仏壇を悔いなく処分する方法は? 知っておくべき処分の注意点も紹介


「仏壇を処分するにはどうしたらよいのか?」と悩む気持ち、よく分かります。仏壇は普通の家具や家電と違い、処分方法に迷う人が多いはずです。買取してくれる業者も少ないため、適切な処分方法を知っておく必要があります。この記事では、仏壇の処分方法や処分を依頼する際の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 仏壇を処分する前に確認しておくこと
  2. 仏壇の処分方法と流れを紹介
  3. 仏壇の処分を依頼する際の注意点
  4. 仏壇を処分した後の先祖供養について
  5. 仏壇の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分に合った仏壇の処分方法や処分にかかる費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.仏壇を処分する前に確認しておくこと

仏壇を処分する前に、いくつか確認しておくべきことがあります。

1-1.開眼供養が行われているか

開眼供養とは、仏壇を購入した際に行う魂入れのことです。開眼供養が行われた仏壇は、処分する前に閉眼供養を行う必要があります。閉眼供養は「魂抜き」とも呼ばれ、故人の魂を仏壇から抜くために行うものです。閉眼供養を行わずに仏壇を処分すると、故人の魂ごと処分することになってしまうため、注意しましょう。

1-2.きれいに掃除してあるか

先祖の魂を納めてくれた仏壇に対して感謝の気持ちを込め、きれいに掃除をしておきましょう。掃除の際には、引き出しの中などに大切なものを入れたままにしていないか、必ず確認してください。

1-3.処分することを親族が納得しているか

仏壇を処分する事情にはさまざまなものがあると思いますが、処分することを親族が納得しているか、必ず確認してください。勝手に仏壇を処分して親族トラブルに発展した例もあります。

2.仏壇の処分方法と流れを紹介

仏壇を処分する方法について、それぞれの流れやメリット・デメリット、費用の目安をまとめました。

2-1.お寺に引き取ってもらう

菩提寺(ぼだいじ)に閉眼供養をお願いし、そのまま引き取ってもらう方法があります。菩提寺がある場合は相談してみるとよいでしょう。供養と処分を同時に依頼できること・処分の段取りがスムーズなことなどメリットがいろいろあるため、おすすめです。費用は50,000円前後が目安になります。ただし、お布施という名目で支払うため、はっきりと金額が決まっていない場合が多いでしょう。また、宗派によってお布施の金額も異なるため、事前の確認が必要です。

2-2.仏壇仏具店の引き取りを利用する

閉眼供養と処分を同時に受け付けている仏具店もあります。依頼すれば家から運び出してくれるため、大きな仏壇でも自分で運ぶ必要はなく、安心です。ただし、費用が20,000円~80,000円と高めなのがデメリットでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

遺品整理や引っ越しなどで仏壇以外にも大量の不用品が出たときは、不用品回収業者を利用してみるとよいでしょう。指定した日時に自宅まで回収に来てもらえるというメリットがあります。ただし、依頼する前に閉眼供養を済ませておく必要があるため、注意してください。仏壇の回収だけであれば、費用は5,000~10,000円前後が相場です。しかし、業者によって料金体系が異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較してみることをおすすめします。

2-4.自治体の粗大ゴミとして処分する

閉眼供養を済ませた後の仏壇は「通常の家具と同じ」と考えて粗大ゴミに出す人もいます。費用は仏壇のサイズにもよりますが、500~2,000円程度の自治体がほとんどです。自治体のホームページで料金を確認しておきましょう。また、自治体によっては仏壇を自分で解体して燃えるゴミとして捨てられるところもあります。しかし、仏壇をゴミ収集所に捨てることに抵抗を感じる人も多いはずです。近所の目も気になるところなので、処分方法の一つとして覚えておく程度にしておきましょう。

3.仏壇の処分を依頼する際の注意点

仏壇を処分する際に覚えておくべき注意点をいくつかご紹介します。

3-1.遺影をどうするか考える

仏壇の上に遺影を飾っていた場合、仏壇の処分後、遺影をどうするかも考えておかなければなりません。もともと、お釈迦(しゃか)様が仏教を開いたときにはまだ写真の技術がなかったため、遺影は仏教の教えと直接関係がないものです。そのため、普通に処分しても問題はありません。しかし、毎日手を合わせていた遺影を、ゴミとして捨てることに抵抗を感じる人は多いでしょう。遺影にも故人の魂が宿っていると考え、供養してから処分するのが一般的です。仏壇の閉眼供養に合わせて、遺影も供養してもらうとよいでしょう。もちろん、遺影だけ手元に残して飾っておいても問題はありません。

3-2.引き出しの中に忘れものがないか確認する

仏壇の引き出しをすべてチェックし、忘れものがないか確認してから処分を依頼しましょう。位牌(いはい)や故人との思い出の品を引き出しにしまいっぱなしにしている可能性もあります。

3-3.業者選びは慎重に

仏壇の処分を不用品回収業者に依頼する場合は、業者選びに十分注意してください。中には、必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。業者を選ぶ際は、必ず「一般廃棄物収集運搬業」の許可を持っているか・豊富な実績があるか・事務所の所在地を明記しているかなどを確認しましょう。トラック1台で近所を回っている業者や、領収書・見積書の発行を拒否する業者などは利用しないことをおすすめします。

4.仏壇を処分した後の先祖供養について

仏壇を処分した後も、先祖の供養を続けていくことが大切です。どのような供養方法があるかご紹介しましょう。

4-1.位牌を残してコンパクトな仏壇にする

位牌を処分せず手元に残し、コンパクトなサイズの仏壇を用意して供養を続ける方法もあります。最近は、リビングに置けるモダンなデザインのミニ仏壇や、壁かけタイプの仏壇も販売されているため、チェックしてみるとよいでしょう。

4-2.位牌を処分して祈りのスペースを作る

仏壇と同じように位牌を処分し、家の中に祈りのスペースを作るのもおすすめです。故人の写真や思い出の品などを飾っておけば、心のよりどころにもなります。

5.仏壇の処分に関するよくある質問

「仏壇を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.菩提寺が遠方にあるのですが、ほかのお寺に仏壇の処分を依頼しても問題ありませんか?
A.同じ宗派のお寺なら問題ないでしょう。近所にあれば相談してみてください。

Q.仏壇の閉眼供養にはどのような服装で行けばよいですか?
A.喪服を着る必要はありませんが、できるだけ地味で黒っぽい服装を心がけましょう。

Q.仏壇仏具店ではどのような方法で供養が行われますか?
A.合同供養としてお焚(た)き上げを行うのが一般的です。

Q.仏壇を処分したいのですが、開眼供養を行ったかどうか分かりません。どうすればよいでしょうか?
A.菩提寺に聞いてみてください。それでも分からなければ、開眼供養を行っていると考え、処分前に閉眼供養を行ったほうがよいでしょう。

Q.仏壇はネットオークションやフリマサイトで売れますか?
A.特別な材質や貴金属でできたもの・芸術的価値の高いものであれば売れる可能性はありますが、一般的な仏壇を中古で購入する人はほとんどいないでしょう。

まとめ

仏壇の処分方法や処分する際の注意点・処分費用などを詳しくご紹介しました。仏壇を処分する方法はいくつかありますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、費用も異なります。どのように処分するのが自分にとって最適なのかを考え、悔いのないように仏壇を処分してください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休