ヘアアイロンの処分方法とは? 買取を利用した上手な処分方法を紹介


ヘアアイロンを処分するときは、すぐに捨てることを考えず、まず買取可能かどうかを確認しましょう。人気の商品やブランドなどを理解しておくと、査定前の参考になります。リサイクルが重視されるようになり、中古家電の買取は年々活発になっているので、処分時は上手に買取を活用してください。
今回は、ヘアアイロンの買取についてご紹介します。

  1. ヘアアイロンの買取について
  2. ヘアアイロンの買取方法
  3. ヘアアイロンを自分で売る方法
  4. ヘアアイロンの処分や買取でよくある質問

この記事を読むことで、ヘアアイロンの買取についてよく分かります。ヘアアイロンは美容意識が高い方やおしゃれを気にする方に人気がある商品です。処分せずに売る方法を覚えておきましょう。

1.ヘアアイロンの買取について

まず、買取ができるヘアアイロンや人気の商品・ブランドをご紹介します。

1-1.ヘアアイロンは買取してもらえる?

ヘアアイロンは、リサイクルショップなど家電を中心に取り扱うショップで買取可能です。ヘアアイロンは、短時間でヘアスタイルをセットでき、寝癖やくせ毛を整えるのに大変役立ちます。手軽に使うことができるのに加え、近年ではどんどん高機能になっていることもあり、中古需要は高まっているのです。

1-2.買取できるもの・できないもの

買取してもらえるヘアアイロンは、年式が浅く、正常に動作するものに加え、有名ブランドに限られる傾向にあります。家電は年式が新しいものが好まれるので、古いものは買取対象外となってしまうでしょう。また、コテの部分が短く使いにくいものも中古需要が見込めないため、買取が難しいものです。

1-3.人気の商品・ブランド

ヘアアイロンで有名なメーカーは、リュミエリーナ・パナソニック・ヴィダルサスーン・モッズヘア・サロニア・クレイツなどです。ヘアアイロンには、ストレート・カール・ブラシなどいくつかの種類があります。2wayタイプで使い分けができるタイプも人気です。また、コードレスタイプは持ち運びも楽にできることから、愛用者が増えています。

1-4.買取金額の相場

ヘアアイロンは、安いものから高価なものまでさまざまです。定価が高いものや新品に近いものは比較的高値で買取となるケースもあります。しかし、製造から年数が経過したものは値段がつかないこともあるでしょう。購入金額の30%程度で買取となればいいほうです。また、状態が悪ければ、買取不可となる場合があることも覚えておきましょう。

2.ヘアアイロンの買取方法

ヘアアイロンを買取してもらう方法はいくつかあります。それぞれメリットとデメリットがあるため、しっかり理解してから利用するようにしてください。

2-1.ヘアアイロンの買取をしてくれるところとは?

ヘアアイロンの買取ができるのは、リサイクルショップや不用品業者など家電を取り扱う業者です。しかし、家電の取扱数が少ない店舗の場合、中古需要が見込めないことから、査定額がつかない可能性もあります。売る前に、業者の取扱品目を確認してください。

2-2.リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼する方法

リサイクルショップと不用品回収業者の買取方法を見ていきましょう。

2-2-1.持ち込み

リサイクルショップで多く取り入れているのは、持ち込みをして査定を受ける方法です。不用品回収業者でも、業者によっては店頭買取を行っている場合もあります。持ち込みの場合、自分の都合で店舗に立ち寄ることができるのがメリットです。しかし、時間や交通費がかかり、無駄が出てしまうことも予想されます。

2-2-2.宅配

不用品回収業者で近年導入されている方法は、宅配による買取です。ダンボールなどにこん包し、業者に発送して査定を受けます。また、買取できない場合はそのまま回収してもらうことができるのもメリットです。ただし、回収費用は別途請求されるので、注意してください。こん包資材がない場合は、自分で調達しなければならないデメリットがあります。また、輸送時に故障や紛失などのトラブルが起こらないよう、注意して利用することが大切です。

