冷凍ショーケースは買取処分がおすすめ! 中古需要や具体的な売却方法を解説


飲食店の厨房(ちゅうぼう)などで使う冷凍ショーケースは、閉店や買い替えで不要になることがあります。冷凍ショーケースは大型なものが多く、ガラスが使われているため、処分時の分別や運搬などの問題が出てくるものです。冷凍ショーケースは、中古需要が見込める製品であるため、まだ使えるものは買取を利用して処分しましょう。本記事では、冷凍ショーケースの買取についてご紹介します。

  1. 冷凍ショーケースの買取について
  2. 冷凍ショーケースの買取方法
  3. 冷凍ショーケースの買取でよくある質問

この記事を読むことで、冷凍ショーケースの買取についてよく分かります。買取対象となる冷凍ショーケースの特徴や、買取方法などを覚えておきましょう。

1.冷凍ショーケースの買取について

まず、冷凍ショーケースの種類や中古需要などを見ていきましょう。

1-1.冷凍ショーケースについて

ショーケースは、飲食店やスーパーなどに設置されている食品の保管庫です。ガラスケースに保管したまま商品を確認できるため、扉の開閉をする必要がありません。主に、業務用として販売されているのが一般的です。

1-2.冷凍ショーケースの買取需要

新たに店舗を開くときは、多額の資金が必要です。中でも厨房(ちゅうぼう)機器は高額であるため、初期費用を抑える目的で、中古のショーケースを探す方が多くなっています。冷凍ショーケースは特に中古需要が見込める製品なので、買取を行う業者も多いでしょう。冷凍ショーケースで人気のメーカーは、ホシザキ・大和冷機・サンヨー・ダイワ・福島工業などです。冷凍ショーケースは縦型と横型があり、どちらも中古需要が見込めます。

1-3.買取できるもの・できないもの

買取できる冷凍ショーケースは、正常に動作がするもの・汚れや破損がないもの・臭いの付着がないものです。製造から年数が浅いほうが、買取対象になりやすいでしょう。買取対象外となるのは、故障している場合や、フレームに歪(ゆが)みなどがある場合です。

2.冷凍ショーケースの買取方法

冷凍ショーケースの買取方法をご紹介します。それぞれのメリットとデメリットを覚えておきましょう。

2-1.買取時期・高額査定の商品・高く売るポイント

厨房(ちゅうぼう)機器は、季節を問わずに売れる製品です。しかし、冷凍ショーケースの場合、夏前に需要が高まる傾向があります。夏前になると買取を強化する業者が多くなるものです。買取価格も平常時より上がる場合があります。製造から5年以内の新しい製品なら、高額査定につながる可能性が高いでしょう。なるべく隅々まで掃除をし、見栄えよくしておくことが、高く売るポイントです。

2-2.買取金額相場

買取金額は、業者によって買取基準が異なるのと、冷凍ショーケースのメーカーや状態で変わってきます。相場を探るには、複数の業者で査定を出してもらい、比較する方法がおすすめです。

2-3.業者に買取してもらう方法

冷凍ショーケースの買取は、リサイクルショップか不用品回収業者で行っています。買取方法を覚えておきましょう。

2-3-1.持ち込み

冷凍ショーケースの場合、重量や大きさの問題があり、持ち込みでの査定は現実的ではありません。無理に持ち込んでしまった場合、ガラスに傷やひび割れが起こることも懸念されるため、出張対応をして食える業者に依頼したほうが安心でしょう。回収を依頼する前は、冷凍ショーケースの状態・メーカー・年式など、あらかじめ分かる情報を事前に連絡しておくようにしてください。

2-3-2.宅配買取

宅配での買取は、冷凍ショーケースをこん包し、業者に発送して査定を受ける方法です。冷凍ショーケースは重量があってサイズも大きいものが多いため、こん包が難しいのがデメリットでしょう。また、送料が発送者払いになるケースもあるので、事前に業者の料金体系を確認しておくことが大切です。こん包がきちんとできていれば、宅配業者の集荷サービスを利用するだけで手配が完了します。

2-3-3.出張買取

出張での買取は、冷凍ショーケースを設置している場所まで業者が訪問してくれるため、最も手軽に利用できる方法です。運搬やこん包などがいらず、労力を使わずに買取を終えることができます。業者が運搬してくれるため、故障や破損などのトラブルも起こらないのがメリットです。ただし、出張費用などの料金が発生する場合があります。あらかじめ、業者に確認しておきましょう。

2-4.自分で売却する方法

ネットオークションやフリマアプリを使った売却方法をご紹介します。

2-4-1.ネットオークション

ネットオークションに出品するときは、冷凍ショーケースの状態が伝わるように、画像や商品紹介文を工夫しましょう。誰でも気軽にオークションへ出品できる反面、必ず落札されるという保証はありません。急いで冷凍ショーケースの処分をしたい場合は、業者の買取を利用したほうが早いでしょう。

2-4-2.フリマサイト

最近は、ネットオークションよりフリマサイトのほうが注目されています。出品までの手順は、ネットオークションと同じです。しかし、フリマサイトはスマホで簡単に撮影して出品できるのがメリットでしょう。フリマサイトは、送料込みで価格設定されているものが売れる傾向にあります。冷凍ショーケースの送料は高額になることが予想されるため、損失を出さないように価格設定をするように心がけましょう。

3.冷凍ショーケースの買取でよくある質問

冷凍ショーケースの買取に関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.年式が古い冷凍ショーケースは、買取できない場合が多いのか?
A.買取できるかどうかは、業者によって異なります。多くの業者では、製造から10年程度までが買取対象です。ただし、年式が古い場合でも、買取対象としている業者もあるため、まずは査定を受けてみましょう。

Q.付属品の有無は、査定に影響するのか?
A.はい、影響します。冷凍ショーケースの棚板やすのこなど、購入時にあったものは用意しておきましょう。取り扱い説明書や保証書などもそろえておいてください。

Q.冷凍ショーケースが複数ある場合、買取価格がアップする可能性が高いのか?
A.まとめて買取を依頼した場合、業者の人件費や輸送コストを削減できるため、買取価格を上げてもらえる可能性があります。冷凍ショーケース以外にも不用品があるなら、同時に買取に出しましょう。

Q.ガラスのひび割れがある場合は、買取対象不可となるのか?
A.ガラスに傷やひび割れがある場合でも、買取可能な業者はあります。ただし、美品に比べ、傷やひび割れがある冷凍ショーケースは、買取価格が大きく下がるので注意してください。

Q.買取してもらえない場合は、冷凍ショーケースの処分を依頼することができるのか?
A.リサイクルショップは買取だけを行うのが基本です。処分を依頼したい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 冷凍ショーケースは、中古需要がある製品です。製造から年数が浅いほど、高額買取になるでしょう。なるべくきれいな状態にしてから査定を受けるのがポイントです。冷凍ショーケースの需要が高まる、夏前は特に買取が強化されます。売る時期にも注意しましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休