「捨てられない人」必見。ものを捨てる判断基準となる3つのポイント


片付けが苦手な方は「ものを捨てられない性格」である場合が多くあります。ものが捨てられないと不要品がどんどん室内に増えていき、ますます悪循環に陥ってしまうことに。そこで、今回は「捨てるのが苦手」という方のために「ものを捨てる判断基準」と「片付けのコツ」をご紹介しましょう

  1. ものを捨てる判断基準になる3つのポイント
  2. 「ものを捨てられない人」のための片付け方の3つのコツ
  3. 不要品の処分方法

1.ものを捨てる判断基準になる3つのポイント

部屋を片付けるためには、不要なものを処分するのが第一。ものの総量を減らすことで整理整頓もしやすくなります。まずは、ものを捨てる際の「判断基準」となる3つのポイントをご紹介しましょう。

1-1.「使うか」「使わないか」で判断

ものを捨てるのが苦手な人は、捨ててもいいものかどうかを判断する基準が「まだ使うことができるか」である場合があります。「使えるものはもったいないからとっておく」という考え方では、いつまでたっても不要品を処分することはできません。

「まだ使うことができるか」ではなく、自分がそのものを「使うか使わないか」で判断するようにしましょう。自分が使わないものはすべて不要品です。使わなくなってしまった時点でそのものはすでに「ゴミ」。「もったいない」と考える必要はありません。早めに捨ててしまいましょう。

1-2.判断は3秒で十分

我々が普段スーパーやコンビニで飲み物を選ぶ際、必要とされる時間は2秒程度とされています。本来、人間はそれほど速く「そのものが必要かどうか」を判断する能力が備わっているのです。この能力を、ものを捨てる判断にもぜひ活用してみてください。

不要品を選別するとき、そのものが必要かどうかを3秒以内に判断するのです。「そんなに速く判断できない」という場合もあると思います。しかし「判断に迷っている」ということはすでに「そのものがさほど重要ではない」ということを認めてしまっているようなもの。たとえば、毎日使う食器であれば必要かどうか即座に判断できるはずです。

1-3.ものに対する「同情心」を捨てる

ものを捨てる前に、もう一つ「捨てなければならないもの」があります。ものに対する「同情心」です。「まだ使えるのに、捨ててしまうのはかわいそう」「壊れたわけではないのにもったいない」といった心は、あなたの整理整頓にとって障害でしかありません。

ものに対する同情心がなぜ有害なものかというと物事を「自分」中心ではなく「もの」中心に考えてしまうからです。ものに対する同情心があると「本当は着たくない服だけどもったいないから着よう」「本当は使いたくない道具だけどもったいないから使おう」というふうに、生活の中心から自分の気持ちがどんどん離れていってしまいます。しかし、自分を中心に考えられない生活は、決して豊かな生活とはいえません。ものに振り回される生き方ではなく「ものを上手に使う生き方」をしたいのであれば「ものに対する同情心」は捨ててしまいましょう。

2.「ものを捨てられない人」のための片付け方の3つのコツ

片付け方、整理整頓術と呼ばれるものは世の中にたくさんあります。今回はそうした片付け方のなかでも特に「ものを捨てられない人」にうってつけの3つの方法をご紹介しましょう。ものを捨てるという面から見てもメリットのある方法なのでぜひお試しを。

2-1.収納に入りきらないものは捨てよう

ものを捨てられない人は、たいていいらないものをためこんでしまうため室内がものであふれかえった状態にあります。まずは、ものの数を減らして整理しやすくするところからスタートしましょう。

その際、基準となるのが「収納の大きさ」。不要品がたまっているとものがぎゅうぎゅう詰めになり収納からはみ出してしまう人も珍しくありません。片付けの第一歩として、そうした収納に入りきらないものはすべて処分してしまいましょう。

もちろん、収納に入りきらないもののなかに必要なものもあると思います。そのような場合は収納のなかから不要品を選別、処分して必要なものをあいたスペースに収めればOKです。

2-2.ものの「定位置」を決める

「はさみはこの箱のなか。ドライヤーはこの引き出しの1段目」というふうに、ものの定位置を決めて毎回同じ場所にしまうようにしましょう。定位置を決める利点は、部屋が散らかりにくくなること、そして「似たようなものをいくつも買ってしまわないようにできること」です。

同じような役割を持つものが増えると必然的にいくつかは使わなくなってしまいます。使わなくなったものは、不要品として処分するしかありません。未然に「使わないもの」の発生を防ぐのも大切なことです。

2-3.収納にはある程度余裕を

先ほど「収納に入りきらないものは捨てる」とご説明しました。このプロセスではさらにそのステップをもう1段前に進めてみましょう。収納をきっちり無駄なスペースができないように使うのではなく、ある程度スペースができるように収納してみてください。

具体的には、収納の2~3割程度がスペースになるのが理想です。収納にあえてスペースを作るのは、新しいものが増えたときにしまう場所を残しておくため。収納にスペースがないと無理やり収納するか収納の外にものを置くしかありません。収納がものでいっぱいになり外もものであふれてしまうと収納からものを出し入れするのが難しくなってしまいます。収納からものを取り出せなくなるのは、部屋が散らかる元。スペースを作っておくことで収納を機能的に使うことができるのです。

3.不要品の処分方法

この章では不要品の処分方法をご紹介します。捨てられない人が部屋を掃除するとたくさんの不要品がひとたびに出て困ることに。こうした不要品はまとめてすっきり処分してしまいましょう。

3-1.持ち運べるものはリサイクルショップを利用しよう

不要品のうち、小さな家具や着なくなった衣服など、持ち運び可能なものはリサイクルショップに持っていきましょう。リサイクルショップは、引き取ったものを商品として再び売りだしてくれるため「捨てるのはもったいない」という気持ちを和らげる効果が期待できます。

3-2.運ぶのが難しいものは不要品回収業者に依頼しよう

不要品のなかにはソファーやベッドのように「重すぎてひとりでは動かすことができない」というものもあるでしょう。そうした「運ぶのが難しいもの」を処分するには「不要品回収業者」に依頼するのがおすすめです。

不要品回収業者は、家庭内でいらなくなったものを引き取り、リサイクルして利益を上げている業者。自宅に直接不要品を引き取りにきてくれるため、重いものや大きいものを処分するときに利用すると便利です。

3-3.普通サイズのゴミは自治体の回収を利用しよう

リサイクル可能なものをひとしきり処分したら後は小さな一般ゴミが残るだけ。普段出している家庭ゴミと同じように「燃えるゴミ」「燃やせないゴミ」などに分類して自治体指定の回収場所に置きましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「ものを捨てられない人」のために「ものを捨てる判断基準になる3つのポイント」をご紹介してきました。片付けのコツから不要品の処分方法まで順を追って説明してきましたが最後にもう一度振り返ってみましょう。

  1. ものを捨てる判断基準になる3つのポイント
  2. 「ものを捨てられない人」のための片付け方の3つのコツ
  3. 不要品の処分方法

ものが捨てられるようになれば片付いた部屋で楽しく暮らすことができるようになります。ぜひチャレンジしてみてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休