冷蔵庫のリサイクル料金はいくら? 廃棄・リセールの方法をご紹介


「冷蔵庫の処分はどうすればいいのか」「リサイクル料金はいくらかかるのか」など、冷蔵庫の廃棄方法・費用で困っている方は多いでしょう。家電リサイクル法の対象になっている冷蔵庫は、自治体のゴミとして捨てることができません。処分方法が決まっているため、きちんと把握することが大切です。ただし、まだ使える冷蔵庫は「買取」という方法もあります。処分にかんする知識を持つことで、ライフスタイルや冷蔵庫の状態に合った方法が選択できるのです。本記事では、家電リサイクル法やリサイクル料金・支払い方法・処分方法・リセールについて説明します。

  1. 家電リサイクル法について
  2. 冷蔵庫のリサイクル料金について
  3. 冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法
  4. 冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について
  5. 冷蔵庫のリセールについて
  6. 冷蔵庫の処分・買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫の正しい処分方法やリサイクル料金・買取の方法などについて知ることができます。廃棄を考えている方はぜひチェックしてください。

1.家電リサイクル法について

冷蔵庫を正しく処分するためには、家電リサイクル法について把握することが大切です。概要や目的・必要性、対象家電、小型家電リサイクル法との違いについて説明します。

1-1.家電リサイクル法とは

家庭から排出される廃棄物の中には、処理施設での廃棄が難しいものがたくさんあります。代表的なのが家電製品であり、多くが埋め立てられているのです。しかし、埋め立て地は限界がありますし、家電製品の中には鉄や銅などの有効資源が豊富に含まれています。家電リサイクル法は、ゴミの量を減らし、有効資源を再利用するために制定された法律です。

1-2.目的・必要性

家電リサイクル法の目的は、一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有効な部分・材料を正しくリサイクルすることです。消費者・小売業者・製造業者それぞれがきちんと役割を果たすことで、資源の有効利用ができます。また、廃棄物の減量を行い、地球の環境保全をすすめることも目的の1つです。

1-3.対象家電は?

家電リサイクル法の対象家電は、エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)の4品目となっています。この4品目は特定家庭用機器として指定されており、法に基づいて処分しなければなりません。対象品目の詳細については、こちら(一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター)を確認してください。

1-4.小型家電リサイクル法との違い

小型家電リサイクル法は、パソコン本体や携帯電話・ゲーム機・デジタルカメラ・・電子レンジなどの約400品目が対象で、家電リサイクル法とは異なります。また、家電リサイクル法の再資源化は製造メーカーが実施しますが、小型家電リサイクル法は認定事業者などです。さらに、小型家電リサイクル法は回収方法が市町村によって異なります。家電リサイクル法は、家電販売店が回収するのがほとんどなので、ハッキリとした違いがあるのです。

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

冷蔵庫のリサイクル料金はいつどこで支払えばいいのでしょうか。必要性や具体的な料金・冷蔵庫にかかる金額について説明します。

2-1.いつどこで払うのか?

リサイクル料金の支払いは、販売店と郵便局の2とおりがあります。販売店に依頼する際は、廃棄物の引き取りと同時にリサイクル料金を支払わなければなりません。郵便局で支払う場合は、郵便局に置いてある家電リサイクル券用紙に記入して、料金を振り込みます。方法に関しては、【3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法】で詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

2-2.なぜ必要か?

家電製品を部品ごとに分類するためには、一定の費用がかかります。リサイクル料金は、家電リサイクル法に基づいて定められた料金であり、正しくリサイクルするために必要な金額です。廃棄物を減らし、資源を有効利用するという観点から、排出者はリサイクル料金の支払いが義務づけられています。

2-3.いくらか?

リサイクル料金は、家電の種類や大きさによって、金額が異なります。そのため、まずは、処分したい家電の種類・大きさ・型番などをチェックしておかなければなりません。大まかなリサイクル料金は、以下のとおりです。

  • エアコン:1,404円~
  • テレビ:1,836円~
  • 冷蔵庫・冷凍庫:3,672円~
  • 洗濯機・乾燥機:2,484円~

2-4.対象になる冷蔵庫は?

