片付けのやる気が出なくてお困りの方! 続けるコツやポイントを伝授!


「部屋を片付けるやる気が出ない」とお困りではないでしょうか。片付けたくてもやる気が出ずに、ぼんやりしたりほかのことばかりしてしまったりすることもありますよね。しかし、なるべく簡単に片付ける方法があれば、何とかなるものです。そこで今回は、片付けのやる気が出ない方のために、掃除を続けるコツやポイントを詳しく解説します。

  1. 片付けの大変さとは?
  2. 片付けをやる気になるには?
  3. やる気になる片付け方法
  4. 片付けのやる気が続くポイント
  5. 片付けのやる気に関するよくある質問

この記事を読むことで、片付けのやる気が出る方法がよく分かります。まずは、記事に目をとおしてみてください。

1.片付けの大変さとは?

最初に、なぜ片付けが大変なのか主な問題点などを見ていきましょう。

1-1.面倒くさい・ものが多すぎるなどの問題がある

片付けには、以下のような問題があります。

  • 面倒くさくてやる気が出ない
  • ものが多すぎる
  • すぐに元どおりになる
  • 時間がない
  • すぐに疲れてしまう

1-2.片付けが苦手な人と好きな人の違いは?

片付けが苦手な人と好きな人には、以下のような違いがあります。

片付けが苦手な人

  • 必要なものと不用品を区別していない
  • 何から手を付けていいのか分からない
  • ものが多すぎて手が付けられない
  • 体を動かすのが苦手
  • 面倒くさがり

片付けが好きな人

  • 自分に必要なものが何か分かっている
  • 体を動かすのが好き
  • 効率よく片付ける方法を知っている
  • 時間の使い方が上手
  • 行動力がある

2.片付けをやる気になるには?

片付けをやる気になるために何が必要かを見ていきましょう。

2-1.もともと片付けが苦手な人もいる

個人の特性として、もともと片付けが苦手な人もいます。片付けする気にならないのは、自分が怠けているからだと思っていた人が、実は脳の特性のせいだったということもあるのです。自分の特性だと理解できれば、改善する道も開けます。まずは、片付けが苦手なことを受け入れましょう。

2-2.やるべきことを整理し書き出してみる

片付けのやる気が出ない人は、何をやるべきかを整理し、書き出してみることをおすすめします。片付けで何をやるべきかが分かれば、簡単にできること・手間や時間がかかることを区別して対応できるでしょう。今すぐ簡単にできることから始め、自分にもできるというポジティブな気持ちになることが大切です。

2-3.掃除に関する本や動画を参考にする

書店などで、掃除に関する本を見てみたりネットなどの動画を参考にしたりするのもいい方法でしょう。掃除上手な人のアイデアを見ているうちに、やってみたくなることがあるからです。やる気が出たら、すぐにやってみるようにしてください。効率よく掃除でき、かつ、自分に合った方法が見つかる可能性があります。

2-4.片付けるといいことがあると考える

片付けることのメリットを考えると、やる気が出ます。たとえば、以下のようなことを強くイメージしてみてください。

  • 空気が爽やかになって気持ちがいい
  • なくしたものが出てくる
  • 足りないものが分かり、欲しいものがハッキリする
  • 部屋が広くなって快適に暮らせる
  • いきなり友人がやってきても安心できる

3.やる気になる片付け方法

片付けがやる気になる環境づくりやポイントなどを詳しく解説します。

3-1.好きな音楽をかける

好きな音楽をかけながら掃除すると、楽しくできます。アップテンポな曲なら、リズムに合わせて掃除道具を使うのも楽しいでしょう。また、好きな曲をかけて掃除し続けると、曲が流れると自然に掃除をしたくなるものです。掃除が楽しくなるだけでなく、習慣付けるためにもぜひ試してみてください。

3-2.時間を決めて片付ける

やる気を長時間持続させるのは、難しいことです。たとえば、10分だけ集中してみるなど、時間を決めて片付けるといいでしょう。短時間なら飽きずにでき、疲れにくいなどのメリットもあります。また、短時間だけでも片付けを習慣化できれば十分です。朝起きてすぐ・帰宅してすぐなど、ちょっとした時間を片付けに使ってみてください。

