不要な家具をリサイクルに出すには? 売れない家具の処分方法も紹介


「不要な家具をリサイクルする方法が分からない」とお悩みではありませんか? 家具が不要になった場合、状態がよければリサイクルに出すのがおすすめです。不用品を処分してお金に換えられるのはとてもお得に感じますよね。

この記事では、家具をリサイクルショップに売るメリットやデメリット、リサイクルする際の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 家具をリサイクルショップに売るメリット
  2. 家具をリサイクルショップに売るデメリット
  3. リサイクルショップ以外で買取に出す方法
  4. 買取対象にならない家具の処分方法は?
  5. 家具をリサイクルする際の注意点3つ
  6. 家具のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、家具の買取先を選ぶポイントや、リサイクルする前にやるべきことなどが分かるはずです。

1.家具をリサイクルショップに売るメリット

まずは、家具をリサイクルショップに売るメリットをまとめました。

1-1.その場で現金化できる

近所のリサイクルショップに持ち込めば、数分の待ち時間で査定してもらえます。そして、買取対象であれば、そのまま現金を受け取って持ち帰ることが可能です。面倒な手間をかけずすぐ現金に換えたいという人にとってはメリットが大きいでしょう。

1-2.ほかの不用品も売れる

総合的なリサイクルショップなら、家具以外にも洋服や雑貨・趣味のアイテムなど、ジャンルを問わず取り扱っているので大変便利です。不用品の種類に合わせて買取先を探す必要がないため、急いで処分したい人は利用してみるとよいでしょう。

1-3.出張買取に対応しているところもある

リサイクルショップによっては、出張買取に対応しているところもあります。「車がない」「一人で運ぶのが難しい」という人も安心して利用できるでしょう。大型の家具は部屋から運び出す際にぶつけたり壊したりしてしまう心配がありますが、搬出作業も依頼できるので安心です。

2.家具をリサイクルショップに売るデメリット

一方、デメリットには以下のようなものがあります

2-1.満足できる買取価格にならない場合が多い

リサイクルショップは取扱品目が多く、専門性がありません。そのため、買取金額が安いのが特徴です。ブランド品や骨とう品などを専門に扱っている買取業者と違い、査定員の知識にも専門性がない場合が多くなっています。

2-2.買取対象にならない可能性もある

リサイクルショップでは、再販しても売れないと判断されたものは買取不可となって返されてしまいます。どんなものでも買取してもらえるわけではないのです。そのため、買取不可になったものは、別の処分方法を新たに考えなければなりません。

2-3.店舗によって買取価格に差がある

リサイクルショップはさまざまな場所にあり、立地や客層によって売れやすい商品とそうでない商品があります。つまり、同じ品物でもショップによって買取価格に大きく差が出ることもあるのです。そのため、何店舗か回って比較してみる必要があります。

3.リサイクルショップ以外で買取に出す方法

リサイクルショップ以外にも、不要な家具を買取に出す方法があります。

3-1.買取業者に依頼する

家具専門の買取業者に依頼する方法です。家具の価値や中古需要に詳しいスタッフが査定するため、ものによっては高額買取も十分期待できます。持ち込み買取だけでなく、宅配買取や出張買取に対応している業者が多いのもメリットです。

3-2.不用品回収業者の買取サービスを利用する

不用品回収業者の中には、買取サービスをおこなっているところもあります。状態のよい不用品は買取対象になり、状態の悪い不用品は回収という形で引き取ってくれるのです。買取対象にならなかった場合に別の処分方法を考える必要がなく、確実に処分できます。

3-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに自分で出品する方法もあります。うまくいけば高値で売れる可能性も十分にあるでしょう。ただし、大型の家具はこん包や発送に手間がかかり、送料も高額になるため、慎重に考えなければなりません。

4.買取対象にならない家具の処分方法は?

買取対象にならなかった家具は、以下のように処分することができます。

4-1.粗大ゴミとして捨てる

まず思いつくのが、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てる方法だと思います。どのくらいの大きさだと粗大ゴミになるのかは自治体によって異なるため、必ず確認してください。また、粗大ゴミに出す際は事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になります。スケジュールに余裕を持って準備しましょう。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法だと、家具以外の不用品もまとめて回収してもらえます。引っ越しで多数の不用品が出た場合などに利用するとよいでしょう。家具は運搬するのが大変なため、出張回収を利用するのがおすすめです。希望の日時を指定して自宅まで回収に来てもらえるため、手間をかけることなく処分できます。

4-3.引っ越し業者に引き取ってもらう

引っ越しの際に家具を処分するのであれば、引っ越し業者の不用品引き取りサービスを利用する方法もあります。引っ越し前の忙しいときに家具の処分方法を考えずに済むのは大きなメリットでしょう。ただし、このようなサービスをしていない引っ越し業者もあるため、必ず事前に確認してください。

5.家具をリサイクルする際の注意点3つ

家具をリサイクルする際に知っておきたい注意点をまとめました。

5-1.買取相場を知っておく

査定基準は買取先によって異なるため、大まかな買取相場を把握しておく必要があります。最初から買取先を1社に絞るのではなく、複数の買取先に無料査定を依頼し、その内容を比較してみましょう。

5-2.業者は慎重に選ぶ

不用品回収業者を利用する際、業者選びは慎重におこなってください。以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系は明確か
  • 廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか

5-3.高価買取にはコツがある

家具を買取に出す際は、ホコリなどを取り除き、きれいに掃除をしておきましょう。家具の買取には、状態の良しあしが大きく影響します。また、替えの部品など家具を購入したときについてきたものは一緒に出すのがおすすめです。

6.家具のリサイクルに関するよくある質問

「家具をリサイクルに出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.家具を買取に出すタイミングはいつがよいですか?
A.新しいほど高値がつきやすいため、不要になったらできるだけ早く買取に出すことをおすすめします。

Q.家具を査定する際は何がポイントになるのでしょうか?
A.人気ブランドの家具か・使用年数は短いか・目立つ汚れや傷はないか・付属品はそろっているかなどがポイントになります。

Q.家具を粗大ゴミとして捨てるメリットを教えてください。
A.相手が自治体ということで安心感が大きいこと・処分費用が安く済むことがメリットです。

Q.買取対象外になりやすいのは、どのような特徴の家具でしょうか?
A.元値が安いノーブランドの家具や組み立て式の家具などは買取してもらえない場合が多くなっています。

Q.悪質な不用品回収業者に多い特徴は何ですか?
A.ホームページがない・所在地を明らかにしていない・必要な許可を得ていないなどの特徴があります。

まとめ

家具をリサイクルに出す方法や注意点などを詳しくご紹介しました。不要な家具でも、状態がよいものは買取に出して処分するとお得です。買取に出す方法はいくつかあるため、ぜひこの記事を参考に探してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休