冷蔵庫のリサイクル料金は、3,672円~となりますが、171L以上の場合は4,644円となります。また、製造メーカーによっても異なるため、事前に確認しておかなければなりません。製造メーカーごとのリサイクル料金は、こちら(一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンター)で確認してください。

3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法

それでは、冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法について説明します。

3-1.料金の支払い方法

リサイクル料金の支払い方法は、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式があります。それぞれの方法について、以下にまとめてみました。

<料金販売店回収方式>

  1. 排出者は小売業者に「家電リサイクル券用紙注文書」で家電リサイクル券用紙を注文する
  2. 該当する廃棄物のリサイクル料金と収集・運搬料金を支払う
  3. 小売業者に廃棄物を回収してもらった後に、家電リサイクル券の写しをもらう

<料金郵便局振込方式>

  1. 郵便局の家電リサイクル券用紙に必要事項を記入して、リサイクル料金を振り込む
  2. 排出者は家電リサイクル券・振替払込請求書兼受領書および日附(ひづけ)印が押印された振替払込受付証明書を受け取る
  3. 小売業者・自治体などに収集・運搬料金を支払い、廃棄物を引き取ってもらう
  4. その際に、家電リサイクル券の写しをもらう

3-2.必要な書類は?

対象品目を処分する際は、家電リサイクル券を準備しておかなければなりません。家電リサイクル券は、支払いによって入手方法が異なります。小売業者に支払う場合は小売業者から、郵便局の場合は郵便局からとなるので注意してください。

4.冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について

冷蔵庫の処分方法と、それぞれにかかるリサイクル料金・運搬や収集にかかる費用・注意点について説明します。

4-1.処分方法について

冷蔵庫の処分方法は、自治体・メーカー・販売店・回収業者の4つに分かれます。それぞれの方法について、しっかり確認していきましょう。

4-1-1.自治体

自治体のゴミ捨て場で処分することはできませんが、中には代行で引き取ってくれたり、小売業者や許可業者を紹介してくれる業者があります。引っ越しをしたばかりで、購入したお店が遠方になるなど困難な場合は、自治体に問い合わせてみてください。後は、自治体の指示どおりに処分しましょう。

4-1-2.メーカー

直接、メーカーに問い合わせて引き取ってもらう方法があります。小売業者を介する場合もありますが、郵便局をとおして回収してもらう方法もあるのです。メーカーに問い合わせる場合は、事前に、大きさ・型番などを把握しておきましょう。

4-1-3.販売店

購入したお店で引き取ってもらうか、下取りサービスを利用する方法があります。ただし、販売店によって引き取り・下取りの可否が異なるので注意してください。また、新しい冷蔵庫を購入する際は、古いものを引き取ってもらえるのか、それとも下取りできるのか確認するといいでしょう。下取りが可能な場合は、新しい製品の搬入と同時に行います。

4-1-4.回収業者

回収業者に回収・買取を依頼するのも選択肢の1つです。自治体や販売店を利用する場合は、自分で冷蔵庫を持ち運ばなければならない場合もあります。しかし、回収業者であれば、自宅にやってきてくれるため、運搬の必要がありません。また、壊れておらず、正常に稼働できるものは買取してもらえる可能性もあります。

4-2.それぞれのリサイクル料金

自治体・メーカー・販売店による回収の場合は、リサイクル料金が必要です。ただし、無料引き取りや下取りを行っているお店であれば、支払う必要がなくなるかもしれません。あくまで、サービスを行っているお店だけであり、ほとんどの販売店では行われていない可能性があります。また、回収業者の買取サービスを利用すれば、無料で処分できると同時に、お金が得られるでしょう。買取不可となる場合は、およそ3,000円~費用がかかります。費用はあくまで目安となるため、具体的な料金に関しては見積もりを利用してください。

4-3.リサイクル料金以外にかかる費用

リサイクル料金以外にも、運搬・収集費用が必要です。運搬・収集費用は、自治体・メーカー・販売店によって異なるため、事前にきちんと確認しておきましょう。だいたい、1,500円~となり、家電リサイクル料金と併せると5,000円前後となります。

4-4.注意点

どの方法で処分するのかは、冷蔵庫の状態やライフスタイル・状況によって変わります。たとえば、自分で運搬できない場合やほかにも処分したいものがある場合は、回収業者を利用したほうがいいでしょう。正常に稼働できるものであれば、処分ではなく買取をおすすめします。処分前に、どの方法が適切なのか、考えることが大切ですね。

5.冷蔵庫のリセールについて

買取サービスを利用したい場合は、メリットやリサイクル料金、買取・査定のポイント、業者の選び方、大まかな流れなどについて、しっかり把握しておかなければなりません。それでは、詳しく見ていきましょう。

