自動車工具を買取に出す方法や相場は? 一番お得で楽な方法を解説!


「不要になった自動車工具を買取に出したいけど、どんな方法がいいのか分からない」とお困りではありませんか。自分の自動車工具がいくらぐらいで売れるのか、どこに依頼したらいいのかなども、知りたいですよね。せっかくなら、一番楽で得をする買取方法を選びたいことでしょう。

そこで今回は、自動車工具を買取に出す方法や相場などを併せ、詳しく解説します。

  1. 自動車工具は買取してもらえる?
  2. 買取対象になる自動車工具は?
  3. 自動車工具の買取先や方法は?
  4. 自動車工具の買取でよくある質問

この記事を読むことで、自動車工具の買取に必要なことがよく分かり、スムーズに買取に出すことができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.自動車工具は買取してもらえる?

最初に、自動車工具の中古事情について見ていきましょう。

1-1.自動車工具とは?

自動車工具とは、自動車を整備するために必要な工具のことです。自動車工具には、主に以下のような種類があります。

  • ドライバー
  • パネルはがし
  • 各種レンチ類
  • スパナ
  • コンプレッサー
  • フロアージャッキ
  • 電動ドリル
  • 油圧プレス
  • 発電機

自動車工具には、家庭用(個人用)と業務用があります。家庭用の自動車工具は、ホームセンターなどで1セット数千円程度で購入できるものあり、業務用の自動車工具は、高価ですが高性能で耐久性が高いことが特徴です。

1-2.自動車工具の中古事情

自動車工具は、中古での売買が盛んに行われています。特に需要が高いのは、業務用の自動車工具です。家庭用はホームセンターなどで安く手に入ることもあり、中古需要が高いとは言えません。しかし、業務用の自動車工具は、企業が経費削減のひとつとして中古を求める傾向が続き、安定した需要があります。特に、スナップオンやマックツールなどの有名海外ブランドの自動車工具は、高額買取が期待できるでしょう。

2.買取対象になる自動車工具は?

買取対象になる自動車工具や買取相場・高額買取のコツなど、詳しく解説します。

2-1.買取可能な自動車工具の条件

買取可能な自動車工具は、以下のようなものです。

  • 有名ブランド(日立・マキタ・リョービなど)
  • 高性能
  • 高出力
  • モーターの状態がいい
  • 故障・不具合がない
  • 付属品がそろっている

なお、業務用の自動車工具は傷や汚れの有無は大きな問題になりません。

2-2.買取不可となる自動車工具の条件

以下のような自動車工具は、買取不可となる場合が多いでしょう。

  • 無名メーカーのもの
  • 変形などで使用に支障が出る
  • 正常に動作しない
  • 年式が古い
  • 必要な付属品がない
  • 海外製の粗悪品

2-3.自動車工具の買取相場

自動車工具の買取相場の調べ方や価格に差異が出る理由について解説します。

2-3-1.買取相場の調べ方

自動車工具の買取相場を調べるには、以下の方法があります。

  • 業者の買取相場を検索する
  • 業者の買取査定を比較する(3社程度)
  • ネットオークションやフリマサイトの落札実績を調べる

2-3-2.価格に差異が出る理由は?

同じような状態の自動車工具でも買取価格に差異が出る場合、以下のような理由があります。

  • 中古市場での需給バランス
  • 業者の評価基準の違い

自動車工具をできるだけ高く売りたいのなら、高くなるタイミングを待ったりより高く売れる方法や業者を探したりする必要があります。

2-4.できるだけ高く買取してもらうには?

自動車工具を高く買取してもらうためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 汚れをキレイにふき取っておく
  • 説明書・付属品などをそろえておく
  • 数量をまとめて売る
  • 自動車工具を高額買取している業者に売る
  • 不要になったらできるだけ早く売る

3.自動車工具の買取先や方法は?

自動車工具の主な買取先・方法について詳しく解説します。

3-1.工具買取専門店に売る

不要になった自動車工具は、工具買取専門店に売れば、豊富な専門知識に基づいた査定が期待できます。買取を希望する場合、業者に連絡して査定を受けましょう。提示金額に問題なければ、自動車工具を引き渡して代金を受け取ってください。自動車工具が大量にある場合など、出張回収(日時・場所指定による回収)を依頼できることがあるので、確認してみるといいでしょう。

