結婚指輪の買取事情を知りたい! 中古市場や買取相場などを解説!


離婚などの理由で、結婚指輪が不要になる人は決して珍しくありません。「不要になった結婚指輪を持っていたくはないが、捨てるのももったいない」と悩んでいる人もいると思います。実は、結婚指輪は中古でも一定の需要があり、ものによっては高値で買取してもらうことが可能です。今回は、中古の結婚指輪を買取してもらう方法や高値買取してもらうコツなどを紹介します。

  1. 中古の結婚指輪に需要がある理由
  2. 結婚指輪の買取相場
  3. 結婚指輪の売却方法
  4. 結婚指輪の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、中古でも高値がつきやすい結婚指輪の特徴も分かるでしょう。結婚指輪を買取に出したい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.中古の結婚指輪に需要がある理由

はじめに、結婚指輪に中古需要がある理由や中古でも人気のある結婚指輪を紹介します。

1-1.結婚指輪は貴金属として価値がある

結婚指輪は、プラチナやゴールドなど貴金属からできているものが多いのが特徴です。貴金属は1g単位で売却可能なので、小さな指輪でも数万円の値がつくことがあります。つまり、プラチナやゴールドであれば、デザインや使用年数に関係なくg単位で買取可能なのです。

1-2.ブランドの指輪は中古でも人気がある

カルティエ、シャネル、ハリー・ウィンストンなど有名ブランドの結婚指輪は、ファッションリングとしても人気があります。中古ならば新品に比べて価格がお手ごろなので、常に一定の需要があるのです。そのため、有名なブランドの結婚指輪は買取してくれる可能性が高いでしょう。

1-3.イニシャルが刻印されていても買取可能

結婚指輪にイニシャルや思い出の言葉などを記していることもあります。しかし、貴金属として売却する場合、イニシャルの有無は査定に関係ありません。一方、ブランドの指輪など「指輪として再利用する」という場合は、イニシャルを削って消す必要があります。そのため、買取価格がやや下がることもあるでしょう。

1-4.メッキの指輪やノンブランドの指輪は買取が難しい

結婚指輪の中には、メッキのものもあります。指輪内側の刻印がGPの場合は、金メッキです。ちなみに、18金の場合は18K、プラチナの場合はpt900~1,000と刻印があります。刻印がないものは正確な鑑定を受けなければ、貴金属としての価値があるかどうか分かりません。貴金属以外の金属で作られた指輪や、ノンブランド・マイナーブランドの指輪は買取が難しいこともあります。

2.結婚指輪の買取相場

この項では、結婚指輪の買取相場やその調べ方を紹介します。

2-1.貴金属の相場は毎日変動する

金やプラチナの買取相場は、日によって変わります。ですから、買取相場を調べて値上がりしたタイミングで売却すれば、高価買取が期待できるでしょう。金相場やプラチナ相場はネットで簡単に調べることができるので、こまめにチェックするのがおすすめです。

2-2.ブランドものの指輪は人気があるうちに売る

ブランドのデザインも流行があります。人気が高いブランドの指輪は、リサイクルショップなどが「高値買取中」と盛んに広告を出すこともあるでしょう。人気が下火になると買取価格も下がります。ブランドものの指輪を売りたい場合は、流行もチェックしておきましょう。

2-3.結婚指輪についている宝石に高値は期待できない

結婚指輪についている宝石は、1カラット未満の小さいものが主流です。小さい宝石だと、宝石自体の価値はあまり期待できません。ですから、ダイヤなどがついているからといって宝石がない指輪の何倍もの高値がつくことはないでしょう。ただし、ハリー・ウィンストンやティファニーなど宝石のトップブランドの指輪なら高値が期待できます。

