ミニマリストとは? メリット・デメリット・注意点などを詳しく紹介


ミニマリストという言葉が注目されるようになりました。ものを最小限に絞って暮らしている人のことを、ミニマリストと呼びます。言葉は有名になったとはいえ、ミニマリストのメリットは何か、ミニマリストになるためにはどうすればいいのかなど、分からない点も多いでしょう。近年は、ミニマリストに憧れる人が増えてきています。ミニマリストになりたい方は、メリットやデメリットを知っておくと安心です。本記事では、ミニマリストについて詳しくご紹介します。

  1. ミニマリストとは?
  2. ミニマリストになるメリット
  3. ミニマリストになるデメリット
  4. ミニマリストになるには?
  5. ミニマリストを実践する際の注意点
  6. ミニマリストに関してよくある質問

ミニマリストを目指すなら、デメリットや実践する際の注意点なども併せて覚えておきましょう。

1.ミニマリストとは?

まず、ミニマリストとはどんなものか考えていきましょう。

1-1.必要最小限のもので暮らす人

ミニマリストとは、必要最小限のもので暮らす人のことを指します。ものを持たない暮らしを実践し、すっきりした環境を維持しているのです。

1-2.ものを増やさない人

ミニマリストはものを極限まで減らした生活を実践しています。そのため、ものを買い足したら古いものは捨てるなど、ものを増やさない努力をしているのです。

1-3.断捨離をきっかけにミニマリストになる人もいる

断捨離がきっかけで、ミニマリストに転身するケースもあります。断捨離でものへの執着心がなくなり、最小限のもので暮らす生活を意識するようになるでしょう。

2.ミニマリストになるメリット

ミニマリストになるとどんなメリットが得られるのでしょうか?

2-1.ものの管理がしやすくなる

ミニマリストになるメリットは、ものの整理や保管・管理がしやすくなることです。ものを最小限にすることで、何がどこにあるのか把握しやすくなります。

2-2.節約になる

ミニマリストになると、ものを増やさないことを心がけるようになります。そのため、無駄な買い物をすることがなくなり、節約につながるでしょう。

2-3.部屋を広く使える

ミニマリストの部屋は、ものの量が少ないため、部屋を広く使えるのがメリットです。家具なども最小限にすれば、狭いアパートやマンションでも、広々とした空間を確保できるでしょう。

2-4.掃除が楽になる

ものを少なくすることで、掃除が楽になるのがメリットです。掃除する際にものを移動するなどの手間を省くことができ、家事の時短につながります。

3.ミニマリストになるデメリット

ミニマリストは、メリットばかりが生まれるわけではありません。デメリットについても知っておきましょう。

3-1.生活に影響が出る場合がある

断捨離などを実践しすぎると、必要なものまで処分してしまい、生活に支障が出る場合があります。ミニマリストを追求しようとする人ほど、陥りやすい傾向があるので注意してください。

3-2.家族がいると困る場合が多い

一人暮らしでミニマリストを追求しても、さほど生活に影響はないでしょう。しかし、家族がいる場合は、何かとものが不足して困るケースが多いのです。自分だけの考えでミニマリストを目指さないよう注意してください。

3-3.ミニマリストが一番正しいと考えてしまう傾向がある

ミニマリストは、自分の生活スタイルが一番正しいと思い込んでしまう傾向があります。そのため、人にもミニマリストを強要したり、人のライフスタイルを否定したりするなど、人間関係のトラブルが起きてしまう場合があるのです。

4.ミニマリストになるには?

ミニマリストにはどうすればなれるのでしょうか? 具体的な方法をご紹介します。

4-1.不用品を処分する

まず、家の中にあるものを仕分けし、不用品の処分を行いましょう。不用品を処分するだけでも、部屋がすっきりとした状態になるでしょう。ただし、一部屋ずつ手をつけるようにしてください。複数の部屋にあるものを同時に仕分けすると、収拾がつかなくなってしまいます。

4-2.残すものリストを作成する

必要品として仕分けたものを、もう一度見直して、必要最小限のものを絞り込むためには、残すものリストを作成することが大切です。生活に支障が出ない程度にものを厳選し、リストを作成してみましょう。

4-3.ものへの執着心を捨てる

ミニマリストになるためには、ものへの執着心を捨てることが重要です。ものの仕分けを進める中で、手放すのに迷うものも出てくるでしょう。生活に影響が出ない程度にものを残し、ものへの執着心を振り払うよう意識してください。

5.ミニマリストを実践する際の注意点

ミニマリストを実践しようとしている方は、注意点を覚えておいてください。

5-1.ある程度ものは残しておく

ミニマリストになるために、ものを捨てすぎてしまうのは危険です。ある程度ものは残しておくようにし、生活に困らないよう注意しましょう。

5-2.洋服や靴は必要最小限に絞る

断捨離を実践する際、何を処分すればいいか分からないというケースもあるでしょう。処分しやすいのは、洋服や靴です。洋服や靴は必要最小限に絞れば、すっきりとした部屋にすることができます。

5-3.人に価値観を押し付けない

ミニマリストになる人は、自分の価値観を一番正しいと思い込む傾向があります。しかし、ライフスタイルは人によってさまざまです。ミニマリストになる際は、人に価値観を押し付けないよう注意しましょう。

6.ミニマリストに関してよくある質問

ミニマリストに関する質問を集めました。

Q.ミニマリストになるのに適したタイミングとは?
A.大掃除など片付けを行うときや、引っ越しや結婚でライフスタイルに変化が生じるときなどが、ミニマリストになるのに適したタイミングでしょう。

Q.ミニマリストは家電も最小限のものしか持たないのか?
A.はい、そうです。徹底したミニマリストの生活を送っている方は、冷蔵庫や電子レンジなどを所有していないケースもあります。とはいえ、家電は生活必需品です。手持ちの家電が少ないと困る場合が多いので注意してください。

Q.キッチンも断捨離をしたほうがいいのか?
A.はい、したほうがいいでしょう。調味料などかさばるものは処分の対象とし、頻繁に使うものだけ残してください。複数の調味料を所有するより、応用が利くものを1つだけ持っているほうが便利です。

Q.ミニマリストになれば貯金が増えるのか?
A.はい、増えることが期待できます。無駄遣いが減るからです。貯金を殖やしたいと思うなら、ミニマリストの暮らしを参考にしてみましょう。

Q.ミニマリストになると時間にゆとりが生まれるものなのか?
A.はい、生まれます。探し物をする時間がなくなるためです。シンプルな暮らしを心がければ、ものを管理したり保管・管理したりする能力も高まるでしょう。

まとめ

近年は、ミニマリストという言葉が知られるようになりました。ミニマリストの意味をしっかり理解してから、断捨離などを実践することが大切です。また、ミニマリストを目指す方は、メリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休