メリット

  • 専門知識に基づいた査定
  • 買取可能な工具の範囲が広い
  • 数量や内容により出張回収も可能

デメリット

  • 買取不可の場合は処分を依頼できない
  • 自動車工具以外の不用品は買取・処分できない

3-2.不用品回収業者に売る

不用品回収業者でも、自動車工具を買取してくれることがあります。まずは、買取対象品目であるか確認してみましょう。対象品目である場合は査定を受け、買取可能かつ提示金額に納得したら正式に買取を依頼してください。なお、「産業廃棄物収集運搬許可」を取得している業者なら、事業で使用している自動車工具の買取も可能です。また、買取不可の場合でも処分を依頼できます。なお、当リサイクル買取サービスでも、自動車工具の買取をしていますのでお気軽にご相談ください。

メリット

  • 日時・場所指定での回収が可能
  • 買取不可のものでも引き取りしてもらえる
  • 自動車工具以外のものも同時に依頼できる

デメリット

  • 買い取ってもらえなかった場合、回収費用(1回数千円~数万円程度)がかかることがある

3-3.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になった自動車工具を買取してもらえる場合があります。業者の店頭に持ち込み、査定を受けましょう。買取可能で提示金額に納得した場合は、代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップの場合、新品かつセットものなどだけ買取可能など、条件が厳しいことがあります。また、業務用は買取対象外となることも多いので注意してください。

メリット

  • 持ち込んだその場で買取から代金受け取りまで完了する
  • 自動車工具以外の不用品も同時に依頼できる

デメリット

  • 買取条件が厳しい
  • 買取不可の場合は引き取りもできない
  • 出張回収に対応していない業者が多い

3-4.ネットオークションやフリマサイトで売る

自動車工具は、ネットオークションやフリマサイトで売ることもできます。実際に、どんな自動車工具が出品されているか確認してみましょう。ネットオークションの大手であるヤフオクでは、業務用の自動車工具の出品も多く見られます。たとえば、以下をご覧ください。

  • 油圧プレス:1台20,000円前後
  • フロアージャッキ:1台10,000円程度
  • エアーコンプレッサー:1台500,000円程度

フリマサイトでは、業務用の自動車工具の出品はほとんどありません。家庭用のものが数十点程度あり、パネルはがしやレンチ類が1点1,000円程度~が相場です。

メリット

  • 自分が売りたい価格を設定できる
  • 業者で買取不可となったものでも出品可能
  • タイミングによっては高額落札もある(ネットオークション)
  • 多くの人の目に触れるため、落札可能性が高まる
  • 家庭用の自動車工具も出品可能

デメリット

  • 業務用の自動車工具の出品がほとんどない(フリマサイト)
  • 値切られやすい(フリマサイト)
  • 1点ずつの出品が基本のため、数量が多いと手間がかかる
  • 商品クレームや支払いの遅延が起きやすい

4.自動車工具の買取でよくある質問

最後に、自動車工具の買取に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.自動車工具の買取に必要な書類は?
A.業者に自動車工具の買取を依頼した場合、古物営業法に基づいて身分証明書のコピーが必要です。自動車運転免許証・健康保険証・パスポートなど、有効期限内で氏名・現住所が分かるものをコピーし、業者に提出してください。

Q.大量の自動車工具をスムーズに買取してもらうコツは?
A.あらかじめ、自動車工具の大体の物量や内容を伝えておくことです。また、種類ごとに整頓しておくと業者が査定しやすく、買取がスムーズに進むでしょう。

Q.査定時と実際の買取価格に差額が発生するのはなぜ?
A.査定時に見落とした欠点が見つかった、中古市場での需要が急激に減少したなどの理由が考えられます。まずは、業者に差額が発生した理由を説明してもらいましょう。正当な理由があり納得できるならそのまま買取依頼し、できない場合は中止しても構いません。

Q.業者の査定内容に不明な点があるのですが?
A.業者に確認してください。自己判断で解釈してしまうと、後日トラブルになることがあります。買取金額・査定理由など細かくチェックし、不安を残さないようにしましょう。

Q.高額査定を出した業者と正式契約するときの注意点は?
A.まずは、査定内容をチェックしてください。業者によっては、実際に引き取りする日の相場により価格が変動することもあります。また、出張回収の場合で車両手配費の有無が明記されていない場合は、念のため確認しておきましょう。なお、悪質業者の中には、高額査定を出しておきながら、実際の買取で何かと理由をつけ、安く買取するところもあるので注意してください。

まとめ

今回は、自動車工具の買取について詳しく解説しました。不要になった自動車工具でも、状態によっては高額買取が可能です。まずは、自分の自動車工具の買取相場を調べてみるといいでしょう。なお、自動車工具の買取は、業者に依頼する方法と自分で売る方法があります。いずれもメリット・デメリットがあるので、よく理解し、メリットの多い方法で買取に出してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休