絶対にリバウンドしない片付け術!きれいな部屋を保つコツとは?


掃除をしても、部屋がすぐに散らかってしまうというお悩みを抱えていませんか?
何時間もかけて片付けをしても、気づけば元通りの汚部屋・・・
「やっぱり私は片付けが苦手なんだ」と落ち込む人も少なくありません。今回は、そんなお悩みを抱える方のため、片付けのリバウンドが起こる原因とリバウンドしない片付け術をご紹介します。きれいな部屋を保つコツもお教えしますのでぜひチェックしてみてくださいね。

  1. 片付けのリバウンドが起こる原因とは?
  2. リバウンドしない片付け術
  3. 部屋をきれいに保つコツ

1.片付けのリバウンドが起こる原因とは?

普段、何気なくしている行動に、部屋が散らかる要因が隠されています。
自分に当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

1-1.リバウンドの主な原因は、○○しっぱなし

部屋が散らかる原因の多くは、

  • 出しっぱなし
  • 置きっぱなし
  • 入れっぱなし

など、「○○しっぱなし」の行動にあります。
読んだ本をそのまま床に置くと、その本にまた別の本を重ねる。
置きっぱなしにしたペットボトルの横に、また違うペットボトルを置いてしまう。
脱ぎっぱなしにした洋服の上に、違う洋服を重ねる・・・
最初は少しだったものが、無意識のうちに、どんどん重なり、気づけば部屋全体が散らかった状態になってしまうのです。

1-2.後回しにする

「後で片付けよう」「後で整理しよう」「後で捨てよう」
このように、後で○○しようと、なんでも後回しにすると、部屋はあっという間に散らかってしまいます。特に郵便物は、後で捨てればいいやと放置しがち。面倒なことを後回しにすると、どんどん面倒が重なり、大掛かりな片付けが必要になります。そうなると、気軽に手をつけることができず、見えない場所へとりあえず押し込む、部屋の隅に溜(た)めるなどの行動をとるようになるでしょう。後回しにする習慣がある人は、何度大掃除しても、部屋をきれいに保つことはできません。

1-3.ものが捨てられない

片付けられない人は、高かったから・・・思い出の品だから・・・と、ものが捨てられない傾向が強いです。このような人は、ものをもらうことも多く、持ち帰ったものがどんどん部屋に溜(た)まっていきます。一見、ものを大事にしているように見えますが、家の中にものを溜め込み、使わないまま置いておくことのほうがもったいない行為なのです。

1-4.ストレスが多い

日々のストレスを発散するために、買い物に走る女性も多いでしょう。人はものを片付けるより、購入するほうが楽しいので、買うことでストレスを発散します。しかし、買い物で発散されるストレスは一瞬で、購入してしまった罪悪感に駆られる人も少なくありません。このことで、さらにストレスが溜(た)まり、購入したものが捨てられない悪循環に陥ってしまうのです。また、節約しようと立ち寄る100均も要注意。安いからと余計なものを購入しがちです。日々のストレスを買い物で発散する行為は、ものが増え続け、片付けてもリバウンドしてしまう原因になります。

2.リバウンドしない片付け術

2-1.捨てることから始める

部屋が散らかる主な原因は、ものが多すぎることです。まずは、クローゼットや押し入れの中のものを、すべて出しましょう。TVボードの収納、ベッドの下の収納もすべて出します。
出し終わったら、「要るもの」「要らないもの」に仕分けしてください。
1年以上着ていない服、頂きもののタオル、置物、使っていない家電など、今必要のないものは、思いきって処分しましょう。ものが詰まっていたクローゼットや押し入れを、空っぽにすることで、次はきれいに収納しようという気持ちが芽生えます

2-2.不用品はすぐに処分する

仕分けが終わった不用品は、部屋やベランダ・庭などに放置せず、すぐに処分しましょう。
不用品を、いつまでも捨てずに置いておくと、「また使うかもしれない」という気持ちが生まれ、捨てられなくなります。1日でも放置すると、片付ける気持ちが薄れ、捨てるのが面倒になってしまう恐れも。そこで、部屋の片付けは、自治体のゴミ出し日の前日におこなうのがおススメ。
自治体のゴミで捨てられない不用品が出た場合は、まとめて、不用品買い取り業者に依頼しましょう。電話1本、手間や時間をかけることなく処分できるので便利です。

2-3.収納には2割の予備スペース確保

収納スペースに余裕があると、「まだ入るかも!」と、ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまう人がいます。ものを詰め込むと、探しづらく、しまうのも面倒。収納は、8割くらいでストップし、残り2割は予備スペースとして確保してください。余裕のあるクローゼットは、ものが取り出しやすく、家にあるものを把握しやすいメリットがあります。手前にはよく使うもの、奥には、あまり使わないものを収納しましょう。

2-4.使う場所に収納する

片付けることばかりに夢中になると、片付けた後の使い勝手を忘れてしまいます。リバウンドしないために必要なことは、片付けた後、取り出しやすくしまいやすいかを意識することが大切です。
ものは、使う場所の近くに収納場所を決め、すぐに片付けられるようにしましょう。よく使うものや毎日持っていくものは、簡単に取り出せるよう、かごやトレイを使い収納するのもおススメです。

3.部屋をきれいに保つコツ

きれいな部屋をキープするために必要な4つのコツをご紹介します。

3-1.ものを買わない

部屋をきれいに保つには、必要以上にものを購入しない、持ち帰らないこと。ものを家に持ち込まなければ、散らかることも少なくなります。試供品やノベルティグッズは、専用の箱を用意し、「この箱以上増やさない」と自分でルールを決めることも大切です。
何かを購入するときは、収納する場所まで考え、必要なもの以外は購入しないように意識しましょう。

3-2.元の場所に戻す

出したものは、元の場所に戻す習慣をつけましょう。この習慣をつけやすくするためにも、使った後、収納する場所が重要になります。リバウンドしない片付け術でもご紹介したように、ものは、使う場所の近くに収納場所を決めましょう。
鍵は玄関に、文具はデスク回り、本はリビングへなど、取り出しやすく整理整頓しやすいことを意識した収納を心がけてください。

3-3.仮置き場を作る

出したものをもとの場所に戻す行動を、なかなか実践できない場合は、かごやボックスを用意し、ものの仮置き場を作りましょう。
使ったものはとりあえず、仮置き場へいれておきます。定期的に、仮置き場を整理すれば、片付けもすぐに終わり、部屋が散らかりません。

3-4.定期的な断捨離

毎日意識していても、生活していればものは増えます。そこで、月に1度、季節の変わり目には、定期的な断捨離がおススメ。クローゼットや収納に不要なものが入っていないかチェックし、不要なものがあれば処分しましょう。増えたら減らすを繰り返すことで、自分の適量を知ることができ、余計なものを増やさないようになります。ぜひ習慣づけてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、片付けのリバウンドが起こる原因とリバウンドしない片付け術をご紹介しました。部屋が整理整頓されれば、心に余裕が生まれ、時間やお金にも良い影響を及ぼします。

  • 片付けのリバウンドが起こる原因とは?
  • リバウンドしない片付け術
  • 部屋をきれいに保つコツ

一念発起してやっと片付けた部屋も、あっという間に汚くなるのでは、片付けに対してのやる気がなくなってしまうのは当然です。しかし、部屋がリバウンドする原因を知り、リバウンドしない片付け術を実践することで、きれいな部屋を維持することができるでしょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休