3.結婚指輪の売却方法

この項では、結婚指輪の買取をしてくれるところやそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

3-1.貴金属として売るなら貴金属買取業者

金やプラチナなど貴金属を買取しているところでは、貴金属の結婚指輪も買取してくれます。貴金属買取業者では、純粋に金属のg数で値段が決まるので、デザインなどは関係ありません。古い指輪でも18金やプラチナなら高値が期待できます。その一方で、ブランドものの指輪のようにデザイン性が重視される指輪の売却には不向きです。

3-2.査定が正確な宝飾品専門のリサイクル業者

宝飾品は中古市場も活発なので、アクセサリー専門のリサイクル業者もたくさんあります。中には、結婚指輪専門のリサイクルショップもあるのです。専門知識が豊富な従業員が査定をしてくれるので、ブランドものの結婚指輪を高く売却したい場合は、おすすめの買取先になります。郵送買取を行うショップも多く、遠方からでも利用できるのもメリットです。ただし、郵送買取利用の場合は、信用がおける業者を利用しましょう。実績のない業者には依頼しないほうがいいですね。

3-3.質屋でも買取してくれる

買取を行っている質屋でも、結婚指輪の買取を行っています。特に、ブランドものの指輪なら高値が期待できるでしょう。

3-4.宝石つきならば宝石専門のリサイクルショップ

ブランドものでなくても、質のよい宝石がついている場合は宝石専門のリサイクルショップで鑑定をしてもらいましょう。1カラット未満の小さな石でも、指輪をぐるりと取り囲んでいるデザインならば数があります。総額で高値がつく可能性もあるでしょう。

3-5.ファッションリングとして売るならネットオークション

ネットオークションやフリマサイトならば、自分で買い手を探すことができます。シンプルなデザインのお手ごろ価格の指輪なら、ファッションリングとして買い手がつく可能性があるでしょう。ただし、貴金属店などの査定額より安価でしか買い手が現れないこともあります。ネットオークションに出す場合は、指輪のブランド・状態・使用年数と共に写真を掲載するのがおすすめです。

3-6.新品に近い状態で査定してもらうこと

結婚指輪をリサイクルショップに査定してもらうときは、外箱やギャランティカードなど購入したときについていたものを、可能な限りそろえておきましょう。新品に近い状態にするほど高値が期待できます。ただし、指輪を力任せにゴシゴシ磨くとかえって金属が傷んでしまうことがあるので、気をつけてください。曇りなどを軽く拭くだけにしておきましょう。一方、貴金属店で査定をしてもらう場合は、箱やギャランティカードにそれほどこだわる必要はありません。

4.結婚指輪の買取に関するよくある質問

この項では、結婚指輪の買取に関する質問を紹介します。

Q.結婚指輪は婚約指輪と一緒に売却したほうが高値がつきやすいでしょうか?
A.婚約指輪は石がついているものが多いので、宝石の種類によっては結婚指輪とは別のところで売却したほうがよいこともあります。結婚指輪と同じブランドでそろえた場合は、一緒に鑑定してもらってもいいでしょう。

Q.元値が安い指輪は、高価買取が期待できませんか?
A.はい。元値が安すぎると貴金属以外の金属で指輪が作られている可能性もあり、買取不可の可能性もあります。

Q.宝石の中でも高値がつきやすいのはダイヤモンドでしょうか?
A.はい。結婚指輪につける宝石としてダイヤモンドは定番です。ダイヤモンド以外では、サファイヤなども高値がつきやすいでしょう。

Q.ブランドものの指輪でも10年以上前のものは、高値がつきにくいですか
A.流行最先端のデザインだった場合は買取額が下がる可能性がありますが、シンプルで流行に左右されないデザインならば、それほど査定額が下がることはないでしょう。

Q.日本のブランドでは高値がつきにくいですか?
A.いいえ。ミキモトなどは中古でも一定の需要があります。

まとめ

今回は、結婚指輪の買取事情や買取してくれるところなどを紹介しました。結婚指輪を買取に出すことに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、結婚指輪は高価なものが多く、貴金属としてだけでも一定の価値があります。不要になったらぜひ売却し、新しい生活の足しにするのがおすすめです。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休