なく、あまりお勧めできません。

まとめ

今回は、食器棚の処分方法を紹介しました。食器棚は粗大ゴミとして処分するのが最も安くすみます。理由があって今すぐ食器棚を処分したい場合は、不用品回収業者を利用しましょう。回収だけでなく買取もしてもらえます。ただし、引っ越しシーズンは業者も混みあうので、できるだけ時間に余裕を持って依頼してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休