年賀状の処分や整理で困っている方へ~上手に処分・整理するコツ~


年賀状の準備はすすんでいますか?年末は年賀状の作成で慌ただしくなるでしょう。
未使用の年賀状を処分する、整理するなどやるべきことがたくさんあります。
そこで、年賀状の処分や整理する方法、余った年賀状の活用法やリサイクルの仕方について説明しましょう。処分・整理のタイミングや時期も大切ですよ。
事前にポイントをつかみ、年賀状を効率的に使ってください。

  1. 年賀状の処分・整理法
  2. 余った年賀状の活用法
  3. 年賀状を処分・整理するメリットとポイント
  4. まとめ

1.年賀状の処分・整理法

未使用で要らなくなった年賀状を放置するのはよくありません。
風水面から見ても、年賀状や手紙をためこむほど仕事運に悪影響があると言われています。
年賀状をためこむよりも、こまめに整理・処分をしていきましょう。

1‐1.個人情報を消してからゴミ袋にいれる

年賀状の処分は自宅でもできます。
自宅で処分するとき、ゴミ袋に年賀状を捨てるでしょう。
しかし、年賀状に何もしないままでは個人情報がもれてしまいます。個人情報は自分に関係することだけではありません。
年賀状に記載している送り主の住所や名前までそとにもれてしまうでしょう。
よって、ゴミ袋にいれるときはできるだけ透明の袋を避けてください。透明な袋で年賀状を出してしまうと、情報が流出してしまいます。
そして、個人情報が記載している部分を見えないように工夫してください。
専用のスタンプを使う、ガムテープでひとまとめにする、家庭用シュレッダーやはさみで細かくカットするなどさまざまな方法があります。

1‐2.郵便局を利用する

せっかくもらった年賀状を処分するのが心苦しく感じる人もいるでしょう。
自分での処分ができない場合は、郵便局に依頼してください。
実は、年賀状の処分は郵便局でも依頼できるのです。
郵便局には回収箱が設置しています。回収箱に未使用、または処分したい年賀状をいれるだけでOKです。
年賀状をシュレッダーでかける必要もありません。気軽に年賀状が処分できるでしょう。
しかし、すべての郵便局に回収箱があるとは限らないので注意してください。
まずは、近くの郵便局に回収箱があるかどうか確認することが大切です。
また、郵便局だけでなく役場などにも回収箱が設置している可能性もあります。インターネットで調べるなどして確認してくださいね。

1‐3.自分で年賀状の保管期間を設定する

年賀状をためこむのは風水面で悪い影響をおよぼします。
仕事運だけでなく、家庭の発展にも悪影響をおよぼす恐れがあるのです。
よって、年賀状を数年間ためこむことはおすすめできません。
定期的に整理するためにも、自分で年賀状の保有期間を決めるとよいですよ。
家庭によっては1年ごとに整理をしているところもありますが、目安は“2年”になります。2年ごとに年賀状を整理すれば、風水にもよい言われているのです。
また、自分で保有期間を設定しておけば、上手に整理整頓ができます。

2.余った年賀状の活用法

2‐1.不用品回収業者に依頼してリサイクルする

毎年、年賀状を買いすぎて余る人は多いでしょう。
未使用の年賀状は別の使い道があります。処分するのは非常にもったいないので、業者に回収してもらいましょう。
不用品回収業者の中には、年賀状をリサイクルにまわしているところがあります。年賀状は紙でできているため、再生ダンボールやトイレットペーパーなどに再生できるのです。
リサイクル商品に生まれ変わることができるのはとても素晴らしい活用法になります。年賀状のほかにも処分したい不用品があれば、まとめて依頼してください。
不用品をまとめて処分したほうが費用も安く抑えることができ効率的です。
また、不用品回収業者に依頼する際は“見積もり”を必ず確認しましょう。
見積もりを確認したうえで依頼しなければなりません。
本当にリサイクルしてくれるかどうか、見積もりが納得できるかどうか確かめましょう。

2‐2.寄付や懸賞に応募する、郵便局で切手に換えてもらう

余った年賀状の活用法はほかにもたくさんあります。
たとえば、ある程度まとまったはがきは郵便局で切手に換えてくれるのです。
また、交換する際にかかる手数料も年賀状から差し引いてくれるでしょう。たまっている年賀状があれば、郵便局で切手に換えてもらってください。
そして、未使用の年賀状の寄付を受けつけている団体もあります。寄付した年賀状はワクチンにする、学用品として再利用するなど有効的に活用できるでしょう。
処分するのが嫌な人は寄付することも選択肢にいれてください。
さらに、懸賞に応募することも可能です。自分がほしい商品があれば、年賀状を懸賞に出しましょう。
懸賞に応募するのが趣味になっている人は、積極的に応募していますよ。

3.年賀状を処分・整理するメリットとポイント

3‐1.年賀状の保管には時間と手間が必要

年賀状は毎年交換するものです。年賀状を1枚ずつ作成するのはもちろんのこと、もらった年賀状で毎年いっぱいになるでしょう。
年賀状の保管には「時間」と「手間」がかかってしまいます。
毎年年賀状が増えるたび、整理に時間がかかる、収納スペースも確保しなければなりません。
年賀状を保管するためのフォルダーも続々増えてしまうため、年賀状は処分・整理したほうが効率的です。
年賀状を処分・整理するメリットは、「時間」と「手間」がかからない点になります。時間と手間を年賀状に使わないためにも、こまめに処分・整理をすすめていきましょう。年賀状をためこんでいる人は、思いきって処分することが大切です。
なかなか処分できない人は親しい人以外の年賀状から処分していきましょう。

3‐2.一定期間がすぎたら必ず処分する

年賀状の処分方法で“一定期間を決める”と説明しました。
年賀状の処分・整理するポイントは「一定期間がすぎたら必ず処分すること」です。
自分で保管期間を決めたら必ず期間を守ってください。つい忘れてしまいますが、一定期間がすぎたら必ず処分するように心がけましょう。
整理する際は、「保管しておきたい年賀状」と「処分したいもの」をわけることも大切です。
たとえば、写真つきの年賀状はなかなか捨てることができませんよね。
シュレッダーにかけにくくなってしまいます。
写真つきやデザインがキレイな年賀状はフォルダーや飾って楽しみましょう。
また、年賀状にはお年玉つきが多いです。早く処分したくても、お年玉番号を必ずチェックしてから捨ててくださいね。

4.まとめ

年賀状の処分・整理方法や余った年賀状の活用法、処分・整理するメリットとポイントについて説明しました。いかがでしたでしょうか。
年賀状を保管している人は多いですが、保管期間が長くなるとさまざまな悪影響をおよぼします。
収納スペースを確保する、整理に時間がかかる、風水にも悪いなどさまざまです。
悪影響を受けないためにも、定期的に年賀状の処分・整理をしていきましょう。
処分方法は郵便局や団体への寄付、自宅で処分する、業者に依頼するなどさまざまな方法があります。
自分のライフスタイルや好きな方法で処分してください。
処分しないでずっと保管したい年賀状は、フォルダーにきちんと整理して保管しましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休