廃品回収業者とのトラブル例を紹介! 悪質な業者を見破るには?


「廃品回収業者を利用したいが、悪質な業者とのトラブルになったら困る」という人は多いでしょう。大量に出た不用品をまとめて処分するために、廃品回収業者を利用する方法があります。大変便利な方法ですが、廃品回収を利用する際には、慎重な業者選びが必要です。悪質な廃品回収業者を利用してトラブルに巻き込まれた例は非常に多く報告されているため、どんなものがあるのか参考にするとよいでしょう。

この記事では、廃品回収業者によるトラブル事例や、悪質業者を見破るポイントなどをご紹介します。

  1. 廃品回収業者とのトラブル事例を紹介
  2. 悪質な廃品回収業者を見破るポイント5つ
  3. 廃品回収業者とのトラブルを避けるには?
  4. 廃品回収業者とのトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、利用すると危険な廃品回収業者の特徴や、優良な業者を選ぶためにチェックすべきことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.廃品回収業者とのトラブル事例を紹介

まずは、実際にあった廃品回収業者とのトラブル例をご紹介しましょう。

1-1.無料と宣伝していたのに高額な料金を請求された

特に多いのが、無料回収を宣伝しておきながら高額な料金を請求してくる例です。「回収は無料だが積み込み作業は無料とはいっていない」「トラックに積み込んでみたら意外と量が多かった」など、何かと理由をつけてきます。威圧的な態度で脅され、結局は何万円ものお金を払ってしまったという例は少なくありません。このような業者は高齢者をターゲットにすることが多くなっています。

1-2.断ったら高額なキャンセル料を請求された

トラックに積み込んでから見積書よりはるかに高額な料金を提示され、断ったら驚くような金額のキャンセル料を請求された例もあります。この場合、そのまま依頼するにしても断るにしても高額な料金を支払わなければならないため、非常に悔しい思いをすることになるでしょう。

1-3.依頼していないものまでトラックに積み込まれた

依頼者が高齢者の場合に多いのですが、依頼していないものまで勝手にトラックに積み込まれ、高額な料金を請求される例もあります。金銭的価値が高そうな家財に目をつけ、販売目的で勝手に持ち出してしまうような悪質業者もいるのです。

1-4.回収した不用品を不法投棄された

回収してもらったはずの不用品が不法投棄されていたという例も珍しくありません。近所の道ばたに捨てられているのを見つけたり、警察から連絡が来て発覚したりする例もあります。不法投棄は犯罪ですが、回収を依頼した人にもその責任が発生するので注意が必要です。

1-5.対象のものではないのにリサイクル料金を支払わされた

家電リサイクル法の対象品目は処分するときにリサイクル料金がかかりますが、対象でないものにまでリサイクル料金を支払わされたという例もあります。リサイクル料金がかかるのはテレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫の4品目だけです。

2.悪質な廃品回収業者を見破るポイント5つ

悪質業者を見破るためのポイントを知っておきましょう。以下のような特徴の業者は悪質な営業をしている可能性が高いので利用しないことをおすすめします。

2-1.ホームページがない

特に、無許可で営業している業者はホームページがない場合が多くなっています。会社登記をしていないのがその理由です。通常だとホームページに取得している許可や資格について記載しなければなりませんが、必要な許可や資格を取得していないことが考えられます。そもそも会社名も存在しない場合がほとんどなので、利用する業者を決めたら必ずホームページを確認しましょう。

2-2.所在地を明らかにしない

ホームページがあっても所在地を記載していない業者は注意しなければなりません。トラブルが起こっても居場所を突き止められないようにするためです。このような業者は、通常は所在地が書かれているはずの名刺や見積書を提出することも拒むことが多いため、早めに悪質業者であることを見極めましょう。

2-3.トラックで地域を回りながら回収している

トラックで地域を回りながら不用品回収を宣伝している業者は、悪質業者である可能性が高いです。無料回収や格安回収をアナウンスしながら宣伝していますが、たいていの場合、何らかの理由をつけて高額な料金を請求してきます。事務所自体が存在していない可能性があるため、利用するのはおすすめできません。

2-4.チラシで無料回収を宣伝している

ポストにチラシを投かんして無料回収を宣伝している業者もあります。チラシだけを見て回収を依頼してしまうと、業者の概要や実績を知らないまま利用することになるため、トラブルに巻き込まれる可能性が高いです。実際に、チラシで宣伝している業者を利用してトラブルになった例は多いため、利用しないようにしましょう。

2-5.突然訪問してくる

アポなしで突然訪問してきて不用品の回収を迫ってくる業者もいます。優良な業者であれば、突然訪問してくるようなことはありません。なかには、断ってもしつこく玄関先に居座られるようなケースもあるので十分注意してください。

3.廃品回収業者とのトラブルを避けるには?

悪質な廃品回収業者とのトラブルを避けるためには、以下のことに注意しましょう。

3-1.優良な業者の特徴を知っておく

悪質な業者にもあるように、優良な業者にも特徴があります。その特徴をしっかり押さえておけば、業者選びに失敗することはないはずです。優良な業者に多い特徴には、以下のようなものがあります。

  • 豊富な実績がある
  • 無料見積もりを受け付けている
  • ホームページに料金体系が記載されている
  • 見積書の不明確な点がない
  • スピーディーで丁寧な対応をしてくれる

3-2.複数の業者を比較して選ぶ

必ず事前に複数の廃品回収業者を比較し、回収費用の大まかな相場を知っておきましょう。少なくとも3社以上に無料見積もりを依頼してください。最初から1社に絞ってしまうと相場が分からないため、提示された金額が妥当なのか判断できません。

3-3.必要な許可を取得しているか確認する

廃品回収業者を選ぶときは、必ず許可の有無を確認してください。廃棄物収集運搬業や古物商などの許可を取得していることが分かれば安心です。許可なく営業することは違法行為なので、ホームページに許可の有無が記載されているかチェックしましょう。

4.廃品回収業者とのトラブルに関するよくある質問

「廃品回収業者とのトラブルについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.見積もりの内容を口頭でしか教えてもらえません。そのような業者を利用しても大丈夫でしょうか?
A.見積もりは必ず書面で出してもらってください。口頭で伝えてくる業者は悪質業者である可能性が高いです。

Q.自治体による粗大ゴミ回収にはない廃品回収のメリットを教えてください。
A.大量の不用品を一気に回収してもらえること・回収日時を指定できること・出張回収を利用すれば自宅まで回収に来てもらえることなどがメリットです。

Q.見積書には通常、どのようなことが書かれていますか?
A.廃品ごとの単価や運搬料金・積み込み料金などが内訳に書かれているはずです。追加料金に関する記載もあるか確認するとよいでしょう。

Q.廃品回収業者が突然訪問してきて帰ってくれません。警察に通報したほうがよいですか?
A.脅されたり暴力を振るわれたりするようなら、すぐに警察へ連絡してください。

Q.悪質な廃品業者とのトラブルはどこに相談できますか?
A.国民生活センターの窓口や、各自治体の消費生活課に相談することが可能です。

まとめ

悪質な廃品回収業者の被害にあった例は、毎年数多く報告されています。高額な料金をだまし取られたり、脅されて怖い目にあったりした例も多いため、業者選びは十分慎重におこなうようにしましょう。ぜひこの記事を参考に、トラブルなく廃品回収業者を利用してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休