あっという間に終わっちゃう!衣替え収納が楽になるたった3つのコツ


衣替えのシーズン到来!忙しい主婦にとって、家族分の洋服を入れ替える作業は簡単なものではありませんよね。かさばる冬のコートやニット、しわになりやすいブラウスなど、衣替えのたびに苦労している主婦も多いのではないでしょうか?
そこで、今日は、衣替えを楽にするの3つのコツをご紹介!衣替えが驚くほどスムーズになる収納法です。ぜひチェックしてみてくださいね。

  1. 3秒ルールで仕分けする
  2. 要らない服の処分方法
  3. 衣替えが楽になる収納にしよう

1.3秒ルールで仕分けする

衣替えが年々大変になったと感じませんか?それは、洋服が増えた証拠です。シーズン中着ない服も多いのに、衣替えのたびに出し入れしていては、大変でしょう。衣替えを楽に行う1番のポイントは、洋服の量を減らすことです。要らない服を処分し、収納を整理する大チャンスと考え、要らない服はどんどん処分していきましょう! まだ着る服と着ない服の整理が苦手な方はぜひ、以下でご紹介する仕分けのルールを参考にしてください。

1-1.考える時間は3秒間

今シーズンの洋服を、「来年も着る服」「処分する服」「迷っている服」の3つに仕分けしていきます。考える時間は3秒です。3秒でも決まらない場合は「迷っている服」へ仕分けします。1枚1枚手に取って、悩みながら決めていては、捨てられない理由を探し、結局「残しておこう」となりがちです。直感でどんどん仕分けしていきましょう。 今シーズンの洋服をすべて出してから始めると、よく着ていた服、着なかった服、去年から持ち越した服がわかりやすいのでおススメ。

1-2.捨てる服の判断基準

要らない洋服は処分して、量を減らすことが衣替えを楽にする1番のポイントだとお話ししました。量が減れば、収納スペースも増え衣替えで大変な思いをすることもなくなるでしょう。また。着ない服を持っていると、買い物に行った際に「あの服に合わせたら……」と無駄な買い物につながります。捨てることで、余計な買い物も減り、一石二鳥です。
捨て時を判断する基準は、

  • 流行(りゅうこう)遅れの柄、形
  • 素材の劣化(形状崩れ、毛玉、毛羽立ちなど)
  • サイズが合わない
  • 今シーズン1度も着ていない
  • 過去3年着ていない

などです。痩せたら着ようと思って残している服も処分しましょう。スカートやパンツは、毎年、流行(はや)りの形が登場し、流行遅れがわかりやすいです。ベーシックなもの以外で、今シーズン出番がなければ処分対象に。シャツは何枚あっても着回しが効きますが、襟の型崩れ、黄ばみ、生地の劣化がある場合は、迷わず処分します。

1-3.迷う服の再判断ポイント

処分するか、残すか迷っている服の再判断ポイントは、その洋服を着てワクワクするかどうかを重視してください。「もったいないから」「高かったから」などの理由は、残していても着る機会がありません。思いきって処分しましょう。また、その洋服が500円、1000円に変わったらどうかな?と考えるのもおススメ。いつか着ようと思うより、今処分すると1000円になるかもと考えると、手放しやすくなるのでは?

2.要らない服の処分方法

まだ着られる服をゴミとして捨てるのは大変もったいないことです。仕分けして要らなくなった服の処分方法を3つご紹介します。

2-1.友達に譲る、寄付する

まだ着られそうな服、特に、子供服は、家族や友人へ声をかけてみましょう。裁縫が得意な方はリメイクしてもいいですね。
誰かが着てくれると思うと、タンスに残しておくのはもったいないと思いませんか?日頃から、リユースする習慣をつけると、捨てるときのハードルもさがり、「あの子へあげよう」「ここに持っていこう」と瞬時に判断できるようになります。環境にも教育にもとても良いことですよね。
まだきれいな状態のものは、海外途上国への物資支援を行っている団体や児童施設へ寄付する方法もあります。捨てられずに困っているものや、想(おも)い入れの強い洋服こそ、眠らせておくより誰かに着てもらいましょう。

2-2.オークション出品に出品する

もらってくれる人がいない場合や、買い手がつきそうなブランド品は、オークションに出品してみましょう。オークションは臨時収入を得るチャンス。1枚1枚写真を撮り、取り引き、発送など作業量も多いのですが、高値で買い取ってもらえることも多いです。オークション出品をする服は、後のトラブルを防ぐため、汚れや傷がないか状態をよく確認します。小さな汚れやシミでも、必ず商品説明に追記しましょう。