3-3.掃除を時短してみよう

掃除は、いろいろと工夫すれば時短できます。時短できれば、面倒くささが半減するのでやる気につながるでしょう。たとえば、お風呂やトイレに入ったときに、ついで掃除してしまえば、時短になります。お風呂に入った後は、浴室が温かいので汚れ落ちもよく楽に掃除できるはずです。また、トイレも入ったときに気になるところを掃除すればいつもピカピカの状態になるでしょう。そのほかにも、帰ってきたら玄関の掃き掃除をする、料理をしたら簡単にシンクをこすり洗いするなど、一連の作業にすると効率よく楽に掃除できます。

3-4.業者など第三者に依頼するのもひとつの方法

片付けが苦手で自分だけではうまくできないと感じるのなら、業者など第三者に依頼することも考えましょう。特に、ものが多すぎる人は、片付けようとしても途中で挫折してしまいがちです。不用品回収業者などに依頼し、不用品の片付けや処分を依頼することをおすすめします。大量のものがあっても、効率よく片付けてくれるので便利です。1回プロの手が入ると、その後は段違いで片付けやすくなるでしょう。なお、当リサイクル買取サービスでも不用品の片付け・処分をお受けしています。まずは、お見積もりからお気軽にご依頼ください。

4.片付けのやる気が続くポイント

片付けのやる気が継続するポイントと注意点をご紹介します。

4-1.小さな目標を立てて達成感を味わう

片付けが苦手な人におすすめするのは、小さな目標を立てて達成感を味わうことです。たとえば、3日掃除をしたら好きなスイーツを食べていいなど、自分がうれしいと感じることを設定するといいでしょう。ポイントは、無理せず達成できるレベルの目標にすることです。達成感を繰り返し味わうことで、掃除をやる気が維持しやすくなります。

4-2.掃除できない日があっても受け入れる

体調不良などにより掃除ができない日があっても、そのまま受け入れましょう。自分を責めないことが、掃除を続けるコツです。今日できなくても、気持ちを切り替えて明日やりましょう。長い目で見て、部屋がキレイに維持できることが大切です。必要以上に落ち込んだり、自分を責めてネガティブな感情を持たないようにしたりしましょう。

5.片付けのやる気に関するよくある質問

最後に、片付けのやる気に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.雨の日は片付けるやる気が起きないのですが?
A.人によっては、雨天など低気圧の日にやる気がダウンすることがあります。無理をせず、片付けはお休みしてください。晴れるとまたやる気が出てくるはずです。

Q.やる気があるときに一気に片付けるのはダメ?
A.ダメではありません。ただし、無理をしないようにしましょう。片付けで疲れきってしまうと、次にやる気を出そうとするときにネガティブなイメージが浮かんで帳消しになることがあります。

Q.やる気がある日とない日で差が激しいのですが?
A.まずは、ありのままの自分を受け入れましょう。片付けは毎日必ずしなくても構いません。やる気があるときに、できるだけやっておけばいいのです。気持ちを楽にもつようにしましょう。

Q.強制的に片付けをやる気になるにはどうすればいい?
A.意識的に人を部屋に入れることをおすすめします。人の目があれば、片付ける気になるものです。特に、キレイ好きな人を招待するといいでしょう。

Q.不用品回収業者に片付けを依頼する場合の注意点は?
A.信頼できる業者を選ぶことが大切です。不用品回収の実績が多い・リーズナブルで分かりやすい料金システムがある・古物商許可を取得済みなどの点をチェックしてみましょう。顧客からの評判がいいことも見逃せないポイントです。実際に依頼するときには、業者とよく相談して進めてください。

まとめ

今回は、片付けをやる気になる方法について詳しく解説しました。片付けのやる気が出ない人は、床にものを置かないようにしたり不用品を片付けたりすることをおすすめします。部屋がスッキリして掃除しやすい状況になれば、やる気が出ることでしょう。また、好きな音楽をかけながら掃除する・目標を達成したら自分にプチご褒美をするなどで、やる気を維持させることができます。なお、業者に不用品の仕分け・回収を依頼するのも便利でおすすめです。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休