5-1.買取のメリットとは

買取の大きなメリットは、リサイクル料金がかからないことです。無料で処分でき、査定額の分だけお金を得ることができます。一石二鳥の方法と言えるでしょう。また、欲しがっている人のもとで再利用してもらえることも、買取のメリットです。「使えるのに捨てるのはもったいない」と思っている方でも、気軽に手放すことができます。中古品として再利用することも、リサイクルにおいて大切なことなのです。

5-2.買取時のリサイクル料金について

買取時のリサイクル料金は、一切かかりません。ただし、業者の中には収集・運搬費用として、リサイクル料金よりも高い金額を請求するところがあります。そのような業者に引っかからないためにも、選び方のポイントを押さえておかなければなりません。また、買取不可となったものを回収してもらう場合は、リサイクル料金がかかるので注意してくださいね。

5-3.買取・査定のポイント

買取・査定のポイントは、冷蔵庫の状態・型番・メーカーなどが挙げられます。特に、正常に使えるか、壊れている部分はないかなど細かくチェックされるでしょう。もちろん、壊れているものは買取不可となります。正常に稼働するものでも、目立つ傷や汚れがある場合は買い取ってもらえない可能性もあるでしょう。また、発売年月日から3年以上経過しているものも、買取できない可能性があります。

5-4.業者の選び方

安心して依頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 回収・買取サービスを行っているか
  • 無料見積もり・査定をしているか
  • 古物商の許可を取得しているか
  • 高価買取・格安回収ができるか
  • 不用品買取・回収の実績があるか
  • 大量の不用品でも1度に買取・回収できるか

5-5.大まかな流れ

不用品の高価買取・格安回収を行っている「リサイクル買取サービス」の大まかな流れをピックアップしてみました。

  1. ホームページのフォームまたは電話で無料見積もりを依頼する
  2. 買取希望商品の確認後、訪問日時を決める
  3. 訪問予定日にスタッフが自宅へうかがい、その場で見積もりを行う
  4. 見積額に納得すれば、その場で現金買取→完了

5-6.注意点

「回収後、不法投棄されていた」「見積もり内容とは異なる料金を請求された」など、業者との間でトラブルが続出しています。トラブルを避けるためには、回収業者を見極める目を持たなければなりません。選び方のポイントを押さえ、信用できる業者か判断してください。少しでも不安要素がある場合は、依頼しないほうがいいでしょう。

6.冷蔵庫の処分・買取に関してよくある質問

冷蔵庫の処分・買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

6-1.いくらで買取してもらえるのか?

基本的に、買取額は販売額のおよそ5~10%と言われています。ただし、販売年月日から3年以上経過しているものは、買値がつかない可能性があるのです。販売年月日から3年以内で新品状態に近く、人気メーカーのものは高値が期待できます。

6-2.冷蔵庫の処分費用を安く抑えるコツとは?

処分したい不用品があれば、まとめて処分することです。1品だけを処分するよりも、まとめて処分したほうが1つあたりの回収料金が安くなります。

6-3.買取額をアップさせるポイントが知りたい

査定前に、できるだけキレイな状態にしておきましょう。汚れがついている場合は、ぞうきんなどでふき取ってください。また、取扱説明書や部品などの付属品も一緒にすると、買取額がアップするかもしれません。

6-4.査定後、キャンセルはできるのか?

「リサイクル買取サービス」では、査定後のキャンセルが可能です。キャンセル料は一切かかりませんので、安心してください。

6-5.冷蔵庫の売りどきはいつか?

「売りたい」と思ったときが売りどきです。冷蔵庫の価値は、販売年月日から経過するほどに下がってしまいます。「時間がないから」と後まわしせずに、早めに無料見積もりを依頼してくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 家電リサイクル法の対象になっている冷蔵庫は、処分方法が決まっています。定められた方法で処分する場合は、家電リサイクル券の購入に必要な料金を支払わなければなりません。ただし、まだ正常に稼働できるものであれば、買取という方法もあります。買取はリサイクル料金を支払わずに処分でき、同時にお金を得ることができる一石二鳥の方法です。ただし、冷蔵庫の状態・販売年月日・型番などによっては、買取不可となるので注意してください。「リサイクル買取サービス」では、買取だけでなく回収も行っています。無料見積もり・査定ができるので、ぜひ1度依頼してみてはいかがでしょうか。冷蔵庫の処分・買取にかんする知識を持っておけば、適切な方法で処分できますよ。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休