2-3.リサイクル買取業者を利用する

忙しい方や、オークション出品が面倒な方、状態が悪く、譲り先のない洋服は、リサイクルショップに買い取りしてもらう方法があります。年中無休、電話1本で自宅まで出張見積もりが可能で、即日対応してもらえる業者も多いです。処分する衣類を、まとめて買い取ってもらえますので、手間も時間もかかりません。リサイクル買い取り業者を利用するときは、まとめて依頼するほうが、買い取り金額が高くなる可能性があります。衣替えついでに家の不用品なども一緒に査定してもらいましょう。

3.衣替えが楽になる収納法

衣替えが年々楽になる、アイデア収納法をご紹介します。

3-1.衣替えに最適なケースとは?

衣替えでは、次のシーズンまで洋服を収納するケース選びも重要なポイントになります。収納ケースは、収納する目的や場所に合わせて使い分けましょう。

  • 使用頻度が高い洋服……引き出しケース
    綿素材の洋服、薄手のブラウス、シャツなどは3シーズン活躍するアイテムも多いですよね。使用期間が長い洋服は、引き出し式のケースに収納し保管しつつ、いつでも取り出せるような状態にしておくと便利です。ジーンズ・ニットなど厚みのあるものは、深めのケースを選びます。子供服や靴下、下着類は、たたむと小さくなるので取り出しやすく探しやすい浅めのケースに収納しましょう。
     
  • 使用頻度の低い洋服……ふたつきプラスチックケース
    コートや季節ものなど、使用頻度の低い洋服は、積み重ねができる丈夫なふたつきプラスチックケースを選びます。透明のものを選ぶと、中に入れた洋服が見え、便利です。深めのプラスチックケースは洋服をぎゅうぎゅうに詰めると、型崩れやしわの原因になります。ケースの8割程度に収めるよう余裕を持ちましょう。
     
  • 高い位置に収納する場合……布製のケース
    クローゼットの上部や、天袋などに収納する場合は、布製のケースを選びます。しっかりとしているのに軽い布製のケースは、女性でも上げ下ろしが楽です。季節外れの洋服やバック、帽子などの収納に活躍します。とはいえ、詰め込みすぎると重たくなりますので小さめのケースに分けて収納してください。

ダンボールは、虫がわきやすいため、衣類の保管に不向きです。長期で収納していると、虫食いやシミ、カビの原因になります。
どうしてもダンボールで収納する場合は、防虫剤を入れ、湿気の少ない場所に保管してください。

3-2.たたみ方と収納方法

洋服の収納におススメのたたみ方は、衣類を傷めず、出し入れのしやすさが重要。たたみ上がりのサイズを収納ケースの幅に合わせてたたみましょう。収納ケースには、下から上に積み上げる方法ではなく、収納ケースに立てるようにしまいます。シャツやTシャツ、ボトムもすべて立てて収納するため、四角い形になるようにたたんでください。
たたみ終わった洋服は、本棚に本を立てて並べるように、洋服を立てて収納しましょう。こうすれば、たたみじわがつきにくく、何が入っているか一目でわかります。
しわになりにくいニットやフリースは、筒状に丸めるとかさばりません。

3-3.衣替えが一番楽な方法とは?

衣替えをあっという間に終わらせる、おススメの収納法があります。それは、家の収納をすべて、キャスターつきの3段~4段の引き出しケースに変える方法です。これなら、引き出しごと入れ替えることもできますし、位置を入れ替えれば衣替え終了。キャスターがついているので、女性でも楽々入れ替えできます。引き出しケースにはラベルを貼り、誰の何が入っているかわかるようにしましょう。また、衣装ケースの中を、紙やビニールの収納ボックスでさらに区切るのもおススメ。洋服は、種類別にそのボックス内に収納し、衣替えになれば、ボックスごと入れ替える方法もあります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?毎回、面倒になってしまう衣替えを、スムーズに行う3つコツをご紹介しました。

  1. 3秒ルールで仕分けする
  2. 要らない服の処分方法
  3. 衣替えが楽になる収納法

このコツを実践すれば、毎シーズンの衣替えの負担を減らすことができます。しわやシミ、傷みを防ぐたたみ方と収納法で、大切な衣類を長く保管できるようにしたいですね。ただ収納するのではなく、定期的に処分、整理することで、次の衣替えが年々楽になることでしょう。今シーズンからぜひ試してみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休