2-2-3.出張

不用品回収業者が最も得意とする手法が、出張での買取です。リサイクルショップでも出張買取が増加しつつあります。出張買取は、自宅まで訪問して買取を行う方法です。都合のいい日時を指定することができ、運搬や発送などの手間が一切必要ありません。手軽に利用できる買取方法として、利用する人が増えています。リサイクルショップの場合、買取不可と判断された場合は処分方法を考えなければなりません。しかし、不用品回収業者の場合、買取不可でもその場で処分を依頼することができるのがメリットです。ただし、処分費用がかかるので注意してください。

3.ヘアアイロンを自分で売る方法

業者を使わず、自分でリセールする方法をご紹介します。

3-1.ネットオークション

ネットオークションは、落札希望者が複数現れた場合、入札価格が競り上がる仕組みとなっています。出品時の価格を自由に設定でき、最低落札価格などの希望も反映できるのがメリットです。しかし、ヘアアイロンは衛生面や機能などを重視して選ばれる商品で、ネットにアップロードした情報だけでは状態が伝わりきらない部分があります。そのため、ネットオークションでの購入は避けられる傾向にあるのがデメリットです。また、取り引き完了までの間に入金や発送のトラブルが起こるリスクもあります。すべて、自己責任で行わなければなりません。

3-2.フリマサイト

メルカリなどのフリマサイトは、ネットオークションより気軽に利用できるため、人気が高まっています。ネットオークション同様、フリマサイトも自由に価格設定できるのがメリットです。しかし、値引き交渉も盛んなので、想定より低い価格で売却となるケースも目立ちます。また、フリマサイトの場合、送料を出品者負担としているものが好まれるため、送料や販売手数料などを考慮した価格設定をしなければなりません。また、ネットオークションと同じように、取り引きが終了するまで思いも寄らぬトラブルが起こる可能性を想定しておきましょう。

4.ヘアアイロンの処分や買取でよくある質問

ヘアアイロンの処分や買取に関する疑問を集めました。ご一読ください。

Q.買い替えで処分する場合、ヘアアイロンの下取りはしてもらえるのか?
A.ヘアアイロンは販売金額が安値なものもあるため、下取りはほとんど期待できないといっていいでしょう。

Q.ヘアアイロンをなるべく高く売るコツは?
A.付属品をそろえ、メンテナンスをしっかりしておくことです。ヘアアイロンには、ブラシなどの交換パーツが付属されているものもあります。購入時に同こんされていたものは用意しておきましょう。ほこり・ゴミ・目立つ汚れなどは取り除き、きれいに見えるようにすることも、査定額アップのポイントです。

Q.ヘアアイロンの買取が利用できず、処分となった場合、自分で捨てる方法は?
A.自治体による回収を利用できます。各自治体でゴミの分類が異なるため確認しましょう。多くの場合、不燃ゴミや小型家電に分類されます。処分費用はかかりません。小型家電の場合、自治体が設置する小型家電リサイクルボックスに投入するだけで処分とリサイクルが完了します。

Q.不用品回収業者に依頼すると費用が高くなるもの?
A.不用品回収業者に処分を依頼する場合、ヘアアイロン1つにつき、数千円の処分費用がかかります。ヘアアイロンだけを処分するのは、費用負担が大きいでしょう。しかし、ほかの不用品もある場合は、まとめて処分してもらえるのでお得に利用できます。自宅にある不用品を一括して処分することも考えてみましょう。

Q.未開封で新品のヘアアイロンなら、必ず高額買取になる?
A.注目したいのは、製造から何年経過しているかです。ヘアアイロンにも流行やトレンドがあるため、年式が古いものは需要が見込めません。なるべく早めに売るように意識しましょう。

まとめ

いかがでしたか? ヘアアイロンを処分する場合、買取してもらえるものもあります。年式が新しく状態がいいものほど、高値で買取となるでしょう。リサイクルショップや不用品回収業者の利用がおすすめです。複数の業者で査定を受け、相場を探るようにしましょう。自分で売る方法もありますが、さまざまなトラブルが起こるリスクがあることを覚えておいてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休